続・かふぇ婆ウォッチング

盛岡在住ババァの日常たれ流し。 2011年10月、ピアノのマジ練を再開しました。

Archive [2014年08月 ] 記事一覧

♪~イギリス組曲第4番メヌエットⅠ・Ⅱ(1)

人生において、イギリス組曲を弾くことになるなどということは、まるっきり、1グラムも、1ミリも、想定しておりませんでした。それどころか、フランス組曲はなんとなく知っていたけれど、イギリス組曲なるものの存在を知らなかったね。意地とコンジョでフランス組曲を全部弾いたあとでも、イギリス組曲はプレリュードの長ったらしさが大きなハードルで、手をつけようという気持ちにはなれなかったのでした。何がきっかけだったん...

ぽっぽっぽー

フリーな1日をフルに動いたためか、昨夜から発熱。一夜明けてもなお、ぽーーーーーっとした感じが残っている。しかしオシゴトだ、それっと自分に活を入れて出かけたわけです。オシゴトについて、詳しいことは書けませんが、一人っきりということがなくて、少し手が空くと、おしゃべりに花が咲きます。 (おしゃべりオッケーなショクバです)今日も楽しかったな(おしゃべりが)話した内容は、「暗いトンネルの真ん中にいて、どっ...

♪~イギリス組曲第4番クーラント(1)

この曲の、「意味のわからなさ」は、アルマンドをはるかに超えていました。楽譜からまったく目が離せません。それはもちろん、譜読みを始めて間もないせいもありますが、予測不可能な曲の流れに、気が抜けないのです。いっぱい書いてあるモルデントやプラルトリラーのうち、どれを採用するかも、まだ確定していません。クーラントなので「走りたい」のですが、走るための筋肉がないからなあ。テンポはこんなもんで、内容を充実、か...

ヒマで忙しい1日

朝。予定がなーんにもない、朝。予定がなくても、やることはありますのでね、洗濯機を回しながら考える。あ、そーだそーだ、蕁麻疹の薬、火曜日のオシゴト帰りに病院に寄ってくるの忘れてたのだった。病院といえば、カジさんのワクチンもまだだった。クレートを積まなくちゃならないから、雨続きだとやる気にならなかったんでした。ということで、まずは私の病院。びっくりするほど待合室ガラガラで、いつになく、今年の畑は、なん...

失礼を承知

ピアノサークル「花音」の活動日であります。野村胡堂あらえびす記念館ホールのナナちゃん(YAMAHA C7)は、今日も絶好調、ほんとうに音のきれいな、よく響くピアノです。ピアニシモが思いのままに出せるピアノって、そこらじゅうにゴロゴロ転がっているわけじゃないのでね、この機会はたいへん大事にしたいところです。今日も何度か、音にしてから「あ、違う!」と、より繊細な音を意識して弾き直すことがありました。そういった...

Linus And Lucy

昨日はまったくピアノ弾けなかったので、今日の練習は真っ先に指トレ。いつものポジション(E+)Eのオーギュメントで指を1本ずつ上げて下げる、次は和音で、とやっているうちに長3度の和音に対する倍音が聞こえてきましてね。ピアノの状態がよい証拠だなと嬉しくなって、バッハもショパンも、倍音を意識した練習をしました。濁らせない、響きを聴く、減衰を味わう、など。 *--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*東北はもう2学期...

誤作動ではなく誤動作

またやってしまったー間違い電話というか、間違い架電。先日は、もり子嬢を「ギョ」とさせたばかりか、あわわわとなった状態のまま、いやこれは間違いなのでしてまことにどうも申し訳なく、申し訳ねっすーとそれが謝っているセリフかい、みたいな何かを喋って切ったのでした。今日は義妹に無用な心配をさせてしまいました。あーっっ! 架かっちゃった! というときにすぐに何をどうしたらよいのかわからなくて、要するに電話を切...

♪~アルマンドサラバンド

へんちくりんなコード進行にまだ慣れませんが、耳から覚えるための録音をしました。アルマンドは「流れるように軽くサラリと」弾くのが目標。つまり今、めっちゃヘヴィで、ゴジラがズンズンズンズン・・・と歩いている感じなので。テンポキープで精いっぱいなんですね。八分音符はノンレガートでよいのだろか。てか、そう信じて弾いていますが、はやいとこ原典版を手に入れなくては(貧しさに負けています)サラバンドは「神の国が...

アルマンドサラバンド

アルマンドの譜読みをして、「これ好き~」となった翌日にして、「一曲だけじゃあねえ」と、サラバンドも並行練習することにしました。アルマンドは見開き2ページ、サラバンドは1ページ。一度に練習できる量です。アルマンドは、曲の流れをざっと掴む感じの練習。サラバンドは、まさに譜読み。順序に弾くなら、サラバンドの前にクーラントがあるのですが、ご多分に漏れず、速いだけではない厄介さがありまして。気持ちの準備がで...

よし、次だ

昨日、6分を微妙なところで切った記念の録音を晒し、まちがったり止まったりすることは「ともかくとして」と開き直り、あとはこのテンポに慣れてゆくだけだ、と豪語したプレリュード。今日、一発目にこれ弾いたらば、5分50秒でした。引っかかったり弾き直したりがなくなると、5分40秒ってところか。あとは、このテンポで安定すること、もうちっとニュアンスをつけること、だな。暗譜したいんだけれども、なんかこの曲はダメ...

右サイドメニュー

Calendar

07 | 2014/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

Recent Entries


Play The Piano


Recommend







Booklog


Request Form

ブロとも申請は[こちら]から

Search


Access Ranking

[サブジャンル] * ピアノ *
8位
上位を見に行く>>