2013年06月のエントリー 

半年で弾いた曲たち

2013-06-30 (Sun) 23:58[ 編集 ]
出来不出来はともかく、弾いた曲。


バッハ フランス組曲第2番
バッハ 平均律クラヴィーア曲集Ⅰ巻2番、3番、10番、13番、21番
バッハ 平均律クラヴィーア曲集第Ⅱ巻6番

ヘンデル オンブラ・マイ・フ

ハイドン 主題と変奏 C-Dur(挫折)

モーツァルト ロンドK.485

ベートーヴェン ソナタOp.13 2nd mov.

シューベルト 即興曲 Op.90-3

シューマン「森の情景」Op.82 「森の入口」

ショパン ワルツOp.34-1、Op.34-2、Op.64-1
ショパン エチュードOp.10-3,4, Op.25-1,6,8,12
ショパン ポロネーズOp.53
ショパン プレリュードOp.28-1,3,4,15,24

リスト 3つの演奏会用練習曲より「ため息」

グリーグ 叙情小曲集より「フランス風セレナード」
            「夢想」
            「春に寄す」 

メンデルスゾーン 「紡ぎ歌」Op.67-4

マグダウェル「野ばらに寄す」

チャイコフスキー 四季より1月「炉端で」
             4月「松雪草」

ドビュッシー《ピアノのために》より「サラバンド」
                 「トッカータ」(挫折)

エリック・サティ 「ジュ・トゥ・ヴ」(挫折)

カスキ 「バラの花園の乙女」
 
湯山昭 エリーゼからの手紙
湯山昭 「こどもの国」より「ホップステップジャンプ」
             「赤い紙風船」
             「あつそうね、ひまわりさん!」
             「熱帯魚」
             「フランス人形」
             「あくび」


っとまあ、現在進行中の曲を含め、こんなにあったんだ~~
この、どれもが消化不良っていう気がしており、
1年後あたりにまた弾いたら、初見状態からやり直すことになるのだろうなあ。
でも、それはそれで、何か楽しいんじゃないかと思えるね。
前は弾けたのに、なんて思わないだろうな、この年だもん。

明日は、下半期に弾いてみたい曲を並べたいと思います。
もちろん、練習中の曲は継続しますし、
数年がかりで取り組まねばならないような、
高嶺の花にも挑戦してみるかな~と思っています。へへっ♪


やり直しピアノ関連ブログ一覧
 にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ
 
ブログ分析サイト
 
 
関連記事

♪~バッハ平均律1巻2番フーガ

2013-06-29 (Sat) 22:31[ 編集 ]
区切りをつけるための録音です。
もちろん、これで終わりなんてことはないのですが、
一旦「寝かせておく」ということで。
半年後、1年後にまた弾いたら、新しい発見があるかもしれません。
指も鍛えられて、難しかった部分がラクになるかもしれないしさ。

今回、ICレコーダを左側(低音側)に置きました。
そのせいか、微妙な音割れがあるみたい。
録音レベルもなぜか高かったようなので、
「聴いてやってもよい」と思われる方は
あらかじめボリュームを下げておくことをお勧めします。

[VOON] 130629_平均律Ⅰ-2 フーガ(2)

やはりまだまだ反省点には気づきます。
止まりそうになったところを、力技で無理やり弾き通した個所がいくつか。
坂道を転がり落ちかけた部分もあり、なんだか落ち着きませんが、
まあ、今の私の精一杯ってところでしょう。
実力なんだから仕方がないです。

次、同じ1巻の6番をやり直します。
今日、改めて譜読みをしたら、「こんなだっけー」という音がいっぱい。
春秋社版とヘンレ版の違いもあるかもしれないので、
あとで突き合わせて点検しなくては。

 *--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

今日はこのほかに、久々のグリーグや、挑戦としてのドビュッシー。

土曜開催のピアノサークル練習会に参加し、
人数は少なかったものの、ずいぶん刺激を受けてきました。
明日で6月が終わり、それは上半期の終わりを意味します。
下半期にはどんな曲を弾こうか、書き出してみようと思います。


やり直しピアノ関連ブログ一覧
 にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ
 
ブログ分析サイト
 
 
関連記事

お知らせいただきまして

2013-06-28 (Fri) 23:58[ 編集 ]
そっか、もう6月も押し迫ってきていたのだ。

「カジちゃんのフィラリアのお薬、
 6月末日から飲ませていただきたいので
 都合の良いときにご来院ください」

という旨の留守番電話の録音に気付いたのが
2日前のことだったが、あいにく、時間が取れない。
そういや、ハガキも届いていたなあ(至れり尽くせり)

今日やっと、午後の数時間をねん出し、
(癒しの場である文章教室を途中退席する無念さときたら!)
まずはペットショップでクレートを購入、
家に帰ってカジさんを乗せる。

「ハウス」

で、すんなりとクレートに納まるカジさんの賢さときたら!
しかし、Lサイズだというクレートは
ちょいデブなカジさんにとって、かなりの狭さだ。
車の後部座席から、ブツクサと文句を垂れる声が聞こえる。
「すぐだからね~」と声をかけつつ、アクセルをちょっと強めに踏み込む。

今日の動物病院はワンコが多いようだ。
みんな駆け込み受診はと思いきや、
やはりちゃんと(というのも変ですが)病気の子もいるのね。
中に、マダニだらけで受診するシバ系ミックス。
うぇぇぇ、移ってきませんように。

ビビリな小市民のカジさんは、
待合室では「借りてきたナントヤラ」のようにおとなしい。
従いまして、「オリコウサンですね~」の賞賛を一身に浴びる。
声をかけられてはなでられる、の繰り返しで、
おそらく半月分もまとめて誉められたのではないだろうか。

いつもは、オリコウサンもここまで! の待合室。
診察室に呼ばれたとたんに、事態は一変し、
「テコでも動かないモード」に切り替わるのだが、今日は違った。
すすすーっと自分で歩いて(!)診察室に入り、
ひょいと診察台にジャンプする。
へへ~~~っ、まるで別犬である!!

担当のお医者さん(今日は若い先生だった)にまで
「イイコですねえ」と誉められ、
体重はさらに増えていたものの、一瞬にして予防接種が終了。
ダニ取りスポット薬も、まったく暴れることなくつけていただいた。
こんなに何もかもすんなりと終わってしまったなんて、初めてだ。

私のハンドリングがよかったのかしら♪
いや、カジさんが成長したのだろうなあ。
もう、いい年したオッサンだしなあ。
(でも、イヌって、心はいつまでも少年なのだそうです)

年に1度の第イベントが、いつもの労力の半分以下で終わった。
バンザイ、そしてガッツポーズだ。

家に帰ってカジさんを自由の身にすると、
待ってましたとばかりに、「怖ション」をしやがった。
ま、それくらいのことは許してやろう。
イヌも内弁慶なくらいのほうがよいのかもしれない。
これ、逆だったら、かなり嫌ですよ。

次は、3週間後に混合ワクチン接種。
これも、お知らせくださるのだそうだ。
もちろん、会員登録をしているからなのだけれども、
末永く続けていただきたい、素敵なシステムだ。


同世代ブログ一覧
 にほんブログ村 シニア日記ブログ がんばるシニアへ
 
ブログ分析サイト
 
 
関連記事

練習会は研究会

2013-06-27 (Thu) 23:59[ 編集 ]
ピアノサークルのメンバーはみな、研究熱心。
「この指使いだと弾きにくい」と聞けば、こうして集まって
額を寄せ合わんばかりに「こうかな」「いや、こっちかな」と
知識や経験を総動員して、知恵を出し合うのである。
DSCF2062[1]_convert_20130627222433

ある曲をみんなで弾きあうのって、なかなか興味深いことだ。
ある人が楽々弾ける部分が、別の人には難所だったり、
ともに同じように難しさを感じたりすることで、
その曲に対する理解が深まり、表現の可能性が広がる。

この少し前にも、あるポピュラー曲を3人で順に弾き、
同じ楽譜を見て弾いても、表現って違うものだと実感した。
これ、「あの人が弾いたから、私なんて・・・」と遠慮してしまったら
味わうことのできない楽しみだろうと思う。
つくづく、度量の大きな人たちの集まりだなあと感じる。
そんな中に私が交ぜてもらっていることに、感謝感謝。

 *--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

業務連絡です。

例の指使いの件ですが、
「子どものチャイコフスキー」という本では
以下のようになっておりまして、これは実に弾きやすいです。
よかったらお試しください(画像クリックで少し拡大します)
DSCF2063[1]_convert_20130627222545

もひとつ。
ディアベリの小品が、例の楽譜集39ページに載っていました。
ちっちゃい子が弾いたらかわいらしいだろうなと思うような曲ですが、
いい年したオバさんが、精一杯かわいらしく弾くのもまた、
別の趣があるのではないかと。

ちなみに。
ベートーヴェンの変奏曲ですが、ウチにその楽譜がありまして・・・
「ディアベリの主題による33の変奏曲」ですってよ。
ときどき、ラジオからその主題部分が聞こえることがあり、
ベートーヴェンっぽいけど、なんだろう~と思っていた曲でした。
「33」で意気消沈したものの、なんという曲なのかがわかってスッキリ。
弾いてみたい方、いらっしゃいます?

以上、内輪の話でした(^_^;)


やり直しピアノ関連ブログ一覧
 にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ
 
ブログ分析サイト
 
 
関連記事

ザッソーに負けるな

2013-06-27 (Thu) 23:50[ 編集 ]
私自身はすでにマケソーになっているのだけれども、
作物のみなさまにおかれましては、どうかひとつ、
ザッソーと競って、土の中の養分を吸い取っていただきたい。

元肥の馬糞堆肥だけで育つヒトたち。

キヌサヤが「1日の適量」の収穫であることに、
我と我が身を褒めちぎりたい気分である。
DSCF2053[1]_convert_20130627220943

勝手に発芽していたあのレタスも、このとおり。
DSCF2056[1]_convert_20130627221137

ナストマトピーマンの周りが最もザッソー化している。
ファイッ!
DSCF2054[1]_convert_20130627221314

作物ではないけれども。
マメ科だな~ということがとってもよくわかる、ルピナスの結実。
DSCF2058[1]_convert_20130627221500

負けるな、と作物を応援してばかりではイカンのでして、
やっぱり、抜くものは抜かねばならない。
オシゴトを始める以前のように、片っ端から根こそぎ、ってことはできないから、
目立つヤツとか、花が咲きそうなヤツとか、
そういったところから順に抜いてゆくしかない。

特に、ヤブガラシ・アメリカセンダングサは容赦しちゃならねえのである。


同世代ブログ一覧
 にほんブログ村 シニア日記ブログ がんばるシニアへ
 
ブログ分析サイト
 
 
関連記事

♪~バッハ平均律1巻2番プレリュード

2013-06-27 (Thu) 03:46[ 編集 ]
ピアノ練習のあと、崩れ落ちるように寝入ってしまい、
今頃目が覚めて、ラジオ深夜便なぞ聴きながらの更新っす。

先日、バッハの面白さについて少々語りましたが
語ったほどには弾けていないのが現実。
理想というか、希望とのギャップに打ちのめされそうになるけれど、
だからこそ、攻略の楽しみも生まれる・・・かもよ。

音量注意

[VOON] 130626_平均律Ⅰ-2 プレリュード

やっぱり録音してみてよかったと思うのは、
弾けていたつもりなのに、実は音の粒が揃っていないと気づかされたから。
ゆっくりの練習が足りなかったんでした。

 *--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

音量注意!

[VOON] 130626_平均律Ⅰ-2 フーガ(1)

こちらはまだ練習を初めて間もないので、
やっとの思いでゆっくり通しました、の段階ですが
声部のバランスを客観的に聴いてみようと思って録音しました。
ICレコーダを右側に置いているので、
どうしても低音の響きが足りないと感じます。
ので、次には左側に置いて録音しようと思います。

オール、ノンレガートで弾いているつもりなのに、
つるっと繋がっちゃったところがあったりして、
まだまだすべての音に意識が行き届いていないなあ。
なんてことも、録音したからこそ突きつけられる現実。

がんばろ・・・(-_-;)


やり直しピアノ関連ブログ一覧
 にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ
 
ブログ分析サイト
 
 
関連記事

こあらリーグ2013夏~1

2013-06-26 (Wed) 15:11[ 編集 ]
スコア        163 186 245 225
トータル       819
アヴェレージ    204.75
ハイゲーム     245

ストライク     21
スペア       18

スプリット      5
スプリットメイク   2

ノーヘッド      0   
オープンフレーム   5

10ピンタップ     5
10ピンクリア     4


よくやるパターンとして、
「10回シリーズの初回だけ、スコアがよい」
その典型かもしれないなあと思うと、今後が不安になる。
明らかに「あちゃ~~」という失投が、ブルックリンでストライク。
そんなのが何度もあると、これはレーンのおかげとしか考えられない。
私の実力は、こうじゃないってことを、私が一番よく知っているから。

ちなみに、同じボックスに入った方たちも、791とか760とか
みんな、それぞれ「お~~」となるスコアである。
引っ張ってもらった・・・かな。


ボウリング関連ブログ一覧
 にほんブログ村 その他スポーツブログ ボウリングへ
 
ブログ分析サイト
 
 
関連記事

弾かされているのじゃないから

2013-06-25 (Tue) 23:11[ 編集 ]
先生について習っていた大学生時代も、
バッハは決して嫌いではなかった。
それでも、自分で選んでこの曲を、というわけではなく、
先生の思う「適切な練習順序」にしたがって弾いていたわけで、
やはり、やらされている気分ではあった。

それに比べて、今の好きさ・面白さ加減ときたら。
当時、あーめんどくせー、と思いながら弾いていた曲が
今、まったく違った輝きを放って私の前にある。

平均律クラヴィーア曲集1巻2番、
プレリュードが暗譜できて、弾き込みモードなったので
フーガの本格的な練習に突入した。

先日、各声部の音を拾い弾きしながら、
これを立体的に組み立てるには、、、、なんて、
その構成を考えたりなんかしてはいた。
3声を一度に弾く練習は今日から開始。

楽譜に書かれていることを再現することが先かもしれない。
まず、マトモに弾けるようになって、それから・・・かもね、と。
しかしながら、残り時間の少ないオトナは、効率を重視したい。
音を正しく並べて弾くことも、まあ大事でしょうが、
「どう並べたいのか」も大事だよね。
先にそっちでも、いいよね。
間違えずに弾くことは2番目か3番目でもいいんじゃないかね。

特にバッハの音楽では、声部の弾き分けと歌い分け、
そして声部間の関係性までも表現したいので、
どうしても「脳で弾く」的なイメージは強いと感じる。
面白さは、そういったところなのだと思う。

蛇足ながら、バッハを弾くと脳トレにもなると思うのですよ。
ボケ防止にバッハ、いかーっすか?

 *--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

盛岡市の施設「プラザおでって」の5階にある喫茶室から。
このオレンジ色加減といい、雲の配置といい、その分量といい、
実に見事な日の入りでありました。
惜しいのは、建物が肉眼ではもう少し見えていたのに、ってこと。
写真では黒く写っちゃってますね。
DSCF2049[1]_convert_20130625224747


やり直しピアノ関連ブログ一覧
 にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ
 
ブログ分析サイト
 
 
関連記事

ジャムおばさん

2013-06-24 (Mon) 22:48[ 編集 ]
ジャムを初めて作ったのは、
父が入院して、食欲が極端に落ちたと聞いた時。
ちょうど「西の魔女が死んだ」という本を読み終わって
ジャムって簡単じゃん、と思っていたところだった。
(ホンマに簡単やった)

甘いもの大好きな父のために、
庭で採れる有機無農薬のイチゴやブルーベリーをジャムにしては
せっせと病室に持って行った。
食パンの柔らかい部分にたっぷりとジャムをつけ、
美味しそうに食べる父は、そのときだけ幸せそうに見えた。

とにかく口からモノを食べられているうちはだいじょうぶよね、と
母とこっそり話し合っていた。
やがて、ジャムだけをスプーンですくって食べるようになり、
それはもう、「食べる」という行為から遠ざかりつつあることを示していた。

その年の秋、父は他界した。
最後に口から食べたものは、私が作ったジャムだったらしい。

 *--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

以来、今ぐらいのシーズンから、私は「ジャムおばさん」となる。

今日はイチゴ。
砂糖の分量は「適当」
DSCF2040[1]_convert_20130624121848

完熟で収穫するので、しっかり赤い。
菜箸でぐずぐずと崩れるほどに、柔らかい。
DSCF2041[1]_convert_20130624122101

アクをていねいに掬い取って、煮詰める。
DSCF2042[1]_convert_20130624122418

最後にレモン汁を、これもテキトーに振りかけて、できあがり。
ビンを煮沸しなくちゃと思ったら、なかったので、密閉容器に。
一つは実家へおすそ分け(母もジャム好き~)
DSCF2043[1]_convert_20130624123704


こちらは、一気に収穫したラディッシュ。
細長いタイプのほうが使いやすいみたい。
DSCF2044[1]_convert_20130624123921

これまたテキトーに薄切りにして、軽く塩を振って水出ししたら、
甘酢(分量はイイカゲン)を振りかけて冷蔵庫へ。
その日のうちから食べられる(薄切りだもん)
キュウリが採れだしたら、色もきれいになるなあ。
DSCF2045[1]_convert_20130624124029

 *--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

クロアゲハ、元気にすくすく育っています。
今、2齢と3齢がいます。
こやつらが目立つので、ナミアゲハの存在が薄い・・・
DSCF2026[1]_convert_20130624115936

ブラックベリーにはいろんなカメムシがやってきます。
これ、おっきくてびっくりしたー
オオヘリカメムシ、らしいです。
触角を除き、2.5㎝ぐらいありました。
DSCF2046[1]_convert_20130624185347


夏の日中は、やることがいっぱいありますわ~


同世代ブログ一覧
 にほんブログ村 シニア日記ブログ がんばるシニアへ
 
ブログ分析サイト
 
 
関連記事

みなさん順調で

2013-06-24 (Mon) 22:27[ 編集 ]
遅きに失してしまったとはいえ、
「時期をずらして収穫できるじゃん」と考えることもできる。
平さやのつるありインゲン。
前に蒔いたのがちゃんと発芽していれば、
今頃はもうつるを伸ばしていたはずなんだ・・・
DSCF2048[1]_convert_20130624185544

キヌサヤは順調に花を咲かせ、
小さい実がつき始めている。
昨年の反省を生かし、隙間をあまり空けずに蒔いた。
DSCF2047[1]_convert_20130624185446

本日の収穫。
山東菜の味噌汁が大好き。
ラベンダーは紙箱に新聞紙を敷いて乾燥させる。
イチゴはジャムにするし、ラディッシュは甘酢漬けに。
DSCF2033[1]_convert_20130624115550

ほったらかしのミニバラが、病気もせずに花を咲かせている。
赤いのと
DSCF2031[1]_convert_20130624120811

光の加減でよくわからないけれど、これは青みがかったピンク。
DSCF2030[1]_convert_20130624120451

そして白。
DSCF2028[1]_convert_20130624120231

確か、黄色もあったはずで、おそらく雑草に埋もれている。

やはり雑草に負けつつあるカモミール。
一度花をつけてしまえば、あとは勝手に増えてゆくと思うのだけれど。
DSCF2032[1]_convert_20130624121519

写真は撮らずじまいだったが、マメ之助(マメ之介だっけ)を植え替えた。
ま、いろいろもろもろ、みなさん順調。
もちろん、お呼びでないヤブガラシもぐいぐい伸びているし、
アメリカセンダングサなんか、抜くなら今しかない。
雑草にも「抜きどき」がある。
今週中にやれるかな~~~


同世代ブログ一覧
 にほんブログ村 シニア日記ブログ がんばるシニアへ
 
ブログ分析サイト
 
 
関連記事