fc2ブログ
ナゼに肩凝る?
2012年01月31日 (火) | 編集 |
それはぁ~姿勢がぁ~わっるいっから~~

っと浮かれている場合ではない。
やっぱ、椅子の背もたれに思いっきり寄りかかって
ふんぞり返って足も組んで弾くのは、イクナイね。

*****

チェルニー50番の中の1曲を3回、やりましたー
11番を、3回♪
しかし1回目と3回目の違いはほとんどないのだった。

その前に、手を暖めるためのお手軽練習として、
「チェルニー左手のための24の練習曲op.78」を
初見練習も兼ねて、ざら~~っと。

その後、昨日の続き、50番練習曲の33番から、
の~ろの~ろと牛歩で弾き流して、
47番(これ好き♪)で力尽きた。
というか、48番を見て、やる気が失せた。
そっか、最後の3曲って、もんのすごいんだ・・・

また、ときどき引っ張り出して弾こうっと。
(当分、やらないつもりらしいぞ)

ベートーヴェンのソナタ「悲愴」がちゃんと弾けなくてイラつく~
若いころは勢いでカッ飛ばしていたから、
ていねいに見ると、省エネで弾いていたことがわかって
よくぞ小野田先生にバレなかったものだと、今になって冷汗だ。
いや、お見通しだったんだろうな、
でも、大人になってから始めたってことで、
ちょっとは手心を加えてくださっていたのかもしれない。
(音のミスは指摘してくだせぇ~~)

この年齢になったから、表現できることがある。
どんな1音にも、必ず意味がある。
楽譜には「こう弾いてくださいな」と書いてある(はずだ)
それを、昔よりはちょっと多めに読み取れるようになったと思う。

たとえばね、ブルグミュラー25の練習曲を、
「オトナ弾き」したら素敵だと思うわけだよ。
幼稚園時代の長女も弾いた、それらの曲を、
50歳を過ぎたオバちゃんが、同じようには弾かないでしょう。
私には私の、こうしたら素敵じゃね? っていう弾きかたがある。
それはときどき「やりすぎー」と言われてきたが、
某音大の某先生によると、
「いえいえ、何にもしないのが最も悪いの。
 何かやろうっていう気持ちが大事なの」
激しく同意だ。

*****

こうやって、ほとんど毎日ピアノのことを書いているが、
それもこれも、春になって家庭菜園シーズン、花と虫シーズンが始まれば
ガラリと変わるに決まってるんだから。
今、寒くて雪に埋もれて、出不精なので、
自然とピアノに向かう時間が多くなっているだけだから~

*****

2週間後に調律を予約してある。
それまで、すんごくよく使うD音のうぃんうぃんうぃん・・・と
B音のくゎ~~ん・・・に耐え続けねばならない。

そもそも、全体が442を保っていない可能性がある。
なんか、何弾いても暗く感じるのよね。
私の弾き方が重ったるいせいもあるかもしれないけどさー

待ち遠しい調律の日。
その前にライブだわ~
本番は待ち遠しいけれど、準備がしんどい。。。
でも他の誰にもやらせたくないっ!



 
関連記事
なんというスピードだ
2012年01月30日 (月) | 編集 |
信じられないほどの速さで、
チェルニー50番練習曲の11~32番を弾き通した。


この場合の「速さ」はそのまんま「遅さ」と置き換えていただきたい。

前に書いたとおり、まるで「譜読み」状態である。
ちょっと好きだった曲は、それなりの「速さ」になるが、
それとて、譜読みの翌日に弾いたらこれくらい~の速さである。

ただ、ゆっくりながらも確実なタッチを心がけたため、
32番を弾き終えたころには、手はすっかり暖まって柔軟性も出て、
このあと何でも弾けちゃうかもよーっていう感じになった。
ただしこれまた、あくまでも「感じ」である。
まんま、「気のせい」と言い換えることができる。

・・・ちょっとガンバろうかなっていう気持ちにはなれた。
以前のように、とまではゆかずとも、
練習曲とはいえ、曲らしく弾けるようになりたいもんだ。
そのためには、今やっているように
1回通して弾いたらオシマイ、ではアカンでしょう。
少なくとも、フレーズを作るための部分練習は必須だ。

そこが問題だ。
何度も弾くの、飽きるもんね。
飽きずに弾けるのはショパンとかモーツァルトとか。。。

ごめんなさい、シューベルトもブラームスも飽きるの。
ベートーヴェンは中間ぐらい。
バッハは波があって、何時間も弾きたいときと、
ひとっつも弾きたくないときがある(なんでだろ~~)

3回。。。ならどうでしょう。
それで手を打つとするか。
明日は、チェルニー50番練習曲のうちどれか1曲、
3回弾くことにしよう。
ピアノを弾く時間は、えーっと、、、、あるはず。

*****

ピアノの蓋を外した。
DSCN7014.jpg

中で結露してるんだもん。
弾いているうちに、アクションが悪くなってくるのがわかる。
ので!
風通しをよくしてやろうと思って。

思惑はどうやら当たり♪ だったようで、
今日は3時間、最後まで鍵盤が重くならなかったし、
ダンパーの戻りもよかった。
よかったよかった。


どうしてもダメな2曲。
手の平に怪我をしてから、右手の柔軟性は大きく損なわれたらしい。
両方とも、得意なほうだったんですが。

15番
DSCN7017.jpg

19番
DSCN7018.jpg

少しずつ鍛えなおすとして、19番は、ゆっくりなら弾けるようになるカモ。。。



 
関連記事
「あなたは前髪をおろす?流す?あげる?」
2012年01月30日 (月) | 編集 |
トラックバックテーマ 第1363回「あなたは前髪をおろす?流す?あげる?」


流す。

ほんとうは下ろして、いろいろ隠したいんだけれど、
額にかかるのが鬱陶しくて、どうにも我慢ならないから。


イジョ!
関連記事
あと2週間!
2012年01月29日 (日) | 編集 |
爺バンドの定演まで、今日を含めて3回しか練習できないのね。
そして、そのうち1回はゲネプロだ。

今日も午前午後の通し練習。
しかし、高齢者が多いので、午前1回、お昼、午後1回と、
全部で3回の休憩時間を入れている。
それでも、終わるころにはみんな無口になってきたのだった。


珍しく(!)全員が揃って練習できたのだー
DSCN6984.jpg

なんか地味~~な感じに見えるけれども、
ユニフォームを揃え、照明を当てれば、あら不思議。
なんだかそこそこのバンドに見えてしまうものなのだ。

真ん中に立っている歌手ちゃんなど、肌も露なセクスィ~ドレスを着用、
毎年、オジさんたちを楽しませている(演奏に専念しれ!)

*****

私は、本番に向けて、ゲネ&本番のタイムテーブルをつくり、
アナウンス、鑑賞のしおり、演奏者プロフィール、アンケート抜粋の
それぞれ、原稿を書き上げなくてはならない。

昨年の焼き直しで済むものもあれば、
新しい試みとして、今年初めて手がけるものもある。
ま、言いだしっぺなので、がんばるしかない。

本番が大好き~~、早く当日になっちまえ~~~!!

*****

そんなこんなで、寝不足気味である。
寝不足だと足が攣る。
そしてこれは逆を言うことができまして、
足が攣るってことは、寝不足だね? と言い当てることができる。
ただ、当然ながら全て自分のことなので、、
やっぱりね、の確認にしかならないのだけどね。

今夜こそはちゃんと眠ろう。
多めに眠れたらいいなあ。
脳が興奮しているせいか、
ほんの2時間ばかり仮眠した今朝、ディープな夢を見た。

ディープというだけで、内容は覚えていないのだった。
夢って、経験を整理するシステムなんですってね。
新しい経験や、強烈な何かがあると、見やすくなるのだとか。

半徹のときの朝方、短い睡眠で見る夢は
やはり、脳のクールダウン効果があるのだろう。
(きっちり覚えていたら、それはそれで苦しいと思う)
(忘れてこそ、夢の効用っていう気がする)



 
関連記事
暗譜できるか
2012年01月28日 (土) | 編集 |
今日のおピアノちゃん練習は、、、
やっぱり開始20~30分で眠気。
部屋が暖かいので、そのままちょっと眠って・・・

ベートーヴェンのソナタ「悲愴」の2楽章、ぜひ暗譜で弾きたい!
それと、後半に出てくる「16分音符の3連符の上に32分音符」、
おっかない小野田先生に習ったときは「弾き分け、よし」だったけれど、
最近は3連符に合わせてもいいっていう先生が多いらしい。
そんなウワサを聞くと、アタシゃ意地でも32分音符でズラして弾くわよと思う。

ちなみに1楽章は途中で飽きます。
たぶん、面白く表現できない自分のせいだ。
アレは止まり止まり弾いたんじゃ、面白くないに決まってますもんね。

その後、ひっさしブリブリに「チェルニー50番練習曲」を・・・
1番から10番まで、とにかく1度通しただけだったのに、
ハァハァゼェゼェ、息も絶え絶え、目は血走る。
こ、これってこんなにムズいんでしたっけ~~というほど、弾けない。
まるで、新しい曲の譜読みから始めているような錯覚に陥る。

いや、新しい曲だと思って弾くことにしようっと。
実のところ、好きな曲は後ろのほうにあるんたけれども、
ま、こういう曲だとわかっていても指は動かないよね、きっと。
ゆっくり、慣らしてゆくしかないでしょうねえ。

ショパンエチュードへの道は果てしなく遠い。
「別れ」「黒鍵」「革命」「エオリアンハープ」「大洋」「蝶々」「木枯らし」と
タイトルのついたエチュードは多いけれども、
できれば「木枯らし」以外の6曲に、Op.10-9 を加えた7曲。
すこーしずつでも、ゆっくりでも、弾けるようになったらいいなあ。



  
関連記事
ヒヤヒヤ本番
2012年01月28日 (土) | 編集 |
今日の本番は、盛岡市内の福祉施設でのボランティア演奏。
こちらの所長さんと、バンドのベーシストさんが高校の同級生で、
(っということは、私にとっては先輩ってことだ)
今日は1月のお誕生会のアトラクションを頼まれたのでした。

バンドは俄仕立てなのか、それとも前からあるのか、
私はたまたまピンチヒッターだったのか、そのへんよくわかりませんが、
なにしろ1回だけさくっと合わせただけ、それから3週間たってますんで
もう、何をどう打ち合わせたのかさっぱり。

その上、私の弾くキーボードが「ない!」という事態に。
これは、爺バンドのイベントで使って以降、
キーボードを運んでくださった方がお休みしているため。

焦ったベーシストさんが、自宅のキーボードを急遽運んできました。
ところが、あまりに高級すぎて、使い方がさっぱりわからん。
キーボードじゃなくて、シンセだったのですね~~
結局、ピアノっぽい音は見つけることができず、
出せる音で仕方がないっとばかりに弾いたわけです。

全く満足のゆくものではなかったにしろ、
こういう突発的な困った状態にも、柔軟に対応することが
これからも求められることは多いと思います。
関連記事
毎日誰かの誕生日
2012年01月27日 (金) | 編集 |
今日はなんと、あのモーツァルトさんの誕生日です。
みなさんでお祝いしましょう~~
 (●´艸`)。゚.o。ォメデトゥ。o.゚。(´艸`●)

じゃなくて・・・
そっか、モーツァルトと私、201歳の差なのかー
っていうことに、しみじみとしております。
年の差を乗り越えて弾くモーツァルトのピアノソナタ。
うん、よしよし。


でも、モーツァルトは「さくっと弾いただけ」で、
練習したのはブラームスね。

*****

今日も、弾き始めて30分後の眠気。
こういうときは思い切って寝る。
ピアノにもたれて、寝る!
おそらく、ほんの数分のことだろう。
すっきりしたら再び弾き始める。

それにしても、曲の途中でふと指が動かなくなるのよ。
眠くて。

あはは~~、老化だ老化、マツの老化。
じゃねぇ、かふぇの老化。

*****

文章教室では、いつにも増して、なかなか興味深い話題が。
差し障りがありそうなので書きませんが、
膝を叩いてアハハと笑える話ばかりでもなく、
ヒトという生き物の、特異な進化について(個性とか言いますわねー)
深い洞察、見解を伺うことができたのだった。

上の文章ブロックは、私にしちゃあ珍しく漢字が多い。
これは、なんとかしてその内容を抽象化しようという努力の結果。

*****

そして今日は、某信金バンドの新年会でもあった。
メンバーのほとんどが、爺バンドともカブっているため、
話題はどうしても定演方向にシフトする。
私はそれをあまり好ましく思わないのだが。
(だって、メンバー以外のヒトは蚊帳の外だもん)

日ごろ思っていたことを、ついに口に出してきた。
言ったからには、実行しませんとねえ。
久しぶりに音符の書き込まれた楽譜を作ることになる。
もちろん、定演で演奏するんですぅ~


毎日誰かの誕生日。
明日からの4日間で誕生日を迎えるひとが
バンドのメンバーだけで3人もいた。
2月にまで延長すると、さらに2人。
早生まれって、結構多いのね。


 ←応援はこちら
 
関連記事
夢を見るのよ
2012年01月26日 (木) | 編集 |
球技指導、全24回中、20回目が終わった。

今日は(なんとしたことか)、いつも赤ちゃんみたいにダダをこねるMっちが
素直で、無茶言わなくて、場をかき回したりもしなかった。
それだけで、充分嬉しい1時間♪

ADHDのTくんも(なんとしたことか)、チームの中に入って
ま、すぐにアウトにはなったけれども、ドッジボールに参加した。
これまた、私にとっては嬉しい事件だ。
今週はポケモンモードであったらしく、
先週の「なんかわからんが攻撃力全開モード」に比べたら
そりゃもう、おとなしいというか、かわいらしいというか。

今の3年生男子ちゃんたちが、あまりにも「お子ちゃま」なので
3月で手を離れてしまうのが、心配でしかたがない。
人数的に余裕があれば、クラブに入れてやりたいところだが、
情報によると、来年度は新2年生の女の子ちゃんが多いらしい。
そうなると、遠慮も思いやりもなくビシバシと強いボールを投げる子たちを
どうぞどうぞと誘い込むわけにもいかないなあ。

来年は来年で、今までにない面白いことがありそう。

*****

標題の「夢を見る」は、厚生員さんとの会話。
何年も経験のある方でも、やはり、
強烈な個性のお子様に手を焼いて、
自分の指導はこれでよかったのだろうか、
もっとほかのアプローチがあったのではないだろうかと、
気になって気になって、気になるあまり夢にまで見る、と。

それ、私もあったから(今、あんまりないのはなぜだろー)
関連記事
夢に見るのね
2012年01月26日 (木) | 編集 |
ピアノカフェの日だった。
ご覧のとおり、コーヒーとお菓子でまったりとくつろぎながら、
順番に、何周も、ひたすら弾きまくる。

小犬のワルツを弾いています。
DSCN6973.jpg


上の方のご主人。
ピアノ弾く男の方って、カッコエエよね。
DSCN6974.jpg


私もさんざん弾きましたわよ~~

ピアノ弾きっていうのは、ピアノを持ち歩けないので
(ごく少数の、超一流といわれる人は運ぶそうですね)
(あるいは、地元楽器店で選んで、ホールに運ばせるらしい)
「そこにあるピアノ」で最大限のパフォーマンスをしなくてはならない。

っと書くと、すんげー弾くんじゃね? と思われるかもしれないが、
パフォーマンスのレベルが違うからね、
「途中で挫折しないで最後まで弾いたぞ、つっかえながらも」
だから。

そういった意味でも、このような集まりに参加するのは意義深いことだ。
同じように、わが家のボログランドPも、
爺バンドのパフォーマンス(定演♪)が終わってホッとしたら
調律していただく手はずを整えたので、
足がある方(もちろん車じゃないとね)に来ていただき、
思う存分鳴らしていただこうじゃないかと思っている。

その場合問題なのはワンコニャンコなのだが・・・
なんとかなるよねっ♪


 ←応援はこちら
 
関連記事
「映画を観るなら映画館?それとも家?」
2012年01月26日 (木) | 編集 |
トラックバックテーマ 第1361回「映画を観るなら映画館?それとも家?」


絶対に家で、絶対に一人で。

映画館は酔うからイヤだ。
暗いところの人の気配もイヤだ。
思う存分コーヒーを飲めなきゃイヤだ。

なので、家。
関連記事
そこそこ、よしよし
2012年01月25日 (水) | 編集 |
昨日、あんまり弾けなかった分、今日は3時間近くピアノタイム。
しかし最初の30分で激しい眠気に襲われる。
先日もそうだった。
部屋を暖めるからかもしれないけれども、
暖めないわけにはゆかないでしょう。

弾いていて冷汗の「ワンコワルツ」は
細かいニュアンスのつけかたに工夫をする必要がある。
それと、一旦もつれると修復の難しい私の指!
我慢して我慢して、ゆっくり練習する必要もある。
が、反復練習なんか、もうしたくなーい!
ので、いつまでたっても「そこそこ」でしかない、私の演奏。

ま、いっか。
滑らかで美しくて感動的な演奏は、プロ様にお任せしよ~~
関連記事
千々に乱れる
2012年01月25日 (水) | 編集 |
うう、っもう~~~!!

今日のスコアですけどさ、
ノーミスがあったかと思えば(ハナマル~~)
100に満たないスコアもある~~~

これはいったいどうしたことだったのかというと、
つまりレーンのオイルに負けたっていうことなんだ。
今日割り当てになったのは、
左側が「すんげー曲がる」、右が「そこそこ曲がる」という、
投げ分けの必要なレーンだったのだ。
んで、私ときたら、
すんげー曲がるほうのレーンを組み伏せようと、
フッキングポイントを探しつつ投げたわけね。

それ、間違いだった。
すんげー曲がるレーンは、レーンの幅をいっぱいに使っちゃいかんのだ。
オイルの厚い中央付近を走らせるのが正解だった。
(あくまでも、私の投げ方の話)

で、3個あるボールをとっかえひっかえ、
いろんな位置から投げてみたのが、100未満の理由。
1ゲーム目のノーミスが、とても納得のゆくものではなかったので、
なんとか、きれいにポケットに入るストライクを出したいと思った結果である。

結局、あ~もうめんどくさい、真ん中ストレートで行け~
っと開き直った結果、スコアもそれなりに(160超)に戻った、と。

*****

本日、全10回のリーグ戦最終日。
こんなぐっちゃぐちゃのスコアでありながら、
レーンに苦しめられたのが私だけではなかったせいもあって、
全体順位は2位であった(ラッキーなんてもんじゃないのだ)

いただきましたのは、某有名キャラのタオルセット。
DSCN6969.jpg

わーい♪


 ←応援はこちら
 
関連記事
「人から言われるあなたの印象は?」
2012年01月25日 (水) | 編集 |
トラックバックテーマ 第1359回「人から言われるあなたの印象は?」


むむむ、コレは聞いてみないとわかりませんなあ。
今までなんて言われてきたかなあ(すでに記憶もない)
特に初対面の人には、
できるだけ自分をわかりやすく出すようにしていますが、
それって、「こう思われたい自分」であって、
相手がどう思うかじゃないんだよなー
もしかしたら失敗しているかもしれないんだよなーーー


「ねえねえ、私ってどんな人に見えるぅ?」って
普通は聞きませんよね、こっぱずかしくてね。
聞かれたほうも困るでしょう。
正直に「アンタってさぁ」とも言いにくかろう。

*****

今日のふつーの日記は夜に書くのだ。
夜中に足が攣って目が覚めて、薬を飲んで、
以来、二度寝しそこなったのだー
仕方がないので、マリオを落として遊んでいたのだ。
つくづく、かわいそうなマリ男。

 ←応援はこちら
 
関連記事
伴奏ヲ暗譜セヨ
2012年01月24日 (火) | 編集 |
今日はピアノ時間を40分ほどしか確保できなかった。
昨日弾けなかった「ワンコのワルツ」をちょっと弾いてみたけれど、
なるほど、ショパンを弾くには左手のみ暗譜が必須であることを実感する。

その昔、幻想即興曲を弾いたとき(学生~そんな時代もあったのね~)
左手だけをまず暗譜すべしと言われた。
そしてそれは確かに効果的だった。
以来、ショパンを弾くときは左手から。
右手の早いパッセージがどんなに回ろうと、
左手に不安があったら台無しになる。

なんてなことを思い出したりしてね。
現実はキビシくて、今や暗譜など無理無理無理無理~~
楽譜にしがみついていないとなんも弾けない。
なので、テンポも「それなり」になっちゃうわけだ。
もちろん、指も回らないので、それでいいのだ。
関連記事
こしぇ初会合
2012年01月24日 (火) | 編集 |
今年初めての「こしぇ」だった。
二人ともに、同じ時期に上京しており、
もしかしたら日暮里はニアミスだったんではないかという話に。
行きたい店が半分ぐらいカブっているので、何かと話が早い。
私は「ト★ト」の4階(だったか?)でカットクロスを買わなかった自分を褒めたし、
彼女は同じく「ト※ト」で箱買いしなかったことを自分で褒めていた。

今年も作りたいものをそれなりに。
長期的に計画したり、目標をつくっても、
きっと(というか、どうせ)そのようにはできないだろう、と。
自分というものを、よく知っているのだ、二人して。
関連記事
弾いた気がしない
2012年01月24日 (火) | 編集 |
某信金バンドの練習会場にあるのは、ピアノではなくキーボード。
20年も前の当時は最先端だったろうが、
残念なことにタッチレスポンス機能さえない。
音源の選択肢も少ない(というか、使い方がイマイチわからんのだ)

押しても押しても反応しないキーボード、
クレッシェンドはボリュームツマミを左手で回すのよ。アナログ~~
さんざんコレで練習しておいて、本番はタッチをそのまま反映するグランドPだ。
必ず家で弾いておかなければ、とてもとてもヤバいことになるのだが、
実際に家で練習したことは、実はない。
楽譜をこの会場に置きっぱなしにしているからである。
きゃ~~、フマジメなんでないかい~~?

いえ、メンバー全員が、置きっパですので、私はあの中で「普通」なの。

ちなみに、今日やった曲のひとつ。
これだけ見たら、何の曲かわからんでしょ~~
DSCN6966.jpg
この通りに和音を鳴らせば、当たらずといえど遠からず、
「コレかな」という曲名が思いつく。
それが、コードプレイの面白いところだ。
ですんで、いきなりアドリブフレーズを聞かされても、
たぶん「これ☆☆だよね」ってわかることがあるのよね。
不思議がられるけど、たぶんベーシストやギタリストも同じだと思う。

ヤロウばっかりの練習風景。
殺風景・・・この後、ちょと遅れて女性トロンボニスト登場。
DSCN6967.jpg


 ←応援はこちら
 
関連記事
味わい深く。。。
2012年01月23日 (月) | 編集 |
ピアノのことを書こうとして、ハッと気がついた。
今日は「ワンコのワルツ」を弾かないでしまった・・・

その代わり弾いたのが、畏れ多くもショパン様のエチュードだ。
ただし、ハエが止まって手をこする、ってほどのテンポで。

言い方を変えるとするなれば、
「1音1音を味わって弾きました♪」
ってところだ。

Op.10-3(別れ)、Op.10-5(黒鍵)、Op.10-12(革命)
Op.25-9(蝶々)は右手だけ。

ああ、ここに列挙すると、どんだけすごいんですかって思うでしょうが
違います違います断じて違います。

******

最近、というか年齢を重ねるにつれ、
いわゆる古典といわれるソナタの2楽章がたまらなく素敵に思える。
たいてい、ゆーーーーーーったりとしたテンポで
やさしく歌い上げる感じにできている(速いのもたまにあるけど)
これを、気の向くままに、足を組んだぐらいにして
てれ~~~んと弾くのが、マイブーム。
反復練習なんかしないし、同じ曲はしばらく弾かないから、
いっつも初見です、みたいな気持ちで新鮮だ。
ゆっくりな曲なので、平気で32分音符とか64分音符が出てくる。
が、慌てちゃあいかんのだ。
いかにテンポを崩さずに、サラリと弾くかが私のテーマである。
(勝手なもんです、はい)

最近ご無沙汰な、ハイドンもたまには弾いてみよかな~
関連記事
不調なのかようわからん
2012年01月23日 (月) | 編集 |
先週、ボッロボロだったリーグ戦。
ボウリング場の改装工事で、店内がガタガタと落ち着かない。
そして、今まで使ったことのないレーンでの投球。
レンコン、と私たちは勝手に縮めているが、
レーンコンディションが掴み難いのである。

っとまあ、それは言い訳にすぎないわけでして、
どのレーンで投げても180、200と
スコアを出す人は出すんであるよね。

私はダメっすよ。
メンタルもフィジカルも(ブレインも)弱いんだもん。

そういった流れの、今日なので
たいして期待はしていなかったことは確か。
しかしながら、なかなか思う場所にボールが転がらない。
もっと言えば、
ここと思った場所にボールを落とせなくて、
通したいスパットを通せなくて、
曲がるはずのポイントで曲がらなくて、
倒れるはずのピンがゆらゆら・・・して、立ち直るのだ!

同じように不調な方との、まさかマサカな会話。
「もしかしたら呼吸かも」
「息を止めて投げちゃってるかもね」
「んだ、息を吐きながら投げてみっか」

これが、意外にもマサカってな話にあらず。
私には合う方法だったようだ。
少なくとも、結果的には身体の力を抜くことができたわけだから。
話したお相手の方は、1回2回は良かったけれど、
根本的に何か別のことでうまくゆかなかったようである。

1・2ゲームでは、どうも左膝の安定が悪く、
ときおりピリリとした痛みすら感じていたのが、
あら不思議、呼吸を意識しただけで、
安定はよくなり、腕は振り抜け、ボールは走るのですよ。
3ゲーム目はノーミスの200、4ゲーム目も191と、
あらどこのどちらさまがプレイしたんですかっていうスコアになった。

きっかけはなんでもよかったんだ、たぶん。
昨日も、プロ様に指摘された。
「かふぇさん、あんまり固くならないでね」
どうも私は「エイヤッ」とばかりに弾き、そして投げていたらしい。

さて、この経験が、水曜日に生かされるでしょーか。
ううう、たぶんナイよ。
それができているくらいなら、アベレージもっと上がってるはずだし。
(今、屈辱の160ダウンさ・・・)


 ←応援はこちら
 
関連記事
中イヌのワルツ
2012年01月22日 (日) | 編集 |
大イヌのワルツは中イヌのワルツに進化、かもしれない。
ただしイヌは今のところ雑種だ(カジさん並みですね~)

公民館で弾きっぱなしだったおかげで、
手がすっかり暖まったとみえ、
コロコロコロ~って、指が軽く動くのがわかる。
とはいえ、繰り出す音が軽やかかどうかっていうのは別の問題。

どんなに「やったつもり」になっても、
実際にそう聞こえないとしたら、やらないのと同じだ。

毎日弾いているのに、思うように指が動かないのを
年齢のせいにしてもよいものかどうか。。。う~む。
ここで「明日から毎日指トレしまーす」とか
「明日から毎日バッハインベンションとシンフォニア全曲弾きまーす」とか
「明日から毎日チェルニー40番全曲弾きまーす」とか
そういう、できもしないことは決して言わない(書かない)のが、
オトナのたしなみってものだ。

指トレはともかくとして、
バッハ30曲を弾くと、ハノン以上の効果がある。
チェルニー40曲弾くと、2時間かかる・・・(却下ね)
 (でも、たまに弾きたい。好きなのだけ)
 (ちなみに19、23、39は外せない)

それより、今日はアレです、ショパンのop.10-9 に挑戦。
中間部のドラマチックなコード進行が好きなの~~
でも弾けないの~~(つω`、哀)
いいんだ、弾けなくても。
そこにある音符を拾って音にする、その作業が楽しいのさっ♪
関連記事
今日は弾きっぱなし
2012年01月22日 (日) | 編集 |
2月の定演に向けて、今日は指導者をお迎えして
みっちりとクリニックをお願いしたわけであります。

教えてくださるのは、県下ナンバーワンの実力をもつトランペッター。
もちろんプロで、ご自分で演奏するほかに、アレンジも手がけます。
地元の高校や大学にも出向いて、ジャズの基礎から教えているとか。

なにしろ「ここはこうね」っと、実際に吹いて聴かせてくれるわけなので、
そりゃあもう、説得力がありますし、
みるみるうちに、ドシロウトの私らの演奏が変わってゆくのです。

午前午後、みっちりと公民館のセミコンを弾いた・・・けど。
調律がめちゃくちゃで、うょんうょん・・・と呻るのが気になるのでした。
ま、それでもわが家のよりはずっといいんですよー。


 ←応援はこちら
  
関連記事
大イヌのワルツ
2012年01月21日 (土) | 編集 |
私が弾くと、小犬じゃなくなる・・・のはなぜでしょー

***

超有名どころの曲って、今まで敬遠してきた。
 たとえば、エオリアンハープ(ショパンエチュードOp.25-1)
 たとえば、別れの曲(ショパンエチュードOp.10-3)
 たとえば、黒鍵のエチュード(ショパンエチュードOp.10-5)
 たとえば、革命のエチュード(ショパンエチュードOp.10-12)
 たとえば・・・以下省略。

あ・・・どれもショパンエチュードだわー、そもそも無理だわー(;´▽`A``

もとい。
 たとえば、キラキラ星変奏曲(モーツァルト)
 たとえば、花の歌(ランゲ)
 たとえば、春の歌(メンデルスゾーン)
 たとえば、雨だれ(ショパンプレリュードOp.28-15
 たとえば・・・イカ省略。

そして、小犬のワルツ(ショパンワルツOp.64-1)
なんでかっていうと、あまりにも有名なのは
コケたのが丸わかりになるから、である。

しかしながら、お楽しみでピアノを弾くとなると、
やはりここらへんのポピュラーなあたりは
さくっと弾いておきたいところだ。
誰に批評していただくわけじゃなし、
通りがかりの人に「・・・ヘタ( ´艸`)」って思われようと、
ぜーんぜん関係ないんだもんねー

ってことで、今日は小犬のワルツを弾いてみたわけだが、
表題のとおりの有様だったというわけさ。

指を鍛えなくちゃなあ・・・

どっとはれ。


 ←応援はこちら
 
関連記事
早っ
2012年01月21日 (土) | 編集 |
楽器店と書店をハシゴして見つからなかった楽譜。
密林で注文したら、1日半で届いたよ~
次からは最初からネット注文にしよっと。
送料無料だし(定額以上の場合ね)
DSCN6960.jpg


弾いてみたかったのはこちら。
DSCN6961.jpg
音符が混んでいないからといって、簡単なわけではないと思う。
特にこれ、見ただけでゲゲゲとなる跳躍がある。
その部分だけは暗譜が必須かもしれませんな。

これから譜読みです。
私の譜読みは、「最初から可能な限りの情報を読み取る」でして、
テンポと指使い以外は、できるだけ「曲らしく」弾くように心がけます。

テンポはともかく、指使いはなんでかというと、
10年以上も前になりますか、手の平(3の指の付け根付近)をケガして
右手は左手ほどに大きく開かなくなりました。
それとともに、2・3指の独立もちょっと怪しくなって。。。
んで、自分の弾きやすい指使いを工夫するようにしています。
もちろん弾き難いフレーズだけのことですが。

さて、では早速鳴らしてこよう。
あ、しまった。
記事を書き始める前に暖房つけとくんだった~~~


 ←応援はこちら
  
関連記事
「ブログをやってて良かったなと思ったことは?」
2012年01月20日 (金) | 編集 |
トラックバックテーマ:「ブログをやってて良かったなと思ったことは?」


そもそも文章を綴ることが好きじゃなかったら、
ブログなどやらないかもしれないのだけれども、
書くことは、より好きになったと思う。
それが、一番よかったこと。

あとはコミュニケーションですかね~
私はいわゆるLOMが多いので、
コメントを書き込むことは少ないほうかもしれない。
でも、どうでしょう、
読んだブログに必ずコメントする方もないと思うな。
自分で言うのもナンですが、
私ぐらいの頻度は、たぶん普通。
「必ずコメ」と「絶対コメなし」の中間にいるんだきっと。

で、たまにいただくコメントにレスしたり、
たまに書き込むコメントにレスをいただくのが嬉しい。
これが次のエントリを生み出す力の源になる。

ブログ村やBlogramに登録するのも、同じ理由かも。
クリックしてみた方はおわかりと思うけれども、
飛ばされた先にはたくさんのブログがあって、
たまに(ごめんなさい、たまーにです)面白いのがある。
そういった新しい「読みもの」に出会うのも、よかったことのひとつ。

始めたころ・・・もう10年以上前のことになるが、
「お、これはネタにしよう」
みたいに、ブログネタを探しながら生活していた時期もあった。
今は違いますよ。
日々是ネタだ。
どれを書かないでおくか、と考えてますよー


 ←応援はこちら
 
関連記事
1ヶ月ブリブリ
2012年01月19日 (木) | 編集 |
1ヶ月ぶりの球技指導、
わたしはやっぱり「辞めます」と言い出せませんでした。
ADHDの男の子も気になるしさ。

3月からの仕事は
1コマ4時間のシフト制になる可能性が強いので、
それならやれるんじゃない? ってことで
できるだけ早く年間24回の予定をいただくことにして、継続です。

今日もガッツリと『おどごわらし』たちを怒鳴りつけつつ、
1時間楽しく過ごしてまいりました。
さらっと汗をかくのも、この仕事のよいところなのです。
関連記事
寝た寝た
2012年01月19日 (木) | 編集 |
これでもかっというほど眠りました。
しょっちゅう目は覚めるのですが、
活発にアレコレってのはやはり無理だったようで、
球技指導に向かうギリギリまで。

途中、ふと目が覚めては「収穫」「植え付け」「写真整理」
っと、やるべきことをぷちぷちと片付けつつ、
いただいたお菓子などをいただきつつ。

あ。
いただきものの写真を撮るの、すっかり忘れていました。
もう袋を開けちゃったものがいくつかあるので、
不公平にならないように、どれも写真アップしません。

 「公平」についての考え方にツッコミ入れたい方もおいででしょうが、
 あくまでかふぇ婆スタンダードでここは押し通します。




その後、ある楽譜を探しに、お店のハシゴ。
目当ての楽譜は見つからず、代わりにちょっと気になった楽譜をお買い上げだ。

*****

今日のお買い物。

超有名なピアノ教本。
DSCN6956.jpg
私は今でも弾きます。
1番~20番までと、スケール・アルペジオ。
ハノン教本を「終わった」というのは不適切な表現で、
これはピアノを続ける限り、弾いてゆくべき本です。
・・・恩師の受け売りじゃがのう。


ただし、今日買ったのはこのサイズ。
DSCN6957.jpg
メモ帳ですね。

あとは、こちら。
DSCN6959.jpg
マリオと、携帯充電器のアダプタと、
東京横浜ハンドメイドショップガイド。


実は、明日もちょこっと東京へ行こうかなっと。
実際のところは、明日になってみてからのことになりますが、
日暮里以外にも布屋はあるでしょうということで。

ただ、明日は関東でも雪になるかもと聞きました。
だったら行かない。
帰ってこられなかったら困るもん。
明日の朝に決めます。


夜はピアノを2時間半(←この時間に心当たりのある方は多いかもしれぬ)
モーツァルトのソナタK.310、K.333、ベートーヴェンのソナタop.13、op.27-2
2楽章も好きなんですが、多声の弾き分けが難しいのです。
ピアノのコンディションがよくなくて、ピアニシモが歯抜けになっちゃう。

早くいい季節になるといいねえ。


 ←応援はこちら
  
関連記事
江戸オフ2日目
2012年01月18日 (水) | 編集 |
写真を選ぶのに苦労しました。
ナマおばの正面が写っていないほうが少なくて。
説明はほとんど必要なかろうと思いますが、
詳しくは各おばの日記でもごらんいただけます(と思います)

どうも納得できないんですが、
国会の周りをぐるぐる歩いて、中も歩いて、
本日の合計歩数(3DS調べ)4266歩って・・・
絶対に昨日より歩いてます!
おっきいバッグのほうに入れたから、感知しなかったのかにゃ~


私は写真にはできるだけ人を入れたいほうです。
これは、アマチュア写真家だった父の教えでもあります。

人が入らないように気をつけて、仲見世の賑わいが撮れるでしょうか。
国会議事堂の前に人が立ってこそ、
その大きさや奥行きが見て取れるのではないでしょうか。

ま、最後は「好き好き」なんでしょうけれども。

***

仲見世~
がっつり晴れてます。
修学旅行生が多かった。
DSCN6904.jpg

浅草寺~
この青空!
DSCN6909.jpg

もんじゃ~
見えている手は、右側はまっちゃん、
左側がしゃーりーちゃんです。
DSCN6926.jpg

国会議事堂~
もっと明るく写った絵もありましたが、
トワイライトっていう感じが出ているかなーと思って。
DSCN6946.jpg

このあと、東京駅で北へ西へ、それぞれの家へと解散。
お疲れ様、&ありがとうございました。

次ははとバスに乗りたいね~~


 ←応援はこちら
 
関連記事
東京ダヨおっかさん
2012年01月17日 (火) | 編集 |

盛岡駅
 ↓
東京駅
 ↓
巣鴨
 ↓
カレーうどん
 ↓
赤パンツ
 ↓
お茶タイム
 ↓
日暮里
 ↓
浅草
 ↓
ホテル
 ↓
充電
 ↓
東京タワー
 ↓
カツ丼
 ↓
ホテル
 ↓
現在に至る

7752歩というのは、ちょっと違う気がするんですが~

私ってば、3DSは持ってきたくせに、
「東京下町おさんぽマップ」を忘れてきたのでした。
強力なナビ様のおかげさまで、全く不自由はありませんでしたが。
関連記事
「あなたが一番集中しているとき」
2012年01月16日 (月) | 編集 |
トラックバックテーマ 第1353回「あなたが一番集中しているとき」


私は集中力あるほうだと思っていて、
もしかしたらそれは勘違いかもしれなくても、
よし今集中するぞっと思って集中すると、
集中できるんですねこれが。

日本語として変だったか。

集中したいときに集中できるっていうのは
ひとつの特技だと思います。

逆に・・・
集中できるくせに集中しないのは、
それはほんとうに興味のあることではない、または
あんまりやりたいことではない、または
実はそれを軽く見ている、だな。

せっかくの特技ではあるが、
集中力を大幅にダウンさせるものも多い。
たとえば、鼻をすする音。
鼾や鼻息。
ガムを噛む音。
大きすぎる、時計の音(今どき珍しいが)
頭痛。

集中力を高めるのは、
コーヒー。
静寂。
体調絶好調。


で、私が簡単に集中するのは
ブログを書く。
漢字パズルやる。
3DSやる。
ピアノ弾く。
編み物。
布仕事。
草取り。

です。
すぅ~~っと入り込みます。
時間を忘れます。
それもまた困るんですけど。


 ←応援はこちら
 
関連記事
1日が早ぇぇわ
2012年01月15日 (日) | 編集 |
本日、爺バンドの練習日。
朝から夕方まで。
でも、爺たちの集中が持たないので
30分吹いては15分休む、という
まったくヌルい練習形態である。
私の指は暖まる暇がない。

とはいえ、も少しで定演本番、
練習の内容には若干の「マジ」がマジり始めた。
 (きゃ~~~)

イントロだけ何度も練習~とか、
その程度ではあるが、
ただ、最初から最後までダーっと通すのよりは
若干、老いた脳ミソにも染み込むものが多かろう。

いやもう、ほんとうに、身につかないのですよ、驚くほど。
代表の方も団塊の世代つまりアラカンなのだが、
まあ、根気よく同じことを言い続ける。
注意を受ける側も負けず高齢なので、
いっつも新鮮な気持ちで聞いているんだと思う。
だって、先週の打ち合わせ・お約束ができてないもん。
毎週、改めて「こうしましょう」とやるんだもん。

私はまるで他人事のようにこうして書いておりますけれども
似たようなもんでございますよ。

そもそもピアノ譜ってとても不親切なので、
まず、どんな曲だっけ~~から始まるのだ。
よほどポピュラーな曲でもない限り、
すぐにメロディーが思い浮かばないのよ、とほほ。


不親切な楽譜の例
DSCN6854.jpg
弾けるかっ! ヾ(*`ω´*)


親切すぎる楽譜の例
DSCN6855.jpg
弾けるかっ! o(`ω´*)o


しかし、どちらも2月の定演で演るのである。
そしてもちろん、「それなりに~」弾くのであるよ。

ほほぅ、コレをいったいどのように弾くんだろうと興味がおありの方は、

 2月12日(日)盛岡市上田公民館 午後1時30分開演 入場無料

ですんで、どうぞ。
お帰りの際、アンケートにご協力いただきますと、
ちっちゃなプレゼントを差し上げております。
 (例年やってるから今年もやるでしょう)
 (ていうか、私の担当だ。やります、ハイ)


 ←応援はこちら
 
関連記事
あー1日終わってしもた
2012年01月14日 (土) | 編集 |
ピグライフのお庭の模様替えに午前中を費やしてしまい、
午後は午後で、新装成った庭で大江戸オフについて
しばし(1時間ぐらいでしたか)の間、ご相談をペチャクチャ。

夕方からは、近所の親戚宅で新築のお祝いパーティーがあり、
まるで早送りで見るDVDみたいな、
結局なにかしましたっけ、みたいな1日であったね。

せめても、今からちょっとだけ「チクチク」したいと思います。

***

現況。

DSCN6851.jpg

10万円貯まる貯金箱とかさ、そういうの売ってますけど
わざわざ買わなくたって、アクリルの入れ物なら
見えるし取り出すのも簡単だし、充分でしょ。

今回の江戸オフでは、これ使わなくともよさそう。
なので、このまま温存することにします。

***

明日は午前午後、バンド練習。
なかなかじっくりとモノ作りできませんねえ。
って、PCから離れりゃいいだけの話なんだが。


 ←応援はこちら
 
関連記事
新年は続くよ
2012年01月13日 (金) | 編集 |
まだまだ、今年初めてという集まりはいくつもある。
昨日のピアノサークルに続いて、
今日は文章サークル、じゃねく(←これは方言であろうか)、文章教室。

本来、午前中な私だけれども、
今日は午後の方たちのお顔を拝見してから帰ろうと、
ちーとばかりネバり腰を見せて居座ってきた。
残念ながら、おマゴ関連の忙しさで来られない方が2人。
それでも、久しぶり・・・1ヶ月ぶりに
気楽な会話を楽しんできた(本当はそういう集まりじゃありません)

私たちの作品もがっつりと添削していただきまして、はい。
ときどき、書けなかったんですけど来ましたーっていう方がおられる。
私も1度か2度、やっちまったことが・・・
しかしそれでも、たくさんのことを学べるのが、この教室である。

今ここで、具体的になんですかって聞かないでね。
それは人生の深遠であったり、人間関係の深遠であったり、
自分を磨くことの深遠であったりと、とにかく深くて遠いのだ!

落ち込むことがあったり、ちと疲れていたりしていても、
ここに来ると元気になれる。
実際にはなれなくても、なったような気になる。
あっけらかんと笑い飛ばしてくれる人、
ふんふんなるほどと相槌を打ってくれる人、
ご自分の経験と重ねてお話してくれる人。

そこに身を置いておくだけで嬉しいと感じる場所って、
そう多くないんじゃないでしょうか?

文章を書くこと、練り上げることを学ぶ場ではあるが、
プラスアルファが驚くほど多い場所だと思っている。
だから、作品が間に合わなくとも、足を運びたくなるのだ。

ちなみに今日は、手作り作品のヒントもいただいた。
さっそく、、、いや実際は江戸から帰ってからになるが、
こしぇ相方とも練ってみたいアイデアだった。

***

うん、やっぱり1時間でもいいから時間をつくって
日暮里には立ち寄ることにしよう。
トマト(っていう店)は無理でも、バティックだけはチェックしたい。

***

昨日作ったバッグ、絶対にちゃんと作り直すぞと思って
生地を探しにいきましたならば、もう売り切れていた。
そういえば、先週買った時点ですでに
これ以上は無理なんでない? というほど値下がりしていた。
あのあと一気に売れたに違いない。
下のほうから1枚だけ、ボンディング生地を探し出したが、
残念ながらカワイクナイ色だった。
色っていうか、ブラックジーンズね。だから無地。
これで自分のバッグを作る気にはなれんが、
最後の1枚を誰かに買われてしまうのも悔しい。
そういう買い方もアリだ、私にとっては。
人の好みって変わるから、
カワイクナイ(でも憎たらしいわけではない)ジーンズだって、
そのうち何か作りたくなるかもしれないじゃないですかー


 ←応援はこちら
 
関連記事