fc2ブログ
やったねカデンツ
2011年10月31日 (月) | 編集 |
あれから何日たったでしょう。
今日やっと、カデンツ全24調を
音を引っ掛けずに弾き通すことができました。

残念ながらスケールのほうはまだまだ。
しかし、スピードは上がりました。
上がった分、櫛の歯が欠けるみたいに
ミスタッチしている感じ・・・かも。

スピードアップは目指していなかったんですが、
弾き慣れてきたせいか、日々、速くなる気がする。

メトロノームでテンポキープして、
今度はスケールをミスなしで通せるようにしよっと。

@@@

なんやら、まだ熱っぽさが抜けません。
普通に動けるし食べられるのだけれど、
目の奥の苦しい感じだけ、残っています。
計ってみればたいしたことはなく、微熱という程度。
でもなんかすっきりしない・・・

@@@

案の定、ほどいて編みなおしています。
かぎ針で編むには向かない糸だったようで、
なんだか編み地がもっさりぼってりして、
手触りがイマイチだったのです。
二本針で、ちょっと透かしを入れて、再スタート。


 ←応援はこちら
  
Twitter ←フォローはこちら
 
関連記事
ビッグバンド、みたいな
2011年10月30日 (日) | 編集 |
シロウトのジャズって、自己満足の世界だと思うんですよね。
自分らが「おもしぇ~」から、弾く、吹く、叩く。
今日は、そんな自己満足ひけらかし大会、でした。

ピアノはたいてい横向き、あるいはナナメ向きなので
客席は視界の片隅にしか入ってきません。
真正面を向いている「吹く」ひとたちと違って、
(ソロでトランペット吹いたオジさんは脚が震えていた)
私はまるっきり気が楽です。ほほほ。

本日の会場。
大正12年竣工、だそうです。
DSCN6548.JPG

本番直前~
DSC_0113.jpg

たぶん、事故なく走り切ったんじゃないかな。
演ってる側と聴く側の受け止め方って違うとは思うけれど、
でも、いいの。
上手な演奏を聴きたかったらCDでもDVDでもどうぞ。
シロウトが大汗かいて、でも楽しそうに演ってるのを
是非、見て聴いてほしいと思うわけですな。

@@@@@

10月いっぱいで閉めるというお店に、
お別れ&定演の出演依頼に行ってきました。
店主は尺八の製管師(←この字でいいのか?)で、
もちろんプレイヤーでもあります。
都市計画(西南開発かな)により、
今の店舗は道路になるので、
移転ついでに閉めちゃって、
これからは趣味の世界に生きるのだ~~、だそうです。

サウンドギャラリーでもあり、
仲間が三々五々集まって楽しむ場所であり、
ちょっと喫茶っぽいこともやり、
尺八の工房でもあり・・・
っという、欲張りなスペースが、もう完成間近。

最後のラーメンをいただきました。
DSCN6551.JPG
「照ひろ」といえば、知っているひとは多いのでは・・・
新しくなるお店、ではないな、ギャラリー、かな、
ひらがなで「てるひろ」だそうです。
その名前が残ったことが嬉しい。

@@@@@

編み始めたど~~
DSCN6552.JPG

いつもの倣いとして、10~20㎝ほど編み進んだところで、
「やっぱイメージと違う」と、ほどくんですね。
2~3回が平均。
今回はどうなるでしょう。


 ←応援はこちら
  
Twitter ←フォローはこちら
 
関連記事
編みたい
2011年10月29日 (土) | 編集 |
なんか急にですね、おっきなものを編みたくなりました。
この気持ちが沸き起こってから、実際に編み始めるまでには
かなりの時間がかかるのです、いつも。
シュシュやバッグだったら、思い立ったらもう編み始め、
出来上がるのもすぐ、なんですが、
さすがに着るもの・羽織るものとなると、
ある程度プランを持っておかないと、続きません。

現に、ベッドの下の衣装ケースには
編みかけのセーターやカーディガンが
すっかり変色して、それぞれ紙袋に入っています。
これ、断捨離したらすっきりだよねえ。
こういうものこそ、断捨離ですよねえ。
持ち続けていることに苛まれる必要はないですよね。
(捨てます、次のゴミの日に)

話は逸れましたが、着るものを編みたいのです。
毛糸はたくさんある・・・はず。
まずは発掘作業から入らなくては。
そして、毛糸の量をみてデザインを考える。

編み疲れたら、ミニコインポーチをちくちくして、
合い間にパソコンをカチャカチャやって。。。
おお、これでこの秋冬の過ごし方は決まったね。
畑でできることがなくなっちゃいましたからね~~

@@@

さて、明日はビッグバンドフェスティバルで演奏します。
いつも着るものに悩みますー
また白ジャケットでいっかー

 岩手県公会堂 13:00~ 入場料は確か400円
 もりしんビッグサウンズはプログラム1番です。
 ご用とお急ぎのない方は、耳栓を用意しておこしやす。


@@@

そうそう、昨日ご紹介した、文章教室の作品集第六号「夜」
読んでやらないこともない、読んでやってもよい、
なんとしても読ませろ、批評させろ、etc~

っという方は、私の手元にもあるにはありますが数が少ない。
ので、どうかこちらからご注文くださりませ ⇒ たまむし日記
右サイドバーの下のほうにある、メッセージボックスから
注文できるんじゃないかな(あやふやでゴメン)
まず問い合わせてみてからが確実かも、です。
限定150部のうち、すでに残部は20数冊とか。
1冊500円、どうぞお早めに。


 ←応援はこちら
  
Twitter ←フォローはこちら
 
関連記事
ちくちく講習会
2011年10月28日 (金) | 編集 |
文章教室の、今日はお楽しみ企画。

作品集ができあがって、ホッとして気が抜けて、
ご指導をいただく新しい作品が書けない方もいるだろう。
そんなら1回、ちょっと気持ちを休めて
代わりに手を動かしてみるのもいいんじゃない?
っという話がなんとなく決まっていたのだった。

メンバーの多くは、古布雛の講習を受けて、
思いっきりコケたという、苦い思い出を持っている。
あの難しさは、2時間やそこらの内容じゃない、
だいいち、作り方の説明書もなにもなかったら、
家に帰って最後まで作り上げましょうという気になれない、
などと、自分たちの手際の悪さを棚に上げて
ぶつくさ文句を言い合ったものである。

そんな経験を踏まえての、手作り会。
ミニコインポーチなら、どんなにゆっくりやっても
まず2時間はかからない。
間違えてほどいてやり直したとしても90分。
さくさく縫えたら1時間。
慣れたら40~50分で作ることができる。
作業工程も単純で、同じことの繰り返しが多い。
縫い目のほとんどは隠れてしまうため、
上手下手はあまり問われないのも嬉しいかも。

私はコレがいい、あんたソレにしなさいよ、
あらまあ、こっちもいいじゃない・・・・
袋に入った布のセットを選ぶところから始まって、
針に糸を通すだけでも大騒ぎ。
なんとか針が動き始めると、それから後は速かった。
そういうものですよ、一人でちくちくしていても。
乗るまで半分、乗ったら半分。

ファスナーを丸く整え、布を丸く整えてゆくにつれ、
これがこうなる、という見通しがついてくる。
手のスピードがグンと上がるのは、そういうときだ。
私は不器用で・・・と謙遜する方も、
時間の中できっちり出来上がったのは嬉しかった。
ご本人も、私もである。

少人数とはいえ、講習する立場を経験して、
何をどれだけ用意しておくか、
これだけは! のポイントとか、
考えることができてよかったー!
こしぇ相方を相手にシミュレーションさせてもらったし。
ちょっと図に乗りかけている私♪

@@@

手も口も動いております。
口は喋るだけじゃなく、食べるほうも。
DSCN6543.JPG

慣れたフリして私は2個同時進行。
1個は出来上がり、1個はあと一息!
DSCN6547.JPG

こちらが本日のメインだったの、本当は。
作品集第六号「夜」
DSCN6546.JPG

さっきサラ~っと自分の分を読んで、
 あ~~~~っ!
決定的なミスとまでは言わないが、
ゲラの段階で気づけたはずのことがあった。
言葉の重なりである。
 (´;ω;`)ウゥ、ダレモキヅキマセンヨウニ


 ←応援はこちら
  
Twitter ←フォローはこちら
 
関連記事
素朴な疑問
2011年10月27日 (木) | 編集 |
お芝居のことはさーっぱりわかりません。
娘が役者だからといって、
私が何か他の人より知っているわけじゃない。
ので、「?」と思ったことは素直に「?」なのです。

教えてくらはい。
舞台に立ってセリフ言うときって、なんで中腰なの?


なーんていうことに引っかかってしまい、
お芝居の内容はチンプンカンプンでした。
知り合いの方が、かなり重要な役で出ていらして、
彼女の声だけ、よく通って聞こえる。
何を言っているかがはっきりわかるのです。
動きも、一人だけちょっと違いました。
ひとつひとつの動作に、ちゃんと意識があるというか、
なんとなく動いているんじゃない感じというか。
手の先までも神経が行き届いているように見えましたし。
さすが、昔取った杵柄というか、元プロ。

着こんで行ったのですが、足元が冷えて、
なんだか喉が痒くなってきたように感じたので、
咳をして迷惑をかける前にと思い、
休憩時間に退出してきましたが、、、

娘の公演を観て以来なので、11ヶ月ぶりの観劇。
年に1度や2度、音楽じゃないステージもいいもんです。


 ←応援はこちら
  
Twitter ←フォローはこちら
 
関連記事
初めて見たー
2011年10月26日 (水) | 編集 |
例のホトトギススポットを通りかかったときのこと。
あの道は、たいへん人通り&車通りが少ないので、
まさかね、と思いつつも期待を込めて、
アクセルから足を離して、ゆーーーーっくり車を走らせた。

するとですね、なにやら花の蜜をしつっこく吸っているムシが。
密を吸う虫としては、ずいぶんな大きさだ。
あれ、もしかして、アレなんじゃない?
っと思って、数メートル先の空き地に車を停め、
デジカメ持って走る走る走って戻る!

すばしっこく動き回るヤツを、フレーム内に納めるのは難しい。
ピンボケながら、なんとか撮れましたー
DSCN6539.JPG
中高生、じゃなく昼行性の蛾、オオスカシバのようです。
キレイな画像をご覧になりたい方は、ぐぐっと検索ね。
ウワサには聞いていたけれど、
なるほどホントに「透かし翅」ですなあ。
っていうのは、画像ではわかりにくい。
ナマで見たからこその、実感なのだよ。

ストローのような吸い口をびょょんと長く伸ばしたまま、
花から花へ、舞い飛ぶんですよ~~
そして、私が近づいても全く動じないんですよぉ~~

@@@

ミニコインポーチのセット例。
DSCN6537.JPG
20セットぐらい用意したら足りるかな~
できるだけ、お好みに近いものを選んでいただきたいのでね。


 ←応援はこちら
  
Twitter ←フォローはこちら
 
関連記事
来年の手帳は。。。
2011年10月25日 (火) | 編集 |
12月始まりだけれども、もう暫定的に運用している。

暫定というからには、まだ「仮」なのであり、
それこれカスタマイズの作業をしなくてはならない。
なによりも、移行・引継ぎの手続きが必要である。

多くのひとがリピーターであるとの触れ込みに
ついフラフラっと気持ちを奪われて、
今年は「ほぼ日手帳」を使ってみたのだが、
私には向かないことが、わりあい早い段階でわかった。

なにより、スペースが小さい。
私は1ページにぎっしりと書くのが苦手で、
ところどころに余白がないと、息が詰まる。
最低でもバイブルサイズ、できればA5が望ましい。
わかっていたけれど、やっぱり、と確認できた。

そして、終わった月のページの厚みが邪魔。
システム手帳なら簡単だ。
必要ない部分は取り去って、新しいページを継ぎ足す、
そのフレックス感がたまらない。

気に入って購入したカバーは、ミナペルホネンだったので、
その点だけ、ちょっと惜しい。
いやなに、100均で売られているメモ帳でも挟めば、
ネタ帳として使えるかもね、うんうん。

さて、おりしも来年の手帳が盛んに出回る季節。
9月に入ってまもなく、来年のリフィルを購入した。
ちょびっと迷いはしたが、やはりA5は重い。
ので、2年ぶりにバイブルサイズに戻ることに決めた。

最大の決め手は、欲しいと思っていたリフィルがあったこと。
週間ダイアリーは使い切れないことがわかったし、
2週間ダイアリーも、もしかしたら手に余るかも。
月間ダイアリーだと、1月の次のページがすぐ2月なので、
何かこちゃこちゃ書く必要があれば、
後ろのほうにでも罫ページをはさんでおかねばならない。

1月と2月の間に、罫ページを挟む形式になっていれば・・・
と思ったら、今年初めて、そういうリフィルを発見したのだ。
私が要望としてアンケートに書いたメーカーではなかったが、
あったらいいな、と思うひとは少なくなかったのだろう。

買ってしまったからには、少しでも早く使い始めたいのが人情。
っというわけで、現段階でわかっている予定など、
ちょっとずつ書き込みをはじめたところ。
12月始まりには違いないので、1ヶ月ちょっとの足りない分は、
日付の入っていない月間予定リフィルを充てて
とりあえず困らないようにしておいた。

11月に入ったら、自分への誕生日プレゼントとして、
アシュフォードのジャケットを買おうかにゃ~~
カバーじゃなくてジャケット、っていうところがカッコええわ~
もちろん他のメーカーでも、ピピッと通じるものがあれば♪


 ←応援はこちら
  
Twitter ←フォローはこちら
 
関連記事
バラばら薔薇
2011年10月24日 (月) | 編集 |
T松の池をかすめる1時間コースは、
家から西に向かい、クロツグミ坂を降りると、
芝水園との間の道に出ます。
ここで一旦ベンチに座るのがスタンダード。
カモたちをぼんやりと眺めたのち、バラ園に向かいます。

バラはまだまだ見ごろです。
夏のバラよりきれいなのは、虫に食べられていないから?
周囲が色あせてきたから、より際立って見えるのかも。
DSCN6527.JPG

バラの花を背負うオトコ。
ん~~~、微妙。
DSCN6530.JPG

パーフェクトな美しさ。
中に誰かいるんでない?
DSCN6531.JPG

ハクチョウの休む水辺を右に見ながら、
神庭山のゆるい石段を登り、
エゾタンポポの道を東に向かって道なりに進みます。

小さい畑のふちに、ホトトギスがわさっと咲いていました。
っということは・・・
(虫OKの方のみ、画像クリックプリーズ)
(この手は使える、と膝を打つ私)
DSCN6535.JPG
このヒトたちって、花も食べちゃうんだ~~
ひとんちの畑なので、あまり深く入ることもできず、
道路っ端から(ΦωΦ*)ジーっと見て、3匹確認。
散歩のチェックポイントがひとつ増えました。

ここからあとは、道なりにうねうねと歩き、
坂を登り切ったところから降り始めたら、
急に住宅街に出るのです。
そしたらまもなく我が家です。

@@@

散歩できるくらいだから、かなり回復しました。
が、まだ喉は痛いし、鼻セレブは必携。

手帳のことを書きたくてうずうずしているんだけど、
なかなか書けないなあ、ってのは他にネタがいっぱいあるから。


 ←応援はこちら
  
Twitter ←フォローはこちら
 
関連記事
あら、軽ショック
2011年10月23日 (日) | 編集 |
このところ、スケールを毎日弾いている。
ハノン教本の真ん中よりちょっとうしろにある、
全24調、カデンツつきの、アレ。

ここから先、ちょっと用語を使いますー

このカデンツってのは、いわゆる終止に向かう
ジャン・ジャン・ジャン・ジャーーン、の4和音。
C-Durのときのコードは、F6・C(onG)・G7・C、となる。

この、最初のⅣ6が展開形であるために、
特に#、♭が増えたときに、一発で掴みにくい。
そこんとこ、サッと弾けるようになるのが、訓練。

で、私はこれ得意だったですよ。
もうね、勝手に手がそこに行くのでしたよ。

ところがどうでしょう。
全24調のうち、必ず毎日2つか3つ、
ちょうど♭系から#系に移り変わるあの辺りで
(弾かないヒトにはわからない、ゴメン)
違う音を引っ掛けるのである。

誰に聞かせるわけじゃないのに、
あ~みっともないったらありゃしねぇ、と赤面。

これを24調ひとっつも間違えずにカデンツ弾けたら、
記念として、ここに記すことにします。絶対。
いつのことになるかわからないけど。
練習しないから。
1日1回ずつしか弾いてないもん。

手が、そのうち思い出すんじゃないかと期待している。

@@@@

上手になるために弾いているわけではないので、
いつまでに~とか、弾けるまで練習するとか、
そういうことは、今のところしていない。

期待するのは、脳トレ、気分転換、指の衰え防止、など。

指を使うと脳が活性化するというのは、よく言われることで、
うん、確かにそうだろうなと思える。
盛岡には100歳まで教えていたピアノ教師がいたし、
私の先生も90歳近くまで現役で教えていた。

せめてボケないように。
ボケることは止められないにしても、
その始まりとスピードを遅くするように。

などと思う、今日このごろではあるけれども、
実のところ、オモシロイから弾いているわけなので、
バッハなんか弾き始めた日にゃ、時間を忘れますわね。


 ←応援はこちら
  
Twitter ←フォローはこちら
 
関連記事
祝ご開通
2011年10月22日 (土) | 編集 |
鼻が通った!
これで口を閉じて息ができる。
いくらか喉の保護になることだろう。

相変わらず、声はシワシワでカラカラで
ヒリヒリと痛いのでござる。

そして、いっくらでも眠れるのでごじゃる。


顔にモロに落ちても(あまり)痛くないようにと、
ゴロリのときに手に持つ本は薄めにした。
(すでにして何度か痛い目にあっているのだ)

食欲はそこそこあるが、作るのも私なので
立っている時間が短くなるような、
焼くだけ~チンするだけ~の簡単献立。
こういうとき、何かと冷凍しておいてよかったと思う。

ともあれ、折り返した。
っていう気がしている。
これ以上悪くはなるまい。

実はちょっと無理してバンドの練習に顔を出し、
荷物運びで雨に濡れてしまって、大いに後悔した。
明日は一日、ノー外出デーとしよう。
薬を飲み切ったので、少々心細くもあることだし。


 ←応援はこちら
  
Twitter ←フォローはこちら
 
関連記事
抜けないねぇ
2011年10月21日 (金) | 編集 |
今日も一日、うつらうつらと過ごしました。
あららもう金曜日じゃん、ってことに気づいて、
土日をまたいでしまってはイケない用事を
しっかたなーく済ませてきたわけですが、
やっぱりその外出は無理だったようです。
なんとか家にたどりついて、爆睡。
途中、地震に起こされつつ、
たまにネコたちを見に行きつつ、
ひたすら寝るネル眠る。

今回は来ないかな、と思っていた腹に、
とうとう来ちゃいまして、体力激落ちくん。
布仕事をする気力も、漢字書く気力も、
なーんにもなくて、なんとなく本を手にゴロリです。
さっぱり捗らないんだけど、
時間を無駄にしていないぞ、って
自分が納得できるからいいの。

@@@

ペケちんの顔つきが変わってきたと思いまーす。
DSCN6526.JPG
横顔のうえにピンボケで、
何の変化がわかるかい、ってなもんですが、
その表情から「情けなさ」が消えてきた。
代わりに宿りつつあるのは「かわいらしさ」ですねー

実はめっちゃ甘ったれで、お喋りでした。
ぴにゃ~、みょ~~~ん、とよく鳴きます。
目やにが出なくなって、目がきれいに開いています。
かわいさアップはそのせいでしょう。

充分に食べることができて、
舐めてもらって、抱っこしてもらって、
イエネコとして成熟の度を増しつつありますねえ。

コイツが来てから、先住ネコたちの表情も変わりました。
ま、それはまたおいおい。


 ←応援はこちら
  
Twitter ←フォローはこちら
 
関連記事
蟄居謹慎
2011年10月20日 (木) | 編集 |
めっちゃくちゃきれいに晴れ上がった空。
空気はぽわわんと暖かく、風もそれほど冷たくない。
絶好の、庭仕事日和じゃないか~~~っ!

けど、がまんがまん。
アレ抜いてこっち片付けて、タネ蒔いて球根沈めて・・・
風邪が治ったあかつきには、一気にドドッと進めちゃる!

@@@@@

鼻から熱風を噴出すのが少し治まっています。
それというのも、鼻づまりだからなのでして、
熱は鼻の中にこもっているのだった(・ω`・)ヤダ

口の中もなんだかネバつくし、
目と目の間・・・眉間っていうのか、それは眉の間か。
とにかく、そこが苦しい。しょっぱい苦しさ。

おとなしく本を読んでいたとしても長続きせず、
数ページ読んでは、うつらうつらと眠り、
ふと起き上がってはパソコン画面を眺め、
ダルいな~っとまた本を持って横になり、
まもなく眠くなるので本を閉じて眠って、、、

その繰り返しでありました。
当然、球技もなんも(いえ、予定はそれだけでしたけど)休み!
男のコたちの「えぇぇ~~~」っていう声が聞こえる気がする。
愛しいヤンチャボンズたち、待ってろよぉぉ~
若作りのセンセイは、若さにモノを言わせて
来週までに治しますからねっ♪

あ~~~、つまんね。


 ←応援はこちら
  
Twitter ←フォローはこちら
 
関連記事
あかん、ぽうぽう
2011年10月19日 (水) | 編集 |
ヤバいですヤバ~~いです!
これは年に1度あるかないかの本格的な風邪です!

たまに微熱とか、たまに頭痛とか、
もしや風邪? と疑いを持つ症状のひとつひとつ。
単発、あるいはせいぜいタッグを組んで2つ程度で、
1日2日寝てりゃー治るようなモンが
今回は日を追うごとに悪化して、
ついについに鼻から熱風ぽうぽう、
喉から毒息やっはーよっほー。

薬はマジメに飲んでいます。
全く動けないわけでもない。
けど、いつもの半分しか息をしていない気がして、
なんか酸欠な感じで、目がすんごく重くて、
集中力はゼロに限りなく近いと思う。

しょっちゅう横になって、30分間とか1時間とか、
は~ダルい、と思うたびに休んでいるのですが。
明日、球技指導だなあ。
声、出るかなあ・・・

@@@@@

それはそれとして、こういう絵はいかがでしょう。
夕焼けがキレイでした。
ブルル、びぇっくしょい、といいつつ撮った1枚。
DSCN6520.JPG

ぼーっと蒸気を吹き上げながら栗の皮をむきました。
やっぱ、年に1回ぐらいはね~
DSCN6519.JPG


あのヒト(たち)は今・・・ ⇒ 
[READ MORE...]
関連記事
風邪悪化?
2011年10月18日 (火) | 編集 |
悪化なのか、症状を変えただけなのか、
その判断は微妙なところだけれども、
今日もまた病院へ行かねばならなかったのは事実であって~

喉の痛みの次は、鼻にきちゃいましたー
ズビズバですわ~(´Д⊂ モウダメポ

口で息をするもんだから、ますます喉が傷む。
鼻が通らないので、顔の内側に熱がこもった感じ。

@@@

風邪症状はともかくも、
家にこもってやることといったら、
縫い物、漢字パズル、読書、パソチン、ピアノ・・・
意外に多いんざんすよ、私のバヤイ。

ほかに、カジさんを外に連れ出すとかね。
そのとき目撃した、ある事件。
それはかわいそうにも、カマさんの身に起こったのです。

カジさんの飲み水を入れた大きな容器の中で
カマさんは息絶えておりました。
そして、その同じ水の中でうごめく糸。
・・・のようなもの。

ひぇぇ~~~
コレがアレか~~~っ!!
写真は撮りましたが、載せませんので
気になる方は「ハリガネムシ」で検索してね。

噂にたがわぬ長いヤツでありました。
どう折りたたまれて入っていたのやら。
いえ別に見たいわけでは、ハイ。

、、、にしても、今年はカマさん流行ってます。
不運のカマさんのほかに、玄関先にもっと大きいのがいたし。
DSC_0100.jpg

そろそろムシの世界も「秋じまい」ですかね~

@@@

んじゃ(←何に対してか~~~)、全編ミシンならどうかと。
でもやはり、ファスナーをつけるのは手縫いがよいのでした。
縫い目を表沙汰にしたくないじゃん。
DSCN6516.JPG

なんか一日中、逃避行動に明け暮れている気がする~~


 ←応援はこちら
  
Twitter ←フォローはこちら
 
関連記事
できたもんねー
2011年10月17日 (月) | 編集 |
全編手縫いじゃないところが、
なんとかやる気になったポイントですな。

結局のところ、バイアステープは
すんごく長い必要はないわけでして、
16㎝ぐらいのが2本あれば足りるのでした。
なので、端切れの中から適当なのを選んで
ファスナー口用が2本、マチの始末用を2本。
それで、だいたい無駄なく布が使えました。
DSCN6512.JPG

タグは《Cafebar》のやつね。
色合いもちょうどよいので。
DSCN6511.JPG

これこれ、このサイズですよ。
4つ折りの紙幣が10枚ぐらい入りそう。
入れないけど(ないから)
DSCN6514.JPG

クレイジーパッチにしたのが、そもそも間違いでした。
普通に2cm幅ぐらいのシマシマにしておけば
もっと簡単だったはずなのにね。
直線ならミシンでも縫えるし。

でも、また作るかどうかは・・・どうかにゃ~~~
大きさに満足して、終わりかも。


 ←応援はこちら
  
Twitter ←フォローはこちら
 
関連記事
めげそー
2011年10月16日 (日) | 編集 |
試作第二弾をひとつ、と思い、
取り掛かったのはよいのだけれど。

すでにヤンタくなった。
DSCN6508.JPG

バティックの、もうほんとうに何にもなりそうにない端切れを
(取っておいたのね、私)
クレイジーキルトにしたのはいいんだけどね。
ここまでで2時間、だから。
このあと1時間ちょっとかかるわけだから。

3分の2は終わってんじゃん♪ っていう問題じゃない。
ここまでやったら、市販のバイアステープはなかろう。
ということは、ある程度の広さをもつ布を
ナナメ45度にバッサリと裁たなくてはならないわけだ。
当然、バティックだ。

ううっ・・・
ちょっと日にちをいただきます。
ちょうどよい布があればバンザイ、
もしなかったら、勇気を持って裁断せねばならん。
今日は決断できないわー(熱出たし、洟タレだしー)

 ←応援はこちら
  
Twitter ←フォローはこちら
 
関連記事
試作ちゃん
2011年10月15日 (土) | 編集 |
昨日の文章教室で、受講生Fさんが持ってきた小さなポーチ。
あの大きさに一目惚れして、作ってみることにした。

とはいえ、型紙から全くの手探りで作るわけで、
(まー、いつものことですがー)
失敗は覚悟の上、よって生地もバイアステープも
端切れ・残りもの箱から適当なのを引っ張り出し、
唯一、ファスナーだけは先日求めたばかりの10㎝。

で、できたのがコレね。
DSCN6506.JPG
オール手縫いと言いたいところだが、
バイアステープはミシンでガガガッと縫いつけたし、
マチも手縫いではキツいのでミシンで三重縫い。

あははっ、小さすぎましたね。
DSCN6507.JPG
キャンディ2個しか入んないなんて。
昨日見せていただいたのは、手のひらにすぽんと収まるサイズ。
これは手のひらに2個乗っかってしまう(~_~;)
大きさに惚れて作ったのだから、失敗作ということになる。
でも、コインパースにするならジャストサイズだな。

やはり、実際に作ってみると
もっとこうして・・・と気づくことが出てくる。
もちろん、大きさのこともそうなのだけれども、
ファスナーを開け閉めするのにタブが欲しいとか、
タブは輪っかにして、ストラップパーツを取り付けたいとか、
いっそネームタグをタブにしちゃえ~とか。
また、このサイズなら、パッチワークキルトにしても簡単だし、
あとちょっとだけ横幅を広げたら、4つ折りのお札も入りそう。

などなど、手を動かしているときって、脳が活発になる。
ただ、思いつきをすぐに書き留めないと、忘れる。
今日だって、もっといっぱい、いろいろ思ったはずなのに、
手を止めてペンを持つのを面倒がって書かなかった。
今、それってすんごく損した~~って思う。

でも次のときも書かないんだろうな。
考えついたときは「こんなスバラしいこと忘れるはずない」
って、自信たっぷりなんだもの。

話は全く逸れるけれど、
根拠のない自信こそが、前へ進むチカラになると思うよ。


 ←応援はこちら
  
Twitter ←フォローはこちら
 
関連記事
校正
2011年10月14日 (金) | 編集 |
作品集第6集の発行に向けて、
最終チェックである「校正」をしてきた。
これ、なかなかシビアな作業である。

校正は読むのではなく、見るのだ、と聞いたことがある。
誤植や改行ミスを目を皿のようにして探し、
句読点が適切かどうかもチェックし、
なにしろ「アラ探し」をしなくてはならない。
そしてそれは、たいてい見つかってしまうものなのだ(´;ω;`)

そのとき手がけたのは、演奏会のプログラムであったり、
コンクールの参加要項であったりと、
元の原稿がそもそもあるものだった。
校正は、まさに「チェック」だったのだ。

エッセイの場合は・・・。
もちろん、見ることも大事なのだろうが、
それ以上に、読むことをないがしろにはできない。
1字1語の違いで、伝わるものががらりと変わる。
ベストマッチの言葉を選ばなくちゃいけない。
脳と精神の柔軟性、そして集中力が要求される。

「これでお願いします」と、赤を入れたゲラ原稿をお渡しすると、
これでもう、活字となって製本されてしまう。
もはやこれ以上の手直しはできない(2刷3刷するなら別よ)
ホッとする気持ちはもちろんあるのだけれども、
それより大きい「まだ何かあったんじゃ」という思い。


今回、震災のことを書いた。
いつかどこかでまとめて文章にしておかないと、
そしてそれは、あまり時間を置き過ぎないときに、
と思っていたところに、
共通テーマが「夜」ときたもんだ。
これは書かずにいられないでしょ。

書いたことで、背負っていたものが軽くなった気がする。
たいした荷物ではなかったとはいえ、
ぐちゃぐちゃ、ゴチャゴチャ、バラバラ、だったものを、
大きさ揃えて、角を揃えて、トントンして、
穴をあけて、ファイルに綴じました、やれやれ。
そんな気がしている。


 ←応援はこちら
  
Twitter ←フォローはこちら
 
関連記事
カマさん☆LOVE
2011年10月13日 (木) | 編集 |
ハナっから虫ですが、追記じゃなく本編で。
だって・・・人にもよるだろうけれども、
ちーともコワくないっすよ。

ほら。
DSCN6484.JPG

しかし、壁にひっついている状態では、
その表情を激写すること叶わず。

なので、ご移動願うことにしました。
ツゲの木です。
立ちあがっちゃって、威嚇しておりますなあ(かわゆし♪)
DSCN6494.JPG

アップいきまーす!
DSCN6495.JPG

もいっちょ!
DSCN6497.JPG

なんでしょうねえ、カマキリのこの豊かな表情(に見える)
ハートを射抜かれた方は多いのではないでしょうか(自信たっぷり)
今年はカマさんをたくさん見かけました。
嬉しいことじゃ。


この先は、見たくないひとは見ないほうがよろしい。
くれぐれも。
 
[READ MORE...]
関連記事
ニンジンムシムシカタツブリ
2011年10月12日 (水) | 編集 |
朝っぱらから左マブタにニンジン虫が住みついた。
困るんですよー、当たり前じゃん、と言われそうだが、
特に、投球動作に入ったとき!
マブタがふるふるして開けにくいほどなのだ。

ここで言うニンジン虫ってのは、
畑にいる人参虫すなわちキアゲハの幼虫のことではなく、人神虫。
瞼やその周囲がピクピクと痙攣することなんですが、
本当は眼瞼ミオキミアって言うのね。
あーくっそー、こんな解説を書くのも鬱陶しいぜ。

睡眠不足だとは思わないんですけどねえ。
ストレス??
なんのストレス??
・・・ってことすら考えたくない。
というか、考えてもどうなるものでもない。

克服っていうか、追い出すことはできるのか?
ニンジン虫~~っ!


 ←応援はこちら
  
Twitter ←フォローはこちら
 
関連記事
喉、切れてる?
2011年10月11日 (火) | 編集 |
・・・っていうくらい痛い。
あまりに痛いので、病院へ。
お医者さんが「うわぁ」っと息を呑むほどに、
真っ赤っかに腫れあがっていたらしい。

喉の炎症を抑える薬など3種類を処方してもらい、
さっそく昼から飲んでいるのだけれど、
今のところ全く変化ナシです。
痛み止めの頓服薬のおかげで、
午後に2時間ほど眠ったら、ちょっとはマシに・・・
いやー、ならないんだこれが。

そういえば1週間ほど前にクシャミを連発したくらいで、
熱もなく、咳や鼻水もなかったのに。
喉が痛いだけだったからこそ、普通に動けたわけで、
それが却ってよくなかったのかなあ。

あと1日2日で治ってほしいんだけどな~~


 ←応援はこちら
  
Twitter ←フォローはこちら
 
関連記事
ご褒美♪
2011年10月10日 (月) | 編集 |
だってホントにガンバったもん。

いつものアジアン雑貨店で求めました、バティック。
棚の一番下に、目立たないようにあるんですよー
でも、もう場所を知っているので、
一直線にその売り場を目指す。
そして、とにかく触りまくる。
プリミシマ、最上級の手触りを求めて。
同じ値段でありながら、とんでもなく違うんです。
で、いいヤツを見つけたら、その中から柄を選ぶ。
今日はコレが私のメガネに適いました。
DSCN6470.JPG
お店で見たときは、うひひコレでチュニック、と思ったのだが、
家で改めてみてみると、うーん・・・
このでっかいクジャク模様を壊さずに裁てるだろうか。
やっぱりもっと慎重に選ばにゃイカンですね。
私にとっては決して安い買い物ではないのだから。

さあ、秋のいろんなイベントに向かって
気力を充実させるためにも、
私はミシンに向かわなくてはなりません!
その場所が、自分のニュートラルだと思っているから。


 ←応援はこちら
  
Twitter ←フォローはこちら
 
関連記事
なんたることかッ!
2011年10月09日 (日) | 編集 |
ワンデイマーケット、市場まつりフリマは
好天のうちに、無事終了いたしました。
晴れ女の面目躍如でございます<(`^´)>

楽しかったなあ、並べたり並べ替えたり。
シュシュなど編みながら、お日様に焼かれつつ座っていました。
もちろんコーヒーも持っていったし、
なにより、こしぇ相方がいたら退屈しませんて。

私はお客さんとの会話がイマイチで、
特に、通りかかる方に声を掛けるってのができない。
なんでかっていうとですねー、
私自身、声を掛けられたくないからなんですね。
「いかがですかー」とかなんとか言われると、
なにか返事をしなきゃいけないんじゃないか、
あるいは興味がなくとも、どれどれ、と
見る振りをせねばならんのじゃないか。
って思っちゃうわけだ。

そんな私と正反対に、こしぇ相方は
次から次に声をかけてはお客さんをゲットする。
う~む、見習わねばならんのかな。
いやいや、動あれば静、
お客さんだって、オバ二人のステレオマシンガントークは
きっとゴメンこうむりたいに違いない。
その代わり、私、興味ありげな方には声を掛ける。
実にフレンドリーっぽく、声を掛けまする。
作品の売りポイントを熱く(厚かましく?)語っちゃいまする。

@@@@@

会場にお越しくださった全ての方、
作品を手にとって、拙い説明を聞いてくださった方、
お買い上げくださった方!
(ああ、友人知人のありがたさが身に染みる)
感謝申し上げます。しゅっぽっぽ。それは機関車。

特に、ブックカバーが売れたこと、
最新作のコインポーチが売れたことは嬉しい!
一押しというか、代表作と言えるものですから。

いや~、表題のとおり「アカン」こともあったのですよ。
何かっていうと、写真が一枚もないこと。
デジカメ持って行ってるのに。
それも、途中でバッテリーが切れたら困ると思って、
予備のバッテリーまでフル充電で持参。
なのに・・・なのに。

@@@@@

今日の私がいつもと違うところは、
家に帰ってから、フリマ用の作品などなどを
ぜーんぶ整理したことですかな。
たいてい、次に何かあるときまでそのまんま、なんですけれども、
今日は片付けましたね。
それもこれも、ピアノの部屋が片付いているからだと思うのですよ。
あそこに衣装ケースを置いておくのに、
中がごちゃついたままじゃあイカンのじゃなかろか、と。

1ミクロンかもしれないとしても、成長があるってことだ。
問題は1歩進んで2歩下がるってことだ。
そりゃ後退してるってことだ。
なんたることだ。

う~む、今日はとっても楽しかったのに
なぜトホホで終わるんだろう。
ナゾだわ~~~


 ←応援はこちら
  
Twitter ←フォローはこちら
 
関連記事
眠いよー
2011年10月08日 (土) | 編集 |
2日前、半徹をした。

写譜して整えるべき楽譜があって、
なにも一度にやんなくたっていいのに、
「ここまで」「いやもうすこし」「せっかくだから」
と、区切りをずらしているうちに、
なんだ全部終わっちゃったよ、というわけ。

その余波というか、お釣りというか、
日中はそこそこ元気に動き回れるのだが、
夕食後からはぐだ~~~っと鈍くなる。
ちなみに今、コーヒーをいれてきて、
部屋に入る前にカジさんと遊んで、
それからこうしてパソコンに向かっているわけだが、
猫舌な私にとって、コーヒーがちょうどよい温度になるまで
起きていられるかどうか・・・自信ない。

フリマの準備はもう諦めた。
いえ、準備できていないのではなく、
この期に及んで何か作ろうとするのをやめた。
だって、いっぱいあるもん。

盛岡中央卸売市場まつり
 明日、10月9日(日)
 何時からだろう・・・たぶん朝早いと思う。

 フリマは朝7時から準備を始めているので、
 たぶん8時にはどっこもオープンだと思います~~

 市場、わかんない方いらっしゃる?
 私もうまく説明できないんだけど、
 盛岡南インターと流通センターの間ぐらい。

 私はブックカバーやティッシュポーチ、
 最近作っているコインポーチなどなどなど、出品します。
 メインの市場まつりのついででようございますので、
 足をお運びくださればと存じまする~~


@@@@@

目下の懸案。
今気がついたけど、string.って書いてあるし~~
音符ばっか見てた。
っていうか、表現とかいうず~~っと以前の問題だから。
ドアの前にたどり着けていない感じだから!
DSCN6462.JPG

お見事(だった)
カメラを構えてピント合わせているうちに崩れた。
DSCN6467.JPG

ネコ団子。
えーっと、どうなっているのかな?
DSCN6465.JPG


もうっ、寝ちゃおうかな~~~っ
まだ9時前だけど。
朝早く起きて用意するほうが絶対にいいと思う!

 ←応援はこちら
  
Twitter ←フォローはこちら
 
関連記事
臨時こしぇ会議
2011年10月07日 (金) | 編集 |
フリマ直前ということで、最終打ち合わせ。
持って行くものや、くじ引きグッズの確認、
つり銭の用意、などなど。
あとはそれぞれ自宅での準備となります。

そのへんの擦り合わせが終わったところで、
コインポーチを作ってみましょか、ということに。
まったく初めて、やりかたを聞きながら作ったら
どの程度の時間を要するものか、
また、出来栄えはどんなもんか。

結果として、布選びから始まって、
途中縫い直しあり、手直しありで、1時間20分。
先日自分でやったとき70分だったのは、
やはり何個か作った経験がものを言ったのですね。
何かアクシデントがあったとしても、
まず1時間半みておけばよさそう。

初めてだった、こしぇ相方の作品。
DSCN6445.JPG
オットさんにプレゼントするんですって。

作り慣れた私の作品。
DSCN6448.JPG
フリマで売る~~のだ。

@@@@@

今朝出ていた、でっかい虹の端っこ。
DSCN6436.JPG
その左に見えている稜線は、岩手山。
たぶん雪が降っているのだと思います。

ドングリが手の届くところに鈴なり。
DSCN6433.JPG
こう見えて、帽子が外れないように採るのは難しい。
途中でポロッと取れてしまうのです。
だから、もう採らないことにした。
自然に落ちるに任せましょう。
この木がとっても大きいので、
遊歩道は全面ドングリになります。
歩くとパラパラと音がするくらいに。

@@@@@

眠くて眠くて、1日にやれることが少なくなってきました。
もうちょっと前だったら、
締め切りがあるくらいのほうが、かえってアレコレやれた気がする。
今はダメでして、
締め切りがあると、間に合いそうであっても、
マブタがピクピクします(ニンジン虫でしたっけ?)
そうすると、モノを見るのに支障が出てくるので、
ますます何もはかどらなくなります。
すると焦るでしょ、んで締め切りが気になるでしょ。
負のスパイラルってやつだ。

なので、多少の不義理は覚悟で、
自分にとことん優しく甘く、
日延べできるものはできるだけ後回し。
それをヨシとしておかないと、
また過敏性大腸炎を発症してしまう気がします。

これでいいのだ、を世界の合言葉に!


 ←応援はこちら
  
Twitter ←フォローはこちら
 
関連記事
そこか
2011年10月06日 (木) | 編集 |
カジさんのトイレ掃除をしていたら、
見慣れた小さなクシャクシャが落ちている。
鉢植えのネコヨラズについているオナガアゲハ、
3匹いるはずなのに2匹しか見えないなあと思ったら、
カーテン近くで脱皮してサナギになったらしい。

そう思って、慎重にカーテンの表、裏を点検するが
見つからない・・・見つからない。
さては風に揺れて落ちてしまったのを
知らずに掃除機で吸い込んでしまったかと
一瞬青くなったのだった、が、
いたいた、こんな目立たないところに。
DSCN6431.JPG
しかし、なにもツルッツルの棒の上じゃなくたって
ほかにいくらでも取り付きやすいところがあっただろうに。

この子がこのまま越冬せずに羽化してしまう可能性は高い。
もしそうなったら、食べるものは残っているだろうかと、
ち~とばかり心配なのは、余計なお世話なんでしょうか。
(いーえ、誰でも♪)

@@@@@

喉がガラガラになっている。
球技指導でおっきな声を張り上げたからか。
いや、そうでなくても、整形の待合室で
立て続けにクシュンクシュン、ヘックシ、と
喉に負担のかかりそうなクシャミを連発したし、
それはそのとき1度では終わらず、
家に帰ってもやはり、連クシャに動揺させられた。
風邪気味ですよ、たぶん。
明日になってもまだグズグズだったら、病院だな~
フリマには万全の体調で臨みたい。
晴れ女の私、その日もちゃんと晴天にしますので。

@@@@@

BABA*BINGO開催中。途中参加歓迎。
カボチャクリックプリーズ。

打ちまつがい多発につき、参加登録の際、
メールアドレスの記入は慎重に。


 ←応援はこちら
  
Twitter ←フォローはこちら
 
関連記事
青紫蘇に呼ばれて
2011年10月05日 (水) | 編集 |
終わったつもりの紫蘇仕事。
カジさんと畑一周ツアーに出かけたときに
「あの~」と声を掛けられた(ような気がした)んです。
DSCN6424.JPG
一般に、なのかどうかは知りませんが、
うちの青紫蘇は赤紫蘇より遅い。
ので、今が花盛り、結実盛り。
赤紫蘇でボロボロになった指先が
さらにガサガサになるよなあ、と思いつつ、
やはり、放っておくことはできないのでした。

さっと湯通しすると、香りがブハッと広がります。
DSCN6427.JPG
色もきれい。
赤紫蘇は黒っぽくなっちゃうけど、
熱湯処理でますます緑が鮮やかになったようです。
これに塩を振りかけて、瓶詰めにしました。

ほんとにほんとに、これにて紫蘇は終わり!
来年、紫蘇ジャングルにならないように、
早めに抜いてしまわなくては。
もうタネは充分に落ちていると思われますし。

@@@@@

BINGOにご参加の皆様には
無事に本日の数字をチェックされましたでしょうか。

途中参加でもチャンスはいくらでもあるというか、
まったくもって《運》(o゚◇゚)o。_。)ウン★の世界ですので、
3日でBINGOってのもアリなわけですしさ、
どうでしょ、ここでちょっとだけ運を天に預けてみるってのは。
なにも人生どうとかなるわけじゃなし、
無事にBINGOになったらめっちゃ嬉しいわ♪ ってだけですから。
そのうえ抽選にも当たるかもしれないわけですから~~

参加お待ちしております。


【業務連絡】

  まー様 BINGOメール、届いていますか?
  てん様 もうこうなったら携帯アドに直メルでいきましょう!


トゲトゲむいむい ⇒
[READ MORE...]
関連記事
むむむ腰が背中が
2011年10月04日 (火) | 編集 |
家じゅうを掃除機かけたら、背中が痛い。
掃除機持って二階へ上がったら腰が痛い。

毎日掃除するわけじゃないので(うえぇぇ~とか言うな)
今以上に悪化することはなかろうと踏んでいるが、
今以上に掃除の頻度を落とすわけにもゆかず
(なにしろもともと回数が少ない)
ちょっと困っているところだ。
誰か、コーヒー飲ませるから掃除機かけてくんない?

ちなみに、掃除機のあとはク★ックルワイパーで
フローリングをするするとなでて歩く。
これはまるっきり平気である。

腰と背中にダメージを受けたので、
今日は縫い物をパスした。
意外に辛いのですよ、これが。特に背中。
手元に集中して、猫背ぎみになるからだろうな。

その代わりといってはなんだが、
かねてから頼まれていた楽譜、
スコアからパート譜を起こす作業を進めた。
パソコンで音符を入力するので、
姿勢に気をつけさえすれば、苦しいことはない。

これをプリントアウトして、
あとは腰の状況を見ながら、コードネームを手書き。
CだのFだのという英字なので、
パソコンで入力できないこともないのだが、
これだけは手で書いたものが見やすい。
そのための楽譜ペンを愛用している。
この先10年は持ちそうなくらい、
ペン先のスペアを買ってあるし~

腰と背中の苦しいのは、寒さが関係あるかもしれない。
急に冷えましたわね。
夕方、Wiiでボウリングとか卓球とかやってたら
足が冷えて攣って攣ってしかたがないので、
なんか違うな~と思いつつ、暖房ONにした。
動いてからだが温まっているのに、足だけ冷たい。

鼻水がたら~~っていう一歩前ぐらいな感じ。
こういうとき、箱ティッシュの中身を携帯できる
ティッシュポーチ(と命名)があってよかったーと思う。
お勧めしますよ、いいもんですよ。
《こしぇ~る》でお作りします(あ、今休業中だった)

今夜も早めに寝付くとしよう。
っと思ったら、夜中にひとつ作業があるのだった。
HPトップにしか入り口がないと、
直入りしている方は気づかないままになるので、
こちらにもカボチャを持って来た(プロフ写真の下)

エントリー受付中です。
夜中過ぎに数字発表を開始します。
遅れての参加も大丈夫なはずです。

あ~なんだか鼻の奥が苦しい。
熱はないような気がするんだけどね。
今、計っている・・・
・・・
・・・
うん、36.5℃・・・
あら、ちょっと微熱傾向?

部屋はガンガン暖めているので、
羽毛布団に包まって寝れば明日には回復するかなっ

めずらしく写真のない日でした。
ロケタッチやツイッターで写真投稿しちゃったから、
ネタ切れってことで~~


 ←応援はこちら
  
Twitter ←フォローはこちら
 
関連記事
11歳最後の日
2011年10月03日 (月) | 編集 |
明日から12歳なんですぅ~
HPが。
カボチャから来てね。

* * * * * * *

今日はこれ。
DSCN6418.JPG
1日1個作っています。
もっと作れるんだけれど、
今日は布整理に午前中のほとんどを費やしてしまいました。
そりゃもう、片付けても片付けても布はあるのでして、
視点というか、カテゴライズを変更しては、
また全部ひっくり返して片付けるという繰り返し。
賽の河原で小石を積んでは崩して積み直すのに似ている。
(違うような気がしてきた。いやたぶん違う)

フリマ当日までに7~8個あったらいいかな、と。
他にも作りたいものがあって、でもたぶん間に合わない。
欲張らないほうがいいかもしれません。
今まで作ってきたもの(売れ残りとも言う)をメインに、
今回新たに加わるアイテムがひとつでもあれば。

今日、というか、ついさっきわかったことですが、
なんと法事がダブルブッキング。
前から「法事は土曜日」と聞いていて、
先週も「何日だったか、とにかく土曜日」って確認して
ああそれならフリマはだいじょぶだ、
なんたって、往復はがきで申し込んだくらいだから
よほどのことがない限りパスしたくなかったのです。
ところが、今日になって
「紆余曲折あって日曜日に」
なんだよ今ごろ。

法事は「よほどのこと」には入らないのよ、私基準では。
なにしろ「先に決まったほう」が優先順位が上だよね。

何かの口実には便利ですけどね。
「いやーその日は法事で」みたいな。
それでたいていのことはスルーできる、免罪符的な強みがあるね。
でも今回、法事<フリマ、なのだ。

昨年も別なイベントと重なってしまい、
そのときはフリマを諦めたという経緯もあって、
今年はなんとしても(這ってでも!)出るぞと思っていました。
んだから出るぞ。

今のうちに告知しておきましょう。

「市場まつり」
  10月9日(日)たぶん8時ぐらいから
  盛岡中央卸売市場特設会場(駐車場ですな)


「こしぇ~る」で出店します。
全額を寄付する「綱引きクジ」があります。
復興支援を銘打っているブースはたくさんあるんじゃないかな。
また、市場本体では三陸の魚介なども販売すると思いますよ。
買い物することで応援できるって、なんかいいよね。

 ←応援はこちら
  
Twitter ←フォローはこちら
 
関連記事
紫蘇の実、終わり
2011年10月02日 (日) | 編集 |
今年最後の紫蘇の実。
DSCN6415.JPG
藪をかきわければ、まだあることはある。
けれども、ハチが今ちょっとヤバいですからね。
巣分かれで気がたっているはずなので
あまり深く藪に分け入るのはやめといたほうがいい。
なので今年はこれにて打ち止め~

*****

今日はこれを。
DSCN6416.JPG
時間を計りながら作ってみました。
布を選ぶところからで、70分強。
1個集中だと1時間ちょっと、か。

切る切る切る、縫う縫う縫う~のまとめ作業なら、
おそらく1個分にかかる時間はもっと少なくなります。
けど、基本的な製作時間を知っておくのは
そう無駄なことじゃないような気がします。


むいむい写真あり ⇒ 
[READ MORE...]
関連記事
秋の音楽イベント
2011年10月01日 (土) | 編集 |
秋はやっぱり演奏系のイベントが多くなります。
もともと、爺ィバンドは年間まんべんなく演奏していますが、
これが秋になると、所属する別のバンドも何かあったりして、
日程がぶつからないか、ヒヤヒヤしたりするのです。
今年はだいじょぶみたいです。

午後の部の本番直前。
1曲目がテナーソロの「Danny Boy」なもんで、
テナーのオジさん(左の方)緊張しまくり。
DSCN6411.JPG

ご存知の方は少ないというか、ほとんどおられないと思いますが、
ホームページがもうすぐ12周年です(おおおっ)
何かやりたいと思っていて、まだ何も決めていませんが、
しらたき工房のかわいい皮革キーホルダーを
いくつかゲットいたしました。
これを景品として、う~~ん、何やろうかな~
(告知はHPトップで、近々)

@@@@@

実は今日も(昨日もだった)先日作ったチュニックを着たのです。
いやもう、ほんとうに今の季節にぴったり。
もっともオールシーズンOKなデザインなので
今の季節に限らず着る予定ではありますが、
それにしたって、今ちょうどよい。

となると、やっぱりあと2~3着は作りたいわけです。
そのために、自分にシバリを課しました。
それやんないうちは作り始めないぞ~、って。
もちろんフリマ準備に関わるものです。

さしあたって、これ。
DSCN6412.JPG
左のが完成品、右は途中。
特に左は生地がウールで、ちと作りにくかった。
手触りもよいし、あ~なんだか気に入っちゃった。
(でもフリマに出す!)

一個作るのにかかる時間を調べる必要がありまして、
工程ごとに時計を見ながらっていう作業をしなくては。
それは気力の充実した、明るい朝にでも。

こういうちっさいものって、勢いがつくと
トントント~ンって作れちゃうんですね。
でも、どんなにチマッとしたものを作るのでも、
必要な道具類って、大きいものとそう変わりません。
当然、部屋の中はプチ・カオス状態になります。
逆を言えば、あれもこれも出して広げないと仕事にならんので、
あまりにきっちりと片付いていると気持ちが盛り上がらなかったりする。

いっとき、どわ~~っと出しまくって広げまくり、
またとっ片付けひっ片付け、まるめて重ねて仕舞う。

整頓と混沌との落差はかなり大きいよ、最近。


 ←応援はこちら
  
Twitter ←フォローはこちら
 
関連記事