盛岡在住ババァの日常たれ流し。 2011年10月、ピアノのマジ練を再開しました。
バッハに着地!
2017年05月25日 (木) | 編集 |
わらわらとした日々に、
ようやく出口が見えてきて、
気持ちがラクになってきた。

出勤途中、やけに声が近いと思ったら、
キジとしちゃあ、精一杯高いところで
縄張り宣言をしていたのね(●´∀`●)
20170525212804185.jpg

これも出勤途中。
ビロードモウズイカっていう植物で、
初めて見たときはナンジャコリャ~~って思った。
20170525212856821.jpg

ウチの近所にも生えていたのだけれど、
いつの間にか抜かれたか刈られたか、
以来、見なくなってしまった。

ここからびよよ~んと花茎が伸びて、
黄色い花をボコボコ咲かせる様は、圧巻。
出勤ウォーキングの楽しみがまた増えた。
20170525212832368.jpg

 *--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

紆余曲折を経た挙句(自分基準ね)
結局、やっぱり、バッハだなーっと思った。
パルティータのうち2曲を候補にして、
劇的なほうを選んだのよ♪

パルティータは組曲なので、
基本、全曲を通して弾くことが前提となる。
けれども、2番でくじけた前例もあり、
今回も、最初の1曲だけになる可能性が。
20170525212919967.jpg

ショパンの即興曲も、もうちょっと粘るよ。

 *--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

4年前、ブログにこんな替え歌を載せていたのね。

♪ちょっとお試しのつもりで弾いて~
 いつの間にやらマジ譜読み~~
 気がつきゃ基礎練そっちのけで夢中、
 これじゃ指力つくわきゃないよ、
 わかっちゃいるけどやめられない(あ、ほれ♪)


言わずと知れた、昭和の名曲、
それにかってな歌詞をつけ、
脳内熱唱していたわけだ。

元歌のあの人生観には共感いたしません(-_-;)

 *--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

ブログ村に参加しています。
同じジャンルの気になる記事をチェックしてみてね。

 にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ  にほんブログ村 クラシックブログ 独学ピアノへ  にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 盛岡情報へ
 
 
テーマ:ピアノ
ジャンル:音楽
花巻へ!
2017年05月20日 (土) | 編集 |
先週の、花音ミニミニコンサートからの流れで
花巻のT様のご自宅にお誘いいただき、
ぞろぞろとお邪魔して弾き散かしてまいりました。

明るいリビングに、グランドピアノ。
とても居心地のよい空間でありました。

Y子さん。手がきれい。
20170520212224552.jpg

弾くっていうより、喋るっちゅうほうがメインというか。
これまであまり話したことがなかった方とも話せて、
とてもよい機会になったと思います。

 *--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

ではそろそろ、と辞するときに気づいた。
キレそう~~~
けど、同じ生地がなく、直すことができません。
出来合いの持ち手を買ってきてもよいかもしれないけれど、
赤系の長いの、あるんだろうか。
20170520212058358.jpg

黒グレー、ボックスチェックのダブルガーゼ。
作ってはいるものの、どうもこれ、秋冬素材だぞ。
なので、長袖にしています。
オーバーブラウスっていう感じです。
20170520212303507.jpg

これができあがったら、通勤に使えるバッグを作らなくちゃ。

 *--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

ブログ村に参加しています。
同じジャンルの気になる記事をチェックしてみてね。

 にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ  にほんブログ村 クラシックブログ 独学ピアノへ  にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 盛岡情報へ
 
 
テーマ:ピアノ
ジャンル:音楽
さて、アフター14
2017年05月14日 (日) | 編集 |
第3回、花音ミニミニコンサート。
終わった。
20170514214333462.jpg

今回、出演者が10名を超え、
決してミニミニではないよね、という話になった。
初めてのときはほんとにミニミニマイクロで、
3M、なんて言ってたね。

シバリは「バロック時代の曲を1曲」
バッハ、ヘンデル、スカルラッティなど
知らない曲も、懐かしい曲も。
20170514214426141.jpg

会場でプログラムを手にした誰もが、
うわぁ、素敵! 綺麗! といった声をあげた。
紙質にもこだわったのだろう、
開くときのカサカサ音が少ない質の良さであった。
作って印刷したのは、隣県から参加の方。

演奏はそれぞれたいへんに個性豊かで、
まさに「その人らしい」ものだった。

こちら、一通り終わって、フリータイム演奏となり、
こそっと撮影しちゃった。
20170514213948223.jpg

次回のシバリは、「バイエルの中から1曲」となった。
ピアノを弾いてきた経験も力量もてんでんばらばらな中、
シバリを設けるのは、ほんとうは難しいことだ。
が、今回バロックにしたことで、
「たまにはこういうの弾かなくちゃと思った」
という感想が聞こえてきて、
緩い枠があるのも悪くないんだなと感じた。

バイエルだって、四分音符ばかりのものから、
かなり難しいものまで、ちゃんと弾こうと思ったら
それなりの練習が必要なものばかり。
また、教則本と限ったわけではなく、
バイエルの作曲によるソナチネなどもあるから、
多様性には事欠かないのではないだろうか。

解散後、有志でお茶タイム。
県立美術館内のレストランでゆっくり。
20170514213849095.jpg

盛岡人は「ケンビ」で通じますよね。
「ケンビ行ぐが?」
「んだ、行ぐべ」
ちなみに、今、萬鉄五郎の企画展をやってて、
萬メニューがいただけるらしい。
コースメニューだったかな。

 *--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

さて、いよいよアフター14である。

今日、メンバーが弾いたヘンデルが面白かったので、
家にある楽譜を開いてみると、
「シャコンヌと61の変奏」
ろ、ろくじゅーいち!?
20170514213817921.jpg

テーマはわずか8小節、1段。
これが延々と、ちょっとずつアレンジされて続いてゆく。
譜読みしてみたけれど、Var.20あたりでイヤんなった。
練習曲的に、分けて弾いたら面白いかもしれない。

研究を始めたのは、シベリウスの有名な曲で、
有名すぎるために敬遠していた。
コードネームを書いたら、難しくないことがわかっちゃった♪
20170514213752517.jpg

音符を弾くのが難しくなくても、
曲としてまとめるには、かなりパワーが要る。
特にこの曲は「うねり」のようなものが強く感じられ、
ざわざわとした不穏な気分とともに、
どう表現するかが難しい曲のようだ。

アフター14は、結局のところ、即興曲ってことで。
バッハはパルティータを引き続き、ですかな。
ヘンデルの組曲もちょっと気になっている。

 *--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

ブログ村に参加しています。
同じジャンルの気になる記事をチェックしてみてね。

 にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ  にほんブログ村 クラシックブログ 独学ピアノへ  にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 盛岡情報へ
 
 
テーマ:ピアノ
ジャンル:音楽
毎回真剣勝負なのだ
2017年05月10日 (水) | 編集 |
昨日タネ蒔きした部分の無事を確かめ、
よし、と出かけようとしたら、目に飛び込んできたのは、
置きっぱなしで湿っぽいプランターの中、
植えっぱなしで虐げられているミニチューリップ。
律儀に花を咲かせてくれました。
今年こそ掘り上げて、土を換えてあげるからねー
20170510212959685.jpg

今日もキテーさんのスペアボールは大活躍。
11回もスペアを取ってくれました。
すなわち、1100円を缶の中へ投入だ。
20170510212820744.jpg

昨日はバン練に出かけたため、自分の練習ができませんでした。
今日はみっちり2時間半、弾いた弾いた。
アフター14でマジに取り組もうとしている即興曲。
ここは難所なのであります。
左手の跳躍が、ではなく、右手。
タイで結ばれた音を理解したうえで、
指に染み込ませる必要があるのです。
20170510212903540.jpg

もちろん、バッハも弾いたさー

 *--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

月火水と3連続で大人の方のレッスンがありまして、
ほんっとうに、「伝えること」の難しさを感じております。

私が子どものころにバイエル終わったあたりで挫折したのは、
「ここまで練習してきなさい」
「間違わないように練習しなさい」
「指をきれいにまるくしなさい」
と言われて、途方に暮れ、練習できなくなったから。
できなく、というより、練習が嫌になった。

だってね、「何を」「どれくらい」「どこまで」って言われて、
「どうやって」を教えてもらわなかったから。
やみくもに練習しまくるド根性はなかったね。

「こうやると弾けるよ」
「こうしてみて、ほら、できた」
っていうのがなかったね。

大学生になって習い直すことになり、
「指はこう上げる」
「音はこう出す」
「こういう練習をする」
って、実に具体的に教えていただいたので、
今、まあまあ困らないくらいに指が動きます。

方法って大事です。
今、大人の方のレッスンで気をつけているのは、
家でどういう練習をしたら、この部分が克服できるかを
可能な限り具体的に伝えることです。

伝わったかどうかの判定は、
次回のレッスンでどう弾いてくるかでわかるので、
それはもう、ドッキドキなのです。
思ったよりもうまくゆかなかったときは、
きっと私の説明というか、解説というか、
ポイントの置き方というか、見せ方というか、
何かが足りなかったということなのです。
申し訳ないなんて言っている場合ではなく、
今すぐこの場で解決策を示さなくてはなりません。
まさに、ガチの真剣勝負。
あらゆる可能性を信じて試す、の繰り返し。

それは、自分自身に返ってくることでもあり、
思い切って大人のレッスンを始めてよかったなーとも思います。

 *--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

ブログ村に参加しています。
同じジャンルの気になる記事をチェックしてみてね。

 にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ  にほんブログ村 クラシックブログ 独学ピアノへ  にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 盛岡情報へ
 
 
テーマ:ピアノ
ジャンル:音楽
悩んでおりますよ
2017年04月23日 (日) | 編集 |
ピアノサークルのミニコンサートで。
さて、何を弾こうかと、ずーっと悩んでいる。

1周目が5分、2週目が10分で、
どこかにバロック時代の曲を組み入れることになっている。
バッハばっかり弾いている身としては、
盛大に旗を振りまわして大歓迎。

1周目の候補曲
 バッハ イタリア協奏曲 第2楽章
 バッハ パルティータ BWV826 シンフォニア
 ベートーヴェン ピアノソナタOp.78 第1楽章

2週目の候補曲
 モーツァルト デュポールのメヌエットによる9つの変奏曲
 バッハ トッカータ BWV914
 ベートーヴェン ピアノソナタOp.78


ここから組み合わせるわけですな。
3×3で、9通り。
ただし、バロック縛りがあるために、
ベートーヴェン+モーツァルトと
ベートーヴェン+ベートーヴェンはナシ。
したがって、実質7通りから選ぶことになる。

曲が絞れたので、集中して練習すりゃいいのに、
時間の半分はショパン弾いてるしなあ。

1週間ぐらいのところで、テレーゼをどうするか、
結論を出すことにしていた。

今のところ、アリである。
ただし、2楽章はどうがんばってもモデラート。
プレストにはならないっぽい。
そもそも、暗譜できそうにない。

現時点、ここまでですー、と弾く感じ。
それもアリだと思っている。

今まで、何度となく、挑戦しては挫けてきた。
ショパンでもバッハでも、ベートーヴェンでも。
諦めずに3度目、4度目と挑戦して、
まがりなりにも「通す」ことはできるようになった曲もある。
今回、最後まで弾き通せるようになったから、
また時間を置いて、次の挑戦のときに
今度こそ暗譜したり、テンポをあげたり、
そのような取り組み方があってもいい。

ミニコン、バッハで貫くことになるかも。
あと約3週間、飽きずに弾くとなると、バッハだもんね。

ごめんねモーツァルト。
キミの曲は「いざとなったら濁すお茶」ってことで。

ごめんねベートーヴェン。
キミの曲は「スリルを味わいたいときに限り」ってことで。

 *--*--*--*--*--*--*--*--*--*

パソコン、ちと動作に滑らかさが足りない気がするけれど、
漢字変換してくれるようになった。
自転車を買ったら、次はパソコンのために
500円玉を貯金するとしよう・・・

 *--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

ブログ村に参加しています。
同じジャンルの気になる記事をチェックしてみてね。

 にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ  にほんブログ村 クラシックブログ 独学ピアノへ  にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 盛岡情報へ
 
 
テーマ:ピアノ
ジャンル:音楽
おどろきもものきさんしょのき
2017年04月13日 (木) | 編集 |
最近、通勤のお伴として、
以前に録音した自分の演奏を聴いている。

これが、笑っちゃうような下手くそな演奏でさー
あっちこっち、つんつく間違えてつっかえて、
オールフォルテで、終始あわてていて、
落ち着いて聴ける演奏は、今のところひとつもない。

ま、反省材料としてですね・・・

驚きなのは、
えー、そんなの録音しちゃってたんだー
っていう曲がいくつもあること。

ベートーヴェン、ハイドン、モーツァルト、
ショパン、バッハ、ドビュッシー。

憧れ曲に挑戦した録音もあった。
最大の驚きは、
ベートーヴェンのソナタ「熱情」の録音があったこと。
(捏造、ではありません)
1楽章だけではあったけれども、
身の程知らずって、こわいのねー

録音を聴きながら思ったこと。

自分の目で楽譜を読むことができるうちに、
どんどん新しい曲の譜読みをしようと、
無理かもと思う曲にも取り組んでいる今、
その方向はほんとうに正しいのだろうか、
正しいというより、適切なのか、
足元がゆらゆらと不安定になっている。

もっかい弾こうかな、、、ってね。

となると、問題は、日々の練習時間の配分である。
現在進行中の曲を1回ずつ通すだけでも、
1時間以上かかるわけでしてね。
そこに練習という要素が入ると、
1日2~3時間の練習では
3曲ほどをこなすのが精一杯である。
 (※個人の感想です)

毎日こうして悩みのタネを産み出している。
ばっかみたい。
どっちにしても、何かしら決めて、
とにかく行動を起こさないと、足踏みだな。
老い先短いですからね。

 *--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

ブログ村に参加しています。
同じジャンルの気になる記事をチェックしてみてね。

 にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ  にほんブログ村 クラシックブログ 独学ピアノへ  にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 盛岡情報へ
 
 
テーマ:ピアノ
ジャンル:音楽
ホールに棲むヤツ
2017年04月11日 (火) | 編集 |
半年ぶりの田園ホールです。

手前、スタインウェイ、
奥、ベーゼンドルファー。
20170411222215847.jpg

今日のスタインウェイは、期待する輝きがなく、
なんとも抜けの悪い、響かない音でした。
ベーゼンドルファーのほうが、納得できる音だったな。

今日は、ピアノサークルの集まりではなく、
ネットで知り合ったピアノ仲間とのオフ会。

1曲は何かの2楽章を弾くっていうシバリがあって、
私はバッハのイタリア協奏曲を選びました。
1・3楽章は暗譜できたのに、
4ページしかない2楽章は楽譜を立てないと弾けない。

今日は、今まで一度も経験のない、
ヘンチクリンなことをやってしまいました。

ここ、勝手にFisで弾いていたので、
確認のナチュラルを書き込んだうえ、
うっすらと赤で囲んであります。
練習では、
「はいはい、ただのFね」と、つるっと弾く。
20170411211140039.jpg

ところが、今日はこれ、
プラルトリラーにして弾いたんです。
装飾音ですな。
そんなこと、一度もやったことないです。
ナチュラルにしか見えないし。
20170411211221109.jpg

ライトの反射だったにしても、
どこをどう見間違えたんだろう。
家に帰って、試しにトリルで弾いてみたけれども、
なんとも不自然で、ないわーと思いました。
が、ベーゼンで弾いたときは、
弾いてから「あれ? 違う」と思いはしたものの、
流れとしては自然でした。

ホールにキツネか何かが棲みついていて、
つままれたんじゃないだろうか。

 *--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

ラフマニノフのコンチェルトを弾いておられます。
20170411211312379.jpg

ショパンのコンチェルトを弾いておられます。
20170411211346158.jpg

いずれも、私はチラリとも弾こうと思ったことはありません。
技術的に弾けないのはもちろんですが、
人として協調性に大きく欠けますんで、
誰かと合わせるってのが、どうもね。

連弾をやろうっていう話も出ており、
苦痛でなりません(-_-;)
簡単めな曲なら、ちょっとは、なんだが。

やればおもしろいのに~って言われる。
どうぞどうぞ、私、聴いてるから。

さて、次はサークルのミニコンサートに向けて
真面目に練習しないとなあ。

 *--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

ブログ村に参加しています。
同じジャンルの気になる記事をチェックしてみてね。

 にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ  にほんブログ村 クラシックブログ 独学ピアノへ  にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 盛岡情報へ
 
 
テーマ:ピアノ
ジャンル:音楽
音色がモノをいう
2017年04月08日 (土) | 編集 |
ピアノサークル仲間が出演する発表会を
聴きに行ってきまして、
「ごくろうさん」の打ち上げをして帰ってきたところ。

感想としては、まあ、どんな発表会を聴いても
同じように思うことですが、
最後に勝負を決めるのは、音色である、と。
勝ち負けを競っているわけではないから、
勝負っていうことばは適切ではないかもしれません。

ラインのあっち側とこっち側、っていうことでもいい。

好印象だったのは、達者な演奏ではなく、
気持ちにコーンと響いてくる演奏であったということです。

オラもがんばろうっと。

 *--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

こっそり打ち上げでは、ピアノの話からなにから、
これでもかというほど喋って食ってきました。
これもまた、かけがえのない仲間です。

 *--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

ブログ村に参加しています。
同じジャンルの気になる記事をチェックしてみてね。

 にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ  にほんブログ村 クラシックブログ 独学ピアノへ  にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 盛岡情報へ
 
 
テーマ:ピアノ
ジャンル:音楽
ピアノ椅子の右の銘
2017年04月06日 (木) | 編集 |
このところ、小学生子ちゃんの指が
格段に強くなり、形もきれいになった。
意識さえすれば、いい音を出せる。
(投げやりっぽい音を出すことも、ある)

どうやったら、きれいな手になるかな、
どうやったら、指がしっかりするかな、
どうやったら、いい音を出せるかな、
どうやったら、譜読みが楽にできるかな、
どうやったら、もっと素敵に演奏できるかな。

たっくさんの「どうやったら」を、
四六時中、考えているわけだ。
目指すところは、音楽的な自立である。
ピアノをいうツールを用いて、
自分の力で楽しむことができるように。

お子様に対しても、大人様に対しても、
このスタンスは変わりない。
ひとりひとり、それぞれに
何を積んでゆけばよいのか、
考えて考えて、考え抜く。

これは、自分に対しても貫く考え方で、
みずから実践すべきことと思っている。

以前にもどこかで書いた、
「学究是師道」
座右の銘というには立派過ぎて
なんとも居心地の悪さを感じる。
が、座右の「座」を
ピアノの椅子と限ることにして、
ピアノに関してのみ、座右の銘とさせてください。

 *--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

ブログ村に参加しています。
同じジャンルの気になる記事をチェックしてみてね。

 にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ  にほんブログ村 クラシックブログ 独学ピアノへ  にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 盛岡情報へ
 
 
テーマ:ピアノ
ジャンル:音楽
もう少し悩もう
2017年04月05日 (水) | 編集 |
バロック縛り以外の曲について、
モーツァルトのほか、
バッハに好きなのがあったよねと思い出しました。

バロック縛りでバッハを弾いて、
自由選曲でもバッハを弾くことになるけれど。

 トッカータ BWV914(9分ぐらい)
 イタリア協奏曲 BWV971 1・3楽章(9分ぐらい)

ちょうどよいのではない?
試しに、トッカータを弾いてみたけれど、
すーっかり忘れておりますな。

ここ1週間、いろんな曲を掘り起こしながら、
キモチが乗る曲を選んでゆくとしましょう。
ベートーヴェンなんか、どうだろうね。

 *--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

ブログ村に参加しています。
同じジャンルの気になる記事をチェックしてみてね。

 にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ  にほんブログ村 クラシックブログ 独学ピアノへ  にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 盛岡情報へ
 
 
テーマ:ピアノ
ジャンル:音楽