続・かふぇ婆ウォッチング

盛岡在住ババァの日常たれ流し。 2011年10月、ピアノのマジ練を再開しました。

Category [ピアノ ] 記事一覧

正三角形で。

久しぶりに、地鳴りがするほどの特大な雷。ゴロピカウォッチャーとしては、西側の窓に張りついて、稲光の美しさに見とれていた。秋田は全国ニュースになるほどだったんだね。 *--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*ダバダバと雨が降るので、ムシを見にも行けず、ボウリング仲間のための工作をば。工作に近いんだよ、マジで、これ。マンハッタナーズの生地を使ったカードケース。たまたまゴムが4色あったので、全部使ってみた。誰が...

ご機嫌いかが

秋のピアノ開放キャンペーンが始まり、9月と10月、数コマの予約をした。ピアノサークルの開催曜日はぜーんぶオシゴトが入っており、空きを確認して、個人的に借りるしかなかった。本日、1回目。スタインウェイの「鳴り」がイマイチなのは昨年から思っていることだったが、相変わらずだった。響きがよいのはベーゼンドルファー。しかしながら、音の狂いが激しい。あっち弾いたり、こっちに移動したりと、半々ぐらいで弾いてきた...

お預け、かなー

全12ページというのは、曲としてめっちゃ長いわけではない。が、この弾きにくさと言った、ない。ひとつひとつ、コードネームを書き込まないと。それには時間がかかる。スタインウェイやベーゼンドルファーを弾くために、今、手がけている曲をもっと磨きたいので、新曲は当面、お預けにしとくべきかもね。 *--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*県美の企画展が、「暮らしの手帳」の絵の人。これは是非、母と見に行きたい。母の姉で...

気になるけれど

これは触っちゃイカンやつ。台風接近による強い風に飛ばされて落ちて、うんしょ、うんしょと登っているところ、なんだろうな。先日、脱皮待ちかなと思って見守っていたカラアゲ子はどうも、トリに食われちゃったようである。近くにいたクロアゲ子もいなくなっている。目立つ場所だったからなあ。。。 *--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*見直し中のシューマン。勝手に変換して覚えてしまっていたところがあり、マーキングして覚え...

ピアノの日

洗濯やら外仕事やらを午前中に片づけて、午後はダブルヘッダーでピアノ三昧。バッハの面白さ、奥深さが伝わるようにと、あれやこれやのアプローチを試みる。一番面白がっているのは、自分だったりする。何度弾いても、発見だったり追認だったり、新しいアイデアだったり、たまに見落としだったり(汗)なにかしら「おっ」と思うことがある。バッハを弾いている限り、ボケないかもよ~ *--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*やっと手...

ビミョー、って顔

ピアノ室のドア前で「ステイ」のカジさん。カメラやスマホのレンズを向けると、ほぼ100パー、目を逸らす。聴いているようで、聴いていないようで、たまにババちゃんが構ってくれるのをじーっと待っているだけにも見える。下手くそで悪かったですねーーーっだ! *--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*パル6、ジーグのコピーを取ってきた。色分け分析をするためである。うえ~ん、終盤が4声になってる~~(つω`、哀) *--*--*--*...

譜読み、ちょっとだけ

ちょっとだけね。最初のあたり、3声の構造を見てみたくて。これ、色分け用のコピーを取っておこうかな。経験したことのない難しさがあるように思う。ならば、今までやったことのない分析をしなくちゃ。 *--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*買い出し遠足、行ってきた。カのランチも食べた。よーしっ!お肉など、たっぷり買ってきたところに、ムスメから帰省の連絡。おー、ナイスなタイミングじゃないか。お小さい方々のために、牛...

サラバンド、ヤバいのよー♪

サラバンドの前に、まず。今日の暑さは記録的。そんなバカ熱気の上に遮るもののない中を、歩いてショクバに着くと、そっから1時間は汗が引かない。クーラーの利いたショクバを出て炎天下、同じ道を歩いて車に戻ると、再び、目に入って開けられなくなるほどの汗。最高気温35℃のころに歩いていたんだな。避暑のために買い物に寄り、汗をなだめてから帰宅。荷物を置くなり、外を一回りする。こちらは、何をしようとしているのか。...

数学的な楽譜

パル6、サラバンドの、こんな楽譜を読み取るには、どうしても数学的な、とくに分数的な、タテ分割の考え方がないと難しいと思う。分析して分析して、タテの分割関係がわかったら、次は4つの声のヨコの動きを確認する。やっとのことで「そーなってるのかー」とわかると、今度は指に伝えて、音にしてもらわねばならない。技術の不足っていう問題により、聴こえてきた音が必ずしも分析結果と一致しないこともあるから厄介だ。一致す...

コレンテの面白さ!

パル6のコレンテ、これが病みつきで。何度も何度も階段を上っては滑り降りる、滑り台に夢中な幼児の気持ちに近いかもしれない。構成としては、わかりやすい2声、これでもかと押し寄せては引く、シンコペーションの波。八分音符をノン・レガートで弾く場合に、どれだけの音価を設定するかで、印象がガラリと変わってくるのも興味深い。全4ページ、前後半それぞれリピート指定されているので、音価の変化を楽しんで繰り返すのも悪...

右サイドメニュー

Calendar

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Recent Entries


Play The Piano


Recommend







Booklog


Request Form

ブロとも申請は[こちら]から

Search


Access Ranking

[サブジャンル] * ピアノ *
29位
上位を見に行く>>