fc2ブログ
半年で弾いた曲たち
2013年06月30日 (日) | 編集 |
出来不出来はともかく、弾いた曲。


バッハ フランス組曲第2番
バッハ 平均律クラヴィーア曲集Ⅰ巻2番、3番、10番、13番、21番
バッハ 平均律クラヴィーア曲集第Ⅱ巻6番

ヘンデル オンブラ・マイ・フ

ハイドン 主題と変奏 C-Dur(挫折)

モーツァルト ロンドK.485

ベートーヴェン ソナタOp.13 2nd mov.

シューベルト 即興曲 Op.90-3

シューマン「森の情景」Op.82 「森の入口」

ショパン ワルツOp.34-1、Op.34-2、Op.64-1
ショパン エチュードOp.10-3,4, Op.25-1,6,8,12
ショパン ポロネーズOp.53
ショパン プレリュードOp.28-1,3,4,15,24

リスト 3つの演奏会用練習曲より「ため息」

グリーグ 叙情小曲集より「フランス風セレナード」
            「夢想」
            「春に寄す」 

メンデルスゾーン 「紡ぎ歌」Op.67-4

マグダウェル「野ばらに寄す」

チャイコフスキー 四季より1月「炉端で」
             4月「松雪草」

ドビュッシー《ピアノのために》より「サラバンド」
                 「トッカータ」(挫折)

エリック・サティ 「ジュ・トゥ・ヴ」(挫折)

カスキ 「バラの花園の乙女」
 
湯山昭 エリーゼからの手紙
湯山昭 「こどもの国」より「ホップステップジャンプ」
             「赤い紙風船」
             「あつそうね、ひまわりさん!」
             「熱帯魚」
             「フランス人形」
             「あくび」


っとまあ、現在進行中の曲を含め、こんなにあったんだ~~
この、どれもが消化不良っていう気がしており、
1年後あたりにまた弾いたら、初見状態からやり直すことになるのだろうなあ。
でも、それはそれで、何か楽しいんじゃないかと思えるね。
前は弾けたのに、なんて思わないだろうな、この年だもん。

明日は、下半期に弾いてみたい曲を並べたいと思います。
もちろん、練習中の曲は継続しますし、
数年がかりで取り組まねばならないような、
高嶺の花にも挑戦してみるかな~と思っています。へへっ♪


やり直しピアノ関連ブログ一覧
 にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ
 
ブログ分析サイト
 
 
関連記事
テーマ:ピアノ
ジャンル:音楽
♪~バッハ平均律1巻2番フーガ
2013年06月29日 (土) | 編集 |
区切りをつけるための録音です。
もちろん、これで終わりなんてことはないのですが、
一旦「寝かせておく」ということで。
半年後、1年後にまた弾いたら、新しい発見があるかもしれません。
指も鍛えられて、難しかった部分がラクになるかもしれないしさ。

今回、ICレコーダを左側(低音側)に置きました。
そのせいか、微妙な音割れがあるみたい。
録音レベルもなぜか高かったようなので、
「聴いてやってもよい」と思われる方は
あらかじめボリュームを下げておくことをお勧めします。

[VOON] 130629_平均律Ⅰ-2 フーガ(2)

やはりまだまだ反省点には気づきます。
止まりそうになったところを、力技で無理やり弾き通した個所がいくつか。
坂道を転がり落ちかけた部分もあり、なんだか落ち着きませんが、
まあ、今の私の精一杯ってところでしょう。
実力なんだから仕方がないです。

次、同じ1巻の6番をやり直します。
今日、改めて譜読みをしたら、「こんなだっけー」という音がいっぱい。
春秋社版とヘンレ版の違いもあるかもしれないので、
あとで突き合わせて点検しなくては。

 *--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

今日はこのほかに、久々のグリーグや、挑戦としてのドビュッシー。

土曜開催のピアノサークル練習会に参加し、
人数は少なかったものの、ずいぶん刺激を受けてきました。
明日で6月が終わり、それは上半期の終わりを意味します。
下半期にはどんな曲を弾こうか、書き出してみようと思います。


やり直しピアノ関連ブログ一覧
 にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ
 
ブログ分析サイト
 
 
関連記事
テーマ:ピアノ
ジャンル:音楽
お知らせいただきまして
2013年06月28日 (金) | 編集 |
そっか、もう6月も押し迫ってきていたのだ。

「カジちゃんのフィラリアのお薬、
 6月末日から飲ませていただきたいので
 都合の良いときにご来院ください」

という旨の留守番電話の録音に気付いたのが
2日前のことだったが、あいにく、時間が取れない。
そういや、ハガキも届いていたなあ(至れり尽くせり)

今日やっと、午後の数時間をねん出し、
(癒しの場である文章教室を途中退席する無念さときたら!)
まずはペットショップでクレートを購入、
家に帰ってカジさんを乗せる。

「ハウス」

で、すんなりとクレートに納まるカジさんの賢さときたら!
しかし、Lサイズだというクレートは
ちょいデブなカジさんにとって、かなりの狭さだ。
車の後部座席から、ブツクサと文句を垂れる声が聞こえる。
「すぐだからね~」と声をかけつつ、アクセルをちょっと強めに踏み込む。

今日の動物病院はワンコが多いようだ。
みんな駆け込み受診はと思いきや、
やはりちゃんと(というのも変ですが)病気の子もいるのね。
中に、マダニだらけで受診するシバ系ミックス。
うぇぇぇ、移ってきませんように。

ビビリな小市民のカジさんは、
待合室では「借りてきたナントヤラ」のようにおとなしい。
従いまして、「オリコウサンですね~」の賞賛を一身に浴びる。
声をかけられてはなでられる、の繰り返しで、
おそらく半月分もまとめて誉められたのではないだろうか。

いつもは、オリコウサンもここまで! の待合室。
診察室に呼ばれたとたんに、事態は一変し、
「テコでも動かないモード」に切り替わるのだが、今日は違った。
すすすーっと自分で歩いて(!)診察室に入り、
ひょいと診察台にジャンプする。
へへ~~~っ、まるで別犬である!!

担当のお医者さん(今日は若い先生だった)にまで
「イイコですねえ」と誉められ、
体重はさらに増えていたものの、一瞬にして予防接種が終了。
ダニ取りスポット薬も、まったく暴れることなくつけていただいた。
こんなに何もかもすんなりと終わってしまったなんて、初めてだ。

私のハンドリングがよかったのかしら♪
いや、カジさんが成長したのだろうなあ。
もう、いい年したオッサンだしなあ。
(でも、イヌって、心はいつまでも少年なのだそうです)

年に1度の第イベントが、いつもの労力の半分以下で終わった。
バンザイ、そしてガッツポーズだ。

家に帰ってカジさんを自由の身にすると、
待ってましたとばかりに、「怖ション」をしやがった。
ま、それくらいのことは許してやろう。
イヌも内弁慶なくらいのほうがよいのかもしれない。
これ、逆だったら、かなり嫌ですよ。

次は、3週間後に混合ワクチン接種。
これも、お知らせくださるのだそうだ。
もちろん、会員登録をしているからなのだけれども、
末永く続けていただきたい、素敵なシステムだ。


同世代ブログ一覧
 にほんブログ村 シニア日記ブログ がんばるシニアへ
 
ブログ分析サイト
 
 
関連記事
テーマ:動物病院
ジャンル:ペット
練習会は研究会
2013年06月27日 (木) | 編集 |
ピアノサークルのメンバーはみな、研究熱心。
「この指使いだと弾きにくい」と聞けば、こうして集まって
額を寄せ合わんばかりに「こうかな」「いや、こっちかな」と
知識や経験を総動員して、知恵を出し合うのである。
DSCF2062[1]_convert_20130627222433

ある曲をみんなで弾きあうのって、なかなか興味深いことだ。
ある人が楽々弾ける部分が、別の人には難所だったり、
ともに同じように難しさを感じたりすることで、
その曲に対する理解が深まり、表現の可能性が広がる。

この少し前にも、あるポピュラー曲を3人で順に弾き、
同じ楽譜を見て弾いても、表現って違うものだと実感した。
これ、「あの人が弾いたから、私なんて・・・」と遠慮してしまったら
味わうことのできない楽しみだろうと思う。
つくづく、度量の大きな人たちの集まりだなあと感じる。
そんな中に私が交ぜてもらっていることに、感謝感謝。

 *--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

業務連絡です。

例の指使いの件ですが、
「子どものチャイコフスキー」という本では
以下のようになっておりまして、これは実に弾きやすいです。
よかったらお試しください(画像クリックで少し拡大します)
DSCF2063[1]_convert_20130627222545

もひとつ。
ディアベリの小品が、例の楽譜集39ページに載っていました。
ちっちゃい子が弾いたらかわいらしいだろうなと思うような曲ですが、
いい年したオバさんが、精一杯かわいらしく弾くのもまた、
別の趣があるのではないかと。

ちなみに。
ベートーヴェンの変奏曲ですが、ウチにその楽譜がありまして・・・
「ディアベリの主題による33の変奏曲」ですってよ。
ときどき、ラジオからその主題部分が聞こえることがあり、
ベートーヴェンっぽいけど、なんだろう~と思っていた曲でした。
「33」で意気消沈したものの、なんという曲なのかがわかってスッキリ。
弾いてみたい方、いらっしゃいます?

以上、内輪の話でした(^_^;)


やり直しピアノ関連ブログ一覧
 にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ
 
ブログ分析サイト
 
 
関連記事
テーマ:ピアノ
ジャンル:音楽
ザッソーに負けるな
2013年06月27日 (木) | 編集 |
私自身はすでにマケソーになっているのだけれども、
作物のみなさまにおかれましては、どうかひとつ、
ザッソーと競って、土の中の養分を吸い取っていただきたい。

元肥の馬糞堆肥だけで育つヒトたち。

キヌサヤが「1日の適量」の収穫であることに、
我と我が身を褒めちぎりたい気分である。
DSCF2053[1]_convert_20130627220943

勝手に発芽していたあのレタスも、このとおり。
DSCF2056[1]_convert_20130627221137

ナストマトピーマンの周りが最もザッソー化している。
ファイッ!
DSCF2054[1]_convert_20130627221314

作物ではないけれども。
マメ科だな~ということがとってもよくわかる、ルピナスの結実。
DSCF2058[1]_convert_20130627221500

負けるな、と作物を応援してばかりではイカンのでして、
やっぱり、抜くものは抜かねばならない。
オシゴトを始める以前のように、片っ端から根こそぎ、ってことはできないから、
目立つヤツとか、花が咲きそうなヤツとか、
そういったところから順に抜いてゆくしかない。

特に、ヤブガラシ・アメリカセンダングサは容赦しちゃならねえのである。


同世代ブログ一覧
 にほんブログ村 シニア日記ブログ がんばるシニアへ
 
ブログ分析サイト
 
 
関連記事
テーマ:家庭菜園
ジャンル:趣味・実用
♪~バッハ平均律1巻2番プレリュード
2013年06月27日 (木) | 編集 |
ピアノ練習のあと、崩れ落ちるように寝入ってしまい、
今頃目が覚めて、ラジオ深夜便なぞ聴きながらの更新っす。

先日、バッハの面白さについて少々語りましたが
語ったほどには弾けていないのが現実。
理想というか、希望とのギャップに打ちのめされそうになるけれど、
だからこそ、攻略の楽しみも生まれる・・・かもよ。

音量注意

[VOON] 130626_平均律Ⅰ-2 プレリュード

やっぱり録音してみてよかったと思うのは、
弾けていたつもりなのに、実は音の粒が揃っていないと気づかされたから。
ゆっくりの練習が足りなかったんでした。

 *--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

音量注意!

[VOON] 130626_平均律Ⅰ-2 フーガ(1)

こちらはまだ練習を初めて間もないので、
やっとの思いでゆっくり通しました、の段階ですが
声部のバランスを客観的に聴いてみようと思って録音しました。
ICレコーダを右側に置いているので、
どうしても低音の響きが足りないと感じます。
ので、次には左側に置いて録音しようと思います。

オール、ノンレガートで弾いているつもりなのに、
つるっと繋がっちゃったところがあったりして、
まだまだすべての音に意識が行き届いていないなあ。
なんてことも、録音したからこそ突きつけられる現実。

がんばろ・・・(-_-;)


やり直しピアノ関連ブログ一覧
 にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ
 
ブログ分析サイト
 
 
関連記事
テーマ:ピアノ
ジャンル:音楽
こあらリーグ2013夏~1
2013年06月26日 (水) | 編集 |
スコア        163 186 245 225
トータル       819
アヴェレージ    204.75
ハイゲーム     245

ストライク     21
スペア       18

スプリット      5
スプリットメイク   2

ノーヘッド      0   
オープンフレーム   5

10ピンタップ     5
10ピンクリア     4


よくやるパターンとして、
「10回シリーズの初回だけ、スコアがよい」
その典型かもしれないなあと思うと、今後が不安になる。
明らかに「あちゃ~~」という失投が、ブルックリンでストライク。
そんなのが何度もあると、これはレーンのおかげとしか考えられない。
私の実力は、こうじゃないってことを、私が一番よく知っているから。

ちなみに、同じボックスに入った方たちも、791とか760とか
みんな、それぞれ「お~~」となるスコアである。
引っ張ってもらった・・・かな。


ボウリング関連ブログ一覧
 にほんブログ村 その他スポーツブログ ボウリングへ
 
ブログ分析サイト
 
 
関連記事
テーマ:ボウリング
ジャンル:スポーツ
弾かされているのじゃないから
2013年06月25日 (火) | 編集 |
先生について習っていた大学生時代も、
バッハは決して嫌いではなかった。
それでも、自分で選んでこの曲を、というわけではなく、
先生の思う「適切な練習順序」にしたがって弾いていたわけで、
やはり、やらされている気分ではあった。

それに比べて、今の好きさ・面白さ加減ときたら。
当時、あーめんどくせー、と思いながら弾いていた曲が
今、まったく違った輝きを放って私の前にある。

平均律クラヴィーア曲集1巻2番、
プレリュードが暗譜できて、弾き込みモードなったので
フーガの本格的な練習に突入した。

先日、各声部の音を拾い弾きしながら、
これを立体的に組み立てるには、、、、なんて、
その構成を考えたりなんかしてはいた。
3声を一度に弾く練習は今日から開始。

楽譜に書かれていることを再現することが先かもしれない。
まず、マトモに弾けるようになって、それから・・・かもね、と。
しかしながら、残り時間の少ないオトナは、効率を重視したい。
音を正しく並べて弾くことも、まあ大事でしょうが、
「どう並べたいのか」も大事だよね。
先にそっちでも、いいよね。
間違えずに弾くことは2番目か3番目でもいいんじゃないかね。

特にバッハの音楽では、声部の弾き分けと歌い分け、
そして声部間の関係性までも表現したいので、
どうしても「脳で弾く」的なイメージは強いと感じる。
面白さは、そういったところなのだと思う。

蛇足ながら、バッハを弾くと脳トレにもなると思うのですよ。
ボケ防止にバッハ、いかーっすか?

 *--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

盛岡市の施設「プラザおでって」の5階にある喫茶室から。
このオレンジ色加減といい、雲の配置といい、その分量といい、
実に見事な日の入りでありました。
惜しいのは、建物が肉眼ではもう少し見えていたのに、ってこと。
写真では黒く写っちゃってますね。
DSCF2049[1]_convert_20130625224747


やり直しピアノ関連ブログ一覧
 にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ
 
ブログ分析サイト
 
 
関連記事
テーマ:ピアノ
ジャンル:音楽
ジャムおばさん
2013年06月24日 (月) | 編集 |
ジャムを初めて作ったのは、
父が入院して、食欲が極端に落ちたと聞いた時。
ちょうど「西の魔女が死んだ」という本を読み終わって
ジャムって簡単じゃん、と思っていたところだった。
(ホンマに簡単やった)

甘いもの大好きな父のために、
庭で採れる有機無農薬のイチゴやブルーベリーをジャムにしては
せっせと病室に持って行った。
食パンの柔らかい部分にたっぷりとジャムをつけ、
美味しそうに食べる父は、そのときだけ幸せそうに見えた。

とにかく口からモノを食べられているうちはだいじょうぶよね、と
母とこっそり話し合っていた。
やがて、ジャムだけをスプーンですくって食べるようになり、
それはもう、「食べる」という行為から遠ざかりつつあることを示していた。

その年の秋、父は他界した。
最後に口から食べたものは、私が作ったジャムだったらしい。

 *--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

以来、今ぐらいのシーズンから、私は「ジャムおばさん」となる。

今日はイチゴ。
砂糖の分量は「適当」
DSCF2040[1]_convert_20130624121848

完熟で収穫するので、しっかり赤い。
菜箸でぐずぐずと崩れるほどに、柔らかい。
DSCF2041[1]_convert_20130624122101

アクをていねいに掬い取って、煮詰める。
DSCF2042[1]_convert_20130624122418

最後にレモン汁を、これもテキトーに振りかけて、できあがり。
ビンを煮沸しなくちゃと思ったら、なかったので、密閉容器に。
一つは実家へおすそ分け(母もジャム好き~)
DSCF2043[1]_convert_20130624123704


こちらは、一気に収穫したラディッシュ。
細長いタイプのほうが使いやすいみたい。
DSCF2044[1]_convert_20130624123921

これまたテキトーに薄切りにして、軽く塩を振って水出ししたら、
甘酢(分量はイイカゲン)を振りかけて冷蔵庫へ。
その日のうちから食べられる(薄切りだもん)
キュウリが採れだしたら、色もきれいになるなあ。
DSCF2045[1]_convert_20130624124029

 *--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

クロアゲハ、元気にすくすく育っています。
今、2齢と3齢がいます。
こやつらが目立つので、ナミアゲハの存在が薄い・・・
DSCF2026[1]_convert_20130624115936

ブラックベリーにはいろんなカメムシがやってきます。
これ、おっきくてびっくりしたー
オオヘリカメムシ、らしいです。
触角を除き、2.5㎝ぐらいありました。
DSCF2046[1]_convert_20130624185347


夏の日中は、やることがいっぱいありますわ~


同世代ブログ一覧
 にほんブログ村 シニア日記ブログ がんばるシニアへ
 
ブログ分析サイト
 
 
関連記事
テーマ:野菜づくり
ジャンル:趣味・実用
みなさん順調で
2013年06月24日 (月) | 編集 |
遅きに失してしまったとはいえ、
「時期をずらして収穫できるじゃん」と考えることもできる。
平さやのつるありインゲン。
前に蒔いたのがちゃんと発芽していれば、
今頃はもうつるを伸ばしていたはずなんだ・・・
DSCF2048[1]_convert_20130624185544

キヌサヤは順調に花を咲かせ、
小さい実がつき始めている。
昨年の反省を生かし、隙間をあまり空けずに蒔いた。
DSCF2047[1]_convert_20130624185446

本日の収穫。
山東菜の味噌汁が大好き。
ラベンダーは紙箱に新聞紙を敷いて乾燥させる。
イチゴはジャムにするし、ラディッシュは甘酢漬けに。
DSCF2033[1]_convert_20130624115550

ほったらかしのミニバラが、病気もせずに花を咲かせている。
赤いのと
DSCF2031[1]_convert_20130624120811

光の加減でよくわからないけれど、これは青みがかったピンク。
DSCF2030[1]_convert_20130624120451

そして白。
DSCF2028[1]_convert_20130624120231

確か、黄色もあったはずで、おそらく雑草に埋もれている。

やはり雑草に負けつつあるカモミール。
一度花をつけてしまえば、あとは勝手に増えてゆくと思うのだけれど。
DSCF2032[1]_convert_20130624121519

写真は撮らずじまいだったが、マメ之助(マメ之介だっけ)を植え替えた。
ま、いろいろもろもろ、みなさん順調。
もちろん、お呼びでないヤブガラシもぐいぐい伸びているし、
アメリカセンダングサなんか、抜くなら今しかない。
雑草にも「抜きどき」がある。
今週中にやれるかな~~~


同世代ブログ一覧
 にほんブログ村 シニア日記ブログ がんばるシニアへ
 
ブログ分析サイト
 
 
関連記事
テーマ:家庭菜園
ジャンル:趣味・実用
ペパーミントリーグ2013夏~1
2013年06月24日 (月) | 編集 |
スコア        146 140 127 181
トータル       594
アヴェレージ    148.5
ハイゲーム     181

ストライク     9
スペア       18

スプリット      7
スプリットメイク   1

ノーヘッド       6  
オープンフレーム   16

10ピンタップ     4
10ピンクリア     1


フッキングポイントを合わせられなかったのが敗因か。
間違えて思いっきり外に出しちゃったのが
ぐぐっと中に入ってストライクになるのだが、
狙って出すとなると、そりゃもう怖くて。

最後のゲームで、かろうじて180を超えたのは、
ブルックリンを恐れず、10ピンを残さない作戦に出たから。

今日は母(80歳!)にスクラッチで負けた~~


ボウリング関連ブログ一覧
 にほんブログ村 その他スポーツブログ ボウリングへ
 
ブログ分析サイト
 
 
関連記事
テーマ:ボウリング
ジャンル:スポーツ
オカエリー
2013年06月23日 (日) | 編集 |
ぺけちんが帰ってきたよ。

義母の畑の、小屋の中にいることは見当がついていた。
また、夜になると家の周りをウロついているらしいことも。
家出してからもう10日以上になるので、
空腹マックスであろうと思い、
カリカリゴハンを数粒持って、小屋の前へ。

声をかけると姿を現すのだけれども、
それじゃあ、と手をだすと「シャ~~ッ」
「かーちゃんだよ」「シャーッ」
「お腹空いたよね」「ニャーッ」
「おいでおいで」「・・・・・・・・」

カリカリは欲しいけれど、近づくのはNGらしい。
とりあえずカリカリを置いて、一旦退却。

しばらくして、もう一度小屋へ行ってみると、
さきほふどのカリカリは完食した模様。
ほらね、やっぱりね。
だって、ガリガリに痩せてたもんね。
また、カリカリを手に持って誘う。
ちょっと近づいてくる。

警戒しながらも、顔を出した。
BNbabCoCUAEm23-.jpg

最大のチャンスだ。
手から食べようとするところを、確保!
っと思ったら、もんのすごい形相で、身をよじって逃げてしまった。
残念。

もう今日はムリかな、明日また誘ってみようかなと、
諦めて家に戻ると、ニャ~ンという声が聞こえてくる。
帰ってきたいんだ、やっぱり。
しかし、ドアを開けて外に出てみると、
脱兎のごとくにピョンピョーンと逃げてゆく。

どうも今日は無理のようだ。
そう思いながら夕食の用意をしていると、
やはりニャ~~ンの声がしている。
外もだいぶ暗くなってきたことだし、と
玄関のドアを薄く開けて、三和土にカリカリを数粒、
さらに廊下にも数粒、明かりはつけないでおく。

・・・・・!
入ってきた。
食べている。
廊下に上がった。
階段を駆け上がってゆく。
すかさず、ドアを閉める。

とにかく、家の中には入った。
もう焦らなくともよい。
ゆっくり、引き寄せることにする。

きまり悪そうに、3階の物置に身を隠すぺけちん。
でも、顔はこちらをうかがっている。
カリカリゴハンを数粒ずつ置いて、誘導。
声をかけながら・・・
そしてついに、抱き上げることに成功!

もう、シャーもいわない。
それどころか、喉をゴロゴロと鳴らし始めた。
これならだいじょぶだ。

定位置に納まるぺけちん。
「近いよっ」
顔を摺り寄せてくるので。
DSCF2023[1]_convert_20130623222227

了見の狭いぽんちゃんが、まだ受け入れていない。
ほかの子たちはもう全く元通りの対応なんだけど。
(そりゃそうだ、3頭は実の子だし、まるは乳母だし)

無理にでも時間をひねり出して、
来週、大動物のお医者さんとこにつれてゆきます。
粟ちゃんと二人、手術してもらおう。
そしたら、たまの家出にオロオロしなくともよくなる。
私は手術代とカリカリ代とトイレ砂代を
いっしょーけんめーに稼ぎますわよ。


※ぺけちんが帰ってきたくなったのを、
 スーパームーンと結び付けてもよいものかどうか。
 私は結び付けたいんですけど。



同世代ブログ一覧
 にほんブログ村 シニア日記ブログ がんばるシニアへ
 
ブログ分析サイト
 
 
関連記事
テーマ:犬猫のいる生活
ジャンル:ペット
♪~モーツァルト ロンド K.485
2013年06月22日 (土) | 編集 |
照れるぜ・・・と思いながらも公開しちゃうのは
何をどう手直ししてゆけばよいのか、
それを最もはっきりくっきり示してくれるのが、録音だと思うから。
(聴かない、という選択肢もありますから~~)

弾きながら気がつくことも、ないわけではないが
録音を聴くと、ああ、ここで慌てているなあとか、
弾けたつもりだったけれど、粗が見えているなあとか、
誤魔化したことがバレてら~とか、、、
それはもう、容赦なく明らかになるわけだ。

恥ずかしがっても、何にもならない。
この曲を、自分の能力の限り、どこまで弾けるか。

ま、そんなわけで、今日の録音はこんな感じ。
テンポを上げるのは無理かもよ~~
てか、上げないでおいたほうがよさそう(~_~;)


[VOON] 130622_モーツァルトロンドK.485

ミスは次第に減ることを期待してもよいとして、
まだまだ意識の行き届かない音がいっぱいある。
とっても目立つのは、トリルの終い方がマズいことかな。
でっきるだけたくさん入れるようにしているんだけれど、
バッハみたいに均等にしたほうがよいのかなあ。
(私はバッハでもたくさん入れちゃうほうですが)

ニュアンスのつけ方については、
そろそろ、いろんな人の演奏を聴いてみてもよいかもしれない。

暗譜したつもりなのに、アレレとなったところがあって
どうも私の記憶力は低下の一途をたどっているようだ(年齢からして当然ですね)
楽譜、見通せるようにコピーしておこうかなあ・・・


やり直しピアノ関連ブログ一覧
 にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ
 
ブログ分析サイト
 
 
関連記事
テーマ:ピアノ
ジャンル:音楽
♪~モーツァルト ロンド K.485(さわり)
2013年06月21日 (金) | 編集 |
モーツァルトもまた、おもしろい!
弾けば弾くほど、引き込まれます。

なかなか、思ったようにはコロコロと走らないのだけれども、
頭に思い描いた音に近づこうとする練習って、楽しいね。

現状、こんな程度。
数回弾いたうちの、1回目途中まで(~_~;)

[VOON] 130621_モーツァルトロンドK.485(さわり)

前打音ではなく16分音符と付点8分音符だぞ~と意識しすぎて
なんかぎこちないのも、録音してみたからわかること。

これをどこまでブラッシュアップできるか、ですね。
テンポの問題もありますし。
今の段階は、横に流れるラインがちょっと弱いと感じます。
フレーズの納め方にまで意識が行っていないというか。

ひとつだけ、救いがあるとしたら
調律したばっかりなので、
ピアノの音だけはよい、ということでしょうか。


やり直しピアノ関連ブログ一覧
 にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ
 
ブログ分析サイト
 
 
関連記事
テーマ:ピアノ
ジャンル:音楽
ヒトリガ情報
2013年06月21日 (金) | 編集 |
その1 道路横断(昨日)

 雫石町小岩井駅近くの県道を、北から南に横切るのを目撃。


その2 畑で(今日)

 雑草だらけのウチの畑を、東から西へ。
 DSC_0610_convert_20130621224240.jpg


道路を横断するのを見かけるのは、シーズン4~5回かな。
畑で見るのは、せいぜい1~2回。
今年も無事に目撃できてよかったー


同世代ブログ一覧
 にほんブログ村 シニア日記ブログ がんばるシニアへ
 
ブログ分析サイト
 
 
関連記事
ピアノのある風景
2013年06月20日 (木) | 編集 |
ピアノサークルの仲間と連れ立って、
ペンションレストラン「soil」というお店に行ってきました。
雫石スキー場にほど近い、静かな山の中。
DSCF2006[1]_convert_20130620221628

道路から入るところに、見落としそうな看板が。
DSCF2007[1]_convert_20130620221527

お魚のコースとお肉のコースがあり、
病み上がりな私は、迷わず「肉!」

新玉ねぎとナントカ(忘れましたー)のスープ
DSCF2011[1]_convert_20130620221929

ナントカ(忘れましたー)とエビのカルパッチョ
DSCF2012[1]_convert_20130620222110

短角牛は、お箸でほぐれるほどに柔らかかった。
ご飯の量も、「女子向け」
野菜もたっくさんあるし。
DSCF2013[1]_convert_20130620222211

デザートはグレープフルーツのナントカ(忘れましたー)、それとコーヒー
DSCF2016[1]_convert_20130620222432

そしてピアノ
DSCF2018[1]_convert_20130620221821

少しだけ、弾かせていただきました。
YAMAHAの古いC3、音の立ち上がりが柔らかく、
耳に優しいピアノではありましたが、
どうも、あまり弾いてもらっていない感じです。
全体に「鳴らない」印象、それと、音質が均一じゃない。
ピアノは弾いてあげませんとね♪

いつか、ピアノサークルで貸切にしていただこうねと相談しています。
楽しみね~~


やり直しピアノ関連ブログ一覧
 にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ
 
ブログ分析サイト
 
 
関連記事
テーマ:ピアノ
ジャンル:音楽
ブチャイクお断り
2013年06月20日 (木) | 編集 |
ウチの娘たちを誘惑しにきた輩。
DSCF2002[1]_convert_20130620221055

見えませんわな(~_~;)
雑草園と化した「菜園」の奥なんだけど・・・


ぎゅ~~っと寄ってみる。
コイツ。ここらへんのボス。
DSCF2001[1]_convert_20130620220943
ぺけちんの父にして、米麦粟の父でもあるはず。
米麦はトーチャンに似てはいるが、
お生憎様、トーチャンよりも目がパッチリしとるのよ、ウチの子は。

実は、ぺけちんが家出してもう1週間、帰ってこない。
このトーチャンを養っているであろうご家庭に
厄介になっている可能性は高い。
血のつながりで、受け入れられたのならよいのだけれど。

あるいは、さらに数十メートル遠くにも
ネコを外飼いしているお宅があり、
そこに落ち着いちゃった可能性も考えられる。

昨年は3日で連れ帰ることに成功したのだったが、
今年は私自身が寝込んでいたために、
頻繁に呼びに行くことができなかった。
そうしている間に、新たな落ち着き先をみつけたのなら結構。
でも、もし畑の小屋の中で震えて・・・今の季節、それはないか。
怯えているのだとしたら、一刻も早く連れ帰りたい。
まずは、小屋にいるのかどうかを確認しなくては。
そこにいないとしたら、よその敷地にいることになり、
簡単には探しに行けない。

困った状況の中での最善が、「ちゃっかり居候」なのである。

 *--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

クロアゲハがだいぶ大きくなった。
、、、といっても5ミリメートルほど。
DSCF2004[1]_convert_20130620221256

アゲハってね、食堂と寝室を分けるんですよ。
幼虫を探すときは、食痕を探すのが早道。
その近くの、きれいな葉の上にいるから。

でも、おうちで飼いたいときには、
できればタマゴから育てましょう。
幼虫だと寄生蜂に取りつかれている可能性があるのです。
せっかくサナギになるまで育てても、
ある日サナギにぽっかりと穴が開いて・・・(以下自粛)

 *--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

梅干しの下漬け、とりあえず4㎏を仕込んだ。
家の梅はまだ青々としており、まだまだなので、これは買った梅。
南高梅の2Lサイズぐらいかな。
あまり大きいのより、これくらいが使いやすいと思う。
DSCF2005[1]_convert_20130620221419

今回、塩を量っていない。
昨年まで使っていたキッチンスケールは、
米麦粟の体重を測るのに使っているうち、誰ぞが粗相をしやがって
壊れてしまったのだ~~

これっくらいかな・・・と、「いい塩梅」に漬けてみた。
キュウリやナスも漬けることだし、新しいキッチンスケール、買わなくちゃ。


同世代ブログ一覧
 にほんブログ村 シニア日記ブログ がんばるシニアへ
 
ブログ分析サイト
 
 
関連記事
テーマ:写真日記
ジャンル:写真
マジ練フッカツ
2013年06月19日 (水) | 編集 |
みっちり2時間、弾くことができました。
足りない気もする、、、けどね。

今日のスケールは3度。
右手が3度上を弾きます。
いくつか、あららら?? っとなることがあり、
6度とともに、ゆっくりみっちり弾き込む必要を感じました。
なにも急ぐ必要はない。
これが弾けるようになって得るものは大きいので
じっくりと取り組むことにします。

スケールが弾ける速さのままだと、アルペジオ・コードが楽ちんだ~
でも、これも頑固にテンポを守って、カッチリと弾きたい。

バッハの平均律は、まず2番から取り掛かることにしました。
和音の変化を味わいつつ、というとかっこいいけど、
頭に叩き込みつつ、というのが本当のところ。
滑らかに弾ける指使いを、何か所か研究しなくちゃいけないっぽい。
プレリュードを、ゆっくりとでも止まらずに弾けたら、
フーガを分析しながら弾くことにします。
いい加減に、だったら今でも弾けるけどね。
それじゃ、やり直す意味がないし。

久々にモーツァルトを弾きたくなりました。
で、選び出したのが、D-Durのロンド。
テーマを前打音のように弾いてしまっていたのを
拍の頭に合わせることに(楽譜の指定は、もともとそうだったー)
テンポを上げると、そこ、いい加減になりがちです。
それと、スケールが絶対にクリアでなくてはなりません。
あんまり難しくないと思っていたのは認識不足。
こういった曲を、クリスタルの輝きを持って弾くのは難しい。
挑戦し甲斐があるというものではないでしょうか。
できれば暗譜もしたいなあ。

そして突然に、チェルニー40番。
いくつかキライな曲もあるのだけれど、
90%以上は好きかな。
さっぱり覚えていなかったことに、軽くショックを受けながら、
楽譜をガン見して弾きました・・・とさ(^_^;)
テンポも上げられなかったなあ。
けど、あまり得意じゃなかった7番や10番の左手伴奏型が
以前よりも弾きやすいと感じられたのは嬉しかった。
もちろん、習っていたころには及びませんが。

ほか、デジピでもたまに弾いていたショパンもマジ練。
デジピでは出せないニュアンスがあるんだなあ、と改めて感じました。
生ピで練習するのって、すんごく大事だ~~
デジピで練習するときは、目的(覚えるぞー、とか)をはっきり持たないと
なにかへんな癖がついてしまいそうで怖いな。

 *--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

「やってみませんか」とお誘いを受け、楽譜をお預かりした曲。
英雄ポロネーズの、連弾譜です。
ホンモノを弾いているせいなんだろうと思うのですが、
「なんでここ、分けるかなあ」っていう部分が多く、
プリモ・セコンドの息を合わせるのが難しそう。
連弾慣れしていない私にとっては、脳内に「?」が飛び交います。

たとえば・・・このフレーズが
DSCF1982[1]_convert_20130618105055

こうなっちゃう。
勢いが削がれちゃうと思うんだけど。
DSCF1981[1]_convert_20130618104926

このフレーズなんか、難しくもなんともないのに・・・
DSCF1997[1]_convert_20130619223301

こうなると、かえって難しいです。
セコンドと合わせられるのか? とも。
DSCF1996[1]_convert_20130619223154

「慣れ」の問題なのかもしれないね。
ホンモノを練習している間は、手を付けるべきではないという気がしてきた。
連弾に慣れた方にバトンタッチしちゃおうかな~~


やり直しピアノ関連ブログ一覧
 にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ
 
ブログ分析サイト
 
 
関連記事
テーマ:ピアノ
ジャンル:音楽
こあらリーグ2013春~10
2013年06月19日 (水) | 編集 |
スコア        121 128 147 193
トータル       589
アヴェレージ    147.25
ハイゲーム     193

ストライク     4
スペア       21

スプリット      6
スプリットメイク   1

ノーヘッド       3  
オープンフレーム   17

10ピンタップ     7
10ピンクリア     3

7ピンタップ     3
7ピンクリア     3

ジャスト8      1


ストライクってなんだっけ? というほどに、ストライクが出ない。
最大の試練は、すぐ隣のボックスが別リーグだったこと。
このヒトたち、ぷー先生の門下なはずなのに、驚くほどマナーが悪い。
周囲を見ないですぐにアプローチに入ってくるし、
ボールリターンをアプローチに上がったままで待っているし、
平気でファイルするし(足ひとつ、まるまるハミ出るので、視界に入る)

そんなヒトたちなので、同じ4ゲームでも終わるのがすんごく早い。
よって、私らが4ゲーム目に入るころには終わっているというわけ。
やっと邪魔モノどもがいなくなって、のびのび投げて息を吹き返した。

しかーし。
ヒトのせいにしちゃあいけませんね。
今日は3ボックスともに、難しいレンコンだったようで、
9名のうち5名が屈辱の500ピン台。
今日は最終日だったけれど、総合1位の方も、
私よりもスコアが悪かったほどだ。

来シーズン、がんばろっ! を合言葉にして解散。ふぅぅ。


ボウリング関連ブログ一覧
 にほんブログ村 その他スポーツブログ ボウリングへ
  
ブログ分析サイト
 
 
関連記事
テーマ:ボウリング
ジャンル:スポーツ
いろいろ復活
2013年06月18日 (火) | 編集 |
オシゴト、行ってきた。
事務所が変わったので、迷いながらもなんとか遅刻せずに到着。
スタッフみんなに声をかけていただき、恐縮。

米を研いだ。
でもまだ自分では食べない。
今日、だいじょぶだったら、明日から食べよう。
せっかく縮んだ胃袋を、また広げるわけにはいかんのだ。
食べなきゃ食べないで、意外に平気ってことがわかったし。

レタスを収穫。
レタスと豚肉をさっと茹でて食べるのが好き。
でも、お肉も2枚しか食べない。
明日から、明日から。

そしてピアノ。
やはりデジピとは全く違う。
指トレで、1本1本の指を上げて弾く方法と
上げないで押さえる方法、両方やってみたが
あれって一度できるようになると、もうできるのね。
ってことがわかったので、早々にスケールへ移行。
指が鈍っていて(訛って、かもよ)どうせゆっくりしか弾けないので、
ゆっくりならではの負荷をかける。
すなわち、6度で(右がドから始まるなら、左は6度下のミから)

これはとっても面白い上に、曲の中ですぐに使えるのでお勧め。
同様に、3度、10度、反進行も有益ですぞ。

今日は1時間ほどで終わりにした。
いろいろ、もろもろ再開したので、ちょっとお疲れ。
明日、また元気に目覚めて活動できるように。

しかし、楽譜をつらつら眺める時間はあった。
バッハは、新しい曲に手をつける前に、
むかーしやった曲を掘り起こしてみることに。
平均律1巻の2番、5番、6番あたりを
初めて弾くときのように、ていねいに見直そうと思っている。
35年前には気づかなかったことを、なにか見つけるかもよ~


やり直しピアノ関連ブログ一覧
 にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ
 
ブログ分析サイト
 
 
関連記事
テーマ:ピアノ
ジャンル:音楽
今日も見守りオンリー
2013年06月18日 (火) | 編集 |
ナタマメ3兄弟。
サムネイルをちょっと大きくしてみました。

マメ蔵
DSCF1987[1]_convert_20130618105445

マメ太郎
DSCF1988[1]_convert_20130618105546

マメ之介
DSCF1989[1]_convert_20130618105701

 *--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

順調なブルーベリー
今年は昨年の2倍ほど、実をつけている。ほくほく。
DSCF1993[1]_convert_20130618105336

順調なブラックベリー
今年は昨年の3倍ほど、実をつけている。加工が追いつくか?
DSCF1985[1]_convert_20130618105236

お客のこないニンジン
花が咲いちゃうよー(そしたらタネを採る!)
DSCF1990[1]_convert_20130618104747

黄色と白のスイカズラ
周囲のヤブガラシやノバラとともに土手を覆い尽くす。
DSCF1992[1]_convert_20130618104615

畝の間の雑草が気になってきたし、ヤブガラシが入り込んできたし、
もういい加減、畑の手入れをしないとかわいそうだ~~
咳がすっかり消えたら、外仕事を再開しよう。


同世代ブログ一覧
 にほんブログ村 シニア日記ブログ がんばるシニアへ
 
ブログ分析サイト
 
 
関連記事
テーマ:家庭菜園
ジャンル:趣味・実用
ペパーミントリーグ2013春~10
2013年06月17日 (月) | 編集 |
スコア        165 169 232 156
トータル       722
アヴェレージ    180.5
ハイゲーム     232

ストライク     13
スペア       20

スプリット      5
スプリットメイク   0

ノーヘッド       2  
オープンフレーム   8

10ピンタップ     4
10ピンクリア     3

7ピンタップ     1
7ピンクリア     1


スプリット5回のうち2回、[7-10]でがっくり。
ストライク13回のうち7回は3ゲーム目に集中。

しかし、最終週にシーズンハイスコアを出すことができた。
1週お休みして下げた順位を、今日ひとつ上げて
なんとか3位に食い込んで終わった。やれやれ。

ボウリング場は、夏涼しく、冬暖かい。
病み上がりにとっては、冷房がちとキツかったようで
家に帰って、冷えからくる腹痛に苦しむこととなった。
で、結局ピアノはナシよ~~


ボウリング関連ブログ一覧
 にほんブログ村 その他スポーツブログ ボウリングへ
  
ブログ分析サイト
 
 
関連記事
テーマ:ボウリング
ジャンル:スポーツ
快気用意ドン
2013年06月16日 (日) | 編集 |
クソ長引いている今回の風邪。
治ったらアレも弾きたいしコレも弾きたいし、
ミシンで作りたいものもあるし、書きたいこともある。
確実に、筋力は衰えているから、
力の入らないよいフォームで投げられるかもしれない。

ピアノ方面でいえば、1日のうちまったくなんにも弾かないってことはなく、
しかしそれは5分10分とか、1曲の途中までとか、
とてもじゃないが「練習しました」とは言えないような内容である。
それも、デジピだ。

木曜日、あらえびすホールで弾けたのはラッキーだったが、
指が動かないことを確認しただけだったかもしれない。

金曜日、調律をしていただいたときだけ、曲の一部分とか、
ちゃらちゃらっと弾いてみたりしたが、
やはり、指のコントロールはまるでなっていなかった。
せっかく調律したのに。ま、それはそれとして。

マトモに弾いていない間も、脳内イメージはふくらむ。
寧ろ、弾かないからこそ、ここはこう、とかあの部分は、とか
好き勝手に・・・この際できるかできないかは無視して、
もくもく、むくむくと妄想が独り歩きしている感じ。

今、以前に弾いていた曲をひっぱり出して弾いたら、
そのときとは全く違った表現ができる気がしている。
残念ながら、それに応える指ではなくなっているにせよ、
「こう弾きたい」と思うことは第一歩ではある。
新しい曲に手をつけるのは気力が要るが、以前の曲なら・・・

ってことで、もっかい弾きたい曲をリストアップ中。
でも、新しい曲にも手をつけたいなあ。

狙っているのは、ショパンのプレリュードからいくつか。
全曲通して弾くのが正統派なのだろうけれども、無理だし。
24曲もある中から、好きなのだけ選び出して弾いてみたい。
実は少し前にもそう思って、楽譜をコピーしたりなんかして、
でも結局、1~2曲を譜読みしただけで終わっていたのだった。

風邪以前から練習していた曲たちも、もちろん弾き続けますよ。
ただし、英雄ポロネーズはハナっから弾けるようになると思っておりません。
ショパンエチュードOp.25-1の精度を上げて、たっぷり歌うこととか、
同じくOp.25-8を、ゆっくり確実に弾くこととか。

できればバッハも弾きたいのだけれど、新たな譜読みはキツいかなー
だったら、平均律の中から、やったことのある曲とか。

こういうことなので、とっとと治ってもらわないと困るのである。


やり直しピアノ関連ブログ一覧
 にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ
 
ブログ分析サイト
 
 
関連記事
テーマ:ピアノ
ジャンル:音楽
刀(なた)マメ太郎も
2013年06月15日 (土) | 編集 |
なんとダイナミックな発芽なのでしょう。
子葉がパカッと開いてから本葉が出てくるんじゃなくて
本葉が開きたくてたまらず、子葉を押し広げる感じ。
DSCF1973[1]_convert_20130615115646

さすが、マメ。
アサガオのように、双葉が折りたたまれて入っているタネじゃないもんね。

上の写真は、このところ紹介している「刀(なた)マメ蔵」ですが
恵みの雨を受けて、こちらも一気に出てきました。
刀マメ太郎でーす。
すでに、カラを落としております。
DSCF1975[1]_convert_20130615115807

ほか、マメ之介も顔をのぞかせており、
5粒蒔いたうちの3粒が発芽。
発芽率60%というのが、率としてどうなのか知りませんが
北国岩手において、これは大健闘といえるのではないかと。

ジャックと豆の木のモデルとされるナタマメ、
いくら大きいプランターとはいえ、3株は無理なので、
いずれ、マメ之介を地植えにしたいと思います。
ハナマメを植えて出なかった場所が空いているので。

こうやって毎日外で何かしているようですが、
写真を撮って、イチゴを数粒摘むだけです。
5分かそこら。
今日は小雨模様なので、アゲ子の様子を見まわるのは諦めました。


同世代ブログ一覧
 にほんブログ村 シニア日記ブログ がんばるシニアへ
 
ブログ分析サイト
 
 
関連記事
テーマ:家庭菜園
ジャンル:趣味・実用
ナタマメ蔵
2013年06月14日 (金) | 編集 |
2日前の地割れ。
DSCF1943[1]_convert_20130612161423

昨日。「ちゃーっす」
DSCF1963[1]_convert_20130614172001

そして今日。「(´・ω・`)/ども。」
DSCF1969[1]_convert_20130614172840

指先と比べておわかりのように、デッカイのです。
小鳥にほじくり出される心配、いらないですね。
(食えるもんなら食ってみろや、という気分)

南の国の植物なので、発芽すらしない可能性もあったわけですが
このところの「夏か!」というような天候は、マメ蔵の味方だ。

うまく子葉が開いてくれるか、
うまくつるが伸びてくれるか、
うまく花を咲かせてくれるか、
そして、うまく実になり、「刀(なた)」のように大きくなるか。

失敗しても、北国だし、と諦められると思うのです。
でも、せっかく発芽したんだから、行けるところまで行け、マメ蔵!

 *--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

イチゴがきれいに色づきました。
DSCF1964[1]_convert_20130614172114
そして、美味しい♪

それはよかったのですが、例年よりも小粒でした。
大きく甘く育てるには、植え替えと、土の吟味。
今年の秋には、必ず植え替えをしようっと。
馬糞堆肥は、即席ながら効果があったかもしれません。

 *--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

先日の、残念なルピナス・ピンク。
DSCF1972[1]_convert_20130614173028
花穂は短いけれども、色はきれいだ~~
あとでリボンを巻いておこう(タネを採るのよ)

 *--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

今日の来客。
DSCF1968[1]_convert_20130614172317
ヒョウモンチョウの仲間なんですが、
写真に写り込んだ特徴からすると、ウラギンヒョウモンではないかと。
翅を閉じたところも撮っておくんだったなあ。
目で見ただけなのは残念ですが、
「私が持っているバティックのあの色、と覚えておきました。
やはり、ウラギン・・・でいいみたいです。


同世代ブログ一覧
 にほんブログ村 シニア日記ブログ がんばるシニアへ
 
ブログ分析サイト
 
 
関連記事
テーマ:写真日記
ジャンル:写真
笑いと健康
2013年06月13日 (木) | 編集 |
よく笑う人は、病気になりにくいと聞いたことがある。
また、よく笑っていると、病気の治りも早いと聞いたこともある。

同じことが、私にとっては「ピアノ」で言い換えられると思う。

結論からいうと、今日は背中を押してくれる仲間のおかげで
練習会に参加する決心がついた。
みなさま、ありがとうございました。

 *--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

目下の最大の問題は、体力と指力の低下だ。
先週、公民館で弾いて以来、生ピアノには触れていなかった。
1週間ぶりのピアノである。

フランス組曲第2番を全曲弾いたら(8分程度)
腕がダル~~くなった。

次に、ショパンのポロネーズOp.53「英雄」を弾いたら
和音が思うようにつかめなくて(デジピだと鳴る音が、鳴らない!)
途中でやんなっちゃって止めた。

ショパンノクターンOp.27-2も
なぜこんなところで、という場所で指がもつれた。

ひとさまの楽譜をお借りして弾いたり
(ぎゅーっと開いちゃってスミマセン)
暗譜ができている曲を弾いたりして
なんとか、順番に交ぜていただいたけれども。

 *--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

帰りに病院に寄った。
今夜でなくなる薬の補充と(あるいは変更もあるかと思って)
血液検査の結果も聞かなくちゃ。

細菌感染を示す数値がとても高かった。
抗生剤がよく効くので、そうかなーとは思ったけれど、
ウィルスではなく、細菌だということがはっきりしたわけ。

そして、薬は「同じものをあと4日分」処方された。
「薬で症状が抑えられているに過ぎない」ということだ。
仕事も、日曜日までは休んでおくようにと。

月曜日の点滴の時に、自分のことばっか喋って帰った母が唯一、
「ダンナが帰ってきた疲れが積もり積もって出たんじゃないの?」

それは、自身のオット(つまり父ですね)の看病に明け暮れた日々、
精神的に張りつめていたものがプツンと切れるように
突然の眩暈にみまわれ、その後、父が他界するまでの2年間、
「持病」として苦しんだことと無関係ではなかろう。

デイリーハッスルと呼ばれる、小さな「ムカ」や「なんでやねん」の積み重ね。
まさに、「あるあるあるある~~」だった。

私なんかさ、日々、楽して、好きなことして暮らしているようですが
こう見えて、なかなか小さい我慢をため込んでおるのですよ。
そのひとつひとつは、いちいち説明するのもアホらしいほどのこと。
でも、思い返すとイライライライラ・・・してくるわけだ。
で、そのうち忘れるわけだ。
無意識が「覚えておいても損だしねー」とでも判断するのだろうか。

しかしヒトの記憶ってのは消えないものなのだそうだ。
それを引き出せないだけで。
(脳そのものの欠損は考えに入れていません)
で、何かのきっかけがあると、芋づる式に(単発もアリかと)
そういえばアレも、そうそうあのときも、となって
改めてイライライライラ・・・することになる。

ぶつけて解消できるならよいが、それすら面倒なので
相手を憐れむことで、ハイオシマイ、にしている。
それがまた、よくないらしい(テレビかラジオの聞きかじり)

少しでも多く、一人の時間を。
ピアノはうってつけである。
演奏することも楽しいが、それを聞くのも楽しい。
テクニックを磨くこと、暗譜することといった、攻略的な側面もある。
弾くたびに何かが違うというのも、
生きて、息して、日々変化する人間なら当然のことと思える。

 *--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

っというようにです。
ピアノを弾くことそのものが、私にとって非常に重要なのであって、
腕がダルくなったとか、和音がつかめないとか、
そんなの些末な問題であったわけだ。

しかし、この些末な問題を解決しようとする気持ちが、
明日の私を生かしますね。

今はまだ、「夜の薬を飲んだらその日は終わり」にして、
あとはのんびりと図鑑を眺めたり、ネット世界に潜り込んだりして
できるだけ体力の消耗を抑えるようにしており、
(ピアノを弾くのって、体力だー、と今日改めて実感)
ピアノ解禁は「月曜日」と、自分で決めている。
今日もらった薬を飲み切る日である。


やり直しピアノ関連ブログ一覧
 にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ
 
ブログ分析サイト
 
 
関連記事
テーマ:ピアノ
ジャンル:音楽
衰えるのはあっという間
2013年06月12日 (水) | 編集 |
せっかく積み上げてきた指トレやらスケール・アルペジオやら、
この1週間ほどで、ずいぶん崩れ落ちました。
爺兄さんには、金曜日から一度も触れていません。
ほとんど自室にいて、たまに1階に降りた時に
数分、デジピを弾いてみる程度です。

それはどれくらいかというと、
たとえば、ショパンエチュードOp.25-1をゆっくり1回通して終わり、
また別の時は、ショパンポロネーズOp.53の始めの1ページだけ。
楽譜を一生懸命に見ると目が疲れるので、
覚えている部分しか弾かないわけです。
その数分で、手が痛くなるという体たらく。
実際には、腕を鍵盤の高さに持ち上げているのもしんどいほどです。
(痛くなるのは熱のせいだったかもしれませんが、
 準備運動もせずに100メートル全力疾走するようなもんだからね)

この1週間、米を食っておりませんで、
主にヨーグルト、はるさめ、うどん、そうめん、といった
「喉越し」ランキング上位に属するものばかり。
力もでませんがな。

熱はだいぶ下がりました。
毎日、少しずつ楽になってきています。
ダルさも改善して、残るは咳と鼻水です。
咳は、貼り薬でかなり楽になりますが、
身体をちょっと動かすと、スイッチが入るようです。
鼻水は「買っといてよかったローションティッシュ」
おかげで赤鼻のトナカイ状態になる一歩手前でとどまっています。

明日、サークルの練習会があるんですが、
それも、大好きなホールのC7なんですが・・・
断念しました。
こんなめんどうな風邪を移すわけにはいかんわな。
それに、ここで堪えて安静にしていれば
明後日の文章教室には行けるかもしれんじゃないか。

しかし、いいこともひとつぐらいはありますよ。
こんなふうに弾けたらいいな、弾きたいな、という
イメージだけは思いっきり膨らみました。
今しばらくじっと潜伏して、完治のあかつきには、
指トレを積み直し、思い描いた音を実現できるようにと思っています。

あと一息だ。
同時に、体力回復にも努めねば。


やり直しピアノ関連ブログ一覧
 にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ
 
ブログ分析サイト
 
 
関連記事
テーマ:ピアノ
ジャンル:音楽
今日も写真だらけ
2013年06月12日 (水) | 編集 |
子どもたちの様子を見に、今日も15分間限定で庭へ。

ベニシジミがお出迎え。
オレンジが鮮やかな、春型の女子でした。
DSCF1944[1]_convert_20130612161549

最初の脱皮を終えて、脱いだ皮を食べ、
ふひ~~と一息ついている風の、ナミアゲ子。
転がっている黒い点は、コロッと取れて落ちた頭部のカラ。
DSCF1959[1]_convert_20130612162912

ひときわ大きい卵は、クロアゲハのものと思われる。
こんなに違いますよーと比べて見せられたらよいのですが、
それぞれ、近くに産卵することが「必ず」あるので、そのときに。
(忘れんなよ、自分)
DSCF1946[1]_convert_20130612162145

ヘロヘロのアゲハママが、最後の力を振り絞って産卵中。
4枚の翅はどれも傷や欠損があり、
風に逆らって飛ぶことも困難な様子でした。
子どもたちは私が代わりに見守ります。
DSCF1950[1]_convert_20130612162309

キアゲハのために残しておいたニンジンの葉に
こんなのがくっついていた、っていうか巣を張っていました。
きれいに折りたたまれているのは、長ーい足ですよね?
ピントがニンジンに当たってしまったなあ(一眼レフ欲しーなー)
DSCF1955[1]_convert_20130612162632

大地の裂け目・・・ではなく、プランターの土ですが、
音信不通に思えていたナタマメが発芽を迎えるのです。
待ってた、この時を!
未知の世界です。
どんなカタチの双葉なんだろう。
DSCF1943[1]_convert_20130612161423

ブラックベリーの開花。
中に雄しべと雌しべが見えています。
コレがああなる・・・と想像すると、
チョウもハチも、さあさあ飛んで来いと思う。
DSCF1951[1]_convert_20130612162449

今咲いているルピナスはみんな薄い紫。
あ~あ、でも拾ってきたタネだし、仕方ないかな~と思っていたら、
フレームアウトでピンクが咲きかけていました。
ただし、ちょっと花穂が短いようで・・・残念。
今年の秋は、買ったタネをばら蒔いてみようかなあ。
でも、咲くのは3年後(長生きしなくちゃね)
DSCF1957[1]_convert_20130612162756

かえすがえすも、残念。
こんなにきれいな色なのに。
DSCF1956[1]_convert_20130612182130


冬越しラベンダーがたくさんの蕾をつけました。
今年は自前でポプリが作れるかな。
乾燥させる間も、楽しめますよね。
DSCF1960[1]_convert_20130612163113

昨年のこぼれ種から生き残ったポピー。
蛍光イエローは、見ていて元気になるね。
このプランターは、昨年はポピーだったんだ、としみじみ。
今年はゴーヤーが絶賛成長中。
消費に困るので、今年は1株だけにしました。
DSCF1945[1]_convert_20130612161709

畑には、まだ空きスペースがあります。
まあそれで楽に歩き回れるのですけれども、
エダマメでも蒔いておいたらよいだろうか、と。
肥料もなんもいらないし、あとからも手がかからないし、
背が高くなったら、倒れないように細工するだけ。

トマトもナスも順調に伸びて花を咲かせています。
キヌサヤもあと少しで花をつけ始めるでしょう。
みーんな、次の作業を待っている。

あとは雨が降って、私が回復するだけ。


同世代ブログ一覧
 にほんブログ村 シニア日記ブログ がんばるシニアへ
 
ブログ分析サイト
 
 
関連記事
テーマ:写真日記
ジャンル:写真
【憧れ・7】ショパン「アンダンテ・スピアナートと華麗なる大ポロネーズ」Op.22
2013年06月11日 (火) | 編集 |
ショパン 「アンダンテ・スピアナートと華麗なる大ポロネーズ」Op.22

初めてこの曲を聴いたのは、中3の、確か文化祭だ。
弾いたのは弟の同級生だった。

小山実稚恵さん、当時中1。

それまでにも、彼女が何か賞を獲得するたびに、
全校朝会で演奏を聴くことができたのは、在校生の特権だ。
記憶しているのは、ショパンエチュードOp.10-1。

家もご近所だったため、小学校の子供会も一緒で、
母親同士は、そのお世話役として交流があった。
(練習はお好きではなかったらしい。本番にめっぽう強かったとか)

ともかく、春秋社版では25ページ分にもなる大曲であり、難曲である。
私だったら、アンダンテスピアナートの部分だけで満腹になり、
そのあとの譜読みをしようっていう気にもならないかも。

最近では、ときどき練習会に利用するホールで
若手の県人ピアニストが演奏したのを聴いた。
やわらかい音だったと思うが、イマイチ印象は薄い(ゴメーン)

が、今日また衝撃の演奏を耳にした(目にもした)。
若干13歳の(当時の小山実稚恵さんと同じかー)ピアノ男子による
本人いわく「練習中」だという演奏動画。

こんなの観た日にゃ、「やってみようかしら」なんて
金輪際、思いませんですよ。
憧れとして、神棚に祀りあげておくとしよう。


やり直しピアノ関連ブログ一覧
 にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ
 
ブログ分析サイト
 
 
関連記事
テーマ:ピアノ
ジャンル:音楽
ヒマなのでぇ~
2013年06月11日 (火) | 編集 |
薬が効いているんだか、やる気出ないし(はっ、日常だ)
体力が落ちているから、起きたと思えばゴロゴロ・・・の生活。

どんなにヒマだとはいえ、それじゃ遊びに行ってきまーす♪ ってのは
風邪を移しちゃうことになるからNGで、
そうなると、さして体力をつかわずに家の中で遊べること・・・

こういうの。
ほんとうに面白いですよ。
必要なのは、簡単な四則計算の知識。
大事なのは、発想力。

今、検索してみて「第2弾」だったことを知った。
あー、表紙にも書いてあるし(見ないヤツです私)
シリーズ制覇したいと思います、いずれ。

そしてこれ。
このシリーズは「イモムシハンドブック」で知り、
以来すこしずつ、興味のある分野につき、買い求めてきた。
1冊が安くないのでね(写真だから)

買ってすぐに、いつも見慣れているアゲハの卵が
どのように紹介されているかと思ってペラペラとめくってみると
「アゲハ」の説明に「クロアゲハ」の幼虫の写真が使われている。
えーーっ、でも東北以南では違うのかも(そんなことはありませんっ!)と
おそるおそる「違うよね」と担当者様に申しあげたところ(それもツィッターで)
ほんとうに、間違いだったようで
アゲハウォッチャーの私としては、
「鬼の首1ヶいただきました」という心境だった。

今回の「大きなヒマつぶし」に
ふたたび日の目を見たこの本だったが、
ななな、なんと私、今度は誤植を発見しちゃったもんね。

昨年7月の初版なので、第2刷以降、直っていることに期待したい。
(直っているかどうか確認しにゆく楽しみができた♪)

ちなみに、104ページですぞ。
重箱の隅をつつくような話、なんともヤな性格だね。
 (編集者向きという声も)
それもさ、箸で、ではなく、ツマヨウジで。

 *--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

ヒマだけど体力が落ちていて、集中もできなくて、
デジピを弾いてもすぐに腕がだるくなり(哀ノД`)゚+.゚゚+.゚
いいことなんかひとっつもないようなここ数日だけれども
その分、動き回っていては見過ごすようなものやことに
思いがけず、目を向けることができてよかったなあと思わなくちゃ。


同世代ブログ一覧
 にほんブログ村 シニア日記ブログ がんばるシニアへ
 
ブログ分析サイト
 
 
関連記事
テーマ:雑記
ジャンル:ブログ
ありがとう、土
2013年06月11日 (火) | 編集 |
春まだ浅いころのバッケ(フキノトウ)から始まって、
アスパラガスが続き、ワラビが顔をだし、ウコギが芽吹き・・・
これまでも、それなりに感謝はしておりました。

が、しかし、but、
いよいよ「植えたもの・蒔いたもの」の収穫が始まりまして。
 (アスパラはすでに「勝手に出てくるヒトたち」に分類)

DSCF1941[1]_convert_20130611110534
結球しないリーフレタスは、外側から少しずつ葉を欠きとります。
サンチュもそうですよね(種蒔きに失敗・発芽せず、泣)
ラディッシュは細長くなるタイプにしてみました。
これが終わったら、真ん丸真っ赤タイプにしよう。
そして、毎日採れるアスパラガス。
毎日とはいえ、1~2本です。
でも、柔らかいときに食べてあげたいので
本数がまとまってからってことはしません。
どうせウチにはクチが2つしかないし。

これから、ジリジリとエンゲル係数が低下してまいります。
その分、楽譜買ったり文房具買ったりマンガ買ったりします。やっほう。

 *--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

イチゴが色づき始めました。
昨年秋に植え替えをサボったので心配しましたが
変形もなく、きれいに膨らんでいます。
DSCF1938[1]_convert_20130611105850
「土なんだよだね」
会うたびにそう言うのは、イチゴ農家であるところの従兄。
それ聞いてから、有機的土壌改良にいそしんできたのに、
昨年はパートのオシゴトを始めたことで、畑に出る時間が激減、
そこにもってきて冬の訪れが早くて、
秋じまいさえ満足にできなかったんだもーん。
・・・と言い訳しても通用しない世界ですよ、畑って。

 *--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

こちら、超手抜きができるとわかってしまったレタス。
DSCF1940[1]_convert_20130611110350
タネ蒔く必要はない!
1~2株をほったらかしにしといて花を咲かせ、
綿毛が見えたらボソッと抜いて放り投げとけば
春にはポソポソと発芽しているという寸法よ。
適期さえ逃さなければ、それを植え替えるだけ。
ぬかりなく適期に植え替えたのが写真の状態になり、
今日から収穫することになったわけ。

期せずして義母がおこなったその方法、
ご本人は全く意識がないものと思われますが

「しっかりと受け継がせていただきます」

義母にも感謝だ。

そして、ヤセワラビのあく抜きなう。
外に出ていたのは、ほんの10分間ほどでした。
一応ね、まだビョーニンだから、うん。


同世代ブログ一覧
 にほんブログ村 シニア日記ブログ がんばるシニアへ
 
ブログ分析サイト
 
 
関連記事