fc2ブログ
自分に優しい
2010年03月31日 (水) | 編集 |
なんの弾みか、朝早くに起き上がった。
(目は覚めていても、ベッドからは出ないことが多い)

何時までに何をするっていうシバリがない。
せいぜい、ボウリングに行く準備をするくらい。
一人の生活って、洗濯も毎日はしないし、
自分の立ち回り先しか片付けないし、
まったく堕落としかいいようのない日々。

@@@

世の中には自分に厳しい人ってのがいる。
そういう人は自分のできる最大限の努力をして、
同じ努力を他にも求める。

吹奏楽で一緒にアルト吹いてたおっちゃん(60代半ば)が
まさにそういう人だった。
「もうしんどくてあかん。リタイヤするわ」
とのことで、この3月でバンドを去った。
先日の練習の最後に挨拶をしたそうだ。
私は3月いっぱいお休みをいただいていて、
そのことを知ったのは会の携帯サイト(PCでも見られる)

しんどい逃げたい休みたい、ってことは
普段から私が秘かに思っていることである。
その気持ちがわからんでもなかったから、
ご本人から電話をいただいたときに慰留はしなかった。
「吹かないでいると老けるよっ」
と、一応さっくりと刺しておいたけれど。

あとで奥様と話したときに、はあと思ったのは、
「なんでも節目をつけなあかん人ですから」
だからきっぱりと仕事を辞めて岩手に移住し、
パン工房を立ち上げて軌道に乗ったと思ったら
これまた辞めて楽器を始めてバンドに入って・・・
なんかそうやって一回りしたら、
またバンドに戻ってくるんじゃないの?
ほっといても。

楽器そのものは続けるという。
「毎日2時間吹かな追いつかれへんかった」
というが、時間の問題ではないってことを、
ついに理解してもらえなかったなあ。
「小さいころ楽譜の読み方をやったもんには
 とてもついていけん」
それは確かに言えなくもない。
「リズムがとれへんのよ。それと速いのが吹かれへん」
速いのは私も吹けてません。
リズムは鍛え方がある。時間はかかるけれど。

毎日何時になったら練習やらんとな~っていう、
義務感のようなものに追われていた生活から、
ふっと開放されたこの数日、
楽で楽でしかたがないんだそうだ。
自分がやってみたい曲だけリストアップして、
好きなときにちょっと吹こうと思っているという。
「リストの中に、秋の吹フェでやる曲を入れといて」
たとえば、A・RA・SHIなんかいいんじゃないかなあ。
(アルト一人だとサボれないのでキツい曲)

言い出したら聞かない人なので
(だから、練習方法をアドバイスしても聞かない)
この次にバンドに関わるとしたら、
何か違う形でということになるかもしれない。
たとえば、雨で農作業ができない木曜日、
クッキーやパンをいっぱい持って
バンドの練習に来てくれたらいいんですよ。うん。

「いっぺんボクとこの農場においで」
お誘いを受けたので、いっぺんといわず伺いたい。
手始めに、ワラビの出る5月中旬あたりはいかがでしょう。
ゴールデンのルパンにも会いたいし。
カジさんも連れていきたいなあ。
ほら、何度も行かなくては。

@@@

この3月、すべてのバンド活動を休んで
かなり気分的にのんびりできた。
特に、土日に練習がある爺バンドがキツい。
弾くことは全然タイヘンじゃないのだが、
その時間を割くことに、エネルギーを使う。
吹奏楽の練習は、往復に時間がかかっても
あまり負担と思わないのは、平日だから。たぶん。

ぼんやり生活しているようで、
やはり平日と土日では過ごす意識が違うんだ~
と、自分でも驚いている。
もう少し考えたら、何かくっきりと見えてくるかな。

アルトのおっちゃんは自分に厳しく、
私は自分に甘くて優しいのに、
似たようなこと考えていて、
おっちゃんはスッパリと辞めて、
私はズルズルと続けている。

のは、私が他にもちょっと甘くて優しいからなんだと思う。


 ↑
 シュシュランキング、また上がりました(謝謝)
 ブックカバーランキングも2位キープらしい。
 今日はハンドメイド関係なくてスマヌ。
関連記事
ニットバッグ
2010年03月30日 (火) | 編集 |
またまた作ったんですが、
ご存知の通りデジカメがダメで、
画像はお見せできません。

前回よりも幅が2cmほど広いので、
私のデカ財布がつるっと入ります。
が、高さの見当を誤ったらしく、
内袋がニットの底に接していません。
ま、言われなきゃわからないっていうか、
作った本人だからわかるっていうか。
使えるので、よしとします。


デジカメ、その後。
どうせ誰も直しちゃくれないんでしょっと
半ばヤケになって、ネジネジ全部外して、
外装をカパッと外してみたのね。
んで電源ONしたら、ちゃんと撮影メニューが出た。
おおっ、こんな簡単なことで直るんかいっと
喜んでネジネジを戻したら、
また画面真っ黒になり、
あとはいくらネジネジ外そうと
ウンともスンとも言わなくなった。
いったいなんだったのでしょう。

ちなみにこちら、一瞬の隙をついて撮った
リボンバレッタの画像。
P3301926.JPG P3301927.JPG

そして、不調になる5分前に撮った、
ダブルフリルの編みシュシュ。
P3281924.JPG

糸の始末をしたあと、角度を変えて撮ろうとしたら
それ以来おかしくなったのでした。


↑ブックカバーランキング2位ですって。まあ!
シュシュランキングは10位ですって。まあ!
関連記事
リボンのバレッタ
2010年03月29日 (月) | 編集 |
作ったんですよ~
グルーガンを使って。
かわいいレースの、チビバレッタ。
それと、同じレースでヘアゴム。

でも写真がない。
いや、あるけど、見苦しい。
のは、携帯写真だから。
だって白いレースのリボンなのに
ピンクに写ってんだもの。

とゆーわけで、作っても作っても
当面その画像はお見せできません。

どうかして稼がんとなあ。
じゃなくて、節約ですかね~
オットが、だよ。
テレビ・照明・ヒーターつけっぱなしで
ガンガン寝てるし
いない部屋もつけっぱなしだし
私は充分節約してるよ。
自分基準ですけど。

@@@

ボウリングの帰りに実家に寄って
裁ちバサミを研いできた。
ガーゼなど柔らかい布を切るとき
刃先から4cmぐらいのところで
必ず引っかかるので気になってた。

そういえば、と思い出した。
父が屠場の検査してたとき
(獣医&検査技師)
包丁を研ぐための器具を買ってきた。
それで数回チャッチャとなでると、
あーら不思議、切れ味が戻る。

適当に研いだところで、
試し切りの布を出してもらう。
それがたまたま、ニットだったのね。
パジャマの袖口かなんかに使ったらしい。
切れ味最高。
せっかくだからと、ヘアバンドを作成。
シュシュ作るのと同じ要領で、
ほら、顔を洗うときなんかに髪を押さえる、
100均でも売られているような、
ニットのヘエバンド。
あれを作ったわけよ。

ニットって、コツが要るんだーってわかった。
縫い代を多めにしないと、
端が巻き込まれて、ちんちくりんになる。
言葉で書いても伝わりにくいと思うけど、
ちんちくりんなの。

でも作ってみて、あーできるじゃんって思った。
2枚作って、置いてきた。
研ぎ賃。

今日はチカレた。
のは、ボウリングがイマイチだったからかな~
2位にはなったけど、内容が悪かった。
反省反省。
何を意識しそこなったのか、考えないと。


ブックカバーランキング、上位です。
まことにアリガトウ(´▽`)存じます。
シュシュランキングも上がってきたんです。
まあ、どして?(いや別にいいんだけど)
関連記事
編みましたケド
2010年03月28日 (日) | 編集 |
コットン糸やレース糸に金銀ラメラメを合わせて、
シュシュをたっくさん編みました。
いつも作っている外側フリルのほかに、
左右のフリルの間にゴムが入るタイプも試作。
これ、アームバンドに最適だなあと思います。
が、なにしろデジカメがない。
一応携帯でも撮ってはみましたが、
ひとたびデジカメの明るさ、画質のよさを目にしたら、
携帯で撮った写真なんて、暗くて赤くて全然ダメっす。

明日にでも、専門店に持って行きます。
場合によっちゃあ、買い替えも考えます。
とりあえず考えるだけにしとくけど。
3月4月は仕事がなく、収入は限りなくゼロに近いので、
どんなに必要なものでも、買うとなると二の足を踏む。
まして、歯科で高額治療費を払ったばっかりですから。


でも買うなら一眼レフだよねなどと、チラっと。
 
関連記事
壊れた?
2010年03月27日 (土) | 編集 |
デジカメが言うこときかなくなりました。
スイッチONして、レンズがぐぃ~んと出てきて、
ディスプレイが・・・真っ黒。
なんにも表示されません。
レンズは突き出たなんま。
もっかいON/OFFしたら直るかと思ったけどダメ。

ほんの5分前に、編みかけのシュシュを撮影して、
仕上げたところを撮ろうと思ったのです。
その間、デジカメは普通にテーブルの上。

これ、修理に出したほうがいいんでしょうか。
それとも、ふとしたきっかけで直るかも?

@@@@@@

せめて、撮った写真をPCに取り込めないかと、
USB接続したら、繋がりました!
そして、出っぱなしだったレンズが収納され、
取り込みメニューが表示され。
ってことは、もしかして直ってくれた?
早速スイッチON!

・・・あ~~やっぱりダメですか。
PCには繋げられる、でも撮影はできない。
ダメージはそう大きくないとみた。
やっぱり修理に出してみよう。
いくらかかるかなあ(金欠orz)


シュシュいっぱい編んだのに~~
 
関連記事
シュシュもっと作ろう
2010年03月26日 (金) | 編集 |
昨年書いた記事。
 ⇒ 『シュシュ作ろう

あれ以来、それはそれはたくさんのシュシュを編みました。
ご紹介した以外の編み方も、いろいろ試しました。
1段ぐるりと編むだけでも、糸によってはOKだし、
フリフリをあまり多くしない方がいい場合もあるし、
髪に留めてしまえばどうせ見えないから、
無理矢理シングゴムでなくてもいいってこともわかったし。
(でも拘ってリングゴムを使っています)

年が明けて、編みシュシュはちょっとお休みしていました。
毛糸の季節は終わりかなっていう感じですもんね。
でも・・・
バッグ作りにハマって以来、
今度はコットン糸が中途ハンパに残りまして。
それはポーチを作るほどではなく。
で、春夏向きのシュシュを編んでみようかと思いました。
素材はもちろんコットンです。
リクエストがあったので、編み方を1からご紹介。


 
[READ MORE...]
関連記事
ヒサモト?
2010年03月25日 (木) | 編集 |
美容院に行ってきた。
「今日はどうする?」
「ん~、どうしよっかな~」
特別プランもなにも持たずに座ったから、
どうしたいのかと聞かれても即答はできないのだ。
よおっく考えても、答えられないに違いないので、大差ない。

すると、いつものお任せ美容師、
「マチャミって知ってる?」
えーっと・・・ヒサモトさんですよね?
彼女をテレビで見る機会があって、
その髪型のアイデアにブッ飛んだのだそうだ。

普通にショートヘアに見えるでしょ。
ところがあるとき、髪の毛をぎゅうっと上げて縛ってたんだって。
そしたら、襟元が刈り上げだったんだって。
髪を上げなければ気がつかないわけですね。

そのことを、う~んと考えているフリをしている私を見て
アレをやれる髪はコレだ、と思ったらしい。
刈り上げまではやんないからさ、やってみない?
うん、いいよ、やっちゃえ~♪
 (っという私のノリのよさが、彼女は気に入っているらしい)

もちろん、アシンメトリーのスタイルはそのままに、
そしてトップとフロントの長さはそのままに、
襟元だけが中学生のショートカットみたいに短くなった。
右耳の前に下がる束も、すっぱりと切られた。
唯一のこだわりポイント、『シュシュはつけたい』はクリア。

家に帰って、まだシュシュを試してはいない。
切ってすぐよりも、1週間ぐらい過ぎると、
毛先のジャキジャキ感がなくなって手触りがいい。
シュシュもいいけれど、
全体のボリュームが大幅ダウンしたために、
例のバンダナキャップがピタリとキマるかも。


シュシュを引き取ってもらう約束もしたし~
 
関連記事
研究には資料が欠かせないでしょ
2010年03月24日 (水) | 編集 |
冴えないボウリングの後、家でぼーっとしているところに
「今どこにいんの?」という電話がかかってきた。
そうだった。
今日は某スクールの昼食会(というか、解散会)だった。
12時から始まるというのだけれど、
ボウリングは1時ごろまでかかることが、たまにある。
美味しいものを途中から急いで掻き込むなんてイヤだ。
また、遅れていけば、顧問爺たちの格好の餌食となり、
なんだかんだ喋らされることは目に見えている。
ま、テンビンにかけるまでもなく、ボウリングを取ったので、
もしかして二次会でもあれば行きたいかな~とは思っていた。
そのお誘いキタワァ━━━━━━(n‘∀‘)η━━━━━━ !!!!!
「20分で行くっ」と返事をするなり、着替え&化粧。
お久しぶりながら、そういえばみんな1年以内には会っている。
約2週間おきに会う人(某ニシキ様)
昨年暮れに忘年会で会った人。
パン教室の展示会でたまたま会った人。
その後どうよ? みたいな話をしたあと、
某ニシキ様と駅ビル『笛算』内のストーンショップを覗き、
さらに「参考に」とヘアアクセサリーの店を冷やかし、
やっぱりたまには、ちゃんとした店を見とくもんだねと思った。
何もないところからはアイデアも生まれなかろう。
頭の引き出しの中にこちゃチマッといろんなものがあって、
何かのきっかけでそれが結びついたり変形したりして、
ふと新しい発想が生まれることがあるんだと思う。

残念なのは、そのほんの数時間後には忘れてしまうことだ。
あーっ!!
シュシュにビーズだっけ?
リボンの大きさだっけ?
スリーピンだっけ?
あとなんだっけっ???


メモしながら見てあるくってわけにもいかないべ?
関連記事
ウケた?
2010年03月23日 (火) | 編集 |
昨日の「イヌかもブックカバー」が、
こしぇ相方にウケたようでして(^^ゞ
「是非もうイッコ作って、ネットで売れ」
というのです。

そうねえ。
考えないでもないけれど
二度と同じものは作れないので
作ってみたら惜しくて出せないってことになるかも。
いやその可能性はとても高い。

「生成り+ベージュのボックスチェック」という、
同じテイストのブックカバーは何枚か作成可能。
問題はただひとつ、イヌを編むという部分ですから。

イヌがネコでもいいんじゃないかとか、
「愛犬のそっくりさんをブックカバーに」
という注文を受けて作るのはどうかとか、
ちっとは作る身にもなれというようなアイデアが、
いやもうほとんど妄想が、次から次に提案される。

ビバ、妄想♪

気力があったら作りまーす。
ブックカバーは、もうライフワークになるかもしんない。
少なくとも、今年1年間は作り続けるわけだし。


ブックカバーランキングで上位に入ってるみたい。
ありがとございます。おかげさま。うれし。
関連記事
3月のブックカバー
2010年03月22日 (月) | 編集 |
見ての通りなんですが、
コイツが何に見えるかってのが問題だ。
3月は、カジさんの「暫定誕生月」なのです。
ヤツは捨てられていたのを保護された子なので、
「3月初めぐらい」としか、生まれたときがわかりません。
で、「3月3日」ってことにしています、勝手に。
ので、3月のテーマは「イヌ」かな~、と。

どう見てもネズミっぽいイヌ。ちょっと上向き。
P3221902.JPG

決してかの有名なイヌではない、イヌ。
P3221903.JPG

@@@@@

こちらは、ご注文の品。
ナナメ模様(なんて言ったかな~)のバティックを
切り刻んで、ネガポジにして2枚作りました。
P3221902.JPG
P3221905.JPG

リクエストは、「付箋が入るポケット」でした。
うーん、バッグの中で落ちてしまわないかなあ。
付箋のノリ部分を利用すれば、落ちにくくはなるかもだけど。
P3221906.JPG


作るときは一気がヨロシな。
関連記事
twitterって便利よ
2010年03月21日 (日) | 編集 |
ここで記事を書くと、
「seesaaBlogから」ってんで、twitterにタイトルが載る。

なんて便利なの♪
他のブログでも、そういうサービスがあるといいのに、
と思ったら、
たとえばmixiなら「マイミクボイス」
amebaなら「アメーバなう」というように、
そのシステムの中でtwitterと似たサービスがある。

ただし、いずれも閉じた輪の中のサービス。
そこいくと、twitterは開かれていると思う。

めんどくさいので、システムの説明はしませんけどね、
やってみりゃ結構おもしろいッスよ。


フォロー歓迎。
私のツイートはHPトップにごじゃいます。
  
関連記事
燃やせ脂肪!
2010年03月20日 (土) | 編集 |
なんとも情けないことだが、
ドックの最後に結果の説明を受けたとき
ちゃんと見たのは、体脂肪率とBMI値だけだった。
他には、AだのBだのが並んでいて、
1個だけCがあったなあということしか覚えていない。

まあそのうち送りつけられてくるのだから。
そのときちゃんと見ればいいのよね。

問題は体脂肪率だ。
人間ドックセンターの体脂肪計がはじき出した
「32」という数値が、刺さるように目に入ってきた。
わが家で計って、30以上が出たことはない。
まさかと思ったが、センターのキカイこそ正確なはずだ。

うううっ、なんとかせねば~~
脂肪を落とせばいいんでしょ? 脂肪を。
それには、まず筋肉をつける必要があることも知っている。
さあ、どうやってつける?
手っ取り早いのは「歩くこと」だそうだが、
カジさんとの散歩は、あまりにものんびりとしていて、
よそ見したり立ち止まったりすることが多く、
連続して歩かないから、筋力向上はあまり望めない。

と、ここで思い出したことがある。
いつぞや、ダンベル体操をやるぞと意気込んで
一番軽いダンベルを1セット買ったことがあった。
それがどっかに放置されているはずだ。

もひとつ思い出した。
いつぞや、書店で見かけた本。
『ラジオ体操ダイエット』
そう、アレをマジメにやるとダイエット効果があるらしい。

方針が決まった。
日々、ベッドの中で聞いているだけのラジオ体操、
あれを、明日の朝からは、ダンベルを持って聞こう。
(あくまでも第一段階として)
(第二段階は、またそのうち考える、と)


効果のほどは・・・
 
関連記事
ブラウザかっ?
2010年03月19日 (金) | 編集 |
今、この記事は《IE》で書いているんですが、
サポート対象外でバージョンアップができないために
いろいろと不都合が生じる場合が多いのです。

たとえばmixiのトップページを開くとアラートが出る。
同じようなのが、あっちこっちで出る。
あるブログサイトでは、レイアウトが乱れる。
twitterでは必ず「とっととアップデートしろ」と、
メインツイートの上におっきな警告枠が出る。
いちいちセキュリティを問われる。

それが面倒で、《FF》も同時に使っています。
こちら、鬱陶しいアラートは一切出てきません。
ただし、某ネトゲサイトはサポート対象外。
某ブログはレイアウトが乱れる。

っというように、一長一短なので、
「こっちにきーめた」ってならないのです。
まあだいたい《IE》で済ませ、
アラート2回がウザいamebaや、twitterは《FF》と、
その日にもよりますが、使い分けております。

パソコンそのものをグレードアップする余裕がないので
ま、仕方ないっつーか、慣れでしょうね。


インド綿のバリエーションを増やそうと、
手芸店に行ってみたけれど、空振り。
逆に安い生地を買い込んでしまった(自爆っ
 
関連記事
今日の時点ですでに
2010年03月18日 (木) | 編集 |
1日ドックは、受付順のわりに、かなり早く終了。
どの検査も、採血以外はサラッと済んだからなあ。

でもでも、もしやもしやの再検査、当確。
思い当たることがいくつかありまして~
やっぱりねって感じなのです。

友人女医に相談しなくては。
(知り合いの胃腸科医院を紹介してもらお)

療養休暇に入っちゃおうかな。
でも運動もしなくちゃならない感じだし~


体重も落とさにゃならんし。
 
関連記事
懲りない
2010年03月17日 (水) | 編集 |
また編み始めました。
ニットバッグの出来栄えに、我ながら満足したので、
今度は小さいショルダーバッグを作ろかなと。
あーそういうの、ポシェットっていいますね。
これまた、革の持ち手というか、肩ひもをつける予定。

Dかんとか、ナスかんとか、マグネットボタンとか、
そういう小さいパーツはできるだけ常備しています。
何か作ろうと思ったときにそれがないと、
作る意欲が失せるといいますか、
勢いが削がれるといいますか・・・・

でも、持ち手は別ですね。
私は本か何かでレシピを見ながら作るわけではないから、
予めできあがりイメージがないのです。
本体ができてはじめて、持ち手は革がいいかな、と
よく言えばインスピレーションのままに、
悪く言えば行き当たりバッタリに、作るわけね。
だから、革の持ち手は買い置きがありません。

ってことは・・・
今日から編み始めたバッグの本体ができたら、
また手芸店に行くことになるわけで~~
きっと余計なものもいっぱい買うんだろうと思います(てへ)
バッグ以外のいろんなものにも手をつけて、
他に足りないものがないか、検証する必要がありますな。


ファスナーポーチは実家の母にプレゼントしました。
 
関連記事
初のニットバッグ
2010年03月16日 (火) | 編集 |
きまぐれに編んだニットバッグとポーチができました。

やっぱり持ち手は革製に(でも安かったからきっと合皮)
中袋はインド綿です。
ボコボコの手触りが、案外気に入っています。
P3161897.JPG

私の長財布がすぽんと入る大きさ。
内ポケットにはカードなどなど入ります。
P3161898.JPG

ポーチは18cmの玉つきファスナーをつけて。
こちらはバッグの中で使うこともあるので
つるんとした編み地にしました。
実家の母が狙っているようです。
 (改めて作ってあげましょうかね)
P3161899.JPG

ポケットティッシュとハンカチが余裕で入る大きさ。
P3161900.JPG



今月のブックカバーが次の課題です。
3月といったら・・・なんだろう。
 
関連記事
けきょ?
2010年03月15日 (月) | 編集 |
あれは・・・あれは・・・ウグイスなんでないのっ?

 けきょ。

 とけきょ。

 ほととけきょ。


最初の「ほ~~~」がないのは、
まだ発声練習の段階だから。
たぶん。

その声に思わず立ち止まって
どっち方面から聞こえてくるのかと
耳を済ませていたところ、
パタタと音がした先にいたのは、ヤマガラ。
オレンジ色が鮮やかな美鳥だった。

家に帰って、久々に、分厚い山渓の図鑑を広げた。
あの厚さ、腱鞘炎が治りきらない右手では持てない。
抱えて運んで、ドンと置いて、開くのはそれからだ。

今年は菜園にヒマワリの畝を作る予定。
連作障害を避けるためでもあり、
冬場のエサ台の準備でもある。
そう、次の冬こそ、エサ台を作るのです!
ちょうどいい場所があることに気づいたから。
(スズメバチの巣があった藪付近)


今日のスコア《159 155 146 212》ひえ~~
 
関連記事
リボンのヘアゴム
2010年03月14日 (日) | 編集 |
試作しましたー

P3141892.JPG

真ん中の絞り具合をどうするかで、
かなり印象が違ってくるみたいです。
私はゴムの継ぎ目を隠したくてたまらないので、
写真のようなヒダの取り方になりました。
他の方法も試してみます。

なにしろ見えている部分が小さいので、
大きな柄の布は不適当。
ギンガムチェックは思ったとおりカワイイけど、
だからといって、茶色のギンガムだったらどうなの?って思うし。

大柄は向かないよねって思っても、
生地のどの部分を使うかで、同じ生地でも違った表情が出るし、
バイアスに裁ったら、柔らかさが出るんじゃないかと思うし。

お試しポイントはたくさんある感じです。
フリマで売るとしたら、100円ってとこ?


おっきいのも作ってみたくなるしね~
 
関連記事
コットンの季節
2010年03月13日 (土) | 編集 |
そろそろ毛糸よりコットン糸。
ていうか~、まだまだ寒さは続くのだけれども、
今から作る(編む)ならコットンでしょ♪
ってことで、ウォッシャブルコットンのちょい渋を
試しに5色買ってきたのです(木曜日に)
で、編み始めたのが昨夜(金曜日)

その1、底マチのあるバッグになる予定。
持ち手をどうするかが、悩みどころ。
中袋を作ってから、持ち手を挟むか、
あるいは革の持ち手を後付けするか。
最近覚えた(遅い?)パプコーンを散らしてみた。
カイジュウのヒフみたいで、面白し。
P3131890.JPG

余った糸をシマシマにして、ポーチ。
もちろん、細めの持ち手をつけてミニバッグも可。
これも、中袋をつけないと。
あー、ファスナー仕立てにしてもいいかもね。
P3131891.JPG



ついでに。
今日は風が強かったのです。
犬はそういうの、平気ですね。
人は首周りに何か巻いて、やっと歩ける。
P3131885.JPG


今日の「ねばならぬ」は休日。
明日もかな~
関連記事
がっかりだー
2010年03月12日 (金) | 編集 |
文章教室のあと、同じ施設内で催されている陶器展示を見ることに。
じんわりと発色した青が素敵な器がありまして、
他に青は?と見ていたところにマグカップを発見。

2日ほど前にカジさんが持ち運んで
飲み口のフチを欠いてしまい、代わりが欲しかったのです。
1500円っていうのは、私にとって決して安くないのですが、
カップの底に向かうにつれて濃くなる青のグラデーション。
それに一目ぼれして、買ってきちゃった。

コーヒーをたっぷり淹れて飲みます(2杯目)
P3121881.JPG


ところが・・・
少し時間を置いたら、コーヒー色のモザイク模様が。
P3121882.JPG

ここから漏れているとか、そういうことはないんだけれど、
カップを持ち上げると、底が当たっていた部分がしっとりと濡れている。
えっ?と思って、カップの底を触ると、
手にコーヒー色がつくのです。
やっぱ漏れてる?

あ~~、がっかり。
でも使えなくはない。
10~15分以内に、さっさと飲みましょう。
長く同じところに置かないように。
基本的に違うっていう気もするけれど、
「漏れてました」って返しに行く気力はない。


やっぱ私には100均のがお似合いかな。
 
関連記事
出発でしょ
2010年03月11日 (木) | 編集 |
500円玉貯金、取り崩しました。・゚・(ノд`)・゚・。
昨年、稚内に行ったときに使って以来だから、
たった5ヶ月分でしたが、4万ちょっとあったのよ。

それと、郵貯に入れてたのとかトカ都下、
無理矢理かき集めて、本日、自費治療費の8割を
「つりはいらねえ」とばかりに置いてきましたとさ。
残りの数万円は、最終日にお支払い。
来年度は確定申告が必要かもしれません。

途中経過を一度、鏡を持たされて見せられたけれど、
なるほど土台形成というのは、歯を彫刻することなのね。
ちょぼちょぼ治した跡はあるものの、
歯としてはしっかりしているので、
「かなり響くでしょ、仕方ないんだよねー」
と、先生が何度もおっしゃる。
いいんですのよ、痛みなんかないのだし。
それより、BGMに耳奪われているときに
ふいに話しかけられると、すぐに答えられない。

素敵なオルゴール音楽(有線か?)がずっと聴こえていました。
治療台に上がったときは「You've Got A Friend」で、
ウィンタスプリングサマォァフォォ~って
つい歌いだしたくなってハッとしたり。

そんな夢心地&アゴ苦しさの中、
今回の治療における最大のヤマ場、土台形成は無事に終わり、
次は型を取って、その次にセラミック被せてできあがり。
ちゃんとした歯が、半分以下の大きさになったことを
「喪失」とは思いません。
ここから始まる、第一歩。

私としては毎日でも通って、すぐに治して欲しいのですが、
仮歯をくっつけてからしばらく置く必要があるのだそうな。
少しばかりながら、歯肉にもダメージを与えたので
(しかし私には全く自覚できていないのだ)
 ↑(年配者ほどそうなんだって)
   ↑(ううっ)
それが落ち着くまで4~5日はかかるのだとか。
でも、「16日なら何時でもOKですっ♪」
17日だと午前はダメよ、とか
18日は1日ドックだからダメよ、とか
まるでデートの約束だね、こりゃ。
無理言って16日にしていただきました。
1日でも早いほうがいいのです。



金曜レッスンのお子様が、バレーボールで手首骨折。
少なくとも1ヶ月は休みます~~と連絡がありました。
金曜日もまるまる、空きました(デートなら要相談)


今のところ応募者はゼロ。
気がつかないんでしょうね( ̄ー ̄)ニヤリ
 
関連記事
あっちこっち・あれこれ
2010年03月10日 (水) | 編集 |
《姐》から《婆》に戻す作業に見落としがあって、
こりゃあひととおり直すのに1週間ぐらいかかりそう。

今日はHPトップのレイアウトを変えてみようかなと思い立ち、
TwitterのガジェットをHPに持ち込んでみた。

やりたいことは数々あれど(やるべきことも数々・・・)
私の(いえ、誰でも)時間には限りがあるし、
疲れやすくて、しょっちゅう休んでばかりではかどらない。
「えいやっ」と思うまでに小一時間かかったりもするから、
その分も含めて「必要な時間」と考えないと
えー、そんなはずはないっヽ(;´Д`)ノというくらい
時間は圧倒的に足りなくなる。



・・・・・・・と、後ろ向きはこのくらいにして
(しっかし、後ろ向きなことって次々出てくる)
少しは先のことも考えませんとね。

さしあたり急務として目の前にででーんと立ちふさがったのが
帰省するムスメのための、部屋の片付け。
猶予期間は約半年。
長いともいえるが短いと思ったほうがよい。
というのは、夏を挟むからである。
ほら、花も植えたけりゃ畑もやりたいじゃないですかぁ。

春になったらと考え始めると、とたんに目の前は明るい。
たとえ、膝までの長靴の中にまで入ってくるほどの雪に、
3月も半ばになって見舞われようとも。




今日のIBC特集《森の暮らし たいまぐら便り》を、
共感とともに(そしてコーヒーとともに)
ガッツリかじりついて見ていた・・・・・・ら、
南昌荘での展示会で、お会計のやりとりしている声に聞き覚えが。

智「またお会いできるのを楽しみにしています」
客「私も楽しみにしていますぅ」

あ、その客、私です。
群雲染めのTシャツを手にしたとき
「そちらに鏡がありますから」と声を掛けてもらったのも、私。

そういえばTV局が2つほど来ていた。
桶を見ていたときは、カメラマンに
「何か質問とかしているところを撮りたいんですけど」
と言われて、丁重にお断りというか、逃げたので
お会計のときのことはすっかり忘れていたのだった。

客観的に聞いて、私の声って、ほんとにひどい。
なんか鼻にかかっているカンジで、滑舌も悪く、
これでよくガッコのセンセをやってたよねっていうくらい。

もう、人前ではしゃべんないようにしたいくらい。
無理だと思うけど。


明日は嬉しい歯科の日~♪♪♪
関連記事
めんどくさ~
2010年03月09日 (火) | 編集 |
チューリップのヘアゴム、量産態勢に入りました。

7cm角の型紙を作って、一気に布を裁つ。
筒に縫う部分をダーッと一気にミシンで縫う。
個別にバラし、縫い代を割ってひっくり返す。
ゴムを測って切って、結んでおく。

と、ここまできたら、あとは1個1個の作業です。
おりおり、ひまひまに作っていける。

それにしても、細かい作業でめんどう。
ほんとうは6cm角で作るとかわいいんだけど、
髪に留めたときの存在感がちょっと不足。

もう頭の中は別のこと考えています。
最も近いのが、『ブルーディポーチ』
さあ、どんなものでしょう♪

そろそろ3月のブックカバーも作りたい。
ぼわっと曖昧なアイデアはあるのですが、
まだ具体的じゃありません。
春のイメージって、なんか黄色いよねっていう程度。


今日から「婆」に戻りました。
関連記事
あきらめるか
2010年03月08日 (月) | 編集 |
先日、実家でロックかけてきたインド綿で、
やっと本体を縫い上げました。

外側を見ると、ちゃんとできてるじゃん♪ て思えますが
これがもう、腹立たしいほどに不出来なのです。
P3081879.JPG

ミシンかけながら、
あーそうだった、そうなんだよな、こうじゃないんだよな・・・
そんなことばっかり思ってました。
P3081880.JPG

つまり、
ぐるり1周ロックをかけるというのは、
縫い代を割る場合なのでありまして、
片倒しにして端ミシンで押さえるときには、
縫ってから、2枚一緒にロックしなくちゃならんのです。

そんなことを、実家で「動くじゃ~ん♪」と
さっくさくロックかけているときは、思いもしませんでした。

さてそこで今後どうするか。

 1.実家のロックミシンを借りてきて作る。
 2.ウチのミシンを実家にもって行って作る(実家のは修理中)
 3.当分バンダナキャップは諦める。

気持ちが萎えているので、3を選択しちゃってます。
実物を見せて、こんな話をしたら
母は「持ってけ」と言うに決まっています。
しかし、大枚はたいて修理中の実家のミシン。
これがキレイに直ってきたアカツキには、
母だって、買い込み溜め込んだ布で
パジャマやエプロンの3枚や4枚、作りたくなるに違いない。
小物と違って、服ならロックミシンは必須です。
特に袖の部分には是非使いたいところでしょう。

やはり私は当分諦めて、端の始末が簡単なものを作ります。
歯の次はロックミシンだ。
よ~~っし、稼ぐぞぉぉぉぉ(←何で、と具体的に言えない)
(↑つーか、節約が先かもしれない)
(↑私の考え方を正すのが先決か)
(↑でも今の生活はもう変えられない)
(↑50代でゲット、を目標にしようかしら)
(↑長生きしなくてはっ!)


でもちょっと前向き。

@@@

twitterの小窓を設置しました。
たまにしかつぶやかないけど。
それに、グチが多いかもだけど。
関連記事
さあ金策だ
2010年03月07日 (日) | 編集 |
歯科治療費を捻出せねばなりません。

こういった事態が、昨年からチョンチョンチョンと続いたので
もう、来るなら来いってなもんですが、
すでになくなった袖は振れませんからねえ。

こんなとき、家計簿をつけていると
どこにどんだけお金があるか(ないかってことも)わかるので
残りいくらをどうにかするか、見当がつきます。
ビバ家計簿(パソコンの、大雑把なやつだけど)

今の私の気持ちを岩手では(主に盛岡あたりか)
『なんたにがなるべ』といいます。

さて、どこで切れるでしょう。

 1.なん・たにがなるべ
 2.なんた・にがなるべ
 3.なんたに・がなるべ
 4.なんたにが・なるべ

答えは4です(早っ)


それより、治ることにワクワクなの。
関連記事
停滞ぎみ~
2010年03月06日 (土) | 編集 |
なんとなーく引きこもり。
何もしなかったわけではなく、
《こしぇ~る》のラベルを作ったり
お花のヘアゴムを作ったりして過ごしたが
達成感はまるでなし。

せっかくぐるりロックをかけた生地も
ミシンの上にぺらりと置いたままだ。

そのうち気分が変わる。
そのときを待っているのが、今の状態。
たぶんそれは月曜日。

達成感を得られずとも、
何かしら手を動かしていると
無駄には息をしてないぞ、という安心感がある。


ちょっとね、腹具合が・・・
ま、いつものことですが。
関連記事
なごり大雪
2010年03月05日 (金) | 編集 |
雪が積もると、カジさんは嬉しいのです。
いっぱい走り回れるし、足が汚れないし、
おかーさんはボールを投げてくれるし。
犬としては雪、大歓迎です。
P3051876.JPG

あまりの嬉しさに土手を駆け上ったら
軽く雪崩が発生してしまいました。
P3051871.JPG


もうカンベンしてほしい、雪。
関連記事
今度はインド綿で
2010年03月04日 (木) | 編集 |
再びバンダナキャップを製作します!

前回の反省から、布端の始末はやはりロックがけ。
そこで実家の母にたずねました。
「ロックミシンは動くであろうか」
すると、
「今、お雛様の後ろにある」

ガーン。
もう4日だよ、しまいなさいよ。
でも、歯科のあとで寄ってみると、
ちゃんとお雛様の段の下から引っ張り出してありました。

「で、動くの?」
「・・・たぶん」
「説明書は?」
「最近見てない」

ひぇ~~~
説明書ナシで、あの複雑な糸かけをするのは無理!!
今、何年か前の状態のままになっている糸が
何かのはずみで切れたりした日にゃ・・・ヽ(;´Д`)ノ

でも、その心配は無駄になりました。
ほら。
P3041868.JPG

本当は、糸の色が黒ってのはちょっと・・・なのですが、
今日のところは贅沢言いません。
(説明書をさがしてくれ。あるいは今の状態を写真に撮っとくとか)

無事に全てのパーツの周囲ぐるりをロックして、
これで心配なくミシンがけができます。

最近の私が成長したと思えるのは、
「明日でいっか」
と、無理して今日やらなくなったこと。

「持ってけば?」というありがたい申し出にも、
「そんなことしたら、生活がストップする」
と、ロックミシンは実家に行って作業することにしたのです。
暴走防止でもありますが、なにせ説明書がない。

ロックミシンが別の場所にあるってことは、
勢いだけで一気にモノゴトを進めないで済むということ。
週の日々にミシンの日を割り当てる計画性が持てるということ。

いーんじゃないですかぁ~~~??


バンダナキャップの有用性については、後ほど詳しく(たぶん)
関連記事
一瞬の快挙
2010年03月03日 (水) | 編集 |
《200 200 206 157》

という、信じられないスコアを叩き出してきた。
ピン数だけ見ると「おおっ!」となるが、
スコアシートをよくよく見ると、
ああやっぱり私、というアホな部分が
そこここに散りばめられている。

たとえば1ゲーム目の10フレ。
せっかく9フレでファンデーション、
もちろんそれまでノーミスだったのに、
10フレ1投目でビッグ4のスプリット。

たとえば2ゲーム目の10フレ。
直前まで4連続ストライクの、完璧なファンデーション。
10フレ1投目は6ピンタップ。
こんなの楽勝なんですよ、いつもの私は。
ところが~~この次点で200が見えてしまったものだから
力んで落としちゃったのだ、ボテッと。

たとえば4ゲーム目の第1投。
そろそろオイルも変わってきたしと、
ストレート気味に投げたら、まさかのストレート。
(私の投球は、ストレートでも必ずピン前で曲がる)
結果5ピンも残してしまった。
さらに、スペアならずで痛いミス。


内容(模様)をじっくり見るのをヤメにして、
スコア分析の数字だけを見てみると、
ストライクとスペアの合計は35(目標クリア)
ノーヘッド、0(目標クリア)
オープンフレーム、6(目標クリア)
スプリット、4(目標クリア)
アベレージ、190(目標超クリア)
4ゲーム中1ゲームはノーミス(バンザイ)


あら・・・よかったのかな。
うーん、でもでもでも、なんか違~~う!


ちなみに(何に因む?)母は順調にスコアを伸ばしており、
アベレージが110を超えた。
ボウリングにおいて、スコアのカベは2回あるという。
第1は、130のカベ。
当面、母はこれに挑戦することになるわけだ。
第2が、170のカベ。
私が4年間当たって砕け続けているカベである。
乗り越える日は訪れるのでしょーか。
アベレージってのがミソなのだ。
それはつまり多少のアップダウンを伴いつつも
「持続的に」「安定的に」170叩くことだから。


ビギナーのころにやっていたスコア分析、また始めるかな~
関連記事
あら虫歯ナシ?
2010年03月02日 (火) | 編集 |
待ちに待った、歯科の日。
右下2番の端がちょっと黒くなっているのを、
今度こそ直してもらうんだもんね。
中のほうまで虫歯になってるかもしれない。
それにしては、ずぇんずぇん痛くないんだけど。

いつもの歯科医院は、もう25年の付き合いになる。
あそこにお世話になってからこのかた、
痛い思いをしたことがあまりない(ちょっとはある)
顎関節症のため、長く口を開けているのが痛い、くらい。
麻酔の針が一瞬痛い、くらい。

さてさて、、、今日は何をしたかというと、
まずひととおり口の中をチェック。
普段の食生活、嗜好品、歯磨き習慣をもとに、
汚れの傾向、磨き残しやすいところを
ていねいに教えてくれる。
さらに、茶渋やプラークを研磨する。
気になっていた歯は、レントゲンで確認。

結果、抜髄治療が施されているために、
もろくなっているし、退色している。
これをどうにかしようってんなら、
セラミックなりで被せることになるとのこと。

そっか虫歯ではないのですか。
てことは保険は利かないわね。
どっちみち前歯だから利かないけど。
それに、直すなら、並んだ4本を整えたいから、
○万円×4 というヤバい金額になる。
こりゃー即答できませんわ。

んで、今日は歯の模型を作るために型を取って、
次回もっかい詳しく説明を受けることになった。
実は平成7年に、上の歯をセラミックにしている。
そのカルテを見た先生が、
おおっ、15年たっても全く変化ないですねっ
と感心していたけれど、治療したのは誰?
それとも、私の手入れがいいってことか?

まず。
そゆこと。

でもたぶんセラミック、いく。
こういうことは思い切らないと。
「なんぼかまからんか?」って言ってみようかな。
お得意様割引、みたいな。


無理だろうな・・・
関連記事
腹筋が痛い
2010年03月01日 (月) | 編集 |
本を読んで、腹が痛いほど笑ったのは久しぶりだ。

中学3年生の秋に、実家が建て替えられた。
私は新しい自分の部屋に「タタミベッド」を所望し、
やがてそれは「押入れ改造型ベッド」として実現した。

カーテンで仕切られた、1畳の城。
6畳の部屋があるのに、改めて「城」もないもんだが、
とにかく四方六方に囲まれたその空間は
集中して本を読むのにはうってつけだった。

で、夢中になって読んだのが「古典落語」

活字になった熊さん八っつぁん、隣のご隠居、
業腹でマヌケな家主、なぜか物知りなクソガキ。
彼らの大騒ぎな日常を、私はゲヘヘと笑いながら読んでいた。

私の部屋の隣は、写真を趣味とする父の暗室だった。
深夜、写真を引き伸ばしていると
ゲッゲッゲッという奇妙な声が聞こえてくる。
気味が悪いのを通り越して
私のアタマがおかしくなったんじゃないかと心配した、
と、後に聞いた。
そっか、もっと思い切りギャハハと笑えばよかったのね。
悪いことしたね。


えーっと、それ以来久しぶりに、だから
(ただいま計算中ただいま計算中ただいま計算中)
・・・40年近くになるのか。
赤塚富士夫のマンガ以外で、思い切り笑える本に出会った。
それも、エッセイである。
いい加減にして~、笑い死ぬのはイヤだ~、
と思いながら半分読んだ。
読み終わるのが惜しい。


価値観それぞれなので、紹介しません。
つか、もったいないから隠しておきたい。
関連記事