2012年04月のエントリー 

定番曲リストアップ

2012-04-30 (Mon) 22:06[ 編集 ]
日々、候補リストを眺めてはため息ついておるですよ。
 (´Д`)ハァ…

ほとんど決定の曲はいくつかあって、
それはもう「不動の四番」みたいな感じ。
ところが、新たにリストに入れたい曲が出てくるんですわ。
これが悩ましい。
キャパとしては10曲が限度と思っていて、
その中の2~3曲は流動性を持たせるつもりではいますが
最初ぐらい、というか、一旦は「コレ」と決めたい。
スタートラインの白い線を引くような気持ちで。

眠くないときに考えよ~~っと。


今日弾いたのは・・・

 バッハ シンフォニア 全部

 バッハ フランス組曲 第5番

 グリーグ 抒情小曲集 Op.43-1 「ちょうちょう」

 ショパン バラード Op.23

これだけでした。
ショパンに至っては、譜読みしているのに眠くなって
とうとう最後まで弾かなかったような。。。あれ、弾いたんだったかな。


外仕事をやりすぎたかな~~と反省しつつも、
これからは明るいうちは外にいるっていう日も出てくる。
ピアノを弾くのはリラックスするため、ということになりそう。
(今も充分にそうですがー)


  にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
関連記事

掘られた(´・ω・`)ガクッ

2012-04-30 (Mon) 17:20[ 編集 ]
昨日蒔いたキヌサヤが荒らされてました。
「とりぱん」やってるから、仕方ないんだけどね~
たぶんカラスだと思います。
木の上で見てたもん(こっちからもガン飛ばしたんですが)

ウチに毎日来るカラスは、鳴き方がかわいい。
「こーへー」っていうんですよ~
ときどき
「うぉ~かぁ~」とも。

今朝の畑仕事は、キヌサヤの畝を整えるところから。
どれだけ掘り返されたのか、芽が出てみないとわかりませんが、
1箇所につき3粒ずつ蒔いたので、
発芽しなかったところへは、植え替えで対処できるはず。

続いて、レタスの種蒔き。
これは、2年前に畑に直播してたいへんなメに遭ったので
昨年からセルポットに苗を作って植え替える方法にしたのです。

さらに、アサガオの種蒔きも。
まだ早いかなとは思ったのですが、
ビニールで覆う方法で、昨年うまくいったので
味を占めての早期作業となりました。

苗の植え付けは連休明けが「盛岡スタンダード」らしいので
オシゴトに支障のないよう、連休最終日あたりに
まとめてやっつけられたらいいなあと思います。

このほかの仕事は、延々と「草取り」でした。
先日、夢中になるあまり、指先を痛めてしまい、
満足にピアノを弾けなかった日があったので、
今日は「ほどほど」で終了しました。


年々、勢力を広げるワラビ。
まだちっさいけど、何本も出ています。
ごっつぁんです( ̄¬ ̄*)じゅるぅうううう
DSCN7299.jpg


お隣のコブシ。
毎年、自室から写真を撮っていますが、
実に華やか、ただし見ごろは短いのよね~
DSCN7300.jpg


  にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

続きを読む »

関連記事

「あなたは話し手?それとも聞き手?」

2012-04-30 (Mon) 07:47[ 編集 ]
トラックバックテーマ 第1421回「あなたは話し手?それとも聞き手?」


7~8割、「聞き手」ですな。
自分のことを話すのは、自分のことを話してもよい相手にだけ。

そもそも、話すことがあまり上手ではなく、
どもる、言いよどむ、言葉が見つからない、言葉を忘れる、
何について話していたのかわからなくなる、、、等々、
話すべきではないファクターが揃っている。
私に長々と話させることのできる人は
傾聴ボランティア向きかもよ。


ただし、スイッチが入ると口が止まらなくなり、
持論を演説してしまうことはある(もちろん、思いっきり後悔する)


3月から始めたオシゴトは、まさに「聞く」ことが重要なので、
体力的にはしんどいけれども、案外、適職だったかもね。


  にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
関連記事

爽やかの「さ」ぐらい

2012-04-29 (Sun) 22:19[ 編集 ]
春を迎えるということは、
ピアノ時間が減少することとイコールになる。
私の場合は、だけど。

外に出る時間が増えて、結果として超疲労するので
相当量のお昼寝は欠かせない。

その分、夜にアレコレがぎゅ~っと寄るわけ。
今日も、そう。
2時間確保できただけでも、ヨシとしなくては。


弾いた曲

 バッハ シンフォニア 1番 3番
     少数精鋭ってことで。
     どちらも、かなりテンポが上がった。
     というか、上がってしまった。
     非常にアグレッシブな演奏になってしまった。
     そうしようと思ったわけじゃなく、つい、ノリで。

 バッハ フランス組曲 第5番
     「クーラント」に、読譜の間違いを発見!!
     暗譜する前でよかった~~~
     ていうか、暗譜できるんだろうか(無理な気がする)

 グリーグ 抒情小曲集 Op.43-1 「ちょうちょう」
     3回しか弾いていないのに(1日1回・・・^^;)
     ついうっかりテンポを上げてしまって、大破綻を引き起こしてしまった。
     なんかもう、めげそう・・・

 グリーグ 抒情小曲集 Op.12-1 「アリエッタ」
     ということで、わずか1ページの小品を初見。
     へんちくりんな和音を使うのね~~、という感想を、今日も持った。
     グリーグってそういう人だった?
     超有名なピアノコンチェルトとか、ペールギュントとか、
     その程度の認識しかなかったなー

 ショパン エチュード Op.10-3 「別れの曲」
     暗譜を目指しておるのだ。
     探りながらなら、楽譜ナシでもいけるんだが、
     ひとたび立ち止まったら、そこから再開できない。
     っという状態は「暗譜」とは言わないねー
     F♯m6~ コード分析で、暗譜の助けになるかな?

ショパン エチュード Op.25-1 「エオリアン・ハープ」
     ページが替わったところ、コードネームでいえばE♭7~
     主な練習ポイントは、「着地」
     成功率が低すぎるんだ。
     そして、成功しないと次の音も外すのである。
     着地の成功が、全ての鍵を握るのだ。。。

 ベートーベン ソナタ Op.13 「悲愴」 2・3楽章
     なんかキレイじゃない。
     鍵盤の戻りが遅いような気がする。
     いつか、一番はじめに弾いて確かめてみなくては、と思いつつ
     ピアノの前に座るとバッハを弾きたくなってしまい、
     ルードヴィヒ君を忘れるのよ。

最後にもう一度、フランス組曲アルマンド・クーラント・サラバンドを弾いて終わり。
ちょっと「爽やか」に近くなってきたかなっというのは自画自賛が過ぎるけれども、
いっつも弾きたい、ことあるごとに弾きたい、できれば暗譜で弾きたい・・・と思う。
全曲は無理かもしれなくても、アルマンドとクーラントとジーグぐらい。


  にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
関連記事

宣戦布告じゃ!

2012-04-29 (Sun) 08:30[ 編集 ]
今年もヤツらは土の下で機を窺っていた。
スコップを入れた瞬間、戦闘開始。
しかし、今年はあまり深く耕さない方針なので
ま、初日としてはこの程度でカンベンしてやろう。
DSCN7297.jpg

  ナンデスカー? という方は、
  たまむし文章教室作品集第六号「夜」をご高覧あれ。


昨日のアスパラはさらに伸びて、
ひとさしゆびぐらいの長さになった。
これからたくさん出てくるので、有機肥料を施す。よし!
DSCN7295.jpg


春の菜園作業、ABCのAを「土起こし」とすると、
Bは「氷割(すがわり=キヌサヤ)の種蒔き」である。
有機肥料を入れて畝を立て、さて種タネ。。。
っと思ったら、なかったですよ~~
買ってこなくちゃ。
DSCN7294.jpg
その代わりといってはナンだけど、
ホウレンソウの手前に、山東菜と小カブの種を蒔いた。
左隅に見えているのは、イチゴ区画のブロック。
イチゴにも有機肥料を施して、ワラを敷き詰めなくては。


畑の見取り図を書いて、どこに何をという計画を立てる必要がある。
昨年よりもひと畝減らす予定なので、
買ってくる苗の種類と数も、よーっく考えないとね。


  にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
関連記事

朝のひと仕事

2012-04-28 (Sat) 08:53[ 編集 ]
十数本もあるサンショウの木を剪定するのに、
結局2日間かかったことになる。
先日、1日目は、J兄に切れ味抜群の剪定鋏を借りて。
そして2日目となった今朝は、自分で買った、切れ味抜群の剪定鋏で。
よい道具を使うことは、作業効率があがるばかりではなく、
自分自身にとってもストレスがかからないので、大事だー

ウメボシの梅(豊後梅)がほころび始めました。
DSCN7288.jpg

2年目のブラックベリー。
昨年、挿し木1年目にして実をつけたというツワモノだ。
ていうか、ほとんど野生な感じ。
相当に強剪定してもだいじょぶそう。
場合によっては、B級地に植え替えもアリ。
(現在は玄関前のA級地にある)
DSCN7289.jpg

例年より1週間以上も遅れている、アスパラ。
食べるのは明後日っすね。
他にも、細っこいのがチラホラ。
至急、株間に追肥しなくては。
DSCN7290.jpg

冬越しブロッコリー。
蕾を食べるタイプの野菜は、
本来の時期を逃しても、こうして収穫できたりするのね。
へへっ、ひとつ知恵をつけたね。
DSCN7291.jpg

今朝はほかに、買ってきておいたビオラなど、
花の苗を植え付けまして、少しずつ春の装いです。
連休中には、畑に石灰を撒かないとな~
不耕起とはいえ、苗を植えつける部分ぐらいは、ちょっとね。


  にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
関連記事

作品集第7号「音」 出来

2012-04-27 (Fri) 23:23[ 編集 ]
半年に一度の、この日が楽しみでね~~

DSCN7287.jpg

ラベンダーをイメージしたという、表紙の淡い色とタイトル色。
今号もまた、素敵な装丁に、みんなでカンゲキしたあまり、
体調を崩して寝込んでしまったという、印刷会社の社長さまに
寄せ書き的なメッセージを書くことになったのでした。
残念ながら、専用のまっさらな用紙がなくて、
事務連絡の印刷物の、裏側を使ったのは、ご愛嬌だ。

私なんか、冊子の出来上がりに安心してしまって、
新しい作品の執筆にまで気持ちが向かわなかったのに、
なんと3人もの仲間が、新作を準備してきて・・・
もう、次のスタートを切っているのね。

そんな、ヤル気満々なメンバーたちの、ピリリとスパイスの利いた小品を読むにつけ、
私にだって、日々の暮らしのなかに驚きや感動もあれば、
人や動物、植物に対する暖かいまなざしだってあったよね・・・と
書こうと思えば書けたはずの原稿が用意できなかったことを悔やむのです。

次回は合評会。
みっちり読み込んでおかなくては。
そして、できれば、1000字ぐらいの短い作品を1本。。。とも思っております。


 ※ 読んでみたい方、1冊500円で、私の手元には3冊あります。
   たまむし先生のブログから直接お申し込みいただくことも可能です。
   毎回そうですが、今回もそう多くは印刷しなかったと思われ、
   時間がたつほどに入手困難となる見込みです。
   すでに入手不可となった号もあるとのこと。


  にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
関連記事

♪~グリーグ「ちょうちょう」Op.43-1譜読み

2012-04-27 (Fri) 22:40[ 編集 ]
私の、譜読み2日目はこんな感じ。

音を一個一個、拾って弾いている状態。
昨日初めて弾いたときは、なんじゃこの和音、と思ったけど
今日はそうでもなかったです(やっぱり昨日は読み違いかも)

かなりゆっくり&オールフォルテですので、
気の長い方、限定でどうぞ。

グリーグの抒情小曲集Op.43-1 「ちょうちょう」

[VOON] 120427_004


他に弾いたのは、

 ハノン 21番~31番 E-Dur(ホ長調)
    31番でちょっとイラッときた。

 バッハ フランス組曲 第5番
    特にアルマンドとクーラント
    ほかは1回ずつしか弾かない。

 ベートーヴェン ソナタ Op.13 「悲愴」 2楽章のみ
    縦ラインつまり和音が同時に鳴らなくて気になる箇所が多い。
    こういう、ゆったりした曲こそ、もっと緊張して弾かなくては。

 ショパン エチュード Op.10-3 「別れの曲」
    鬼dimで手が痛くなるってことはなくなった。
    その代わりというのか、音が抜けるようになった。
    ちょっと気が緩んできているかも。イカンイカン。

 ショパン エチュード Op.10-5 「黒鍵」
    やっぱり最後の駆け上がりがすっきりしない。
    一度、うんとゆっくり、分析的に弾く必要がある。
    コードとしては、[G♭69](Gフラットのシックスナイン)という
    よくあるヤツなんだけど。
    わかっているんだけど・・・

 リスト 3つの演奏会用練習曲より 「ため息」
    G♯になったところから、集中的に。
    テーマとなるモチーフが右~左~右・・・と渡る部分は
    肝心じゃない音に不自然なアクセントがついて聞こえてしまう。
    コントロールが甘いのだ、音を弾くことに精一杯で。


開始が遅かったので、これだけ~~
ちょっと足りない気がする。

ドビュッシーもモーツァルトも弾けなかった。
バッハも足りない足りない足りない!

明日の夕方もあまり弾けない見込み・・・ううっ・・(つω`、悲)


  にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
関連記事

弾きまくりね~

2012-04-26 (Thu) 23:24[ 編集 ]
家に帰ると、ちょいと不調のサインが。
まず、猛烈に眠い。
そして、たぶん食べ過ぎで胃がもたれている(^^;)

しばらくゴロゴロと過ごしたが、おそらく今日だけのことではなく、
疲れが溜まっているのではないかと思われる。
根拠は、「アゴ」である。

昨日あたりから、耳の下、アゴの合わせ目に違和感があった。
そしてそれは今朝になって、はっきりと「ズレ」と認識された。
もともと、顎関節はギシギシカクカクしており、
その程度のよさ(ひどさ)で体調がわかるのである。

アゴがギシギシカクカク、つまり、噛み合わせがズレている状態は
万病を引き起こすといっても過言ではない。
つまり、アゴの不調が自覚されたら、これは「しっかり休むべし」のサインだ。


っということで、今夜は休み休み弾きました。
以下のとおり。

 ハノン 21~31番 C-Dur

 バッハ シンフォニア 6番 8番 3番 1番 2番 14番
    特に8番。
    さわやかに弾きたいんだけど、それはスピードの問題ではない・・・

 バッハ フランス組曲 第5番 全部
    ルールがやっとわかりかけてきた。
    してみると、私のテンポは速すぎたかもしれない。
    クーラントをカッ飛ばして弾くの、面白~~い!

 グリーグ 抒情小曲集 Op.43-1 「ちょうちょう」
    譜読みっす。
    ヘンテコな和音がいっぱい・・・(読み間違いかも)

 リスト 3つの演奏会用練習曲より 「ため息」
    音の読み違いを2箇所見つけてしまった。
    おっきく☆印をつけておいた(だって、忘れるもん)
    何箇所か、コードネームも書き込む。

 ショパン エチュード Op.10-5 「黒鍵」 Op.10-3 「別れの曲」
    「黒鍵」は、P-cafe でも弾いたので、軽く飛ばす。
    「別れの曲」の和音進行は覚えてしまいたいのだが・・・

 モーツァルト ソナタ K.545 1・2楽章
    テクニックがくっきりと浮かび上がる、ごまかしのきかない曲。
    ハ長調のスケールって、粒を揃えるのタイヘンだ~

 ベートーヴェン ソナタ Op.13 「悲愴」 2楽章
    3時間ぐらい弾くと、ピアノのアクションが悪くなってくるように感じる。
    調律・整調したとはいえ、長いこと放っておいたツケは
    なかなか払いきれるものではないのだなあと思う。


P-cafeや練習会のときに弾く「定番曲」を検討中。
候補はいっぱい上がっているんだけれど、
その中から5曲以上10曲以内で、毎回弾く曲を選びたい。


  にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ 
関連記事

P-cafe April 2nd

2012-04-26 (Thu) 16:54[ 編集 ]
ピアノ弾いてお喋りして満腹にもなるというピアノカフェ。
今日は4月の2回目でした。
んで、5月からはいろいろシステムが変わるらしい。
何度聞いても全体像が捕まえられませんが(^^ゞ
自分が関わるところだけ理解できればいいかな~と。

サークルメンバーが増えたことにより、
グループ別の日程調整が難しかったり、
保育サークルの立ち上げに関わったりと、
主催の先生もいろいろ苦慮なさっておられる様子。
新しい方式を周知するまでが一苦労かなと思います。


本日のランチは、タラコパスタ。
好き嫌いが激しい私は、タラコがタメでして(キャビア以外の魚卵はNG)
そしたらなんと、納豆パスタに急遽変更してくださいまして~~
美味し有難し。
DSCN7281.jpg

あとはもう、延々ぐるぐる弾き続ける。
DSCN7282.jpg

私が弾いたのは、最近家で弾いているバッハとショパン。
以前にも書いた気がするけれど、
この人はコレ、みたいな定番があると強いですね。
毎回聞かせてもらっていると、確かによくなっているのがわかります。
なので、私もできるだけ浮気を少なめに(しないとは言わない)
これはいつも弾く、っていう曲をいくつか決めようと思いました。
前にも思ったのに決めてなかったかも。
今度こそ決める!

主催の先生を含めた、今日のメンバー5人は
だいたいピアノの力量も似たり寄ったりなので
同じ曲集を持っていたり、同じ曲を弾き比べたりと、
楽しみ方のバリエーションが豊富にあります。

それぞれお仕事を持っていたり、子どもがいたりと、
集まろうと思ったら、時間をうまく擦り合わせなくてはなりません。
みんながみんな集まれなくとも、機会を多く設けておいて、
どこか都合のよいときに参加するカタチでよいのでは、と。

5月からは球技指導が始まるので、
ますます、時間の使い方には気を配らねばなりません。
体力勝負でもあります。
実は今日も、穏やかなピアノの音色に
一瞬意識が遠のきそうになりました(かろうじて踏ん張った!)
リラックスしている証拠だな、うんうん。


さて、夜になったらマジ練しなくちゃね。


  にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
関連記事