続・かふぇ婆ウォッチング

盛岡在住ババァの日常たれ流し。 2011年10月、ピアノのマジ練を再開しました。

Archive [2014年03月 ] 記事一覧

いいと思うことはなんでも

泣きわめくアヤメさんを抱えてピアノの前に座りまして手を持って、ピアノをポーン、、、ピロ~ン、、、すると、泣き止むんですよ。これは、と思い、モーツァルトを弾いてみると、たいへんゴキゲンさんになる。アホなおババはすっかりその気になりました。胎教によいとか、育脳によいとかいうことでそりゃあやっぱりモーツァルトだべ、という説を聞いたことがあります。が、あれ、根拠は薄いみたいですね。モーツァルトに限らないん...

母に負けた

今日も母は絶好調で(当人比)4ゲーム目なんぞ、スクラッチで負けましてね。(スクラッチとは、ハンデの入らない素点のこと)(母はその上ハンデをたんまり持っている)(いわゆる、ハンデがモノを言うというやつ)(それなのに、ハンデなしで負けたんだぜ、もう!)敗因は、何かなあ・・・今日もめっちゃくちゃ割れました。(割れる=スプリット=離れたピンが残っている)しかし、10ピンクリア率は高かったんです。自分として...

冬かもね

昨日は春だったのに、今日は冬です。低気圧の勢力が強いとみえて、朝から頭がぼーーー、まぶたがどんより。。。しかし、薬を飲むっていうほどでもなく。さあ、春⇒冬ときて、明日あたり秋になりますかな? *--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*年に一度、春の定期総会でした。あやうく忘れるところだったぜ。これといって、なにも揉めることのない、いたって穏やかな総会になって3年。エラぶる人がいなくなると、とたんに雰囲気が...

春でした

今朝、ウグイスの鳴き声が聞こえてきまして。あ、こりゃもう、間違いなく春だなと思いましたです。ヤツら、このあとお盆過ぎぐらいまで鳴きますのでね。今のうちだけですね、聞こえてありがたいと思うのは。昨年11月にワカメさんと一緒に球根を仕込みました。確か(ほーら、覚えちゃいない)ミニチューリップだったような。そのあと、普通の大きなチューリップも植え付けようと思ったけれど、確か(またか)天候に恵まれなくて、...

人に恵まれる

私は文章教室を休んだこと、記憶の限りでは、ありません。記憶の限りっていうところがすでにヤバいんだが、休んだ記憶はないのよ、マジで。(あったとしたら、別の意味でマジヤバ)ただ一度、初回に(なんと、初回ですよ!)講師先生さまを待ちぼうけにさせてしまった(~_~;)今思い出しても、大汗冷や汗脂汗ですわ。1週間、間違えていたのでした。その記憶があまりにも鮮明で、他の失敗は「取るに足らぬ」と思えてしまうんだなあ。...

あ・・・めげそ

このところ、たいへん盛んに活動しているピアノサークル。それというのも、発表会に出たメンバーがいたり、近いうちに出るというメンバーがいたり、出ようかなどうしようかなと迷っているメンバーがいたりと、モチベーションアップにつながるトピックがあるからです。私自身は、今のところどんな発表会にも出るつもりはないです。いろいろ理由はありますが、 一番は「着るものがない」 二番は「着る物を買う財力がない」 三番は...

チェルニーと並行して

邦人作品も弾こうかなと思っていまして、いくつか候補にしています。子どもも弾くような、かわいらしい曲ですが大人には大人の表現があるのではないかな、と。それよりまずチェルニーで、さらにまずバッハなんですけどね~~カールおじさん練習曲から選曲した中で、まっさきに取り掛かりたいのは18番。弾けるシアワセを感じる1曲です。今日は弾けませんでしたけれど(~_~;)聴いてもらうために弾くわけじゃないので、サークル練習...

チェルニィィィ~

カールおじさんの、あまたある練習曲集の中でも弾いて面白い曲が多いのが、50番練習曲。サンプルが50もあれば、そりゃあね。30に比べりゃね。私は30番40番50番しかやってこなかったので、チェルニー練習曲について一般論は「ふぅん」と聞くだけ。面白い、という一面しか知らないので、反論しにくい。嫌いだとか、面白くないとかいう感想を持つには、それなりのことが(先生との相性も含めて)あったのでしょう。ラッキ...

と、届きませんっ

月曜リーグは、春のシリーズに突入しました。毎度、シーズン1発目はなぜかスコアのよい私、、、ですが今日はいつもと違って、普段の、ありのままの自分。700って、とっても遠いのね。すぐそこにあるのに、手を伸ばすと逃げてしまう。今日も、届きませんでした。ペパーミントリーグ-春-第1週 1G  168  まさかの7番ピンミスと、やぱり10ピンミス 2G  182  おっきいスプリット2つに阻まれた 3G  144  スプ...

選曲は楽し

相変わらず、1日に1音も弾けない日々。ですが、やりたい曲はありますの。やるやる、やりたい、やるぞっていうのがチェルニー。誰が、なんと言おうと、ってのは、チェルニーを弾くことに賛否あるからで、いえ、むしろ否が絶大なのですな。「なんでそんなのやる必要がある?」とか「百害あって一利なし」とか「チェルニーをありがたがるのは日本人だけ」とか「機械的で美しくない」とかググってみてください、それはもうもう、カー...

右サイドメニュー

Calendar

02 | 2014/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Recent Entries


Play The Piano


Recommend







Booklog


Request Form

ブロとも申請は[こちら]から

Search


Access Ranking

[サブジャンル] * ピアノ *
8位
上位を見に行く>>