fc2ブログ
閉ざされる
2010年12月31日 (金) | 編集 |
盛岡というところは、雪は少なめ、寒さはキツめです。
ですんで、盛岡市民は一般に、寒さには強い。
そこそこの降雪もあるので、除雪も上手。
しかしこの年末寒波のもたらした雪は、
盛岡市民の常識をはるかに超えたものであるようです。
「ようです」などという傍観的な発言をしているのは、
私が雪かきをしていないからというか、
今日は写真を撮るために玄関に出た以外に、
全く外に出なかったから、なのですねー
DSCN4374.JPG

外にも出られず、当然買い物もせず、
家の中でできることといったら、片付けぐらい。
ミシン側のスペースはそこそこ片付きました。
ラグを敷いたところでムスメくつろぐ。
DSCN4369.JPG

せっかくの大晦日、なんか落ち着かないです。
全国的に大荒れの天候だとか。
穏やかな新年をお迎えくださいと申し上げる一方、
穏やかな新年を迎えたいぞーっと叫びたい気分だ。

 2011年もよろしくね。
 
関連記事
12ヶ月のブックカバー
2010年12月30日 (木) | 編集 |
でで~~ん!
DSCN4367.JPG

細長い部屋の、ミシンコーナーがある側を片付けて、
オフ白のラグを敷いたら、とても広く感じます。
なんだかんだで散らかる前にと、
12枚のブックカバーを並べて撮りました。

中には「柄依存」のお手軽に過ぎたものもあり、
ちょいと反省する部分があったりしますが、
なにしろ12ヶ月を通したことが、私にしてはスバラしい。
(はい、OK基準はかなり低いです)

2011年の年間テーマは、もう決めてあります。
1月のデザインはどのようなものにしようか、
それと、年間通すので、大きさぐらい一貫性を持たせようと、
型紙を作ることを考えています。

ので、実際に作業に取り掛かるのは
年が明けて落ち着いてからになるかな。
外に出かけるモロモロが始まりますと、
きっと「作りたい病」を発症するはず。
そういう自然な衝動に任せようと思います。

 さあ、片付けはもう一息!
 
関連記事
大脱走&巣篭もり
2010年12月29日 (水) | 編集 |
いっぱい雪があるんで、遠くには行かないだろうと、
「ほれ行っといで」と出したわけですね、実際は。
いつもは、車通りのなくなる夜中に出しているのです。
が、考えてみたら、日中も車通りは少ないのでした。

ドドドと走って向かってきたのを「ステイ!」で止めたところ。
DSCN4337.JPG

その、アップ(つまりステイのまま=賢い=かわいい)
DSCN4336.JPG
ヘイ、ボーイ、おうちに入るよと声をかけて
玄関ドアを開けてしばらく待っていると(さ、寒い)
相手あっての外遊び、ちぇっ、つまんねーのとばかり、
ドドドと戻ってまいります。
もちろん、充分に走ったからなんですが。


こちら、久々のぽん嬢。
相変わらず君臨なさっておいでですわ。
DSCN4340.JPG

洗濯物(これから洗うタオルシーツ)が心地よいらしい。
ぽん嬢と、○さんですね、中にいるのは。
DSCN4343.JPG
毛だらけになりますがな。
ミル婆さんはトイレの暖房便座がお気に入りっす。

 犬は犬らしく、猫は猫らしいですね。
 
関連記事
半日かかって
2010年12月28日 (火) | 編集 |
やっと整形に行けて、薬がもらえて、
院長夫人とも久々にお話できて、
来年もどンぞよろしくと挨拶したので、
今日の外回りは終了~~なのだけれど、
せっかくの「8のつく日」なので、
ちょーっとだけボウリング場を覗いてみることに。

 ※8のつく日(8日、18日、28日)はポイント3倍デー。
  おばさん、そういうのにめっちゃ弱いの。


無料券で1ゲームだけ投げて、あとはお喋りお喋り。
ひっさしぶりに、K母子に会えたんだもの。
6年前には小学生だった娘がもう高1かぁ~
そして、なに? アヴェレージ180ナンボだって?
ハイゲームが276だって?

娘が投げている間、母に聞いたところ、
「お小遣いかかってるからね~」

・・・まーだやってんのか、そういうの。
以前、スプリットメイクでアイスクリーム券、とか
200アップで「いよっ、師匠」カードとか、
そんなことして遊んでいたのよ、一緒に。
だって小学生だったんだから。
モチベ上げるには、ニンジンが一番だもの。

高校生になってもそんなことしていたとは。
ただし、中身がかなり違う。

「ノーミスで50円、200アップで50円」

200アップするなら、たいていノーミスだろう。
ターキーが入ると、ミスがあってもカバーできるが。

「4ゲームで800超えたら1000円」

そっそれは私、やったことないかも。
だって、アヴェレージで200だよ。無理無理無理~~

ちなみに、1ゲームしか投げなかったのは、
200を超えてしまったためで、
もっかい投げたら150とか、がっくり落ちそうだったから。
DSCN4333.JPG
気分よく今年を投げ納めたいと思ったわけだ。

「えっ、今年はもう来ない気ですかっ」

と、フロントにも友人らにも言われたが、
オットは帰ってきてるし、未愛も帰ってくるし、
家の中は片付かないし、もう無理だべ。


そして、さきほどまでかかってやっと
つまり午後からの半日を費やして、
年賀状の印刷が終わりましたわ。
半分に減らしたとはいえ、宛名も書かねばならんし、
もう掃除なんぞできないかも。

 それより、ミシンやりてぇ~
 
関連記事
1日かかって
2010年12月27日 (月) | 編集 |
ニンジンを編みました。
って、違いますよね~~~

DSCN4327.JPG

ニンジンはアクセサリーです。
それを持っているのが、メインです。

やれやれやっと印刷できるわー

 片付け、どうしよう・・・
 
関連記事
尻カジ
2010年12月26日 (日) | 編集 |
シブカジとか、そういうんじゃありません。
おケツをカジさんに齧られたというんでもない。

いわゆる「尻に火がついた」という状態なわけでして。

ほんとうは、片づけやら片づけやら片づけやらを
スッパスッパと進めてゆかねばならないのですが、

その前にこれだけは、と。
DSCN4325.JPG

ガンバレ私。

 また東京さ行きたいだ~
 
関連記事
まず布が片付いた
2010年12月25日 (土) | 編集 |
どっさりと持っているからというだけでなく、
色柄による見た目のゴチャつき感があり、
片付けると達成感を得られ、
今後の手作り生活にとってプラスになる。

・・・というのが、布の整理です。
元の絵は見せないでおこうか(´∀`)

白とベージュの引き出し
DSCN4319.JPG

茶と黒の引き出し
DSCN4320.JPG

黄とオレンジの引き出し
DSCN4321.JPG

赤と青の引き出し
DSCN4322.JPG

そして、バティックとインド綿
DSCN4323.JPG
高級バティックはまた別にしています。
合皮も、あまり小さくたたみたくないので、別。
衛生面を考えて、ガーゼ類も別にしています。

緑の引き出しがないのは、もともと少ないから。
カットクロスで買った、小さな布たちとともに、
衣装ケースに納めてあります。
つまり上の写真に見える布は、
ある程度まとまった量があるということです。
カットクロスも含めて色分けしたかったけれど、
どうしても納まりきれないので、諦めました。
そんなことに時間と労力を使うのも惜しい。
それくらいなら、小さめの布はここにある、と
はっきりわかっているほうが、ストレスがないです。

 さあ、次のことをやらなくちゃ。
 
関連記事
チャリティーイベントでした
2010年12月24日 (金) | 編集 |
クリスマスチャリティーの歌伴を務めてまいりました。
地元ラジオ局のイベントに協賛しておりまして、
途中でパーソナリティーが乱入したところ。
アナウンサー大塚さんと、歌手の三浦さん。
DSCN4306.JPG
お二人が募金箱を持って会場を回る間、
テーマ曲である「悲しみのソレアード」を
それとなーく弾いておりました(うろ覚えだった)

ワタシの手。
DSCN4289-2.jpg
クラシックを弾くときは、もうちょっと手の位置が高くなります。
もっと指が立つっていう感じかな~
なんでかな、メロディーを弾くからかもね。
バンドで弾くときって、コードとかアルペジオが多いので
どうしても手が平べったくなります。
もちろん、筋力も衰えたのです(そして鍛え直していない)

手首の力が抜けているように見えるのが、救いかな。


若干ピンボケっぽいので、思い切って載せてみよう。
DSCN4280.JPG
本番前で、まだ上着を着ています。
ライトを浴びると熱くなるので、
本番では上着とマフラーを脱ぎます。

 頭、白いな~~~
 
関連記事
ふと思い立つんだ
2010年12月23日 (木) | 編集 |
急に作りたい病を発症したもよう。

最近、暗い系の布はたくさん買わなくなった。
カットクロスの形で、ちょっとずつ買っている。
だから、オンリーワンであることが多い。
ブックカバーとティッシュケースだと、
がんばって裁ち合わせれば、できないこともない。
それっくらいギリギリな布量ですよ、50×35ってのは。

今年はブックカバー、いっぱい作ったなあ。
作り方の無駄がなくなってきたと思う。
よし作ろうと思ったときに、アレがないコレがない、と
ワタワタ探し回ることは全くないので、
布合わせをしてしまえば、迷うことなく一気に仕上げられる。
こうなるまでに1年かかったことになる。
やはり数をこなすって、大事だ。


表側
DSCN4255.JPG

裏側
DSCN4256.JPG

折り返し&ベルト
DSCN4257.JPG

こしぇ~るタグ
DSCN4258.JPG

使用イメージ
DSCN4259.JPG

カジさん
DSCN4261.JPG
やっほー

 片付けはミクロ単位。
 
関連記事
ご褒美あげすぎ?
2010年12月22日 (水) | 編集 |
何が(誰が)言ったかわからんが、
「アナタには今この石が必要」
そんな声が聞こえちゃったのよ~~~

初めてのご購入はラブラドライト(3個)と、
グレームーンストーン(たくさん)で、
ぺか~~~っと反射してるのは水晶。
(なんと結び目まで写っているではないか)
DSCN4249.JPG


ハウライト(6個)は以前も身につけたことがあるけど、
10㎜という大きさは、ちょっと重苦しく感じるようになり、
最近はずっと持てずにいたのでした。
でも、8㎜ならね。
オレンジはアンバー、赤黒いのはレッドタイガーアイ。
透明6㎜は水晶です。
DSCN4250.JPG

なんか、白っぽいのが欲しかったんですね~~
今から石のもつパワーなど、ちょっと調べてみます。
調べても「ふぅん」で終わって、
すぐに忘れてしまうんだけどね。

それと、できるだけ早く作り直しだ。
シリコンゴムを引っ張りすぎて、ちょっとキツいのだ。

 アレを編まねば。
 
関連記事
スヌード
2010年12月21日 (火) | 編集 |
スヌードマフラーってのはですね、
長ーいマフラーの、端と端をくっつけたやつ。
または、ネックウォーマーのルーズなやつ。

ぐるぐると2重3重に巻きつけると、
ボリュームたっぷり、あったか、ほかほか。

編んで作るのも簡単なら、
縫うのなんかもっと簡単ですのよ。
DSCN4247.JPG

これ、生地がいっぱいかかるのよ~~~(^∀^)
また買ってこなくちゃね~~~~( ̄▽ ̄)

 さて次は何を・・・
 
関連記事
ラスト、もふ
2010年12月20日 (月) | 編集 |
いよいよ残ったもふもふは、
やはりポーチを作るとなるとケバケバが散るのが気になる。
切ったら即縫い、即仕上がり、が基本です。
ネックウォーマーはその代表格だ。
DSCN4244.JPG
先日作ったのが下にあるやつ、今日のは上。
奇跡的に幅は同じでした(まあ!)
今日作ったのは周の長さが3センチぐらい短いだけで、
頭からかぶるのに全く支障はありません。
ただし、容量の小さい私の頭の場合です。

細長く残っちまったもふは、
シュシュにできるかも、と思ったのですが
(なにせ作り方はネックウォーマーと一緒)
ボリュームありすぎて、シュシュには向かない。
DSCN4246.JPG
両サイドにゴムを緩く固定させ、
ヘアバンドというか、イヤーウォーマーというか、
やっぱ切り刻んで綿でも詰めてコロコロにして
ヘアゴムにしちゃおうかな・・・

つーか、使い切った今、もう二度と縫いたくない素材。

しかしプードルボアがまだ一抱えあるのですわ。
これももちろん、もふ、ではあるけれど、
チリチリケバケバが出にくい、
出ても指でつまんでひょいと捨てられる、
その程度なので、あまり苦になりません。
ただ、やはり切りにくいというか、ハサミに負担がかかり、
私の弱っちい手にも負担になるので、
よほど気が向かないと、生地を広げることはないのです。

で、今は別のものを作るぞ~~と、
さきほど行った美容院でヒントを貰って、
すっかりその気になっているのであります。

 これだから片付かない
 
関連記事
さらに、もふ
2010年12月19日 (日) | 編集 |
ミニ、とまでは言わない。
でも大きくはない、トートバッグ。
持ち手をもふもふさせるのは心もとないので、
後付けの合皮にしました(たぶん正解)
DSCN4241.JPG

さすがに外ポケットはつける気になれず。
中ポケットにはマチをつけました。
ペンを差す仕切りは当然アリです。
ティッシュケースを入れてみました。
DSCN4242.JPG

キーキーパー(っていうのは勝手な命名)は
合皮の超端切れでカンタンにできちゃう。
四角かんを、日暮里で求めたカシメで固定。
DSCN4243.JPG

ここまで作ってハタと気がついた。
合皮のときと同じように、
私、小さいものから作っている・・・・・・
ブックカバーが最初だもの。
続いて、もふらーとネックウォーマー、
そして今日のトートバッグ。

あとポーチぐらいなら作れるくらい残っています。
作る気になるかどうか~~~どうかな~~~
ポーチってさ、裁ってから工程が多いので、
ケバケバ・モフモフがいっぱい飛びそう。
でも、残したくないしなー

生地を広げずに(^^;)考えまーす。

 手触りサイコー、なんだがな。
 
関連記事
ワンモア、もふ
2010年12月18日 (土) | 編集 |
もふらーは2本もあって、必要以上なので、
かぶってズレないネックウォーマーをば。
製作時間、10分。
なにしろ一刻も早く縫ってしまいたいわけだ。
DSCN4228.JPG

実は、先月上京したときに、
紅白のネックウォーマーを置いてきちゃってさ。
だいたいこのへんかな~と思うのは、
立川駅徒歩0分のホテルの、
部屋~エレベーター~フロント~改札、
の間のどこか。

ま、しゃーない。
ああいうのは消耗品でもあるわけだし。

@@@

もふ、まだもうちょっと残っています。
何ができるかな~~
っと、考えている時間が楽しい。
季節限定のミニトート、とかね。

 今日のミシンは終わりですー
 
関連記事
もふらー
2010年12月17日 (金) | 編集 |
もふもふ~~~
DSCN4222.JPG
2本作りました。
んで、まだ残っているの。もふもふ。

さて、何か作って「完結」させたいのだが。
ポーチとか?
バッグとか?
なにしろ手早く作れるものでないとダメよ。
ロックミシンがなくて、端の始末ができないから、
切ったとたんにミクロな毛が飛ぶ飛ぶ飛ぶ飛ぶ(シツコイ)

ブックカバーを作るときも、もふらーのときも、
裁ち終わったら即、残りはビニール袋に突っ込む。
足元には常にコロコロクリーナー。
剥がしてはコロコロ、また剥がしてコロコロ・・・

こんな思いをするのは今年で終わりだ。
今年中にもふもふ、使い切ってやる~~~

@@@

ここ数日、アクセスが多いなあと思ったら
こういうことだったんですね。
negoking.jpg
ネゴトーク(Twitterみたいな)の中のイベントで、
お題にしたがってネゴトをつぶやくというもの。

たまたま気が向いてつぶやいたのだったけれども、
考えてみたらあまりにもストレートで、捻りもなくて、
こんなの採用されるわけないじゃんと思ったら1位スか。
んでも、ありがとうございます。
捻らず素直につぶやこうっと、これからは。

 合皮のバッグ、作りたいー
 
関連記事
12月のブックカバー
2010年12月16日 (木) | 編集 |
先日作ったこれ。
DSCN4214.JPG

こしぇ相方に
「モフモフには無地がエエんでないかい」
といわれ、素直な私は
「かなー、だよねー」と思ったので
生成り無地を合わせて作りましたよ。

左右折り返し部分が無地。
DSCN4220.JPG
裏まで無地だと寂サビ~なので、淡いベージュのドット。

表側はこうなってまして
DSCN4218.JPG

使うときはこんな感じになる。
DSCN4221.JPG

けど、やっぱり私は、前に作ったバティックのが好き。
ってことで、無地のほうを今月のブックカバーってことにします。
そんなことでいいのかと、チクリと刺さるものがないこともない。
が、これでいいのだボスッ(~д~)ミ凸、と決済のハンコを押す私。

さ、これで12ヶ月のブックカバーが揃った。
そのうち全部並べて写真を撮ってみよう。
明らかな手抜きもあるが、
どんだけ時間かけたのこれ、っていうのもあるので、
プラマイゼロだな、私基準では。

 部屋は結局片付かず
 
関連記事
カンベンして~と言いつつ
2010年12月15日 (水) | 編集 |
理社は教えられんと言ったろうが! 理社は!

しかし、なんとしても「電流・磁界」あたりをやっときたい、
明日テストなの~~と泣きつかれると、弱い。

しかし私、理科にはとことん弱い。
ので、それじゃ一緒に学びましょうの姿勢で。

なにしろ理科って、専門用語というか、
とにかく聞きなれない、そしてそこでしか使わない言葉が
どっちゃりと提示される。
理科がやんたくなるのは、主にそこだ。
加えて、いきなり目の前に立ちふさがる公式。
えー、なんでーって言っても、
「そういうことになっている」と言われると、
やはり理科って数学とはちがわい、と思う。
(数学は公式ひとつとっても、それを証明する手がある=好き)

姪3号とともに、中2になった気分で
えーっと磁場、えーっと電磁誘導、
Jってなんだっけ、あ、ジュールね。
右手の親指の向きが、電流の向き~~
などなど、クソ懐かしい勉強をやりなおしさせられたのだった。

しかしながら、私の得意分野を教えられるよりも、
さーっぱりワカリマセンことを一緒に勉強するほうが、
「あー、そうなんだー」
「こうなってたのか」
と、より感激を伴って、わかった気持ちになるらしい。

基礎中の基礎を、しつこく「こうか?」とやるのは、
私も一緒にわかんないからできることなんですねえ。
「こんなこともわからんのか」と責められることなく、
「こうかもよ」「そうかもね」と
少しずつわかるのは、確かに嬉しいに違いない。


糠臭くなった脳味噌には辛い作業だったが、
姪3号の晴れやかな顔を見ているのは楽しかった。
そして、予定の時刻を過ぎても
「あと、ここもやっておきたい」と、
やる気溢れるセリフを聞くってぇと
よーし、とことん付き合おうじゃないのという気になる。

姪3号は、明日の朝にでも、今日のおさらいを
ちょこっとやっとけば定着するだろう。
同じ内容を、私は今、すでにナンだったかね……と
ほとんどが霧の中にかすんでしまった。

大人というのは、なにかと忙しく、
勉強の内容についてのみ考えて生きてゆくわけにはいかない。
ほかに考えるべきことがたくさんあるうえに、
何も考えたくない時間も大事にしたいのだ。
電流のことなんか思い出せなくてもしかたがないのである。

さしあたり、今夜の寝る場所を確保しなくてはならない。
急に思い立って、ベッドの位置を
ちょっとズラしたりしたものだから。

 ね…眠い(ρw-).。o○
 
関連記事
遊びゴコロで
2010年12月14日 (火) | 編集 |
こんなん作りましたー

ボアを使ったブックカバー。
季節限定ですね。
DSCN4213.JPG

切り替え&裏布は、贅沢にも
オール手描きのバティックだ。
ピンからキリまであるバティックの、
これはまさに「ピン」のほうですよ。
DSCN4212.JPG

折り返すのに邪魔にならないよう、
ちゃんと気を使って切り替えてあります(つもり)
DSCN4215.JPG

いやはや、このボアってやつは
裁ったら即、縫わないとタイヘンでしてね。
毛というか、繊維というか、
とにかくこのモフモフが飛ぶこと飛ぶこと。

この1枚縫い上げたところで、
ジーンズが白っぽく毛だらけになりました。
この作業には、手元にコロコロクリーナー必須です。
(まだ作るつもりらしいぞ)

 面白いことは面白いんだ。
 
関連記事
いつかカタチにすーるよー
2010年12月13日 (月) | 編集 |
あんべ光俊さん作詞作曲による、
岩手県立大学の学生歌『風のモント』に
次の一節があります。

 抱いた夢は眠らせず
 いつか形にするよ
 やわらかな光の中で

夢というのも大袈裟だが、
いつか作ろう作りたい作るぞと思っていたものを、
やっと今日、カタチにしました。
DSCN4206.JPG
いわゆる、試作第一号、です。
こういうの、という思いが、
とりあえず実物になったわけです。
あれこれ手直しをするには、
「現ブツ」が不可欠なのだよ。

ティッシュを覗かせてみる。
DSCN4207.JPG

ここから先、考えることは、
まず大きさ。
試作なので大き目に作りましたが、
二つ折りにすると、余り部分がかなり邪魔。
DSCN4209.JPG

次に容量。
ボックスティッシュの中身を
写真では、4分の1ぐらい入れてみました。
果たしてそれが、不足なのか充分か、
はたまた過剰、つまり邪魔なほどなのか。

そしてポケット。
あれば便利かな、でもなくてもいいかも。
最終的に決まる、全体の大きさによるかも。
中に何を入れたいのか、イメージが浮かばない。
写真では、マスクを突っ込んであります。
(写真では見えていますが、充分に隠れるくらいの深さです)
風邪っぴきのお供にいかが・・・ってか?
DSCN4210.JPG

試作で大き目だったために、
なんと一番上の画像のティッシュがまるっと入りました。
そうすると、残念ながら二つ折りにはできません。
しかーし! 
ここで新たなるアイデアが~~~(^∀^)

留めゴムが太めなのでしっかりしていて、
たとえば壁にブラ下げるなどの使い方ができる!

夜中、ティッシュティッシュと手探りしても見つからず、
仕方なく明かりをつけてムクリ起き上がってみると
ベッドサイドに置いたはずが、床に落ちていた。
なーんてことがなくなりますねっ(私だけか)

ので、この試作品はこの後の研究材料とするほか、
ベッド脇のカーテンフックに引っ掛けて使いまーす。

やれ嬉しや。

@@@

12月13日14時15分に更新したかったんだが、
あいにくその時間、私はボウリングちゅうん。


 
関連記事
アイデア倒れにならぬよう
2010年12月12日 (日) | 編集 |
食後の眠気がハンパないので、
今からちょっと眠ることにして、
作ろうと思っていたものを脳内設計しまーす。

@@@

脳内設計って、あちこち抜ける~~~
ので、こりゃダメだってわかりました。
やっぱり、下手でもいいから絵として、
いえ私が描くと図にしかならんのですが、
イメージとして残しておく必要がある。
ってのは、次に思い出そうとするときに
「どこまで考えたんだっけ」
となるからです(情けない)

で、とにかく図を描いたわけだ。
これを実際に作品としてモノにし、
「ほら」と見せられるようになるまでに、
また数回の試作がっかりまた試作。
それを試行錯誤っていうんじゃねーの、
なんだ、そうだよね、でもがっかり。
・・・な、一定の時間が経過するわけだな。

ちなみに、私は試作品を捨てられない派です。
特に、試作第一号は。
それを見ると、この未熟者めと思う一方、
へへっ、私って進化したんだもんね、と
自分の伸び率をはっきり確認することができる。

そう、私は褒められて伸びるタイプなの(よろしく)
差し当たり、自分で自分を褒めておくわけですね。


coshelle-logo3.jpg ←ブックカバーショップ、
  本日24時まで。
ありがとうございました。

関連記事
2割引きと聞いては
2010年12月11日 (土) | 編集 |
今、行きつけの手芸店あちこちで安売りしている。

 P店・・・10%オフ
      (お得意様カードを持っている私はさらに7%オフ)

 T店・・・20%オフ
      (ただし、お得意様ハガキを持参した1回限り)

 S店・・・20%オフ
      (まるっと移転セールがおわるまで)

 M店、H店は情報なし
      (でもきっと何かやっているであろう)

端切れが安い(P)
他にない品物がある(T)
パーツ・副資材が安い(S)
というように、それぞれ特徴があるので、
やはりまんべんなく訪れておきたい。

ので、とりあえずP店とS店には行ってきた。
T店には、リストを作ってから行かないとね。
たぶん、マスクゴムなど買っておかねばならないだろう。

明日で終わるブックカバーショップを片付けたら、
次はマスクを作るんるん♪
それに、ティッシュケースも作るんるん♪
春先に向けて、ミニトートもいくつか作ろんろん♪


coshelle-logo3.jpg ←ブックカバーショップ、
  12日、明日で終わりよー


 
関連記事
バラ色の年は約束された
2010年12月10日 (金) | 編集 |
本日、今年最後の文章教室でした。

まずは、これ。
受講生の中には、ときおり、
「みんなで食べるほうが美味しいですもんね」
とおっしゃって、
このような気遣いをなさる方がいらっしゃいます。
もちろん私のはずはなく。
DSCN4192.JPG
ごっちゃんでした~~~

@@@

さて、来年のワタクシをバラ色にしてくれるはずのもの。
翌年の手帳を、12月になって手に入れるというのは
三十年以上の手帳暦の中で初めてかもしれません。
それほどに、今回は「待って待って待った」のです。
   【ほぼ日手帳

注文を取りまとめてくださる方がいらっしゃいまして。
もっちろん、これまたワタシではなく。

袋を開ける前に一枚。
DSCN4190.JPG

ふっ袋を開けて、なっ中身をセットしたところ。
手が思うように動かなかったのは、
カバーが新しくて固いせいばかりではないような。
DSCN4191.JPG
この時点で、まだ自分のものっていう気はしていません。

まず12月分の予定をみっちりと書き込みました。
みっちりでも、この程度(わざとボカして撮ってます)
しかし、余白は「暇な時間」ではありません。
自分のために使う時間は多いほどよろしい。
DSCN4195.JPG
これでやっと、「私のもの」になりました。

しかし、わずかばかりのヘソクリを入れる場所がなくなったなあ。
こまめにゆうちょ、かな。

coshelle-logo3.jpg ←ブックカバーショップ、
  12日まで…もうすぐだー

 今日もシアワセ
 
関連記事
無料なのはいいが
2010年12月09日 (木) | 編集 |
動作が不安定なのはとても困る。

そっちこっちに広告を載せていて、
その収入で運営しているのだろうから、
広告も表示されないほどの不具合ってのは
何かと困ることになるんじゃないでしょうか。

っと、自分がなかなか管理画面に入れなかったことにつき、
チビーリチビリと文句タレてみる。

昨夜はほんとうに焦ったんですよー
せっかく書き上げた記事を確認して、
さあ正式にアップ、という段になったら
その先に進んでくれないんだから。
何度試しても、
「動きませんよーだ」みたいなアラート画面が出て、
そのたびに失意をおぼえる私。

一応、本文はコピっておいたので、
それじゃ夜中にでも~と思って諦めた。

しかし、あれれれ?
アップされてるじゃないですかー
「記事の投稿が完了しました」が出なかっただけ?

にしても、不可解な。
これからもこういうことがあるんでは、
ミラーサイトというか、ミラーブログを用意しなくてはと、
そんな不安にかられるじゃないですか。
実は持ってるんだけどね。

でも、ここ好きだから。
使い慣れたし。


coshelle-logo3.jpg ←ブックカバーショップ、
  12日までやってます。

 今日もミシンできず。
 でもフシアワセじゃない。
 
関連記事
ゆず茶を有効利用
2010年12月08日 (水) | 編集 |
先日、ザラザラと貰った小さな小さなカブたち。
DSCN4150.JPG

今、こうなってます。
DSCN4186.JPG
やっぱり皮はむきました(めんどかった~~)
で、縦4つ割りにして塩で漬け込み、
翌日、上がった水を捨てて、新たに甘酢に漬けました。

冷蔵庫の中に半端に残っていた「はちみつ入りゆず茶」
要するにジャムみたいなもんですよね。
砂糖はここに使われているじゃん・・・♪
これを適当に酢で伸ばして、そこに漬けたわけです。
ゆず風味の甘酢ってことです。カンタンカンタン。

月曜日に実家に持っていったら、これが大ウケでして、
美味しい美味しいと、あっという間に食べちゃったのだとか。
で、今日もまた持って行きました。
ウチはさ、食べる人が少ないから。


こちらは、千枚もどき漬け。
DSCN4187.JPG
聖護院ダイコンを縦2つ割りにして、
端から薄ーく薄ーく切ってゆきます。
丸のままでは無理です、私のテクでは。

ひとならべするごとに塩を振り入れ、
何段かに重ねて(数えていなかった)
最後、押し蓋して重石を載せる。
1日で水が上がりました。
これは塩漬けのままいただきます。
細く切った昆布など入れるといいかもね。
次はそうしましょうっと。


今日はミシン作業がなかったんですけど、
フシアワセではありませんでした。
午前も午後もボウリングして、
美味しいケーキもいただいて、
おしゃべりも楽しんで、
新しいボールを注文して、
キテーさんのリスタイも注文して・・・

新しいボール ⇒ 【こういうの
またまた15ポンドです。
もう14ポンドは投げられない・・・振り回しちゃうから。


coshelle-logo3.jpg ←ブックカバーショップ、
  12日で終わりだよー


 
関連記事
黒マスク
2010年12月07日 (火) | 編集 |
中途半端な黒は、ただただ怪しいだけですが、
ここまで真っ黒だと、逆に潔いというか。
DSCN4180.JPG

ダブルガーゼじゃない布マスク。
意外にいいかもしれません。
シーチング2枚あわせというのは、
息が苦しくなく通るようです。

ガーゼの柔らかさを求めるならば、
顔に接するほうをダブルガーゼにすればよくて、
表側はシーチングでもいいのかもしれない。

ブロードのような織り目の詰まったものは不適。
手触りで「これはOK、これはNG」とわかります。

寝るとき専用の大き目マスクを作ろうと思っていて、
その型紙を起こすのに、ちょっとグズグズしていました。
今回、2枚作ったことで、ちょっと弾みがついたかな。

ブックカバーショップを閉店したら、
次はマスク作りだな~~


coshelle-logo3.jpg ←ブックカバーショップ、
  12日(日)で終わり。


 
関連記事
黒なんじゃないか
2010年12月06日 (月) | 編集 |
このヒトたち(布)には、黒が似合うんではないか。
そう思ったわけです。

当たり。
これまで使ってきた合皮より厚めなので、
落ち着くまでは、ちょっと浮いた感じになります。
使ううちに馴染みます(経験済みよ)
DSCN4174.JPG

こちらは、前から使っていた薄手の合皮。
いいなあ、この色のバティックが一番好きかも。
DSCN4178.JPG

いずれも〈こしぇ~る〉タグをつけたので、
このあとショップに掲載します。



明日はマスクを作らなくちゃ。
「黒のマスク」っていう注文がきたのです。
東京在住のムスメからです。

「黒のダブルガーゼなんて手に入らないよー。
 日暮里あたりで探してみてくれる?」
「風邪予防とかじゃないから。
 黒子が身につけるやつ」

なるほど、それでは、息苦しくないように、
折り目のキチキチしていないシーチングあたりがよいかも。

というわけで、一旦ブックカバー製作周辺を片付けて、
マスクの型紙を探します(およよっ

あら、マスク着用は男の方でしょうか。
だとすると、手持ちの型紙ではちょっと・・・
聞いてみなくては。
っていうか、最狂ムスメに送ったマスクを見て
「欲しい」と言ってくださっているとしたら、
同じサイズでいいのかな~~

coshelle-logo3.jpg ←ブックカバーショップ、
  12日(日)まで。


 
関連記事
今日もシアワセ
2010年12月05日 (日) | 編集 |
ブックカバーを作れることが、シアワセなのです。
しかし、今日のはちょっと・・・どうかなあ。
好き嫌いが分かれるところかもしれません。

バティック2種を何の考えもなくはぎ合わせちゃった。
DSCN4166.JPG

使用時イメージ。
DSCN4167.JPG

本をセットする側。
DSCN4163.JPG

新しい〈こしぇ~る〉タグ。
DSCN4164.JPG

折り返し&ベルト。
DSCN4165.JPG

もちろん、作った私は「好き」です。
あとでショップにも載せときます。


coshelle-logo3.jpg ←ブックカバーショップ、
  12日まで。あと1週間ですよん。


 
関連記事
バティックです
2010年12月04日 (土) | 編集 |
昨日、某行きつけのアジアン雑貨店で
「これくださいっ」と、ディスプレイ品を指差して
(まあいつものことですが)
入手したばかりのユーズドバティックで
ブックカバーを作りました。

ときおりフゥンと鼻腔をくすぐるのは、
インドネシア独特のお香。
贅沢な時間でした。
DSCN4158.JPG
ユーズドの柔らかさを生かすために、
合皮ではなく生成りを合わせました。

本をセットする側はこうなっています。
DSCN4154.JPG

折り返し部分と、ベルト。
柄もアップになりましたね~
型押しと手書きのコンビナシ。
DSCN4156.JPG
写真をクリックすると、織りまで見えますよ。

〈こしぇ~る〉のタグがないので〈CafeBar〉をつけました。
DSCN4155.JPG
ので、ショップには出していません。
タグに関わらず欲しい方がいらっしゃいましたら、
お譲りすることはできます。

カイン・パンジャン(長い布の意)なので、
ブックカバーのほかにも、いろいろ作ってみたいです。


coshelle-logo3.jpg ←ブックカバーショップ、
  12日までやってます。


 
関連記事
3回目かな
2010年12月03日 (金) | 編集 |
ダイコンをざっくざっくと切って、塩漬け。
DSCN4148.JPG
1~2日置いて(水の上がり具合を見る)
甘酢に漬けなおします。
まあ、誰がどう漬けても失敗のない漬け物ですな。
このワタシがやって、美味しいんだから(保証)

小カブもザラザラあるんです。
DSCN4150.JPG
皮をむくのはタイヘンだと思うので、
きれいに洗うだけにして、四つ割りにし、
これも塩で漬け込む。
・・・のは、また明日ってことで。

インフル予防接種してきたんで、
今夜は本など読みながら早めに寝ちゃう。

coshelle-logo3.jpg ←ブックカバーショップ、
  12日まででぇす。


 
関連記事
通り過ぎるのはムリ
2010年12月02日 (木) | 編集 |
50×35の、パッチワーク用端切れが激安。
見てしまったら見なかったことにはできませんで…

トープと呼ばれるネズミ色がかった茶色とか、
紬風味の木綿とか、アメリカンコットンと呼ばれる生地。
DSCN4147.JPG

生地の量としては、たとえばブックカバーなら
せいぜい2点作るのが精一杯です。
もっとも、普段も同じ生地では1~2枚、
フリマ用として、多くても3~4枚しか作りませんから、
充分といえば充分なわけです。

この端切れを使うのは、冬休みの宿題ってことで。
(毎日が休日みたいなもんですけどね)

coshelle-logo3.jpg ←ブックカバーショップ、
  12日までやってます。


 
関連記事
その筋の方たち
2010年12月01日 (水) | 編集 |
今朝、宅配センターへ荷物もって行ったときのこと。
受付付近がやけに「黒っぽい」と感じたのです。
それは、一目見て「そっち方面」とわかる人々の群れ。
群れっていったって5人ですけどね~
狭い受付カウンターの前、5人いりゃあ充分よね。

あ~あ、こりゃ出直したほうがいいかなと思いながらも、
しゃーないとりあえず待っとくかーと諦めて立っていました。
するとですね、「ほう」と思う光景が。

ネコピット(メンバーズカードで送り状を発行するキカイ)の前を
細身のスーツに身を固めたにーちゃんが塞いでいたわけです。
それを見咎めたのが、
一人だけジーンズにトレーナーというラフな格好した、
たぶん「兄貴分」であろうゴツいにーちゃん。
手にはヴィトンのブリーフケースだ(合わねー)

「おら、そこ、邪魔だろう、どけや」
と、弟分(であろう)を叱責したのですよ。

その後も、
「住所に間違いがないか確認しろ。この先、お前の責任じゃ」
「分からんことはその場で聞け。いい加減にするな」
「聞いたことはすぐ控えとけ。今すぐやれ」
「バカヤロー、あらかじめ個数合わせとけ」

などなどなどなど、
兄貴分は弟分を教育しているわけですよ。
コトバはちょっとアレだけど。

受付のオバちゃんに対しては、
「これ、いつ届きますか、明日? あ、そうですか」
「すんませーん、ヨロシクお願いします」
など、たいへん丁寧なやりとりをするわけ。
そして、手下たちには
「おう、行くど」

こりゃあ、そこらのチンピラとは違うようだ。
ホンモノのヤクザってのは、こうなんだーと思ったのでした。

ホンモノもニセモノも知らずに書くのもナンですが、
ホンモノと言われる方たちって、
カタギには手を出さないって言うじゃない。
だから「極道」・・・柔道剣道書道華道に繋がる「道」という字。

そんな世界をチラリ垣間見た、
20分間ほどの出来事でありました。

coshelle-logo3.jpg ←12日までオープン


  
関連記事