盛岡在住ババァの日常たれ流し。 2011年10月、ピアノのマジ練を再開しました。
モーツァルトも、版による違いが数多い。

こちら、春秋社版。
20170402223025715.jpg

ウィーン原典版。
20170402223152450.jpg

どちらかの版で決めるのではなく、
部分部分で選択しているワタシ。
そういうことがよいのかどうかわからん(師事してない弱み)
が、モーツァルトならこうじゃないか、と
わずかな知識と経験から判断しちゃっている。

バッハやショパンの版の違いって、よく話題になるけれど、
モーツァルトもなかなか強烈。
でも、そういった違いに右往左往するのではなく、
柔軟性をもって受け止めることができたら、
かなりオモシロイことになるのではないかと思う。

録音してみた。
そっちこっちつっかえたり音が抜けたりしている。
特に、短調のバリエーションで
ありえねー(今までつっかえたことない)コケかたをしている。
録音しているっていう緊張の効果でしょうね。
この速さ、まだ無理だったのかもね。。。

あと、今はじめて聴いてみて、
ラストの「チャンチャン」が面白くもかわいくもない。
録音しなかったら気が付かなかったな。

 《デュポールのメヌエットによる9つの変奏曲 別ウィンドウが出ます

ピアノのすぐそばにレコーダを置いたので
録音レベルが高いです。
音量を絞らないと耳が痛いぞ。
自分の録音を聴くのも、耳が痛いよ。

それにしても、ニ長調って、
つくづく、アグレッシブな調だと思うわーー

それと、もう調律がヤバくなっとるわーー

 *--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

ブログ村に参加しています。
同じジャンルの気になる記事をチェックしてみてね。

 にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ  にほんブログ村 クラシックブログ 独学ピアノへ  にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 盛岡情報へ
 
 

FC2blog テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

【2017/04/02 23:50】 | 練習録音
トラックバック(0) |
暗譜はまだ半分ってところですが、
つっかえながらも通ったので、録音してみました。

  パルティータ2番 BWV826 シンフォニア(β版)

やっぱり録音を聴くのって大事だわ。。。
すんごくいっぱい、気づくことがありました。
明日からは、ひとつひとつ手直ししつつ、
テンポに慣れてゆきたいと思います。

不思議なこと、ひとつ。
どうしてもスッと指が行かないところに、
こうして細いフィルム付箋を貼りつけることにしています。
が、これが、どうしても、ゆっくりでも、迷って弾けない。
左だけ、右だけなら、なんてことないのですけど。
20170123212204610.jpg

もしや、と思うことがあって、取ってみた。
めでたく弾けました。
20170123212232658.jpg

つまり、こういうことかも。
「付箋がある=弾きにくい=間違うかも」って、
必要以上に意識してしまい、
あわわ・・・となって音を外す。

2時間じゅう、こればっか弾いていまして、
それでも飽きないし(弾けないし)
何回弾いても面白いし、
他の曲を弾く時間がなくても
「あ~あ」とか思わないんですな。

バッハ先生、恐るべし。

 *--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

ブログ村に参加しています。
同じジャンルの気になる記事をチェックしてみてね。

 にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ  にほんブログ村 クラシックブログ 独学ピアノへ  にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 盛岡情報へ
 
 

FC2blog テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

【2017/01/23 22:56】 | 練習録音
トラックバック(0) |
言い訳すれば壮大な物語になってしまう。
目標とするテンポよりも、ちょいと遅めなのに、
なんでこう、・・・いやぁ~~やめとこ。

  イタリア協奏曲 第3楽章

せめてスケールがコケないように、
せめて焦って聴こえないように、
もう少し整えたいと思います。
どの楽章もね。

 *--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

大反省。

20170114230004739.jpg

シゴトで使いまくるとはいえ、これはない。
各色、残1本になるまで、次を買わないことを
ここにお誓い申し上げます。

 *--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

ついさっきまで、6匹がうず高く「積まれて」いたのです。
ストロボに怒って(あるいは興味津々で)
バラけてしまったのでした。
20170114230032418.jpg

なぜ、1つの箱に全員かというと、
その箱の底には、、、
タオルにくるまれた、使い捨てカイロ(大)

 *--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

ブログ村に参加しています。
同じジャンルの気になる記事をチェックしてみてね。

 にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ  にほんブログ村 クラシックブログ 独学ピアノへ  にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 盛岡情報へ
 
 

FC2blog テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

【2017/01/14 23:10】 | 練習録音
トラックバック(0) |
昨日に続きまして、2楽章。
ゆっくりな分、コントロールが難しいのです。
この音の次の音を、どれだけの音量と圧で弾くか。
タッタカタ~~っと弾き飛ばすのとは全く違った、
緊張感の連続です。

そこに、ミスタッチがあると、
カックン、と緊張から抜けちゃって、ダメなんですな。
メンタル勝負です、こういう曲は。。。

  イタリア協奏曲 第2楽章  小さいウインドウが出るようにしてみたよ

 *--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

本日の部分練習はここ。
めっちゃ「歌いどころ」ですな。

20170113214713557.jpg

音の数は究極的に少なく、
それだけ、1音1音の意味が強い。
たいへんに弾きにくいです。
覚えにくいし。

弾いてうっとり、までの道は険しい。

 *--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

ブログ村に参加しています。
同じジャンルの気になる記事をチェックしてみてね。

 にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ  にほんブログ村 クラシックブログ 独学ピアノへ  にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 盛岡情報へ
 
 

FC2blog テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

【2017/01/13 23:25】 | 練習録音
トラックバック(0) |
ここ数日、思い出したように練習風景を録音しては、
ひととおり聴きながら、1回分を残して消去という、
以前にやっていた方法で録音練習をしている。
久しぶりに、口の中に苦いものを感じながらね。

その、苦いものの正体は、是非コトバにして
自分の中に整理し、刻みつけるべきだと思うのだが、
なかなか冷静に聴けるもんじゃないんですわこれが。

私の耳には、焦っているようにしか聞こえない。
(そういうつもりで弾いていないのに)
右手側の音量がやたらでっかいのは、
ICレコーダーを右後ろに置いていたから。
右利きだから、右手でスイッチ操作をしますんで。

こんなん公開したら、生徒さん減っちゃうかもよ~~
でも、久しぶりなので、やり方を思い出す意味で公開。

  バッハ イタリア協奏曲 第1楽章 音量注意・別窓が開きます

 *--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

ブログ村に参加しています。
同じジャンルの気になる記事をチェックしてみてね。

 にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ  にほんブログ村 クラシックブログ 独学ピアノへ  にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 盛岡情報へ
 
 

FC2blog テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

【2017/01/12 23:26】 | 練習録音
トラックバック(0) |
以前に弾いた、フランス組曲第4番あたりも、
弾いていて「癒し」を感じる曲でした。
が~~~!
パルティータ1番は、もっと! です。

今回、どの曲もス・テ・キ♪ ってことで、
1曲集中ではなく、まず全部譜読みをしちゃおうと、
今日までにひととおり譜読み&コード分析をしました。
どれもこれもヨタヨタで、まだ満足に通すことすらできていませんが、
弾いても弾いても新たに嬉しくなります。

 え~っと、と言いながら。   Partita-1-プレリュード(譜読み)

 *--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

こんな調子なので、3Mコンサートを明後日に控えて、
その演奏曲であるところのモーツァルトは、
「一発」の練習、すなわち、軽い指慣らしのあと1回しか弾いていません。

そもそも目指すのは、間違いのない端正な演奏、ではなく
会場のスタインウェイを十分に鳴らし切ることと、
いかに透明感のある音色を出すかということです。

ってことは、今さらやれることはない、ということ。
指のコントロールを失わないようにするためにも、
バッハを弾くことは、準備として「必要十分」と思われます。

一人の持ち時間が約10分であるところ、
モーツァルトピアノソナタの1・3楽章を通して弾くと、7分30秒。
つまり、「ありゃ」となって、区切りのよいところから弾き直しても、
充分に間に合うんじゃないの? という時間なわけだ。
これは大きな安心要素だよ、うん。


やり直しピアノ日記一覧 / 50代女性日記一覧 / ブログ分析サイト
  にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ    にほんブログ村 その他日記ブログ その他50代女性日記へ    
 
 

FC2blog テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

【2014/10/07 22:50】 | 練習録音
トラックバック(0) |
バッハのパルティータは初挑戦。
有名なのは2番かな、でもちと敷居が高い気がしました。
1番の敷居が低いわけでは、決してありませんが、
譜めくりがないのと(そこか!)、調として好きなB♭なので。
B♭のスケールはめっちゃ弾きにくいですけどね。

プレリュードは、何か所か込み入ったところがありますが、
攻略はそれほど困難ではないとみた。
アルマンドがくるくるとコードを変えて進行するので
ちと分析してみようと思ったら、思いのほか難しかったです。
これだけで30分以上かかってしまいました。

8分音符ごとにコードが変わる部分があったりすると、
弾くのはどんなに難しいんじゃ~と思えるかもしれませんが、
実際にはコードネームがあるために、どんだけラクになることか。
fc2_2014-10-03_22-51-24-504.jpg

とはいえ、指がもつれそうになる曲であることは確か。
じっくりと指に馴染ませようと思います。

 *--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

秋田遠征まで1週間を切りましたが、
今からできることはそう多くない。
っていうより、もう一つ二つしかないです。
暗譜を確実にして、途中から弾き出せるようにすること、
1音1音をクリアに磨き上げること、ぐらいかね。

マイクロミニコンでは2楽章を弾きませんので、
ほとんど練習できていなくて、完全に楽譜睨み付け演奏ではありますが
せっかくだから録音してみました。
そりゃないだろう、というミスがあります。やれやれ。

  モーツァルト ピアノソナタ KV570 第2楽章


やり直しピアノ日記一覧 / 50代女性日記一覧 / ブログ分析サイト
  にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ    にほんブログ村 その他日記ブログ その他50代女性日記へ    
 
 

FC2blog テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

【2014/10/03 23:46】 | 練習録音
トラックバック(0) |
今日もまた、今日時点の録音。
3回録ったんだけど、どれを聴いても
あっちで弾き直し、こっちでナンダッケー、等々
なかなかイメージどおりにはいかないもんです。

そして相変わらず音が荒い。
こればかりは、一朝一夕にどうにかなりませんのでね。
日々、耳を澄まして練習するしかないかな、、、と。

  モーツァルト ピアノソナタ KV570 第3楽章


10月、今年も残すところ3か月。
今日から練習を始めることにした2曲は、
 バッハ パルティータ 第1番
 モーツァルト ピアノソナタ KV576
ということにしました。
ロマン派はどこに行っちゃったの? という感じですが、
サークルのメンバーがこぞって弾かれますので、
私が弾かなくてもいいんじゃない? ってことで。はい。


やり直しピアノ日記一覧 / 50代女性日記一覧 / ブログ分析サイト
  にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ    にほんブログ村 その他日記ブログ その他50代女性日記へ    
 
 

FC2blog テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

【2014/10/01 23:57】 | 練習録音
トラックバック(0) |
あと10日という今、なんとか暗譜はできたものの、
肝心なところでグキッと流れを止めてしまっていることと、
テンポが安定していないことと、
全体に音が荒いことが、主な問題点と思われます。

聴く人が聴けば、「そうじゃなくて・・・」となるかもしれません。
が、生憎、どなたにも師事していない独学プレイです。
そのせいもあるのか、細かいところに今イチ、気を配れない感じ。
気持ちはあるんだけれど、できていないっていうか。


5分近く。
あっちこっち突っついているし、飽きるよ。
  モーツァルト ピアノソナタ KV570 第1楽章


録音を聴くと、たくさんのアラが見えて、
直したいところだらけです。
ここから、どこまで整えられるだろか。。。


やり直しピアノ日記一覧 / 50代女性日記一覧 / ブログ分析サイト
  にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ    にほんブログ村 その他日記ブログ その他50代女性日記へ    
 
 

FC2blog テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

【2014/09/30 23:03】 | 練習録音
トラックバック(0) |
イギリス組曲第4番。
長くかかるぞ、と覚悟している曲ではありますが、
弾いても弾いても、昨日よりも前に進まない気がしてきた・・・

とっ、とにかくっ、なんとかして、1コマずつでも、前に進まねば。
そのためなら、あらゆる手を尽くしますとも。

そのひとつが、録音。
可能な限り、練習のたびに録音しては、聴いて、消して、の繰り返し。
その中のいくつかを、消す前に残してきているわけです。

今日はジーグを中心に練習したので、残しておきます。
あっちこっち綻びがありますが、現時点ということで。
最終的には、テンポよりもノンレガートを目指すぞう。
ノンレガートにするだけで、スピード感が増すと思うんだ。

  英4ジーグ(1)


遠足演奏会で弾く曲は、モーツァルトのピアノソナタに決定。
あと3週間で暗譜したいと考えております。
まあ、保険的に楽譜は立てとくつもりだけどね。


やり直しピアノ日記一覧 / 50代女性日記一覧 / ブログ分析サイト
  にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ    にほんブログ村 その他日記ブログ その他50代女性日記へ    
 
 

FC2blog テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

【2014/09/21 21:38】 | 練習録音
トラックバック(0) |