fc2ブログ
忘れてるし!
2012年02月29日 (水) | 編集 |
今日弾いたのは、

 ハノン 1~20 Es-Dur
     21~31 C-Dur

 チェルニー50番練習曲 28 27 13 11 8 2 24 32 33 48

 チェルニー30番練習曲 全部

 クーラウ ソナチネ Op.20-1 20-2 20-3
             Op.55-1 55-2 55-3

 クレメンティ ソナチネ Op.36-1 36-2 36-3 36-4 36-5 36-6

 ハイドン ソナタ Hob.ⅩⅤⅠ 35

 モーツァルト ソナタ K.545

 ベートーヴェン ソナタ Op.49-2 49-1

 デュセック ソナチネ Op.20-1


すんごくたくさんに見えますが、クーラウ以下すべて1楽章のみ。
要するに「ソナチネアルバム1」の、1番~17番てことよ。

今日はロマン派ひとっつもなし・・・
こんな日があってもいい。
それにしても、ソナチネアルバムの中には
つまんねぇ曲もあるね(面白く弾けないだけか)

そういえば、私はこの中の2曲しかレッスンしてもらっていません。
モーツァルトとベートーヴェンだけ。

私のお師匠さまの一門は、そんな感じだったかも。
発表会でもほとんどプログラムに載ることはなかったと思います。
ときどき3楽章のロンドかなんか、弾く子がいたくらいで。


ハノンの21~、ところどころ忘れていてんでした。
しばら~~く弾いていないから当然といえば当然。

もうほとんど使うこともないと思っていた本を引っ張り出して、
ひとつひとつ確認しながら弾いたのでした。
これ、続けて弾かないと身にならない(そういう弾きかただから)ので
数日間は続けて、覚えなおさなくては。

ハノンについては、講演できるくらい、いろいろ言いたいことがあります。
小出しに書くかもしれないけれど、めんどくさいから書かないかも。
何から書いたらよいかわからないから、書けないかも(講演できないじゃん)

  にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ 
関連記事
こあらリーグ冬-5
2012年02月29日 (水) | 編集 |
本日の成績。

ストライク  6   ←2ケタ欲しい
スペア   24

スプリット  7
スプリットメイク 2

ノーヘッド  5      ←これがイカン
オープンフレーム  11  ←ケシカラン

トータル 651(24)
アヴェレージ 162(6)
ハイゲーム  171(6)

10ピンタップ  4
10ピンクリア  2


レーンのせいとか、オイルのせいにする婆さんがいるんだが、
私はそれ、アジャスティング能力のなさを認めてるってことよね、と思う。
やはり、最大の敵は自分の中にあるナニカ、なのだ。

で、その後1ゲームだけ練習して、180、と(´;ω;`)

  にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
関連記事
「インターネットでなにをする時間が多い?」
2012年02月29日 (水) | 編集 |
トラックバックテーマ 第1383回「インターネットでなにをする時間が多い?」

寝ても醒めてもピグライフ!
pigg-life.jpg

ピグライフてのはね、
まずアメーバピグで自分のアバターを作り、
お庭を登録して、
お花を植えたり作物を育てたり、
お料理したりお裁縫したり、
おともだちと交流したりして楽しむ、仮想空間。

毎日、あるいは季節のクエストがあって、
それをクリアしながら、自分もレベルアップしてゆくという、
のめりこみ型の育成ゲームとでも申しましょうか。

 どこまでも「仮想」であるよって、
 アバターがちっとも似てねーじゃん、とか
 詐欺! とかいう非難は受け付けないよー


始めた当初は、仕組みがよくわからないこともあって、
コンナモノ。 と思っていたが、、、
気がつけば、リアルライフまで乗っ取られたのでは、
というほどの傾きっぷりだ。

5分で1個回復するスタミナは、上限30個。
これを越えた状態を私は「溢れた~」と表現している。
実にモッタイナイ行為なのである。
すまほ♪ にしてヨカタ~~~と、心から思った。
そう、すまほ♪ からだと、不自由ながらもINできるのである。

始めてまだ半年ほどなんだが、
これ、どこまでいけるんでしょうね。
飽きるってこともあるんだろうか。
ピグライフに夢中だったのに、
Wi-Fiの接続が悪くなって、
もう1週間も放置している知人がいる。
毎日毎日、ピグライフ日記を書いていたのに、
接続できないんだもん、パソコンで見るピグが好きなんだもん、と
すっぱり諦めている模様。

私がそんな状況になったら、
すまほ♪ を駆使して、なんとかして続けようとあがくだろうな。

インターネットでなにをする時間が多いか。
ピグライフ、でした。

ちなみに次点は、「ブログを書く」ですかねー
たいして時間かかんない。
ブログを書いている間に溜まるスタミナは2~3個ってところだ。
もっと吟味して、アップする前に一回読んで、直して、
とやったら、スタミナ4個分になるだろうか・・・

  にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
関連記事
本日、少なめ
2012年02月28日 (火) | 編集 |
今日のピアノさん。

 ハノン 1~20 D-Dur で
 スケール 全調
 チェルニー50番練習曲より 28、4、20、30、34、44、47、46、17、9
 バッハ フランス組曲5番より アルマンド、クーラント、ガボット、ブーレ、ジグ
     イタリア協奏曲 1、3楽章
 リスト 3つの演奏会用練習曲より 「ため息」
 モーツァルト ソナタ K.333 1楽章
 ドビュッシー アラベスク第1番
 ショパン ワルツ Op.69-1
 

2時間弱しか弾けなかったよ~~
昨日弾けなかったバッハを弾いたら、それだけで30分以上かかっちゃって。
イタリア協奏曲って、もっとサクッと弾けると思い込んでいた。
甘い甘い。

今日はベートーヴェンを弾けなかった。

  にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ 
関連記事
イヌは寒いの平気
2012年02月28日 (火) | 編集 |
普通は、ですね。
カジさんは寒すぎるのがダメみたいで、
(フッサフサの毛皮を着ているのに~)
家の中のほうが好き。

でも今日は、部屋の片づけを始めたために
ドアを開け放す必要があり、
外に出ていただきました。
もちろん、それなりの「鼻先ニンジン」は用意します。

ニンジン待ち。
ちなみに、カジさんの周りのフェンスは伊達じゃありません。
向こう側はワンフロア分、下がっています。
雪が積み上がって、同じぐらいの高さに見えているだけ。
DSCN7151.jpg

貰ったホイ。
ブタミミに次いで、大好物ナンバー2、ウシのヒヅメ。
DSCN7152.jpg
こうなるともう、カジさんは「アッチの世界」に行ってしまいます。
が、
「ステイ」と声を掛けると、ふとこちらを見て、
しょーがねーな、とばかりにヒヅメを離します。
たぶん、私の言うことしか聞かないと思う。
(かーちゃんは怖ぇのだ)

家に入ろうというところで、コレに気づきました。
DSCN7155.jpg
ガガイモさんの綿毛が、まだ鞘にくっついていたんですね~
って、今ごろ気づいたんか、一冬そのままだったろうに。

ちなみに、周辺に見えているトゲトゲはカラタチです。
アゲハご一行様のディナー食材でやんす。
これがあるために、ガガイモの蔓をきれいに取り除くのが難しい。
よって、放置。

綿毛を2つだけ外して、手の上に載せてみる。
ちょっとした風で、いやもう鼻息でも、飛んでしまうのを
ちょい待ち、ちょい待ち~~と宥めながら、撮影。
DSCN7156.jpg
ケセパ、ですな(リヴリーの飼い主様はご存知ですね)

そういえば、メンテ以降、マイルームのタブが表示されなくて
自分のシマ(この場合は島!)に行けません。
しかたがないからスマホからINして、エサやりだけしています。
ご用とお急ぎのない飼い主のみなさま、
今ならdoodoo拾い放題です(つд⊂)エーン

  にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
関連記事
「車での座席はどこが一番好き?」
2012年02月28日 (火) | 編集 |
トラックバックテーマ 第1382回「車での座席はどこが一番好き?」

運転席。
自分の運転じゃないと酔うから。

運転じゃないとしたら、助手席は好きじゃない。
不幸なことに、自分よりなめらかに運転する人を知らないから。

どうしても乗らなくちゃならないなら、後部座席で寝る。

  にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
関連記事
今日弾いたのは
2012年02月27日 (月) | 編集 |
順に、

ショパン ノクターン op.9-1 op.9-2
チェルニー50番練習曲 28、12、3、18、23、25、36、37、41、42
シューベルト アムプロムプチュ op.90-2、4、1、3
モーツァルト ソナタ K.333 全楽章
ドビュッシー アラベスク 1番
チャイコフスキー 12ヶ月より 11月「トロイカ」
ブラームス ラプソディー op.79-2
ショパン 小犬のワルツ 幻想即興曲
ベートーヴェン ソナタ「悲愴」 全楽章

ぜーんぶ、1回しか弾かない。
マトモに弾けるのはひとっつもありません。
どれも、止まり止まり、つっかえつっかえ、迷子迷子。

だからといって、練習するつもりもないんだわ~
そのうち、練習したくなるのを待っている。
きっと、このままじゃイカンと思う日が来る。
それは今日じゃなかっただけ。

あ。
バッハ弾いてない。
なんか足りないと思ったら、それか。

  にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
関連記事
まるっきりまだまだ
2012年02月27日 (月) | 編集 |
カジさんの下には、大型のプランターがあるんです。
野菜OKの、深いやつ。
それがすっぽりと隠れているんだもん。
DSCN7148.jpg
このあと、雪の深さを確かめようと、
膝上まで伸ばしてギュッと縛れる長靴を履いて
雪の中へ、いざ・・・

ずっぽりと埋まりました、両足とも。
長靴の上まで。
退散退散・・・ ((((´`)

この雪の下で、ホウレンソウが甘くなっているはずなんだけどなー


こちらは、玄関前のプランター。
「この子、おバカでさー、雪の中で咲くんだよね」
といいながら株分けしてもらったサクラソウは、
もう新しい葉をたくさん覗かせています。
蕾のモトも隠れているに違いない。
DSCN7150.jpg


昨日、カテゴリーの整理をしていて、
あ~菜園ネタがないよな~と思い(ここに引っ越したのが1月だから当然!)
無理矢理、書いてみたというわけだ。

ほんと、無理だった・・・

  にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
関連記事
片手練習ほどほどに
2012年02月26日 (日) | 編集 |
宿敵であるがゆえに、みっちみちと練習をし、
これを弾かない日はないというほど好きになった、
チェルニー50番練習曲の28番(の左手)

右手と合わせると弾けなくなることがわかった(今ごろか)
毎日、左手ばっかり練習していたせいだ。
暗譜するほど弾き込んだくせに、
右手を合わせると、意識が分散されるとみえて、
ミスタッチの連続(いやほんとに連続なんだわこれが)

こりゃーイカン。
まことに不本意ではあるが、
左手だけの練習は今までの半分ぐらいにして
その分、右手と合わせた練習を増やそう。
(全体の練習量を変えるつもりはないの)

今日はほかに、チェルニー50から3曲、
フランス組曲5番から、クーラントとジグ、
モーツァルト、ベートーヴェンのソナタ数曲、
ドビュッシーのアラベスク1番、
ショパンの小犬ちゃんと、ノクターンOp.9-1

っという遊びっぷりでございました。

  にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
関連記事
ケツイ
2012年02月26日 (日) | 編集 |
25個ルール (うろ覚え)

 今すぐ、目の前にあるものを25個片付けなさい。
 本を1冊、棚に戻すのも、ゴミをつまんでゴミ箱に入れるのも
 1つとカウントします



ひと通り、部屋の中の片付けが終わって以来、
封印してきたこのルール。

再開します。
つか、再開せねばならん。
私の部屋は、半年で
「部屋全体がゴミ箱♪」となってしまった。
 (なぜに♪をつけたいか。せめてもの、ナニカだ)

では今から今日の分をやっつけます。
たぶん5分で25個いきます。
たとえば、布を畳んで戻すだけでも
軽くクリアできると思う(どんだけ~~)

結果発表はしませんので悪しからず。

  にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
関連記事
コテンコテン
2012年02月25日 (土) | 編集 |
古典。

バッハモーツァルトベートーヴェン。

昨日弾けなかった分、弾きたおしたっ!

バッハは3声のシンフォニア全15曲。
モーツァルトのソナタをふたーつみっつ。
ベートーヴェンのソナタもふたーつみっつ。
うち、ベートーヴェンはテンペストの1楽章を
前よりちょっとていねいに。

一般に腕の交差がある曲は苦手っす。
腕周辺の肉に妨げられているんだと思う。
ソナタ悲愴の3楽章にも交差があるけれど、
あれはなぜかできるんだよね~
先入観が邪魔しているだけなのかも。

今日はピアノの3D(左から3つ目のレ)のアクションが悪くて、
押せど戻らず・・・すんごく使う音なのに~~
もう今日は終わりっていう、最後の30分ぐらいで戻った。

湿気のせいということはわかっているのだけれども、
わが家の暖房事情を、そう簡単に変えることもできない。
来シーズンは絶対にエアコン入れるんだい!!
家のアンペア数を替えないと、絶対に無理なんだけど。

*****

ちと用事があって、日中はずっとパソコン前。
でも、チラホラとデスク周りを片付けたり、
コタツ布団を片付けたりしていた。
 (だって、コタツとして使わないもん)
 (つまりコタツはただのテーブル)

1箇所片付くと、その近くも片付けたくなり、
そうやって片付け範囲はじわじわと広がる。
囲碁や将棋と同じかな。
最初の一手をどこに置くか。

オシゴトが本格的に始まる前に、
少しは動きやすい部屋にしておきたい。
ま、オシゴトとは関係なくて、
気分を新たにするっていう意味ね。

  にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
関連記事
☆☆☆です!
2012年02月24日 (金) | 編集 |
タイトルは、伏字ではありません。
「ほし、みっつです!」と読みますの。

三ツ星だったのはこちら。
DSC_0160.jpg

南昌荘でいただいた、お汁粉です。
小豆のツブツブが立っていて、甘みも上品。
お餅は食べ応えのある丸もちが2個。
これだけでもう、持参したおにぎりがいらないほど、
ほどよくお腹が満ちてしまったのでした。

手間がかかってたいへんなので、
家では買った餡を使うけれど、
やはり、手をかけて時間をかけて、
ゆっくり煮た小豆には適わない!

う~ん、夜中のお饅頭もいいけれど、
昼のお汁粉もなかなかだったなあ。

箸置きのツルさんも、かわいいですね。
こりゃ面白い、と家に持ち帰りました。
研究して、自分で折れたらいいなあ~

*****

本日のピアノメニュー

チェルニー40番練習曲を、全曲。
バッハインヴェンション2声の全15曲。
ショパン「子守歌」

ベートーヴェンもモーツァルトも弾けなかった・・・

  にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
関連記事
「新刊が出たら必ず買っちゃう漫画は?」
2012年02月24日 (金) | 編集 |
トラックバックテーマ 第1381回「新刊が出たら必ず買っちゃう漫画は?」

「あさりちゃん」
「くるねこ」
「とりぱん」
「テルマエ・ロマエ」

今はこれだけ。
関連記事
ピアノカフェ
2012年02月23日 (木) | 編集 |
とにかく、順に、延々と、弾きまくるという会。
お茶をいただきながら、
そして今日はなんと、
玄米カレーのランチつき(あ~写真忘れた)

弾くことそのものを純粋に楽しむ会なので、
つっかえたり止まったり弾きなおしたり、
そりゃあもう、家で勝手に弾いている感じに近い。

メンバー同士の会話が進むにつれ、
緊張もほぐれて、ますます間違いが怖くなくなる!

こちら、メンバーのNさん(いや、Fさんかな)
DSCN7146.jpg

私はといえば、生まれて初めて(だと思うぞ)
チェルニーの練習曲を弾いて拍手を貰った。
単調だとか、機械的だとか、
そういう印象を持たれがちなチェルニーの練習曲ですが、
曲の持つ魅力を引き出す楽しみってのがあるんですよね~

私はチェルニー擁護派というか、絶賛派なので♪

次回は、来週。

ベートーヴェンのソナタ「テンペスト」の楽譜を持ってこられた方がいた。
私はあれ、先入観みたいなのがあって
「有名すぎる」「後期だし難しい」っていうんで
手をつけていないです。
けど、今日はちょっとやってみようかなっていう気になったデスよ。
楽譜は持ってる。春秋社だけど。

こうして次々いろんな曲に手を出して、
結局なにもモノにならないという、いつものパターンだな~
でも、チェルニーはコツコツと弾いているから、まいっかー

  にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
関連記事
ブロックで弾くのが難しい
2012年02月22日 (水) | 編集 |
本日のピアノメニュー(の一部)

えーっと・・・(もう忘れかけている。短期記憶~~~)
練習したのはフランス組曲5番ジグ。
それ以外は1回ずつしか弾かない(いつもの通りね)
どんなにつっかえても、そこを練習したりなんか、、、
(だからいつまでも弾けないままなのだが)

これこれこれ!
この左手がキツいのよ~~
手が固まって動かなくなる~~
DSCN7145.jpg
リスト 3つの演奏会用練習曲より『ため息』 の一部

この部分がやっとこさ終わったと思ったら、
また超難関がいくつも出てくる(写真を撮る気にもなれん)
まったくぅ~~(`・ω・´)pブーブーブー
(己の技術のなさを嘆いているのよ、曲の難しさに文句いってんじゃなくて)

あ~、今日はベートーヴェン弾かなかったなー
なんか、ゴメンナサイな気持ちになるのは何故だろう。
関連記事
敵はここにいる
2012年02月22日 (水) | 編集 |
以前にも書いたが、ボウリングはメンタル占める割合が多いスポーツです。
今日の私は、まさしく
 敵は己自身のなかにある
でしたよー(つω`、哀)

10ピンタップをきれいにクリアする技術はある。
どこに立って、どこを通して、どういう手の向きで・・・
ところが、頭で考えていることを、カラダは具現化してくれないの。
何かどこか、いくばくか、不要な力が入っている。
あるいは、必要な力が入っていない。

*****

こんな、ねえ。
毎回おんなじような反省の弁だなんて。
ほんとは、ひとっつも反省などしていなくて、
なるようにしかならないじゃん! っと思っているんじゃ?
と思われても仕方がないほどの、進歩のなさ。

しかし今日は、ほどよくいい汗をかいたなあ。
これはボウリングをやる目的のひとつでもあり、
全く汗をかかずに涼しい顔のまま終わるよりは
ちょっと上気して汗かくくらいでちょうどよい。
ほんの少し、息も切らせるようだと理想的だけれど、
ボウリングやって、肩で息するなんて、ないないないない。
関連記事
ネコの日ですね
2012年02月22日 (水) | 編集 |
2月22日なので、ペケちんの写真を撮ってみました。
(mixiのと同じでーす)

ベートーヴェンのニオイを検分するペケちん。
DSCN7140.jpg

ラフマニノフの香りを堪能するペケちん。
DSCN7139.jpg

〇ちゃんと、ぽんちゃんは
カメラを構えるとそっぽ向くので、写真撮れない~
両名とも元気であります。
ぽんちゃんはヒートなので夜中にうるさい。
これも、春を告げる風物といえないこともないですね。

*****

3月から始めるオシゴトに、こしぇ相方を引っ張り込んじゃった。
これは楽しいことになるよきっと。
オシゴトそのものは、ちょっとキツいのだけれども。


  にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ  
関連記事
音跳び苦手!
2012年02月21日 (火) | 編集 |
さわさわと寒気があるんですが、
熱はあんまり上がらないみたいで・・・

熱がガーッと上がったら、病院だ~と思い、
バンドの練習を欠席する連絡を入れて。
とりあえずお昼寝してみることに。

起きたら夕方でした(;´▽`A``
これ以上熱も上がらない感じなので、
このまま家の中でぬくぬくと過ごすことにしたわけ。

夜になっても、さわさわ感は抜けません。
が、熱も上がりません。
37度をキープしたまま。
これは、がっつり眠れば治るパターンかな。

*****

目下の懸案

こういうの、不得意なんスよ~
手の柔軟性がないもんですから。
必ず、外します(自信たっぷりに書くことじゃないが)
DSCN7136.jpg
(ショパン子守歌)

そして、これ。
弾けるかこんなのヽ(`Д´)ノ
DSCN7137.jpg
(ベートーヴェンソナタ「月光」第三楽章)


覚えたつもりの、宿敵28番は
今日弾いたら、何箇所かわかんなくなってました。
ま、そんなもんです。

短期記憶がヤバくなるのは、年齢のせいかもよー


なんでもそうなんですが、
「ちゃんと弾く」のって難しい。
それがたとえ、ブルグミュラー25練習曲であっても。

イメージ通りの音が出ているかどうか。
いえ、正確には、イメージ通りの音を出せているか。
そもそも、なにかをイメージして弾いているかどうか。
そしてその表現は適切かどうか。
(イメージしたものが適切かどうかってのもあるかなー)

ピアノを弾くことは、要するにパフォーマンスなので、
何かが伝わらなかったら、つまんないでしょう。

ってなことを、私は考えながら弾いています。
今は亡きお師匠がね、
それがたとえ間違いであっても、
何も表現しないよりはずーっとずっといい!
と力説しておられました。

音符を鍵盤上に置き換えるだけの弾き方は
断じてすまいと、常日頃心がけています。
それがたとえハノンであっても。


ハノンといえば、今日久しぶりに
ハノン1~20をノンストップで弾きました。
C-Dur なので、さらさらさら~~っと。
どこかのタイミングで楽譜を取りに行かなくてはならないのではと、
番号が進むごとにドキドキしながら・・・
でも、なんとか通せました。
覚えていた自分にびっくり。
(ほら、昔のことは覚えている・・・(´・ω・`)ヤバ?)

  にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ  
関連記事
女の履歴書
2012年02月20日 (月) | 編集 |
「女の」とか「大人の」を頭につけると、
とたんに妖しい雰囲気が漂ってくるものですが、
今日は違います(いつも違いますと言え)

何年ぶりだろう、履歴書を書いたのです。
3月から始めるオシゴトの、今日は説明会がありました。
そこに持参するものとして、
簡単な履歴書、そして職員名簿(え?)

単純に、ナニソレと思った職員名簿は、
メールに添付されてきたデータを開いて納得。
これを綴じればそのまんま職員名簿になるってことか。
利用する金融機関と、口座番号などを書く欄もあり、
一般の就職と違って、採用不採用どっちかなドキドキ、
っていうのはないんでした。

履歴書も「簡単でよい」とのことなので、
学歴は高校と大学の卒業年月だけ。
職歴は・・・迷った末に、
小学校勤務のほかに、コープスクール算数講師と、
きゃ~~、恥ずかしながらピアノ講師も書いちゃった。
面目ねぇ。

ほかに、免許等。
小学校と幼稚園の教諭免許を持っておるデスよ。
そういえば、教員免許更新制って、結局どう決着したんでした?
もしかして、私の免許はすでに失効している、とか?
政権が変われば復活する、とか?
よくわからないので、知らない振りして書いておく、と。
あとは運転免許ね。
「優良」って書き足したい気持ちが満々なのですが、
まあこれは運不運も大きく絡むので、スルー。


本来なら、先週のうちに終わっているはずの説明会でした。
その前日夜、ゴキゲンでピアノを弾いているときに
いきなり電話がかかってきましてね。
スマホに、ってことは知り合いのはず、、、
あれれ、でも名前が表示されない。
直近に知り合った方かな、と思って出てみると、
ビンゴ。オシゴトの方。

用件は、すみません明日の説明会は延期なんですが
代わりの日は日曜と月曜のどちらがよろしいでしょうか、でした。

もちろん、なんで、という理由もつけての延期ではありましたが、
え~~、前日かよ~~(当日じゃないだけマシ、という見方もある)


そもそも、前述の添付つきメールは
登録したアドレスからではなかったため、
セキュリティをキツめにしてあるメーラーは
迷いなく「削除済みアイテム」へと振り分けてくれたのです。

何か間違って大事なメールが振り分けられている可能性もなくはないので、
完全に削除する前に件名を確認することにしておいてよかった。
件名には、「〇〇説明会のお知らせ」とありました。
差出人は面識もなく、紹介されたこともない方(記憶がないだけかも)
慌てて、メッセージからルールを作るタブをクリックし、
その方から届くメールを指定のフォルダに移動させるルールを作って、安堵。


なーんていう経緯がござんしてね、
うっすらと、ではありますが、
「ダイジョブだろうかこのオシゴト」という疑念が
ほんのちょっと、手の平に乗ったワタアメぐらいに
もこっと浮かんできてしまったのでした。

結果的には、簡単ではあるものの、説明を受け、
集まった方たちで自己紹介をし合い、
しばし雑談などしてみたり、シフト表を確認したり、
どうやらちゃんと動き出せそうな感じ。

オシゴトの内容を詳しく書くわけにはいかないんですが、
近々おこなわれる研修会をUstできっちり学ぼうと思います。
DVDも作るらしいので、確実に勉強できそうだ。


履歴書、お渡ししてきました。
「簡単でいいとのことだったので、白い部分が多いですけど」
それでOKでございました、よかったよかった。

*****

ピアノタイムが短くて、ちーとばかり空腹感。
ま、仕方ないです、こういう日もあるってことで。

宿敵28番と、平均律3番。
ベートーヴェンソナタ田園
ショパン子守歌(譜読みで挫けた)
ほか。


  にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
関連記事
たぶん姿勢のせい
2012年02月19日 (日) | 編集 |
腰の左側が痛苦しい。

やっぱ、足を組んでピアノ弾くの、ダメだね~
わかっちゃいるんだが、つい。

ときどき足の組み換えもする。
ペダルは両足とも踏めますのよわたし。

ただ、ウナコルダは無理ね。
そういうときは足を組まないか、
ペダルを踏まないからいいんだけど。

*****

体調ついでに。
どうも夕方から喉が痛い。
目の奥も苦しい。
さては、と思って熱を測ると、
う~む、微熱程度だなあ。

けど、寒気があるので
これから上がってくるのかも。。。
やだね。

*****

ピアノの前に座って、無意識に弾き始めたのは
チェルニー50番練習曲の「大好きな宿敵(←格上げ)」の28番。
それも、左手だけ、トテトテパタパタと。

なんやら、拘ってこればっか弾いているうちに
50代半ばにして、暗譜できちゃったみたいでさ。
楽譜を開く前にさ~っと最後まで通せたことに
自分で「およよ」となったのだった。
もちろん、随所で立ち止まりながらだ。

人生においても、ふと立ち止まることは大事です。
ピアノもまた、然り<(`・∀・´)> (←ぜってー違!)

もしや私は、28番をモノにしつつあるんじゃないだろうか。
そーんな妄想が、ぽっぽと浮かぶですよ。

考えてみたら、私は左手大活躍の曲が好きだ。
うーんとよく考えてみたら、左手のほうがヘンな癖がない。
もっともーっと考えてみたら、左手のほうが柔軟だ。

でも私は右利き。
なんだろうな、左手をいっぱい動かす曲を弾くことで、
「私は~左手を~~自在に~~操っている~るるる~♪」
っちゅう気分になれて、嬉しいんだろうね。
単純だ私って。

実際には右手のほうが言うこと聞かないヤツらだ。
最も悪いのは2の指だ。
3の指はまあ、仕方がない(怪我の後遺症ね)
4の指はスベるし、5の指は短い(←それ、普通だ)
1の指はどうかというと、ああ、一番マトモかもしれない。

でも全体として、アカンですよ右手は。
こやつらを今一度鍛えなおすには。。。
っと考えると、今の私にはもう時間が足りないかもしれない。

どっちかというと、残された時間のほうが少なくなってきている今、
やれる範囲のことから大きくハミ出るのは、冒険が過ぎる。
向上心がないわけじゃないのよ。
各方面と相談して、「いい塩梅に」ってことよ。

いろんな曲を、脈絡なしに次から次へ弾き散らかすのも楽しい。
昨日や今日のように、宿敵28番に時間をかけるのもまた、
自分の集中力を試しているようで、面白い。

若いころと違って、
「明らかに、できるようになりました!」っていう実感が
とーても薄いというか、ほとんどないというか。
そういった不安不満ガッカリ感はあるものの、
1週間1ヶ月の単位で考えたら、
少なくとも1ヶ月前よりは弾けてるぞ自分、って思える。
そこに気づくだけでも、毎日弾く甲斐はあるよね。

  にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ  
関連記事
好きなんだけどぉ~
2012年02月18日 (土) | 編集 |
っチャッチャッチャ!

と、合いの手を入れずにはいられなかった方。
同年代に違いありますまい。

*****

バッハ平均律第一巻の中で、最も好きな曲。
の、プレリュード。
ひとことで言うなら、「華」ですね。
中華のほうじゃなく。

ところがこの曲、弾き手を阻む仕掛けがあるのです。
そう簡単には弾かせないわよ<(`^´)>
っという感じ。

DSCN7132.jpg

フラット好きな私としては、いっそDes dur に書き換えたいくらいだ。

けど、好きなの。
好きだから何度でも弾きたい。
弾いているうちに覚えますな。
ところが、弾かないでいるうちに忘れる。
それでも、好きなことは変わらないので、
たまーに引っ張り出して弾きたい。
するとまた、「えーっとこれは・・・」から始まり、
まともに弾けるようになるまで何日もかかる。
(すみませんうそです、何週間も、です)

バッハの曲は、暗譜してからが本当の勉強だそうです。
(言ったのは恩師ですが~)
つまり私は、なにひとつ、ちゃんと勉強してないっちゅうことね。
面目ないっすね。

しかし、今となっては。
娯楽オンリーってことで弾いておりますゆえ、
たとえ1小節に十回弾き直しがあろうと、
弾いている時間が楽しければそれでイイノダ。

フーガも好きです。
ページめくりがあるのは気に入らないが、
好きな曲が短いのも悲しいから、
ま、そこは一長一短、楽あれば苦あり。

上品に弾くのは難しいね。
3声だから、それほど複雑じゃないんだけど。

*****

今日はチェルニー50番練習曲の、
宿敵28番に、たくさんの時間を割きました。
すんごくゆっくり、ハエが停まるほど(←お気に入りの表現よ♪)の速さで。

でも、できない。
年いってから弾く人の厚い壁だそうですね。
難しいところでも、難しくないところでも、つっかえる。
毎回違うところで、引っかかる。
そういうドツボにはまっておりますわたし。

でもいいの。
誰に合格もらうわけじゃなし。
弾けるようになったら嬉しいから、練習してるんだもん。
明日になると、また弾けなくなっているけれど、
それでも毎日1ミリぐらい、できるところが増えているんじゃないかな。
っと、楽観しておりますよ。

宿敵といいつつ、実は好きなんだこの曲。
そうでなければ、毎日弾きたいなんて思わない。

たとえば同じチェルニー50の、15番を
毎日弾きたい♪ とは絶対に思わない。
昔は得意だったタイプの曲ね。
今、手がそこまで自由にならないので
苦手な曲になっちまった。

最近、60歳になったらピアノの弾き方が変わっているかな
なーんて、ちょっと思うけれど、
60歳には60歳の表現てものがあろうから、
それはそれで楽しみな気もしますねー

  にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ  
関連記事
【追記あり】マイミクのみなさま
2012年02月18日 (土) | 編集 |
わたくしのすまほんの待ち受け画面です。
拡大すると読めるように、
「表示できる写真がありません」
と、冷たく言い放たれておるわけです。

DSCN7117.jpg

かぁいそーだと思いませんか?

すまほんの壁紙を、「くるくるmixiフォト」にしております。
友人がmixiフォトに投稿した写真を次々に見せてくれるんです。
画面小さいけど、なんとなく華やかになります。
クリスマスごろは、カラフルな靴下で埋め尽くされたものです。

おそらく最近1週間、どなたも写真をアップしておられない。
すると、このような寒々しい画面になってしまうわけだよ。

この状態を気の毒に思われる、心優しいかた。
飼い犬の写真でも、最近キレイにしたネイルの写真でも、
これから食べようとしているケーキの写真でも、
何か撮って載せてくださいよー

これ、自分の写真は表示されないんですよ。
あくまで、「マイミクの写真」なんで。

私もたまにはカジさんの写真でも撮ってみようかなあ。
盛岡は今朝もまた雪が降りましたが、
雪景色なんてのはもう、お腹一杯でしょうか・・・


@@@@@@@@

早速、画像アップされました。
これが、本来あらまほしき、すまほんの姿です。
DSCN7120.jpg

いや~、ほっとしますねえ。
反応してくださいまして、ありがとうございました。

私も今日のうちに何か写真を撮る~~


 にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
関連記事
肘が痛いのだ
2012年02月17日 (金) | 編集 |
テニス肘ならぬ、ピアノ肘?

肘が痛くなるってのは、一般には、弾きかたが悪いから。
あるいは、急に長時間弾いたとか、椅子の高さが合わないとか。

私の場合は全部だなー
力を抜く弾きかたを忘れていると思う。
無茶な指使いをしてたかも。
一旦、どれもこれもテンポを落として弾いて、
どういう動きのときに痛いと感じるか、確認しなくては。

*****

ベートーヴェンのソナタ「月光」の3楽章を弾いてみた。
オ、オクターブでトリルかい。
はぁびっくりした。
昔だったら弾いちゃってただろうな。
今、というか、今日はできんかった。
練習したらできるってなもんでもなさそうだなあ。

*****

なにしろ、なにしろ、ピアノ・ピアニシモが面白いように出せる。
ウナコルダもギシギシ言わない。
フォルテやフォルテシモも、やかましくない。
ところどころ、「ん?」と思う響きの音があるが、
弾き方の問題かもしれない。
いつも必ず「ん?」でもないので。

やはり、あまり日を置かずに、また調律すべきかもしれない。

*****

2月のピアノサークル2回目。
よかった・・・今日は「おひとりさま」じゃない。
一人で延々と弾くのは、家でできるもんね。
ひとの演奏を聴いたり、
ちょっぴり緊張感を持って、ひとまえで演奏したり、
そういう機会がほしかったわけだから。

ピアノサークルでは今、「小犬のワルツ」が大流行だ。
知っている範囲だけでも、私を含めて4人が挑戦している。
まだ増えるかもしれない。
「小犬のワルツ縛り」の日があったら面白いかもね。

*****

今日もチェルニー40番練習曲を全部。
途中で来客があったりしたので、
合計でどれくらいの時間がかかったかは不明。
たぶん、いつもとたいして変わりはないはず。
だって、速く弾けるようになった曲なんかないもん。

27番って、私にとってはすんごく弾き難い曲だが、
現役時代はたぶん1発合格だったと記憶している。
なんせ、好きじゃないタイプの曲なので、
練習も最小限というか、ほとんどせずに
集中力のみでレッスンを乗り切ったような気がする。

何を言いたいかというとですね、
当時あまり練習しなかった曲って、
あまり難しい曲でもないのに、今弾けないの。
逆に、あら不思議~、私コレ弾けちゃうのね♪
っていう曲や、そういう部分があったりする。
しちめんどくさいフレーズほど、熱心に練習した時期もあったのだ。

当時の自分に、「よくやっといてくれた!」と
労いの言葉をかけてやりたい。
今、楽しんで弾けるのは、あのころの私のおかげ。


 にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ  
関連記事
捨てたもんじゃない
2012年02月16日 (木) | 編集 |
私の手。
ていうか、指。

右の手の平をざっくりと割る怪我をして以来、
手の開きと、3指と4指の独立は大変悪くなった。
傷は3指の付け根から斜めに外側へ約2.5㎝。

時間外で飛び込んだ病院には
そのとき外科医が不在で、処置したのは内科医だった。
看護師もいなくて(信じられない・・・)
 (今、その病院は取り壊され、葬祭会館になっている!)
自分で自分の手をがっちりと押さえている間に、
医師が消毒して麻酔して縫合した。

翌日からは、外科医に予後を診ていただいたわけだが、
「神経が傷ついていなくてよかった・・・。
 ギリギリの、危ない場所だったんだよね」

ひえぇ・・・
するってぇと、今こうして普通に右手が使えるのって、
超超、超ラッキッキだったってことだよ。

手が開かないだの、指の独立だの、
そんな贅沢なこと言えなかったかもしれんのよ。

しかし、手はちゃんと治った。
傷口が引き攣るから、開かないのだし、独立性が悪いのだ。
それでも、動くことは動く。
今までよりもウォームアップに時間がかかるけれども、
充分に暖めてやれば、速さもなんとか。
少しずつではあるが、滑らかさも出てきた。

そこに持ってきて、表現力を取り戻したピアノ、なのですよ。
こりゃあしばらく、ピアノ漬けな日々になるのは仕方がないっしょ。

ちょっとがんばれば、以前の8割ぐらいでも、弾けるようになるかも。
まだまだ、諦めちゃあいけない。


憑き物が落ちたみたいに、ミシンから離れているこのごろだけれども、
今日は久しぶりにガタクタと動かした。
これを作るために。
DSCN7112.jpg
 (ひぃぃ~、後ろの壁紙が剥がれているッ・・・)

ピアノ椅子の、クッションね。
今まで、ホームセンターかどっかで買ったやっすいやつ使ってたから。
もう、中の綿が片寄ってしまっていたのだが、
使えるからいいやーっと、そのままにしていたのだった。
でもね、間違いなく、ピアノ時間が長くなるはずなので。

*****

チェルニー40番練習曲、全曲演奏に1時間15分。
ちょっと短縮したかねー。
いやべつに、タイムトライアルとかやってるわけじゃないし、
間違えようが引っかかろうが平気で弾き飛ばしているので、
演奏のクオリティはかなり、、、いやもう、笑っちゃうくらいに、低い。
けど、目的は「手慣らし」なので、いーのだ。

ついでにチェルニー30番練習曲も全曲、かっ飛ばしてみた。
ブルグミュラー25練習曲も、大人弾き(おもしれー)

そのほか、あれこれ、それこれ、全部1回しか弾かない。
練習じゃないもん♪
遊んでるんだもんんんん♪

*****

私のピアノを調律してくださった、神の手ブログ ⇒ 《ピアノモードの調律師ブログ


 にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
関連記事
さあ、みなさまご一緒に
2012年02月15日 (水) | 編集 |
バンザイ三唱いたしませう。
\(~o~)/ ばんざーい、ばんざーーーい、ばんじゃ~~~いっ!

ウチのピアノはよいピアノ~~♪
に、なりました。

信じらんない。
ピアニシモがちゃんとピアニシモなんですよ~~

今まで、ギンギンと高鳴りする上に
キーアクションが重くて重くて、
鳴りそこないが多かった、ピアノ&ピアニシモ。
たとえば、
DSCN7110.jpg

ピアノのせいばかりじゃない、自分の技術が落ちたんだ・・・
そう思ってガックリと項垂れておりましたところ、
そうでもなかったことが判明。

いっくらでも小さい音にできるじゃ~~ん!
やっぱり調律って大事だ。。。大事ですよ!

そして、全体にギラギラしていた音が、ふわりソフトに。
フェルトに「秘密の小細工」をしてくださったらしい。
剣山みたいなやつでサクっと、でしょう?

耳に襲いかかるような衝撃音が消え、
「ポーン」じゃなくて「コーン」という音になった。
こっ、この音なら・・・
ベートーヴェンのソナタ「田園」を弾いてみたくなったぞ。
これね。
DSCN7111.jpg

左手で弾くオスティナート、
「でんでんでんでんでんでんでん・・・」
延々とでんでんやるから「でんえん」ではないからね(あ、もしやスベったか?)

以前のピアノだったら、この同音連打がきたなくなること必至で、
最初っからこんな曲できるわけないし~、と思っていた。
今のおピアノ様なら、きれいに響くに違いない。

ほかにも、それはそれはたくさんの、細かい点を調整していただいた。
繰り返しになるが、調律したほかに
 ☆ピアニシモが出せる
 ☆アクションがなめらかになった
 ☆音がやわらかくなった
 ☆タッチが軽くなった
 ☆低音のひずみがなくなった
 ☆内部がきれいになった
 
まるで新しいピアノのような錯覚。
長いこと放置していたので、どうしても限界があって、
と、調律の方はおっしゃるが、
そりゃもう、折込済みというか、想定しておりましたんで。

あとは、弾き込んでゆくうちに、
またどこか緩んだり、ひずんだり、共鳴したり、、、
そういうところをチェックしておいて、次の機会に伝えればよいのですね。

*****

まるまる4時間の重労働、うち前半の2時間は「お掃除」
鍵盤を外しては掃除、外してはまた掃除・・・
DSCN7107.jpg

で、こうなりましたー
DSCN7109.jpg

もう、ネコが中で寝ているなんてことはなくなったので
(信じられないでしょーが、ほんとーにあった怖い話ですー)
これからは、汚れといっても、自然に積もるホコリぐらいだと思う。
せいぜいお手入れをして、大事にしますわ~~

そしてできる限り毎日弾いて差し上げなくてはね。

そうだ・・・
ロケタッチの「ピアノちゃん」を「おピアノさま」に改名しておこう。
尊重する気持ちを、態度で表すのよっ!!


関連記事
発掘したので
2012年02月14日 (火) | 編集 |
今日のおピアノ。

久しぶりにメトロノームなんぞを探し出してきて、
四分音符=72 に合わせてピシピシと弾く。
その後、1目盛り分速めては弾き、速めては弾き、
5回ってことは、四分音符=84 までいったかな。

弾いたのはチェルニー50番練習曲の、3番ね。
ろくに弾けないくせに、テンポを出したくなる曲。
弾き進むにつれ、ほころび始め、やがて破綻するのに。

メトロノームに合わせるのって、意外に難しい。
自分がどこで走りたくなるか、くっきりとわかる。

しかし、ですね。
以前よりも合わせやすくなったような気がするんですケド。
走り気味になってあわてて戻したり、
遅れそうになって、転げながら追いつこうとしたり、
ってことが全くなかった。
不思議だ。
なんで?
年を取ると、メトロノームまで手懐けてしまうのか?


ほかにも、のんびりゆっくり、たくさん弾きましたわ~~
関連記事
長いなっがい電話
2012年02月14日 (火) | 編集 |
定演の感想を言いたくてやね。

と、その電話は始まった。

今までで一番よかったやないか、
マイクもよく音を拾てたしな、
なにより楽しそうやったんが伝わったでぇ。


流暢な大阪弁は、なかなか止まらない。

それに引き換え・・・

う、始まったな。
ここから先は、「誰にも言うな」とのことなので書かないが、
要は、バンド内がゴタゴタしている、と。
私が、半年間の休会の末、3月に辞めたバンドである。

やっぱりね。
そんなこったろうと思ったよ。
しかし、その方は、

なんとかリカバリショットを打とう思てんねん。

爺バンドでも経験したぐっちゃぐちゃと似たような話。
その中心にいたのも、同じご夫婦だ。
落ち着くのに1年ぐらいかかったよ、と話すと、
それで勇気を貰ったという。

そう簡単には片付かんのやな、やっぱり1年はかかるんやね。

年の功の出る幕だ。
年寄り風を吹かせて、がんばっていただきたい。

寒い廊下で1時間ちょっと。
自室なら2~3時間はへーきで話すんだけどね。



 
関連記事
ペパーミントリーグ再開
2012年02月13日 (月) | 編集 |
新しいシリーズが始まった。
1回4ゲームで、全10回、ハンデ戦。

その1回目は、この結果で
ハンデを計算することになっている。
できれば4ゲームで680ポイント、
アヴェレージで170を確保しておきたいところ。

んで、今日のスコアは681、ってことは・・・
ギリッギリで170を確保することができた。

しかし、落ちるのはあっという間だぞ。

*****

昨日いただいたお花は、
ステージのライトに照らされて、
すっかり開花し、くったりとしてしまった。
そこで、ピアノの部屋に置きましたよ。
DSCN7106.jpg

弾かないときは寒いので、
たぶん長持ちするんじゃないかと思うんだ♪

関連記事
「春までにやっておきたいこと」
2012年02月13日 (月) | 編集 |
トラックバックテーマ 第1373回「春までにやっておきたいこと」


いくつかあるうちのひとつは、明後日に終わる予定。
問題はそれ以外であります。

マジで困っています。
私の身に降りかかった、大問題。
薄着の季節になる前に、なんとかせねば。

部屋も、また散らばってきました。
これは大問題というほどではなく、
一念発起の機会さえあれば。

あまりたくさん書き並べると、
きっと、やる気を失ってしまうであろうほどに、
これ以上は書かないでおこう。

全ては私の気の持ちようなんだ、と思う。
なにしろ動かねばならんのは、自分自身ですからね。


関連記事
練習は裏切らない
2012年02月12日 (日) | 編集 |
爺バンドの定期演奏会が終わりました。

打ち上げも終わって、帰ってきたところ。
聞くところによると、「接触事故」があったんだそうですが、
それって、アノコトかしら、、、それとも、ソッチノコト?

出っぱぐったとか、1拍食ったとか、
そういうのはよくあることで(ないにこしたことはない)
むしろ、ハッ! となったときに
いかにフォローするか、なんとか隠し立てをするか、
そのへんの力量が、本番では問われます。

そして、そういった技術は一朝一夕に身につくものではなく、
あらゆるタイプのミスを、げんなりするほど経験し、
少しずつカバーできるようになってゆくのです。

そういう点で、爺バンドはなかなかよいバンドに成長しました。
ミスはある。でもカバー力もある。
リカバリシステムができあがってきた、と言い換えましょう。

*****

今日の打ち上げでは、ひとりひとりが感想を述べる機会がありませんでしたが、
もし、順に何か言え、ということであるならば、
「自分の演奏の、ココとアソコがうまくなかった」
なーんていう、くっだらない感想を言いそうなのは3人ほど。
あとの人たちは、きっと「よかった探し」の観点で話します。

うまくいかなかったところなんか、口に出さずともみんなわかる。
そして、口に出したからといって、その時間が戻るわけじゃない。
さらに言えば、実は当の本人しか気にしていないことが多い。

ので、一人ひとことの場面では、
いかに、これからに繋がる建設的な意見を述べるか。
その人の発言の重みっていうのは、
こういったところからかたちづくられるのでは、と思います。

ちなみに、私が感想を述べるとしたら、
「練習は裏切らない」
でした。

これでもか、と練習した曲は安心して弾ける。
自分が、っていうだけではなく、
他のパートも安心して聞いていられるので、
弾くのが楽になるってこともあるのです。

逆もまた真。

そんなわけで、今後とも、どんなに簡単と思える曲であっても、
手を抜くことなく、練習しなくては、と思った日でありました。
(練習の手抜き、実はあった・・・)


足をお運びくださいましたみなさま、ありがとうございました。

*****

打ち上げでの話題を占めたのは、
「次にやりたい曲は!」でした。

みんな、もう、来年が待ち遠しいのですね。
っていうか、終わって脱力しないところが、すんごいですね~

年代別に綴じたアンケート用紙を回し読みしながら、
「なぜあの曲は人気があるのだろう」などと
その理由を分析したりもして、
ただただ飲んで食って騒ぐだけ~っていう打ち上げではないのでした。

次のイベントがもう決まっています。
リズム隊の『EKR』は、県立大学の卒パで演奏するし、
5月の連休中には、大規模なダンスパーティーで演奏します。

爺バンド、暇ナシ。
くるくると回り続けているうちは、苔もつくまい。


 
関連記事
ゲネプロなのに
2012年02月11日 (土) | 編集 |
通し練習。
・・・だったはずなのに。

定刻どおりに始まらず、
一発終了にもならず、
これでは普段の練習と変わらない。

いえいえ、曲数が多い分、
普段の練習よりキツくて、
終わったときは全員ぐったり・・・

DSCN7075.jpg

これをプラスに考えるとするならば、
そうだなあ・・・
「無駄な力が入らない、楽な演奏になるかもよ」

・・・だといいねえ。

*****

公民館ホールのグランドピアノは、かなりの年代モノ。
鍵盤が黄色く変色している。
(てことは、ホンモノの象牙なんだろな)
大きいグランドピアノの常で、タッチが実に軽い。
おそらくキーの弾き込みも浅くできていると思われる。
指慣らしに弾いた、チェルニー40番練習曲。
たとえば4番なんか、自分でも「え~~っ」というほどの
目にも止まらぬ速さで弾くことができるのだった。
この気分のよさったらない。

翻って、私のピアノ。
グランドでありながら、ちょっとタッチが重い。
これは、かつて頻繁に調律していたころ、
私の好みで、そのように整調してもらったのだった。

もう、時代に合わないな・・・
来週、調律に来てくださる方に
本来のタッチに戻せるか、聞いてみなくては。



関連記事