fc2ブログ
コインパース
2010年10月31日 (日) | 編集 |
今朝、お天気もイマイチだし、家の中で何して遊ぼうかなと、
クリスマス柄の生地を入れた箱を出して点検していたとき、
ピロピロリ~ンと頭の中のチャイムが鳴りまして。

いきなりですが、色合わせをして作り始めました。

この3色を使います。
001.jpg

縫い合わせて表に返して、カタチを整える。
002.jpg

立体に成形します。
003.jpg

くるみボタン&ゴム。
004.jpg

コインパースの出来上がり。
ミシン8割・手縫い2割で、約1時間。
005.jpg


先日、10㎝ファスナーを買いに手芸店に行ったとき、
四角いコインパースが並んでいるのを見ましてね。
ああそういえば、こんな形のを前に作ったなあと
懐かしく思い出した・・・だけではなかったのですよ。

私が前に作ったときは、中にキルト綿を入れ、
周囲ぐるりをバイヤステープで仕上げたのでした。
んもう、それはそれはめんどくさくて時間がかかって、
も~~二度と作らんわいっ! と思ったのだったなあ。

ところが、手芸店で見たソレは、キルト綿ではなく接着芯。
カッチリ仕上げるには、そのほうがいいのですね。
どこにどのようにどんな芯が入り、どこで縫い合わせてあるのか、
しっかりじっくりこの目にインプットしてきたわけです。

前に作ったから大きさはわかるし、
特厚の接着芯は持っておりますし、ということで
わりあい簡単にできあがりました。
面倒なのは、立体にするときの手縫い部分かな。
硬い芯を入れてから立ち上げて縫うので、
布を押さえる手にかかる反発が強くてね。

こういう形って、「欲しい度合い」はどれほどなのか
全くもって見当がつきません。
私なら、一昨日作ったひし形ポーチよりは持ちたい(いんふぉめ参照)
しかし人の好みはそれぞれでありますので、
ここは是非、こしぇ友に見せびらかし、意見を聞きたいと思います。

@@@

脱皮した ⇒
[READ MORE...]
関連記事
今年は早い!
2010年10月30日 (土) | 編集 |
沢庵漬け用の大根を抜いて洗って干しました。
私は2年前にこれで腱鞘炎になったのですが、
今年は全体に量が少ない上に、
私が手伝ったのは後半だけだったので、手は無事。
003.jpg

お約束のこの1本。
001.jpg

こちらに至っては、抜き方担当のJ兄が
「このカタチを維持しつつ抜くことができたのは、オレの技術」
と、鼻息を荒くして自慢するのでした。
002.jpg

まだ、青首大根がいっぱい残っているし、
葉物野菜も青々と茂っているし、食用菊も花盛りなので、
本格的な「秋じまい」はダイコンの干しあがりまでお預けです。



私のちいさな菜園も、楽しみが少なくなりました。
盛んに生育を続けるのは、スティックブロッコリーだけ。
例の生ゴミカボチャはもう大きくなれない感じですが、
一応もうちょっと、そのまま置いておこうかな。
と思うのは、葉がしっかりと茂っているからです。

ナスやピーマンの株間に蒔いた落花生、
日当たりは悪いし、風通しも悪いし、
メイン作物の収穫時に踏まれるという悪条件の中、
ちゃんと花を咲かせ、実を結んでおりました。
004.jpg

ただし、こんだけー
005.jpg
赤いのはトウガラシ、手前にはカタツムリがおりますが・・・

来年はちゃんと専用の畝を立ててやろうかとも思います。
そのためには、種蒔き以後、あまり立ち入らない場所を確保せねば。


 うん、一箇所だけあるぞ。
 アタマに浮かんでおるぞよ。

 
関連記事
こげ茶レースのシュシュ
2010年10月29日 (金) | 編集 |
ブルームーンストーン・セレスタイト・ラピスラズリ・
ラベンダーアメシスト、そしてノーマルなクォーツでサイズを合わせ
ブレスレットを作って、今朝から身につけています。
015.jpg
そのとたん、身辺に変化があったので驚いております。
石を身につけずとも、それは起こったと思いますが、
私にしてみれば、あまりのタイミングのよさに、
これぞまさしくシンクロニシティ、と思うわけだよ。



ちょっとした息抜きに、シュシュづくりは最適。

こげ茶の上品なレースで、小ぶりなシュシュができました。
010.jpg

シンプルで、私はコレで十分好きなんですが、
今日はちょっと飾ってみたくなりまして。
ちっちゃめのビーズをランダムにつけてみました。
011.jpg
まあ、ランダムのつもりでも、いつのまにか似たような間隔に。

くるりんとまるめると、こんな感じです。
012.jpg
真ん中に光っているのは、押しピンです念のため。

それにしても茶が茶に見えないってのは、
やはりデジカメとは違いますよってことかね。
早く直ってこないかなー



よく見たら、ウチのささやかなモンステラにも
ちゃーんと気根が出ていましたわ。
013.jpg

 次なる目標は「葉の切れ込み」ですね。

 
関連記事
ご褒美
2010年10月28日 (木) | 編集 |
自分に、ですぅ
003.jpg

中央にイッコだけあるのが、たまーにしか入ってこない
HCブルームーンストーンざんす。
これまで3回、これ! と思うものがなくて
がっがりしつつ手ぶらで店を出た、それくらい、
一目見てそのよさがわかるというか、
わかりやすい石だと思います。

左側の、不透明に見える2個はセレスタイト。
初挑戦の石、一目ぼれです。
ただ、選ぶのがムズカシかった。
硬度が低いので、キズが多いのです。
色を選ぶとキズがあったり、
無傷だと色がイマイチだったり。

あ、この石が好き、この石を持ちたい、と思ったのは
無意識にたましいの平安を求めていたからかもしれません。
浄化、祈願、平和と調和の石なのだそうです。

一緒にシリコンゴムも買ってきたので、
今夜、寝る前にブレスレットにしようと思います。

HCラピスラズリが今日は品薄で買えませんでした。
手持ちのブレスレットをバラして使うしかない・・・
ラピスは必須と自分で決めているので。

 ※ HCってのは、ハイクオリティという意味ですぅ


あー、何のご褒美かというと、
ガンバった自分に、です。
実際私はよくがんばっていると思うぞ。

と、自分で自分を認めないと、やっていけないですからね。
特に最近のゴッチャゴッチャはね。
文字にするのも汚らわしいっと思いつつも、
気持ちを整理するために、ときどきですが、
小さい手帳にチマチマ書いています。

しかし、書けば書くほど・・・・ってね。
やっぱりこういう場所には書けないっすよ。

@@@

薬局のモンステラ。
001.jpg

見事な根です根。
気根っていうんでしたっけ。
002.jpg

ちなみにこの薬局には、天井まで届くような大鉢のモンもあります。
が、その写真を撮ろうと思ったら、
待合室を出ないと携帯のフレームに納まらないのでした。

ウチにも100均で買って育てているモンさんがいますが、
葉の切れ込みもなければ、当然気根も出ていません。


 気根出すまで育てるぞー

 
関連記事
ハウス!
2010年10月27日 (水) | 編集 |
ハウス、と命令してもぐりこむケージが、
冬の到来とともに「ヒーターガード」になりまして。
20101027-2.jpg
とりあえずカジさんは、もとハウスのあった場所に行き、
「こっこれでイイんだろうか」の表情。

 いいんですよ、そこで。
 一緒にくつろぐのに最適な場所だから。
関連記事
避難避難
2010年10月26日 (火) | 編集 |
昨夜皮をむいた柿を、外に出しました。
もう色が変わり始めています。
004.jpg

今夜から明日にかけて、思いっきり冷え込むというので、
外置きの観葉植物たちを家の中へ、緊急避難です。
南向きの窓から入る陽射しはたっぷりで、
ここは、植物たちが一番よろこぶ場所なのです。
006.jpg
ゴチャゴチャ物置にされていたのを片付け、
もともとあった鉢とともに、観葉植物だけ置くことに。
見えているのは、アサガオが絡まった斑入りホンコン、
あらえびす記念館のロビーにあったコダカラベンケイソウ、
(ポロポロと『子』が落ちていたのを拾ってきた)
以前、移動の際にブッチリとちぎってしまったオリヅルラン、
100均で購入したモンステラ、
やはり100均出身の、薄幸な斑入りゴムの木。
(過去2回、鉢をひっくり返され、葉が落ち、ただいまリハビリ中)
カーテンレールに吊るしてあるのは、大株になってしまったオリヅルラン。

二階ホールに面する大きな窓にも、ずらりと吊るしました。
それに、階段の上と、手すりにも。
今年はポーチュラカを家に入れないので(ヤツら、一年草だからな)
たくさんの鉢の置き場所に困ることもなく、
トイレの窓辺には置かなくて済みそうです。
(朝日が当たるとはいえ、あそこは寒い)


@@@


新顔ハッケン ⇒
[READ MORE...]
関連記事
柿を干したよ
2010年10月25日 (月) | 編集 |
残念ながら写真はないのですが。

柿の皮をむくのに、手袋をしないとタイヘンなことになるって、
一昨年の経験で身に染みましたんで、
今日は初めからフィットタイプのビニ手、私はパウダーなしが好き。

こういう仕事って、集中はあまり必要ないんですね。
普段見ないテレビをつけて、へへへと笑いながらでも大丈夫。
世界まる見えっていう番組をチラ見しながらの作業でした。

ほんとうは、日中にむいて、外に干したかったんだけれど、
午前は義母につきあい、午後はボウリング~買い物~病院2件。
夜しか時間がなかったんだよ。
そして、今日、どうしても皮むきしたいと思ったんだよ。
別に明日でもかまわなかったのに。
でも、そういう自分自身の内なる声には
素直に耳を傾けることにしています、特に50過ぎてからは。
(だから、バンドを休会しているわけだ)

柿を外に出すのは明日のことにします。
写真もそのときに撮りましょう。
って、明日は雪かもっていう、素っ頓狂な予報が出ている。
寒いってことですね。
干し柿には向くんじゃないかな。

柿を出して、観葉植物を家に入れようっと。

@@@

この子も心配だ ⇒
[READ MORE...]
関連記事
くだらないことほど心安らぐのはなぜ~それは集中できるから
2010年10月24日 (日) | 編集 |
ブログの片隅でチョンチョン歩いているこのヒト。
インターネット上で飼えるペット、リブリーです。
ウチにいるのは、キャンディースノーという種類の『あいんちゃん』と
カンボジャクの『アーサー☆りゅうのすけ』です。

こちら、デフォルトのアーサー☆りゅうのすけ。
kambo.jpg
コーギーのりゅうのすけが亡くなって、ペットロスに陥り、
その傷をなめるかのように飼い始めたのが、
二匹目のリヴリーである、この子でした。
が、これまでに何度も変身させています。
最初がなんだったかわからなくなったほど。

最近(てか、だいぶ前?)から、ワザの使い方が簡単になったので
今日はいろいろな種類に変身させてみました。

まず、これは、えーと・・・イムーバだって。
imuba.jpg
こんなのいるって、知らなかった。
ランダム放浪してたまたま見つけたら、
トランシロンという変身カードでしか変われない種類。
ナメクジラだ・・・

デカい。ショウジョウダルマ。
daruma.jpg
表情からその思うところを推し量れない冷たさを持っているように見える。
が、穏やかなんだそうですよ、公式サイトによると。

2010年ハロウィン限定リヴリー、ナイトメア。
naitomea.jpg
かわいくない。残念。

こんなのもいたのね。ミンツ。でかっ
mintu.jpg
今、白くなる虫ばかり与えているので、
顔と首と体となんだかんだの境目がわかりません。
輪郭しか見えないのって、ブキミだ。
どんなにツブラな目でこちらを見ようとも。

そして、たぶん全種の中でいちばん小さい、オサナヒグラシ。
osana.jpg
今日はこの状態でログアウトしました。
私が次にログインすると、もとのカンボジャクに戻ってしまう。

こんなことして遊んでおりますが、
心に占めるグチャグチャが、なかなか出て行ってくれません。
くっそ~~、どうしてくれよう(攻撃的でありたい気持ちを表してみた)


 今日はムシムシグチグチありません。
 グチグチの一部は、閑散として訪れるヒトの少ない場所に。
関連記事
木守りの実
2010年10月23日 (土) | 編集 |
今年の柿は、葉が紅葉して落ちる前に赤くなってしまった。
赤くっていうか、オレンジね~~
でも、採りましたよ。
これは木に3個だけ残した「木守り」の実のひとつ。
007.jpg
豊かな実りを感謝し、来年の豊作を願い、鳥たちへおすそ分け。
3つ残したのは偶然ですが、いいな、これからも3つだな。

しかし鳥たちは、私たちが収穫する以前から
いっちばんよく熟したところを突っついていますから。
今からそんなグルメで、真冬はどうすんじゃい!

あ・・・私が給餌する予定なのでした(^^ゞ
そのためにヒマワリをいっぱい育てたんだもの。


こちら、義母の畑の聖護院大根です。
005.jpg
普通は間引いて1株仕立てにします。
ここだけ間引きそこなったわけですが、
なかなかどうして、両方立派に育っている。
何かに見えないこともないですねー


今日の作業は柿だけではありません。
ゴッチャゴチャになっていたイチゴのサークルを片づけ、
孫ランナーとひ孫ランナーから作った苗を植えつけ、
真ん中に大粒タイプのブルーベリーを配置しました。
同じようなサークルが、もうひとつあって、
それは先週のうちに作業済みでした。
003.jpg
それほどたいへんな作業ではなさそうに見えますが、
サークル全体を20㎝ほど、写真でいうと右手前に移動。
もちろん、土をかき出し、ブロックを配置しなおし、
土を入れなおし、有機肥料などなどを入れ、
充分に耕してフカフカにしてから、植えつけたのです。

その作業を全て、小さな移植用スコップで。
なぜかというと・・・
004.jpg
「キアゲハに シャベルとられて 手間五倍」

この、ずんぐりむっくりのサナギは、
紛れもなくキアゲハのそれ。


この先、さらにムシ ⇒
[READ MORE...]
関連記事
遊んでくれない
2010年10月22日 (金) | 編集 |
100均で売っているモコモコボールを
細いゴム糸で繋いで、ニャンたちのオモチャを作ったのです。



102201.jpg




手を出してくれニャいんですよこれが。



①ぽん 「おばあちゃま~、これって食べられるの?」
②ミル婆 「ニオイがしないではありませんか。無視!」

(はじめ、グラ婆と書いてしまった。まる1日気づかないとは)



それにしても私には画才がニャい。
しかしデジカメ修理中ニャので、
なんとかして誤魔化さねばニャらニャい。


関連記事
10月のブックカバー
2010年10月21日 (木) | 編集 |
たいへん安易ではありますが、
わっかりやすい「紅葉柄」であります。
この生地がなかったら、葉っぱ一枚をアップリケするところでした。
しかし、針目をそろえる自信はマツタクありません。
003.jpg

内側。
これといって自慢できるポントはありませんが、
たぶんとっても使いやすく、手に馴染むと思います。
なにしろ「使ってナンボ」だと思うわけです。
飾りじゃないのよブックカバーは~、はっは~~(字あまり~)
004.jpg


散歩コース内にあるガガイモ。
いーっぱい実をつけていて、嬉しい嬉しい。
004.jpg

今夜は月がきれいで、どうせボケボケになるとわかっていながら、
ついシャッターを押してしまうのでした。
十三夜は昨日だったかな。
今日は「なんでもない月」、でも美しさ満点。
005.jpg


茶エビ以外にも ⇒
[READ MORE...]
関連記事
20101020
2010年10月20日 (水) | 編集 |
数字の並びがおもしろいっていうだけの、タイトルです。

なにしろ今日は珍しいものを見ちゃってね。
それも、普段はムシ嫌いな実家の母までが
「こうして見ていると、かわいいもんだなぁ」
ですってよ!


ということで、今日はムシ(エビガラスズメ)オンリーです。

 追記 ⇒
[READ MORE...]
関連記事
燃え尽きました(画像多し)
2010年10月19日 (火) | 編集 |
普通は大きいモノから作るんですよね。
私は違ったな~~
始めにショルダーバッグ、次がカードケース、
書類ケースにメモ帳カバー、ペンケース、ストラップ。

もう欲しいものは作り倒したかなと思いつつ
なにげなく残った生地を見ると、
肩かけトートバッグが作れそう。
半端な部分からポケットも取れそう。

ということで、作りました。
005.jpg
はからずも、A4サイズの書類が横にすっぽり入る大きさ。
なにより、今回は精一杯のこだわりを詰め込みました。
こだわるのはいつものことですが、特に。


開き止めはゴム&素焼きのボタン。
あら、ピンボケでしたわ~~
006.jpg

タグは "CafeBar"
表の外ポケットは、裏布をパイピング風に見せています。
007.jpg

横長なポケットなので、
ソフトタイプの面ファスナーをつけました。
残念なことに、白しかなかったんだよね。
008.jpg

外ポケットその2、ファスナーポケット。
肩にかけた状態でサッと開けられるように、
開き口をナナメにしてあります。
009.jpg

そしてもちろん、鍵の迷子防止策。
010.jpg

内ポケットはいつものとおり。
しかし、今回はここでもこだわる。
011.jpg

ペンの定位置。
ポケット口の約2㎝だけ、縫ってあります。
これで差したペンがナナメにならず、
万が一ポケットの中に落ちてしまっても、
バッグをひっくり返さずに取り出せます。
012.jpg


おまけ。
キティちゃんのリボンでぇ~す。
013.jpg


これで、ほとんど使い切りました。
残っているのは、中途半端なカタチの端切れ。
これは別布とはぎ合わせないと、何にも作れません。
しかしもう燃え尽きましたよ、ふぅ~~


@@@

茶エビその後 ⇒
[READ MORE...]
関連記事
順調ですねえ
2010年10月18日 (月) | 編集 |
恵みの雨もあって、秋冬に期待される野菜は
みんなスクスクと育っています。

私の「坪園」はブロッコリーと落花生とレタスだけですが、
義母の畑は今、ダイコンがぐいぐい大きくなっています。
こちらは青首ダイコン。
004.jpg
タクアン用の「干し理想」というダイコンも、
よく葉が茂っているようです。

こちら、葉物がきれいな段差を形成。
005.jpg
野沢菜、ホウレンソウ、小松菜、あとなんだろう。カラシ菜かな。


ヒメリンゴの株元に、こんなツブツブキノコが。
001.jpg
いかにも食べられなさそう(~_~;)


携帯カメラの画像サイズ設定を変えました。
これで、デジカメと同じになったはず。
でもなんか、白く光るなあ。
こんどはホワイト調整をしてみよう。

@@@

もう一匹いた ⇒
[READ MORE...]
関連記事
片付け第2弾
2010年10月17日 (日) | 編集 |
朝の寒さは、本格的な秋を思わせる。
首にコットンのマフラーを巻いて外へ。

東向きの玄関のドアがポカポカと暖かかった。
手のひらを当てて、しばしそのぬくもりを楽しむ。
DSCN3809.JPG

毎日、じわじわと大きくなる。
テニスボール<生ゴミカボチャ<ソフトボール
DSCN3814.JPG

スティックブロッコリーは、最盛期に突入。
品種名は「スティックセニョール」だったかな。
DSCN3817.JPG

このあと、ピーマン、オクラ、シシトウ、ナンバンを全て撤去。
トマト、キュウリ、ゴーヤーは撤去済みなので、第二弾となる。

株を抜いた跡に現れたのは、植えた覚えのない草つまり雑草。
見通しがよくなり、落花生の全貌を一望できるようになったのだが、
スティックブロッコリーの写真を最後に、
デジカメが動かなくなってしまった。

いや、正確には・・・レンズが出てこない。
いやいや、もっと正確には、
電源ONでニュ~っと出てくるレンズが、すぐに引っ込んでしまう。
で、「レンズエラーです」というアラートが出る。

せっかくキレイに植えつけたイチゴの苗を撮りたかったのだが、
しばらくは携帯のカメラを使うしかない。

再生には問題がないし、ついさっきまで普通に撮れていたのだ。
これは即、修理に出さなくては。
買って1年以内、保障の期間内だし。

@@@

最後の1匹 ⇒
[READ MORE...]
関連記事
シュシュ+ビーズ
2010年10月16日 (土) | 編集 |
かねてから一度試したいと思っていた「シュシュ+ビーズ」
なにしろ目が遠くなって(こんな言い方しないのかな)
細かいものを見たり、チマチマと細工したりするのが
どうにも不自由でしかたがないのです。

が、今日はちょっとがんばってみました。
DSCN3806.JPG
土台のシュシュは、透けるタイプのニット。
これが、めっちゃ縫いにくかった。
使ったのは4㎜プラビーズと、0.7mmゴムテグスです。

ビーズ部分は固定していないので、
くるんと丸めて髪につけてからでも
好きなところに移動させられます。
DSCN3808.JPG
ビーズはもっと大きいほうがいいのかもしれません。
気力充実のときに、またやってみます。


このところ、カードケース、合皮、シュシュと
あれやこれや作ってきまして、
いよいよ「ひと山」築いてしまいました。
切った残りの布だとか、パーツだとか、
どれにしようかと悩みつつ広げた布だとか。

赤の合皮はまだ残っていますけれど、
無理して欲しくもないものを作るより、
本当に作りたい! と思ったときに
思う存分作れるほどの量を残しておきたい。
そう思って、今日を一区切りっていうことにしました。

で、築山を崩す、崩す。
上から順に、布を畳んでゆきます。
筒状にまるめて、紐で縛る。
この紐だって、布の耳を利用しています。
丸めるほどの量がない布は、
小ぶりな箱にポンポン投げ入れておきます。
こちらは、ヨーヨーやくるみボタンになります。
選ぶときに出しっぱなしだったファスナーも、所定の場所へ。
ビーズはビーズケースへ。
ゴム紐も、長いものはくるくるとまとめ、
短いものは小さい箱に揃えて入れる。

うーん、やっぱり「指定席」があると片付けやすい。
とりあえずコッチに置いといて、
ソッチが片付いたらもう一回まとめて、っていう、
二度手間がなくなりました。一発解決。
今のところ、システムは正常に機能しているようです。

片付くと、次に取り掛かるのも楽なはず。
「次」っていうのは、10月のブックカバーであります。



 クリックありがとうね。
関連記事
ストラップじゃ
2010年10月15日 (金) | 編集 |
超簡単、10分でできるストラップ。
DSCN3801.JPG
ただし、取り付けに20分もかかった。
イライライライライライラしながら。
手がもう一本欲しかった・・・


こちら、某アジアン雑貨店で買った格安ネジネジ。
(ほんとうは何ていうの? マフラーって感じでもないし)
DSCN3802.JPG

惜しげもなくザックザックと切る。
DSCN3803.JPG

シュシュができたのでした。
DSCN3805.JPG
はじめっからシワシワになっているので、
もしかしたら合うんじゃないかと思った。
正解、ピンポーン。

もっと細く作ってもよかったかも。
全部で9個できました。
多すぎる・・・ので、あっちこっち配るかな。
今の私が好きな配色なのでした。


生ゴミカボチャは今・・・

ゴルフボール<カボちゃん<テニスボール
DSCN3800.JPG
スズメガのお子様たちがいなくなったので(いやあと1匹いるんだが)
外での楽しみはもはや、この子がメインとなりました。
他には、あれこれタネ採りぐらいかなー
芽キャベツは虫に食べられちゃったし。
野菜は唯一、ブロッコリーがいい感じです。



 ←クリックありがとね
関連記事
このダルさは何?
2010年10月14日 (木) | 編集 |
朝、目が覚めても起き上がれず、
起き上がっても食欲が出ず、
食べても動き出したくなく、
動き出してもすぐにカラダを横たえたい。

国会中継がおもしろくて、
ゴロゴロしながら聞く。
山本なんとかっていうヒト、しつこい。
確か、カマキリみたいな印象のヒト。

お天気がよかったために、
カジさんとの散歩には一応出かける。
「超ショートコース」ということで
バス停までの往復、以上オワリ。

父の命日だったので、
盛岡市内でも美味しいことで有名な
某おだんご屋さんで
お醤油だんごとお茶もちを買って
実家に届ける(留守だったヨー、でも鍵持ってるし)

午後、国会中継を子守唄にして寝る。
よくもまあこんだけ眠れるもんだと思う。

夕方。
やっぱ不調だよなーと思いつつ、
来週に本番を控えた吹奏楽の練習へ。
わかった。
喉が痛いんだ。
きっと風邪だ。

楽器を吹くのって、喉をおっきく開くから。
それで、あー痛いや、って気がついたのだ。

ビートの定まらないドラムと
ヘロヘロで芯のないクラリネットにイラつきながら
なんとか1時間半、吹き通す。
自分のことは棚とか屋根の上に上げといて、
イライラは指揮者にぶつけておく(直球で)

今日はお風呂、やめといたほうがいいだろうか。
ちょっと顔がボーボーと火照ってきた。
生姜入りの紅茶を飲んでいるせいかもしれない。
でも、熱が出てきたのかもしれない。

赤の合皮は気になっている。
ストラップを作りたい。
作り始めればきっと10分でできる。
ううー、作りたい。
でも、始めたら他のものも作りたくなる。

実は三角形の細長いポーチを作りたい。
お箸と歯ブラシが入る大きさの。
でも、初めて作るものなので、
試作が必要になると思う。
これは半日仕事になる。
今日はもう無理だ。

ストラップだけにしておこう。
という決心は、貫けるだろうか。

それにしても、ダルい。


 
関連記事
ブックカバーじゃなくて
2010年10月13日 (水) | 編集 |
コイツは、健康手帳とお薬手帳を入れようと思って作ったんです。
DSCN3794.JPG
けど、よーく考えてみたら、
健康手帳って、年に1回しか持ち歩きません。
お薬手帳にしたって、投薬があったときに
薬局からもらうシールを貼っておくだけ。

ですんで、100均のメモ帳を入れてみました。
あら、ストロボが光らなかったのね。
DSCN3795.JPG
以前、フリマ用にカバーつきメモ帳を作ったことがあって、
そんときに何冊か買っておいたメモ帳がここで使えた!
もともと2冊入れるつもりだったので、しおり紐も2本。
これはこの先「ネタ帳」として使うか、
全く使わず眺めてニヤけるか、のどちらかですな。


こちらはファスナー開きのペンケース。
DSCN3796.JPG
ですが、このカタチは前に作ったのを持っていました。
これより明るい赤の合皮で、手に馴染んで使いやすいので、
今さらこんなこと言うのもナンですが、
新しいのが欲しいわけじゃなかったなー、と。
レースまでつけたんですけど。

それなのに、もひとつ作るって、なんなんだー
DSCN3797.JPG
最近はあまりたくさんのペンを持ち歩かないので、
マチなしで作ったのですが・・・使わないよなー

内部。
もちろん今までと同様、バティックなんです。
でも何度も書くけど使わない予定なのよね。
DSCN3798.JPG

作りたいものを作ると、ときにこういうことになる。
使わないのに作るのは、プレゼント用とかフリマ用とか。
でも今回は自分用と、思って思って思い込んで作ったのに。
こん次はもっと考えてから作りはじめまーす。


 
関連記事
図にも乗る
2010年10月12日 (火) | 編集 |
いや、でも、こーゆーのは前から欲しかったのだから。

A4サイズがすっぽり♪ のファイルケースです。
全景。
DSCN3790.JPG
留めるのは、大好きな素焼きボタンと、ゴム。

A4はもちろん、微妙にひとまわり大きいピアノの楽譜も入ります。
ただし、たくさん入れることは想定していませんので、
マチはつけていません。
DSCN3791.JPG
以前作った通帳ケースの、おっきいやつ(だから簡単)
この面積だと、別布切り替えのほうがよかったかも、と思う。
もう遅い。いや、これはこれでかなり気に入った。

ファイアーマリオにもぐってもらった。
通帳ケースとの違いは、内ポケット。
筆記用具のひとつやふたつ、入れておきたいじゃないですかー
DSCN3793.JPG


今日はこれから(もう夜10時半を過ぎているけど)
キャラメルポーチまたはペンケースを作れるかどうか、
合皮を広げてみて、その気になるかどうか。
一応、ファスナーは用意してあるのです。


@@@


スズメガ、減りました ⇒
[READ MORE...]
関連記事
調子こく
2010年10月11日 (月) | 編集 |
できましたのだ。
シンプルな、四角のショルダーバッグ。
自分に合わせれば、肩ひもに調節用の仕掛けもいらない。
DSCN3772.JPG

こんな大きさですよー、と並べたのはA5システム手帳。
DSCN3773.JPG
最初の写真は、バッグの中にこれが入っていました。
でも重いから持ちあるいたりしませんよ(肩こるし)

ファスナーポケットの内部を、ファイアーマリオが見せてくれます。
このマリオ、頭をチョンと押すと「ビョイィィン」と鳴る、迷惑なおもちゃ。
電池切れのため、鳴らなくなって嬉しい。
DSCN3774.JPG

本体内部にも、あまり深くないポケットひとつ。
この「深くない」ってのが、意外に大事です。
深いポケットのせいで何度モノを見失ったことか。
DSCN3776.JPG

そして、私にとって最重要必須アイテム。
これで車のキーをなくしません。
DSCN3777.JPG
この先、「返事する鍵」が開発されて、
格安にて入手できるようになるまでは、
私はバッグにナスかん・Dかんをつけ続けると思うな。

バッグ口の開き防止は、素焼きのボタン&ゴム。
今までいろいろやってみて、これが一番簡単です。
作るのが、じゃなくて、使うのが。
DSCN3778.JPG
マグネットボタンとか、カッコいいけど、
片手ではなかなか命中しないものです。
蝋引き紐も使ったことあるけど、余ったらカッコ悪い。
かといってギリギリの長さだと、バッグの中にモノを詰め込めない。
で、やっぱゴムじゃんね~~ってことになったのです。
ちなみに、ボタンを留めている茶色も、ゴム。

シブ赤の合皮は1mカットで買ったもの。
つまり、まだまだ、ま~~だまだ、いっぱいあるのです。

そこで、取っ掛かりに、最近マイブームのカードケースを作りました。
作りなれたせいか、瞬殺の速さでできちゃう。
本体の透明部分から、裏地がチラっと見えるのが気に入っています。
DSCN3780.JPG
実はショルダー本体とポケットを裁断した半端が、
カードケース2点分にピタリの量だったのです。
せっかくだから、ゴムの色を変えてみました。
左側は、ショルダーバッグに使ったのと同じこげ茶のゴム。


この先、何を作ろうかと、思いをめぐらせておりまする。
まずはA4クリアホルダー(よくある薄いヤツね)が
2~3枚入るくらいの、薄手のバッグだな。
それから、ちっちゃい手提げ。
そうだ、久しぶりにペンケースを作ってみようか。
おお、それならキャラメルポーチも作れるんでないかい?
ブックカバーはぼってりと重い印象にならないよう、
部分的に使うことにするから、最後の最後でいいし。

昨年もやりましたね、合皮使いきり作戦。
作ったものを全部並べて写真に撮れたらいいなあ。


 
関連記事
勢いってやつ
2010年10月10日 (日) | 編集 |
看板に偽りあってはならじと、
昨夜、勢いのままに作りましたよ、ブックカバー。

カードケースやティッシュケースを作った残りというのも変な話で、
むしろ大きいものから順に裁つものでしょ、普通は。
私はたまに逆をやっちゃうんですね。
もともと大きいものってあまり作らないしね。
布も、バティック以外は端切れで買いますし。

淡いピンク&パープルの切り替え+細いレース。
この組み合わせは、前に作ったカードケースと布の分量が逆。
DSCN3735.JPG

珍しく、ベルトも共布です。
ちょっと厚地なので、相応しくなかったかも。
DSCN3731.JPG
これを「10月の・・・」とするには躊躇があります。
今月の、と称するのは、月末まで待つことにしましょう。
(そのまんま称することになったとしてもね)

カードケースで培った「ひと手間省く」作り方を試しました。
うーん、折り返し(台形の台の部分)にステッチが欲しかったかも。
今回の生地は、嵩だかに膨らみたがるので、特にそう感じました。
使う生地の質感により、臨機応変にってことですね。

少なくとも、裏布の量はほんの少し節約できます。
生地をどんどん消費しようと思っているのに、
節約してどうする、って言いたいところもありますが、
見境なく無駄に使おうっていうことじゃないから、うん。


そして今朝、これまた急に思い立って、
吹奏楽イベントに出かける直前までミシンガタガタやってました。
とりあえずファスナーポケットがついたぞ。
DSCN3737.JPG
裏布は、格安プリントバティックをざっくざっく使います。


@@@


今日おこなわれた吹奏楽イベントのポスター。
あら素敵(荒らす敵、と変換しやがるウチのパソコン)、サックスでしたのね。
DSCN3750.JPG

よーく見たら・・・!!!
DSCN3751.JPG


こちらは当バンドのコント担当(ではありませんが、です)
サン=サーンスの「動物の謝肉祭より『象』」を演奏するチューバ奏者。
本番でいきなり目にしてしまうと、
吹いちゃって吹けなくなるかもしれないので(←わかるか?)
楽屋で見せておいて、免疫をつけたのです。
ウケましたわよ、主に小学生に。
tuba.jpg
本人たちの名誉とプライバシーを保護するために、ボカしました♪


私はといえば、思ったとおり、直前に腹ゴロゴロ。
緊張はないのだけれど、同じ空間に嫌いなヒトがいるとダメです。
本番終了直後、楽器を片付けるのも後回しに、トイレに駆け込んだのでした。

どうしてくれよう、今後・・・
爺バンドといい、吹奏楽といい、問題はそこだけなので、
蛹のごとく、殻に閉じこもってじーっと待っているのがいいのかな。


 
関連記事
看板に偽りあり
2010年10月09日 (土) | 編集 |
ranking.jpg
なんだか申し訳なくてね。
ブックカバーの記事は月1回程度なのにさ。

どれどれ、どんなブックカバーがあるのかなと訪れた方。
すみません。
野菜だの虫だの(それもイモムシ)がほとんどなんですよね。
ま、季節柄ってこともありますが。


@@@


さて、今日はこんなものを。
急に思い立って始めちゃうものだから、
作り方をすっかり忘れていましてね・・・
でもなんとかできました。
ティッシュケースです。
試作ね、試作。


ティッシュ口が直線。
DSCN3727.JPG

ティッシュ口が微妙に曲線。
DSCN3725.JPG


お約束のバティック。
DSCN3724.JPG


半端に残っていたレースをつけちゃったりしています。
さすがにバティックは、自分用なのでレースなし。
DSCN3729.JPG


ブックカバーのアイデアはまだありません。
明日、吹奏楽フェスティバルの本番なので、
ヒマ~な待ち時間に考えようっと。
カードケースの合理的な作り方をヒントに、
ブックカバーも、一工程省けるかもしれません。


@@@


次第に少なくなってゆく~ ⇒ 
[READ MORE...]
関連記事
柿が色づく
2010年10月08日 (金) | 編集 |
ちょいと早くないかえ?
DSCN3706.JPG
この1コだけ、異様にオレンジ。
他のはまだ「ほんのり」なのに。


アケビが割れました。
食べられないこともなかろうが、これは美味しくなさそう。
ほんとうに美味しい種類って、もっと紫ですよね。
DSCN3703.JPG


デルフィニウムだったか。
高く立ち上がって、房で咲くのだけれど、
管理が悪かったため、でれれんと垂れてしまいました。
それにしても、アップには耐えない感じ、かも。
スミレみたいな「距」があるんですねえ。
DSCN3708.JPG


生ゴミカボチャが、また雌花をつけた。
どーすんのよ・・・
DSCN3717.JPG


@@@


めっちゃカワイイ、エビガラスズメ子 ⇒
[READ MORE...]
関連記事
紫蘇仕事、終わり
2010年10月07日 (木) | 編集 |
まずは、カジさんのドアップをお楽しみください。
DSCN3692.JPG
甘やかされてデレデレしとるアホ顔や、と
某ナニワのおっちゃんに言われたことがあります。
それ、褒めてんのよね?


「梅仕事」という言葉があるのと同じように、
「紫蘇仕事」ってのがあってもいい。
それくらい、紫蘇はいろいろ用途があって、
最後の最後まで無駄になりません。

赤紫蘇のときは、穂をチョン切ってザルいっぱいに収穫し、
あとは家の中で作業したのでした。
今日は穏やかに晴れて、外が気持ちよかったので、
青紫蘇の茎を適当に刈り、これを抱えてベランダへ。
あとは日当でのんびりと実を外す作業をしました。


カジさんは「ヒマだ~かまって~」と催促。
遊べないんだよ、かーちゃんは忙しいのよ。
DSCN3687.JPG


右、青紫蘇。
左、最後の赤紫蘇。
DSCN3690.JPG


死屍累々。
青紫蘇は、土手にいっぱい生えています。
だから、土手に返します。
DSCN3691.JPG


おまけ。
生ゴミカボチャはゴルフボール大。
いっちょまえに模様が入っている。
DSCN3695.JPG


お待ちかね、ムシ画像はこちら ⇒
[READ MORE...]
関連記事
次は青紫蘇だ
2010年10月06日 (水) | 編集 |
赤紫蘇はもう終わった感じ。
そろそろ青紫蘇がよくなってきました。

採って洗って佃煮にします。
明日かな~~
DSCN3685.JPG


今日は忙しくてムシ写真を撮れなかったー

 
関連記事
カードケースにハマる
2010年10月05日 (火) | 編集 |
こ、これは違いますからねー
某信金バンドの練習風景。
私は、ベース音を弾きながらカメラを構えております。
ベーシストは本番直前しか来ないらしい。
DSCN3671.JPG
楽譜には空白の小節があるように見えますが、
これはコードネームに沿って「それなりに」弾きなさいということ。
勝手に、好きに、より面白く、疲れたときはサボりつつ、
適当に(適切に、の意味)弾いてまーす。



本題はこちら。

イベントのプレゼントにと作ったカードケースは3点。
それとは別に(タグが違うのよねー)さらに作りました。

その1、ピンクのトロピカル柄(季節はずれ)
DSCN3682.JPG

その2、小さなボックスチェック
DSCN3680.JPG

その3、無地のピンク&パープル(画像が暗いけど)
DSCN3681.JPG

その4、やっぱバティックでしょ(さっきまでバンダナだった)
DSCN3678.JPG

タグは《cafe_bar》 自分用です。
DSCN3679.JPG


面積が小さいので、強めの色柄を使ってもだいじょぶそう。
ただし、バティックのような薄手コットンの場合は
接着芯を貼って、張りを出す必要があることがわかりました。


@@@


さあ、今日はエビガラスズメ特集だ~~ ⇒
[READ MORE...]
関連記事
志半ば
2010年10月04日 (月) | 編集 |
半ばっていうのは、途中っていうことです。
途中っていうのは、終わってないっていうことです。
終わってないっていうことは、止めたわけじゃないってことです。


・・・片付けのこと。




こういうときはキレイなものを見ましょう。

オシロイバナを覆うクモの巣。
DSCN3651.JPG



今日は朝からミシン作業をしていましてですね。
前回の「こしぇ会議」で、カードケースの合理的な作り方を話し合い、
そいつぁ是非やってみなくてはと思っていたところ。

型紙作りなおして、まず1つ作ってみたところ、
裏布と二枚あわせを前提にしていたため、べろりーんと大きすぎ。

あっちゃ~~~と、またまた型紙を直す。
表布の厚みによっては、端ミシンをしたほうがよいこともわかる。

柄違いで3点、できあがりましたよ。
イベントのプレゼント用なので、画像は後ほど。


 
関連記事
隠れ冬瓜
2010年10月03日 (日) | 編集 |
咲いたし。
DSCN3644.JPG
まさか咲くとは思っていなかったから、嬉しさ二倍。
実らないよねっと思いながら、一応受粉だけはしといた。
期待していないからね、ダメモトだからね、
千にひとつ、ちっちゃくてもカボチャになったらお祝いだ。


あったし。
DSCN3645.JPG
もう、カタチのいいのは全部収穫して、
採種用に1コだけ残していたつもりでした。

今日は、トマト・ナス・キュウリ・ゴーヤー・一部のオクラを
紐をほどいて支柱を外して引っこ抜いて整理して、
ってのをやってたわけですよ。
冬瓜も、最後の実より先の蔓は切っちゃえと思って
ズルズルと引っ張っていたら、激しく抵抗された。
目でたどったら、通路の境にしている丸太とサンショの木の間に、
立派な冬瓜がすっぽりと挟まれて立っていたのでした。
見事な大きさ。見落としてゴメン。


寝てるし。
DSCN3646.JPG
紫蘇の実の下処理をしていたら、寝息が聞こえたの。
首を伸ばして覗いてみたら、熟睡の様子。
音を立てないように、振動もさせないように、
そーっとカメラを構えて、1枚。
もう1枚と思ったら、薄目を開けられてしまった。
犬って眠りが浅いですよね、基本的に。


 
関連記事
好天にて
2010年10月02日 (土) | 編集 |
美しい秋晴れの日。

生ゴミカボチャの雌花だ~~~っ
DSCN3639.JPG
しかし、咲かせられないだろうな・・・
今からトンネルかけるってわけにもいかないし。
少なくとも、カボチャに向く土壌ってことはわかった。
待ってなさい、来年まで。


首が痛いといいつつ、休み休み、上を見上げる。
かなり降りてきてくれたんだけどね。

エビさんたち ⇒
[READ MORE...]
関連記事
初ブロッコリー
2010年10月01日 (金) | 編集 |
ま、イッコだけですけどねー
DSCN3617.JPG
柔らかくて、おいしゅうござんした。


ブルーベリーは早くも色づき始めました。
DSCN3616.JPG


ヒマワリのタネを食べたいスズメたち。
私がカメラを向ける前は、もっといたんですが。
DSCN3619.JPG


タテハとか~ ⇒
[READ MORE...]
関連記事