fc2ブログ
ファンシーヤーン
2014年10月31日 (金) | 編集 |
シュシュを作り始めたのは、記録によると(ブログ遡り~)
2008年の秋ぐらいだったようだ。
自分のことなのに「ようだ」というのは、いささか頼りないのだが、
記事にしない日もあったことを思うと、はっきりとは言えないのである。

縫ったり、編んだりして、これまでいったい何百個作ってきただろうか。
最も集中して作りまくったのは、震災以降の数か月。
被災地に何か届けたい、でもお金はないし。
そこで、作りためたシュシュを、週末ごとに沿岸に通う知人に託した。

数が欲しい、というときに嬉しかったのが、100均のファンシーヤーン。
手芸店では1玉300円とか400円とか、
ヘタすると800円もするようなお高いお糸さま。
それと比べたら確かにちょっと手触りなど劣るけれども、
なにしろ個数をたくさん作りたいのと、
所詮は消耗品であること、そして予算を考え合わせて、
100均で大量に購入して作りまくるほうを選択したのは間違いじゃない。

こーんな素敵カワイイ糸が各種。
お店によっても品ぞろえが違うので、
見て歩くのも楽しいんだ、これが。
fc2_2014-10-31_21-49-01-193.jpg

糸の太さやかさ、作るシュシュのボリュームにもよるけれど、
平均して1玉につき3~4個はできる。
1個あたりの原価は、かなり抑えられる。

繰り返しますが、消耗品ですから。
いっぱい持っていたいでしょ、こういうの。
私も、自分用を10個以上はもっている。
ヘビロテのお気に入りは、やはりヘタるのも早く、
入れ替えの頻度もそれなりに高い。

もちろん、たまに「高級なお糸さま」を買うことも、あることはある。
が、う~~ん、と考え込んじゃって、かえって作品にならないことも。
失敗しても100均、という気安さは、量産の裏付けになる。


編みシュシュに比べて、布シュシュは持ちますね。
中のゴムを入れ替えることができるから、
破れたり千切れたりしない限り(まず、しません)
ずーーーっと使える。
だから、作るときは布シュシュのほうを吟味する。
逆に、編みシュシュは、どんどん作ってどんどん使い捨てる。
飽きたらポイして罪悪感がない。

最近またいくつか作ったら、おもしろくなってきた。
秋の夜長、音楽を聴きながらシュシュを編みましょ。


やり直しピアノ日記一覧 / 50代女性日記一覧 / ブログ分析サイト
  にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ    にほんブログ村 その他日記ブログ その他50代女性日記へ    
 
 
関連記事
テーマ:こんなん買いました
ジャンル:ブログ
チャレンジャー
2014年10月30日 (木) | 編集 |
ペ・ヤング・シューマンのアベッグは、
とりあえず暗譜のめどが立ちました(9割ってとこ)
バッハパルティータと並んで、11月も弾いてゆこうと思っとります。
両曲ともに、ゆっくりながらも味わい深く弾くのが目標。

ちなみに、引っかかろうが止まろうが、どんなにゆっくりだろうが
最初か最後まで弾き通しますと、
バッハ16分(^_^;)、シューマン10分(^_^;)かかります。
繰り返さないのに。


ところで。
このところ弾いていなかったロマン派の、
私から見たら「塔のてっぺんの旗」みたいな曲を、
少しずつ譜読みしてみようかと思って。
これはもう、まったく、大チャレンジです。

いずれ弾きたい、雲の上の曲とか、月面宙返り曲とか、
それよりはちょっと下っていうイメージなんです(個人の感想です)

曲名は、最後まで譜読みができたら明かすことにしよう。
前にもちょっと挑戦しようかと思って1日で挫折したのさ。
なので、無理せず、決して急がず、ていねいに、
コード分析しつつ譜読みをして、耳に馴染ませて。
ちなみに今日は3ページだけにしときました。

明日は夕方から研修があって、いつもの時間帯には練習できません。
日中にちょっと弾けるかな。


やり直しピアノ日記一覧 / 50代女性日記一覧 / ブログ分析サイト
  にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ    にほんブログ村 その他日記ブログ その他50代女性日記へ    
 
 
関連記事
テーマ:ピアノ
ジャンル:音楽
難攻不落なヤング・シューマン
2014年10月29日 (水) | 編集 |
敬遠していたシューマンのマジ練を始めたらハマった。

アベッグ変奏曲 Op.1

若干20歳のときの作品で、シューマン臭は薄めかもしれませんね。

で、、、
とってもていねいに譜読みし直しましたらば、
イイカゲンだったことがわかって、ガックリきております。

音ではなく、ペダル。
こういうカタチって、スラーの頭で軽く踏みたくなるのが人情、、、
なのに、違ったよ、おいおい。
バス音に入れるのね(~_~;)
直すのに何日かかるだろうか(~_~;)(~_~;)
fc2_2014-10-29_22-31-59-300.jpg


こちら、右手の駆け上がりアルペジオは、
とっても繊細に弾かなくてはなりませんが、
和音を弾く左手の甲をなでるように超えてゆきます。
この指使いが、春秋社では[12345,12345~]なのに対し、
コルトー版では[12312,12312~]なんですよ。
さて、どっちを採用したもんだろうか。
fc2_2014-10-29_22-32-45-562.jpg


意外なことに、最も弾きにくいのが、テーマ。
ゆっくりしか弾けないからなのかもしれません。
ドライブ感が出ないというか。
fc2_2014-10-28_21-19-49-638.jpg

ちょっとタイヘンそう。
ちょっとガンバル。
飽きるまでね。

パルティータの練習は続けているよ。
モーツァルトはお休みだい!


やり直しピアノ日記一覧 / 50代女性日記一覧 / ブログ分析サイト
  にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ    にほんブログ村 その他日記ブログ その他50代女性日記へ    
 
 
関連記事
テーマ:ピアノ
ジャンル:音楽
反省のしかた
2014年10月28日 (火) | 編集 |
ホール練習会でした。
この会場は、春以来、、、なんですが
私自身は、2週間ほど前に吹奏楽のイベントに出演したときに
このホールのスタインウェイを弾く幸運に恵まれました。

今日はベーゼンドルファーと2台並べて弾きホーダイ。
DTae4ORQ.jpg

印象としては、
ベーゼンドルファーは音がしっかりと立っていて、コツコツとした手ごたえがあり、
スタインウェイは空気の中にもやっと馴染むような軽い音、タッチも軽々。

好き好きですが、今日のはどっちもよかったな。
私は半々で弾きました(確か)

発表会を控えて、ド緊張で練習しているメンバーもいる中、
レンジでチン! みたいな予定外の曲を解凍して弾いたりして、
ほんっと、遊び半分でスマンスマン。

 *--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

メンバーの演奏を聴きながら、つらつらと思ったことなど。

小学校の(中学校もか?)「帰りの会」などで、
今日の反省なんてなことをしますよね。

~~ができませんでしたとか、
~~するように気をつけたいと思いますとか、
今日の自分の至らなかったことを穿り返して申告する。
いや~~な気分で終わるわけですね、1日。

いっくらなんでも今は、もうちょっとよくなっているかな。
「よかったこと探し」かなんかやってたらいいなあ。
担任の先生の考え方とか、学校の方針とか目標とか、
そういったことにも左右されるのかもしれません。
いずれ、「あらさがしタイム」でしたよ、私の頃は。

日本人がみんなそうだ、とレッテルを貼るわけではないけれど、
「私なんぞ」と謙遜する文化だからね。
「反省」っていうと、自分に何が足りないのかを中心に「省みる」んだな。

省みて、そのことで落ち込むことがあるってのが厄介。
失敗したとか、できなかったとか、そうやって反省してもいいんだけれど、
それで、どうするの? っていうほうが大事で、
それはつまり、終わったことはもう変えられないからで、
私には明日もあって明後日もあるから、
終わってしまったことに縛られて動けないのは困るわけだ。

日本語には(外国語にもある?)ステキな言い回しがあって、
「このことを踏み台として」、ステップアップしましょう、と言われると
なんとも言えず、晴れやかな気分になります。
終わったんだから踏んづけて行っていいんだ、って。

そうなんだなーと思えるようになるには、間違いや失敗のあと
すこし時間がかかることもあったのですが、
おおむね、「土台にして踏んづけて」こられたかなと思う。

たとえばですね、県内では規模の大きい某ピアノ団体を
体調不良だったために、なし崩し的に脱会することになったのですが、
そのことは、いつまでも澱のように心の中に淀んでいました。
無理してでも続けることが、できないこともなかったから。

でもねえ、円満とはいえないカタチで辞めたことを
「なかったこと」にはできないわけですよ。
だったら、さっさと気持ちをきりかえて、別の方向を探ろう。
時間はかかったけれど、そうしてきた結果が、今なわけさ。
つまり、無理して、がんばって、某ピアノ団体に所属し続けていたら、
今のピアノサークルのような繋がり方はできなかった。

「反省」なんてものは、踏みつけて次に行くための階段のひとつだ。
自分が自分らしく生きるためには、なんでも貪欲に利用する。
ゲゲッも、トホホも、ガックリも。

今日も、新たに譜読みの間違いを見つけて反省。
もちろん、これを材料にして、さらにていねいな譜読みを心がけます。
他、現在進行中の数々の失敗も、いつか踏み台にできたらねえ・・・


やり直しピアノ日記一覧 / 50代女性日記一覧 / ブログ分析サイト
  にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ    にほんブログ村 その他日記ブログ その他50代女性日記へ    
 
 
関連記事
テーマ:ピアノ
ジャンル:音楽
ピンの立て方が悪い
2014年10月27日 (月) | 編集 |
月曜リーグ秋 第8週

 197 154 183 153   To. 681   Av.170.25


なんでソレを取りこぼす? っていうミスが・・・5回。
スプリットが6回、10ピンミスが1回。
計12回のミスは、なぜか「ここぞ」というときに出るんだな。

水曜リーグメンバーの口癖であるところの
「ピンの立て方が悪い!」
月曜のメンバーに教えたら、めっちゃウケた。
ジャスト8のときなんか、ほんっと、そう思うもんね。

なんだかんだいって、結局は「ココロ」の問題だと思う。

水曜リーグメンバーの女子会が夜にあったんだけど、
さんざんバカ話して、車に乗ってそれぞれ送り届けるときに
誰からともなく話し始めたのは、
「こういうボールが欲しい」
「こういうウデが欲しい」
「そして動じないココロが欲しい」

んだんだ、と皆が納得したのでした。
一度でも250とか出したことのある自分であるならば、
次もきっと出すことができる。
それを阻むのは、メンタルだよね、ということ。

これって、ピアノにも通じる。
ミスらずに弾けたことがあるのなら、次も弾けるはず。
でもうまくゆかないのには、それなりの理由があって、
ウォームアップが足りないとかいう基本的な問題を除けば
たいていは、ココロのあり方の問題なんだと思う。

明日のホール練習会に向けて、ひとっつも練習できなかったんですが、
すみません、ステージ上で「えっと~」と譜読みをすることになりそう。
暗譜した曲もいくつかあるにはあるけど、
なにしろココロに問題があるので、どうだかね。


やり直しピアノ日記一覧 / 50代女性日記一覧 / ブログ分析サイト
  にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ    にほんブログ村 その他日記ブログ その他50代女性日記へ    
 
 
関連記事
テーマ:ボウリング
ジャンル:スポーツ
ホール練習会に向けて
2014年10月26日 (日) | 編集 |
火曜日のホール練習会、何を弾こうっかな~
っと、選べるほどの数を練習していないので、
アレとコレとソレ、しかないのです。
それも、まだマトモに弾けていませんし。

 アレ・・・バッハ  全部は弾けない
 ソレ・・・モーツァルト  ヨタヨタと
 コレ・・・シューマン  思い出しつつ

これまで、ホール練習会の予定が立ちますと、
そこに向けて、ある程度詰めた練習をしてきたのでした。
が、今月はほれ、ドンパルがあったっものだから。
それ以後「リセット♪」になっちゃったからさ。。。

3周以上に順番が回ってきたらどうしましょ。
暗譜している中から弾けそうなヤツを掘り起こせるかなあ。

おお、そうだ。
ブルグミュラーの大人弾きという手があるではないの。
ソナチネの大人弾きもいいねえ。


ぼやぼやしているうちに、10月が終わっちゃう。
今年って、あと2か月しかないんだね。
今年中に、って言ってた曲、手をつけてないわ~~
その前に弾きたい曲が「横入り」しちゃったから。
「絶対」ということはないと思っているので、
変更はどんどんアリだ。
それが建設的なものであればなおよし。

そういえば、手帳もまだ準備していないなー
こんなこと、めずらしいな・・・
いいやつ、買おうっと。


やり直しピアノ日記一覧 / 50代女性日記一覧 / ブログ分析サイト
  にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ    にほんブログ村 その他日記ブログ その他50代女性日記へ    
 
 
関連記事
テーマ:ピアノ
ジャンル:音楽
だんコロ
2014年10月26日 (日) | 編集 |
フィールドをうぞうぞと動き回るダンゴムシを
指でチョンとつっついて丸めて、
そのままコロコロ転がしてプリンカップにIN。
また次のダンゴムシを捕まえに行こう。
ぼやぼやしていると、プリンカップから這い出てしまうよ。

fc2_2014-10-26_16-24-40-199.png

集めたダンゴムシは、迷路の上を転がして遊ぼう。
スマホを傾けるとダンゴムシがコロコロ転がるよ。
中には、勝手に歩き出すのもいるから、
また指でつっついて丸めてから、転がそうね。
 (公式の説明文ではありません。ねつぞー)


「だんごむしコロコロ」
っていうアプリを教えてもらいました。
スコアを競うとか、そういうのではなくて、
小さい子向けの簡単なアプリです。
けど、なんか心を無にすることができそうでね。
ダンゴムシ、結構リアルだし。


なんでこれが「オシゴト」カテゴリーなのかというと、
これ教えてくれたのが、オシゴト仲間で
どっちかというと「バリバリ系」の方なんですよー
でも、こびとづかんとか、そういうキャラもんが好きな方で、
何かと話が合うんでした。

はー、脱力脱力。


やり直しピアノ日記一覧 / 50代女性日記一覧 / ブログ分析サイト
  にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ    にほんブログ村 その他日記ブログ その他50代女性日記へ    
 
 
関連記事
テーマ:日々の出来事
ジャンル:ブログ
寒さが奪うもの
2014年10月25日 (土) | 編集 |
それは時間。
寒くて縮こまっていると、容赦なく過ぎるのよ、時間のやつ。
ひとつひとつの動きがニブくなっちゃうし(昆虫っぽい)
やろうと思っていたことの、半分もできなかったよ。

そんな中でも、惜しみたくないのは、ピアノにかける時間。
今日は2時間半ぐらいかな。

 *--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

高くて厚い(暑い、も可。暑苦しさを感じるから)壁であるところのシューマン、
やはり、たまーに胸を借りたくなるんだな。
Op.1にするか、Op,2にするかで迷って、
結局、以前ある程度譜読みしてあったOp.1のほうに。
アベッグ変奏曲ですね。

去年の春先あたりに練習した形跡がある。
その前に、譜読みしていたし、
どんな曲か、どんなテンポの曲かは知っているのです。
けど、無理。無理無理、無理。
何を弾いてもそうであるように、テンポは出せません。

いたるところに、真珠を連ねたようなコロコロしたフレーズがあるのですが、
イメージ通りに弾けたことなんか、一回もないし。

これはアレだ。
暗譜したら興味を失うという、悪しき習慣のせいだよきっと。
辛抱が足りないんだよ、たぶん。
暗譜してから、粘らなくちゃならないんだ、おそらく。


  ちなみに、「大洋」は暗譜しちゃったみたいです(~_~;)
  バンド練習のときに弾いてみたら、最後まで辿り着けた。
  まだ、ええええ~~っと、っという状態ではありますけど。



やり直しピアノ日記一覧 / 50代女性日記一覧 / ブログ分析サイト
  にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ    にほんブログ村 その他日記ブログ その他50代女性日記へ    
 
 
関連記事
テーマ:ピアノ
ジャンル:音楽
ピアノであれ!
2014年10月24日 (金) | 編集 |
年に2回のこの日がやってきました。
ゲラ刷りをじっくりと「見て」(読んじゃうと見つからないのだよ)、
誤植を見つけ、体裁などを整える、つまり校正の作業だけれど、
実は最終的な推敲指導の入る場でもあります。

病院の待合室よろしく、一人ひとり名前を呼ばれ(同じ部屋の中ですが)
講師の先生と膝をつき合わせて、細かい指摘をいただきます。
「△△の数値が高いから、塩分と糖分と脂質を控えるように」

病院じゃなければ、学校の個人面談。
「遅刻が多すぎて、このままでは内申がヤバいので、生活態度を・・・」

待っているほうはだんだん雰囲気に慣れてきて、
勝手気ままにお喋りを始めるのだけれども、これがまた!
(どこぞのサークルみたいですな)
(3人ばかりカブっていますしね)

講師の先生と話すのも、深海のごとく深く、碧空のごとく広く、
いつもじんわりと考えさせられることばかりなのですが、
ここに集う面々もまた、非常に個性豊かで才能豊かなでありまして、
ふとしたお喋りの中から、うーむと唸るような話が聞けるのです。

今日も、いい話を聞きました。
「ピアノであれ!」というのがキーワード。
話したのは、ベリーダンスのインストラクターをなさっている方。
ダンスの基本なのだそうです。

先日、あるイベントでベリーダンスを見たけれども、
一目で、ああこれが先生だなとわかるもんですねと、
私が話したことがきっかけでした。
どんな動きをしても、身体の軸がブレないことに驚いた、という話。

その方が、ある先生の講習を受けたときのこと(とかなんとか(~_~;)
「先生はね、ピアノになりなさい、とおっしゃるんですよ」
ほぅほぅと聞いていた2人は顔を見合わせて、「はぃ~?」
すると、ダンスの基本姿勢はこうで、と実際に立って見せてくれて、
この、しっかりと安定して、揺るぎのない姿勢はまるで、
どんな人が弾いても(子どもが乱暴に弾いても)
びくともせずに立っているピアノそのものだというのです。

胸は心の目だ、とも。
胸を開いて立つことの意味の深さを感じます。

釣られるように、私も立ってみましたが、
ピアノどころか、安定どころか、太ももの筋肉が笑い出しそう。
つまり、基本姿勢すら、鈍った私の身体にはキツいということなのです。
ダンスって・・・突き詰めると娯楽じゃなくて、スポーツだ~~

ピアノを弾くのでも、基本をすんごく大事に思っている私にとって、
ダンスの基本姿勢が「ピアノのように」とつながったのがとても嬉しい。

基本を大事にする人が好きだから、
そういう人ばかりが集まる文章教室の居心地がよいのだと思ったのでした。



あ・・・ゲラの話。

ゲラ刷りとは、ユリ・ゲラーではなく、ゲラゲラポーの仲間でもありませぬ。
本の体裁のとおりに印刷して、校正するのであります。

こういうの(わざとピントをぼかしてるよ)
fc2_2014-10-24_22-11-08-478.jpg



持ち帰って、最終入稿と決まったその日まで、
さらにウンウンと悩みます。
文書ファイルを添付してメール送信「ポチっとな」で、
あとはもう1文字も変えられないのです。

 *--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

今日の南昌荘、二階和室の床の間。
光の捕まえ方が悪くて、色が出せませんでした。
fc2_2014-10-24_21-37-40-603.jpg


帰り、盛岡城跡公園横の道路が渋滞。
おかげで、紅葉の写真が撮れました。
fc2_2014-10-24_21-39-40-968.jpg

夕方4時ぐらい、光が溢れていました。
fc2_2014-10-24_21-38-35-113.jpg


やり直しピアノ日記一覧 / 50代女性日記一覧 / ブログ分析サイト
  にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ    にほんブログ村 その他日記ブログ その他50代女性日記へ    
 
 
関連記事
テーマ:ことば
ジャンル:学問・文化・芸術
ダルさのわけ
2014年10月23日 (木) | 編集 |
ピアノサークル練習会は、新規ご入会の方を迎え、
ますます楽しく愉快で発展的に盛り上がっています。

午前中は公民館を借りての練習、
この会場、スタッフの対応もろもろ、なべてよし、なのですが
残念なことに、今日はとても寒かった。。。
暖房設備はあるんだけれど、やりかたがわからんというか、
暖房入れたら別料金? と思って
聞きもしなかったんだけどね(ものぐさ)

11月からは、どの会場も暖房費込みの料金になるでしょう。
そうなれば、今日はどうかな、と気にしなくてもよくなりますな。


午後からの二次会は、ウチで。
都合がよかったのは白チェブさまだけでしたけれど、
ピアノそっちのけで(少しは弾きました)
編み物指南なんぞをやっとりました。

やっぱ、なんか作るのって楽しいですね~~

夜の時間が長くなって、
ぬくぬくと部屋にこもって編んだり縫ったりするのによい季節。
白チェブさま、パッチワークもやってみたいとのことです。
「基本のキから」なんですって。
こりゃあ、山のようにある布を消費するチャンスかも。
手芸用品を整理して使いやすいようにしとかなくちゃ。

 *--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

このところ1ヶ月ほど、夕方から夜にかけてダルダルで熱っぽいのは、
どうやら、16時に服用の薬のせいだったようです。
眠くなりにくい薬に変更し、様子を見ることになりました。

血液検査の結果も「まあまあ」だったことだし、
このまま「粗食と運動」で、中性脂肪をじゃんじゃん減らそう。
減量は必要ないとのことですが、
まあ、あと1kgぐらいは減らしといたほうがいいかな。
主に、甘いものを控えることにします(悲)
あと、果物も食べ過ぎ注意だそうです。


やり直しピアノ日記一覧 / 50代女性日記一覧 / ブログ分析サイト
  にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ    にほんブログ村 その他日記ブログ その他50代女性日記へ    
 
 
関連記事
テーマ:ピアノ
ジャンル:音楽
切れ端ゴム
2014年10月22日 (水) | 編集 |
小学生のころ、消しゴムを集めていました。
当時の消しゴムはほんとにゴムで、
字を消すと、ゴム部分がめったりと黒くなって紙が汚れたっけ。

プラスチック製の、色のついたのとか、匂いのついたのとか、
そういうのは、消し心地がイマイチで、すぐに欠けた記憶があります。
砂消しゴムなんてのもあったね(今もあるか?)

ちゃんと消える、シードの消しゴムが定番になって、
その後、消しクズが出ないとか、まとまるくんとか、
パズルになってるのとか、角だらけのとか、
繰り出し式のとか、ノック式のとか・・・
ま~~、いろいろ出てきましたね。
中学生ぐらいになって、消しゴム集めるのはやめたけれど、
今でもちょっと変わったのを見ると欲しくなる~~


こういうの、見つけて感激。
fc2_2014-10-16_21-37-30-194.jpg

製造工程で出る、切れっ端です。
大きさいろいろ。
消しゴムハンコに最適とのことですが、
小さすぎるのが多いかな。
木の軸をつけてやらないと、安定しないと思うよ。

fc2_2014-10-16_21-36-50-973.jpg

これが、実によく消える良品でした。
ピアノの譜面台に乗っけておいても、
譜めくりの妨げになりませんし。

小さいので、失くしちゃうこともあるかと思うけれど、
こんだけの量があったら、1年以上は持ちそう。
大き目のは、ほんとにハンコにしちゃおうかな~~


やり直しピアノ日記一覧 / 50代女性日記一覧 / ブログ分析サイト
  にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ    にほんブログ村 その他日記ブログ その他50代女性日記へ    
 
 
関連記事
テーマ:こんなん買いました
ジャンル:ブログ
げね!
2014年10月21日 (火) | 編集 |
バンド練習の休憩時間に、

「けね」っていう言葉を久しぶりに聞きました。
言ったほうも「久しぶりに喋った」とのこと。

「けね」は、その言い方で伝わるニュアンスが違います。

A・・・「なーんだ、さっぱけねな」(に強いアクセント)
    (和訳:なんだ、ちっともおもしろくないな)

B・・・「こいづぁおめさはけね」(言い捨てる感じ)
    (和訳:これはお前にはやらない)

C・・・青森あたりでは「食えない」と使われるようです。


今日の使われ方はAでした。
「け」が「ない」ので、「けね」なんですけど、
「け」は「毛」ではなく、色気や寒気などに使われる「気」ですね。
「気」が「ない」のは、面白みがないってこと。


私の両親は、県南出身なので「けね」は使いませんでした。
「げね」って、よく言ってました。
「芸がない=つまらない」だと理解していましたが、
それだと伝わらないニュアンスもありますので、
もっと奥深いルーツがあるのかもしれません。

意味としては、「けね」に通じるものもありそう。
地方が違うと、濁音になるっていうのは、
方言亜種としてはよくあることですしね。

「げね」の「げ」は、「鼻毛」の「げ」のような鼻濁音ではなく、
「芸術」の「げ」、つまりはっきりとした濁音です。

「げね」と言って通じるのは、
岩手でも六原・金ヶ崎・水沢といった、胆江地区に限られるようです。
少なくとも、盛岡のひとたちからこの言葉を聞いたことはないな。

「げね」
「まがって見る」

これを口にしたら、ズバッと指差して
「水沢(近辺)出身だろう」と言って間違いなさそうです。


今日の練習は、「けね」でひと盛り上がりしたんでしたが、
私としては「げね」のほうが耳馴染みがあるな。

夜練習のこのバンドには盛岡弁の遣い手といいますか、
ネイティブが数人おられるので、
こうして、音楽じゃないところで楽しむこともできるんだ。
素敵なバンドだ、うん。


やり直しピアノ日記一覧 / 50代女性日記一覧 / ブログ分析サイト
  にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ    にほんブログ村 その他日記ブログ その他50代女性日記へ    
 
 
関連記事
テーマ:日々の出来事
ジャンル:ブログ
ふかんぜんねんしょー
2014年10月20日 (月) | 編集 |
月曜リーグ第7週。

179 170 181 163  で、トータル 693、アベレージ 173

決して悪くはない。
最後、失速した感じだけれど、まあ、悪くない。

のに、なんか「やったぜ」っていう気がしないのはなぜだ?
7番ピンをミスったから?
6番ピンを連続でミスったから?

うーん、よくわかりませんが、
今日は「えー、まだ2ゲーム目~~」のように、
ゲームの進み具合がノロノロした感じで、
かなり疲れたと思ったのに、まだ1ゲームあるよ、まいったね、
などと、メンバー同士で言い合っておりました。

そして今、筋肉痛です。
そういえば、いつもよりもちょっと膝を使ったかも。
太ももの筋肉にきますよね、それって。
(スクワットを思い浮かべると、ああなるほどと思うね)

 *--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

ピアノは「多弾期」に入ったのかもしれません。
あれやこれや、手をつけたくなっています。

これ、コピーしてきました。
fc2_2014-10-20_22-38-58-090.jpg

ムスメが弾いた曲なので、何やら書き込みがあります。
テーマのモチーフにしか聴き覚えがなくて、新鮮~~

大洋のエチュードもヘイコラ言いながら弾いています。
7分ちょっとかかっておりまして、
「大洋」ではありますが、
「春の海ひねもすのたりのたりかな」のほうです、今んとこ。


やり直しピアノ日記一覧 / 50代女性日記一覧 / ブログ分析サイト
  にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ    にほんブログ村 その他日記ブログ その他50代女性日記へ    
 
 
関連記事
テーマ:ボウリング
ジャンル:スポーツ
どっぷりと浸る
2014年10月19日 (日) | 編集 |
浸る。
浸かる。
送り仮名が違うと読み方が変わるのは
「上る・上がる」「下る・下がる」みたいなもんですかね。


紅葉の美しい八幡平の、某ホテルで開催されたランチコンサートに出かけました。
演奏なさったのはピアノサークルの仲間2人が師事している『となりのピアニスト』
「花音」のメンバー4人で、お料理をいただきながら、ゆっくりと楽しんできました。


紅葉は今が見ごろです。
DSCF3398[1]_convert_20141019231231

岩手山は雪を頂いています。
DSCF3394[1]_convert_20141019231100

いたるところにテントウムシ(もちろん、カメムシも)
DSCF3391[1]_convert_20141019231337


お料理の写真などは、一緒に行ったメンバーのブログで見るからいいや。
っと思って、ほとんど写さなかったな。
演奏のほうに集中しました。

歌心があって、なにしろ音の美しい演奏でした~~~
すべての音が1本の糸のように長くつながっていて、
その糸は、ときに太く厚く、ときに細くしなやかに、
生き物のように、呼吸までしているのです。

演奏曲のほとんどは、聞いたことのある有名な曲でした。
ショパンのエチュード「大洋」は
チラと譜読みをしたことがあったものの、
テンポが出せない私には、とても弾きこなせないと諦めていた曲。
ホントはこうなのね~~~(感激)

ってことで、楽譜をひっぱり出して弾いてみましたが、、、
案の定、音符を追っかけるだけで手が痛くなりました(~_~;)
そういう筋肉、なかったみたいで(~_~;)(~_~;)(~_~;)

ゆっくりしか弾けませんけど、練習メニューには(一応)入れとこうっと♪


やり直しピアノ日記一覧 / 50代女性日記一覧 / ブログ分析サイト
  にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ    にほんブログ村 その他日記ブログ その他50代女性日記へ    
 
 
関連記事
テーマ:ピアノ
ジャンル:音楽
壁は生きている!
2014年10月18日 (土) | 編集 |
分厚くて硬い壁に風穴を空けようともくろみ、
左手にノミ、右手にトンカチを持って、
コツ・・・コツ・・・コツ・・・コツ・・・

やがてのことに、小さな穴が空きかけるんだが、
どこからともなく甘くかぐわしいオヤツ的な香りが鼻孔をくすぐる。
私はいともたやすく、ノミとトンカチを放り出し、
オヤツをむさぼり食うわけですよ。
さて、と再び壁の前に立つと、
さっき掘ったはずの穴が塞がっていたという、
摩訶不思議なお話です。

なんのこっちゃといいますと、
ふと、シューマンを(毛嫌いしているくせに)弾く気になって、
ちょっと譜読みしたことのある曲、すなわち
パピヨンとアベッグ変奏曲をチラホラと弾いてみ・・・
・・・
・・・
・・・ようとして、あえなくコケた、というわけ。

前にも譜読み段階で挫折していたパピヨンはともかく、
アベッグは暗譜寸前まで練習したことがあるのに。

それがまるで、せっかく空きかけた穴が
ふにゅにゅにゅ~~っと塞がった感じで。
お、おぬし、生きておったのか! と。
そして再び私を拒絶するわけだ。

シューマンが苦手なのは、こういうところだな。

やっぱり古典系(ガテン系、の感じで)ですなあ。
練習していて、安心するのさ。
次、こうくるはず・・・ ほーら、やっぱり。 みたいな。

たまに、バッハが予想を裏切るフレーズを飛ばしてきますし、
たまに、モーツァルトが不可能っぽい和音を弾かせようとしますし、
たまに、ベートーヴェンが全音符でクレッシェンドさせようとしますけど。


なんだろうな、「やっぱり私はシューマンが弾けない」っていうことを、
たまーに、1年に1回とか、確認したくなるのね~

同様に、ラフマニノフも弾けませんし、スクリャービンも弾けませんが、
弾こうと思ったことがないから、それはいいの。
あ、プロコフィエフも、お譲りしますというか、お任せします。


やり直しピアノ日記一覧 / 50代女性日記一覧 / ブログ分析サイト
  にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ    にほんブログ村 その他日記ブログ その他50代女性日記へ    
 
 
関連記事
テーマ:ピアノ
ジャンル:音楽
A3クリップボード
2014年10月17日 (金) | 編集 |
この曲を練習すると決めると、
たいていコピー譜を作ることにしている。
楽譜にコードネームなどを書きこみたいから。

ところが、譜面台に乗りきらない1段目には、
どうしても書きにくくなってしまう。
面倒だけれど、楽譜を手に持ってずらし、
譜面台に乗るように調整して書き込んでいた。

っていうのが、これ一発で解消。
fc2_2014-10-17_22-02-27-318.jpg

クリップ部分が邪魔かと思って、裏にしてみたり。
fc2_2014-10-16_21-35-53-116.jpg

でも、全く邪魔にもなににもならなかった。
むしろ、バンドスコアから写譜するときなど、
クリップがあるために、ページをめくりやすい。
つまり、買ったそのまんまで、とっても便利。

なーんだ、もっと早く気付けばよかったなあ。
ベニヤ板を買ってきて使おうと思ったことはあった。
けれど、ホームセンターなんかで売っている合板って、
面取りまではしていないんですよね。
扱ううちに、手や楽譜を傷つけたりする可能性があるわけ。
やはり、今回買い求めたクリップボードが最適。

108円だけれども、108円以上の価値がある。
つるんと、平らであってほしいので、
デコったりなんかはせず、まんまで使います。


やり直しピアノ日記一覧 / 50代女性日記一覧 / ブログ分析サイト
  にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ    にほんブログ村 その他日記ブログ その他50代女性日記へ    
 
 
関連記事
テーマ:日々の出来事
ジャンル:ブログ
第3楽章マジ練開始
2014年10月16日 (木) | 編集 |
モーツァルトピアノソナタKV576の第1楽章が暗譜できたので
これからの練習としては、
少しずつテンポを上げることと、
上げたテンポに指が負けないようにすること、
(滑ったりもつれたり、ってことです)
さらにフレージングを研究すること。

・・・と並行して第3楽章のマジ練を始めました。

fc2_2014-10-16_21-38-27-221.jpg

第1楽章と同じで6ページなのですが、
音符が混んでいて、音の跳躍もあり、アルペジオもきつく、
こちらのほうがずっと時間もかかるし、難しいです。

試し弾きをしたときに、こりゃ速くは弾けないぞと思っていたので、
まずは、相当なゆっくりテンポからのスタートです。
ひととおり通してA~Fの練習番号を割り当て、
するりと譜読みできなかった部分にコードネームを書き込みました。
これだけで、ずいぶん間口が広くなった気分です。
どこが難しくて弾けなくて、どこが特徴的な音型で、
どういう変化がどこに現れるか、ざっと見通すわけ。

集中して練習するべき部分が見えてきたので、
明日からの練習は「部分拘り型」になります。

 *--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

ピアノサークルの練習会もありました。
久々のチャグホ、響きがイマイチなアップライトピアノ。
でも、音は整っていたようなので、
調律して間もなかったのではないかと思います。

普段、小さいながらもグランドで練習していると、
アップライトではどうにも「鳴らし切れない」と感じることがあります。
が、それでもなお、家のピアノじゃない「よそのピアノ」を弾くことには
かならず、なにか得るものがあると信じています。

弾きながら文句タラタラなのって、みっともないんだけど、
これが自分の技術の未熟さでして、と言えるようになるには
まだまだ修行が足りぬのでござるよ、たぶん。


やり直しピアノ日記一覧 / 50代女性日記一覧 / ブログ分析サイト
  にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ    にほんブログ村 その他日記ブログ その他50代女性日記へ    
 
 
関連記事
テーマ:ピアノ
ジャンル:音楽
なんと久しいことか
2014年10月15日 (水) | 編集 |
おっほほほ~~、久々に700超えたのよ♪ (`・∀・´) えっへん!

このところ、やることなすことみな裏目~~で、
さっぱりスコアが伸びなかったのです。
せいぜい650とか、ひどいときは600に届かないとか。
そんなんだから、ボウリングの記事を書き起こす気にもなれなくてね。

でも、今日は自慢たっぷりに載せちゃうもんね。

fc2_2014-10-15_22-44-43-848.jpg

ストライクが3つ以上続くなんてことがなかったから、
なぜストライクなのか、今どう投げたんだったか、
自分でもさっぱりわかりません。
が、投げミスだろうと、バランス崩そうと、
ピンというものは、倒れるときには倒れるし、
惜しい、グラグラしてる、でも倒れないときは倒れないんだよね。

なので、せっかくスコアがよかったにもかかわらず、
「これこれこうしたから、うまくいったのだ」とか
「こういう点に気をつけたことが吉と出た」とか、
そういった、次に繋がるご教訓がございませんです。
残念。
来週は来週で、新鮮な気持ちでストライク狙います。。。。

 *--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

例の曲は、ここだけ練習しました。
fc2_2014-10-15_22-46-36-404.jpg

まず左だけ何度も何度も何度も弾いて、
次に右だけ何度も何度も何度も弾いて、
しかる後に両手で何度も何度も何度も弾いた結果、
「どういうツクリになっているのか」がわかっただけで、
弾けるようにはなりませんでした。
もちろん、30分かそこらの練習で弾けるわけもないですけど、
少なくとも、いちいち探らないで指が置けるくらいにはと思ったのさ。
でも、ダメだったのさ・・・

コードとしては、単純です。
2つの和音の組が、延々と繰り返されるだけ。
形を変え、場所を変えて。

同様に、ここもコードは単純なので、
弾き慣れればなんとかなるかもね。
(まだ練習していないのでなんとも・・・)

fc2_2014-10-15_22-45-45-803.jpg

それより、真っ先に練習してみた後半の腕交差。
これはキビシイぞ。
コード変化は一定の法則があるように見受けられたけれど、
使われている音は微妙に「経過音」っぽくて捕まえにくい。
チャラチャラの練習をある程度やったら、後半部分を集中的に練習したいです。
前半中盤は・・・あまりにもユーメイすぎて照れくさい。

ダークチェリータルト様の、あまりにも熱心なお勧めに、
つい「そ、そう? ・・・じゃ、やってみようかな」となったわけですが、
そのときの私に戻って「いやいやいや~~」と言い直したい気分です。
でも、弾けたらカッコいいのは確かだと思うので、
少なくとも今月いっぱいぐらいはがんばります。
それで何ともならなかったら、この曲は「縁がなかった」ってことで(~_~;)

やっぱりさ、バッハの壁は圧倒的に厚いと感じますから、
かける時間も圧倒的に長いですもん。
時間配分、難しいと思うから・・・

やり直しピアノ日記一覧 / 50代女性日記一覧 / ブログ分析サイト
  にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ    にほんブログ村 その他日記ブログ その他50代女性日記へ    
 
 
関連記事
テーマ:ボウリング
ジャンル:スポーツ
回数がモノを言わない
2014年10月14日 (火) | 編集 |
パルティータは、まずプレリュードの歌い込みに時間がかかり、
アルマンドの前半終わりフレーズに難儀し(指が足りませんの)、
クーラントはいつまでたっても「拾い弾き」を脱することができない。

コケたらそこを繰り返し練習しつつ、
何度も通す方式で弾いています(私にしちゃ珍しい)
回数にモノを言わせようというわけですな。

とすると、あまりにも「無口」じゃないだろうか、回数。
何度も弾くという方法が、やはり合わないのかなあ。
部分拘り方式に戻すかな・・・

っというように、日々、迷いながら練習しています。
こうした迷いってのは、どなたも持っているのではないでしょうか。
コレ! と信念をもって練習しておられる方もおいでかな?
私は自分にイマイチ自信がないので、
いろんな方法を、試したりアレンジしたりと、
試行錯誤を繰り返しているのです。

その中で、唯一揺るがないのは、
必ずコード分析をする、という点です。
何度も書いているように、格段に弾きやすくなるから。

ところが、パルティータ1番のクーラントには、
この法則が通用しないというか・・・
右手1本左手1本の、2声なんだけどなあ。
初めて弾いた日と同じくらいの弾けなさ加減でして、
とってもがっかりしています。

回数が無口で、コードネームも味方してくれないなら、
何にモノを言わせたらよいのでしょうか。

しばらく、ウンウン唸りながら弾かねばならない感じです。

 *--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

モーツァルトのソナタ1楽章を暗譜したことで、
さて全体の構成をどのようにしようか、と
俯瞰的な弾き方を考えることができるようになりました。

きょうは録音もしてみたのだけれど、
やっぱり録音ってしてみるもんですね。
全く意識することなく弾いていた部分がいくつもあって、
修正を施さねばなりません。
流れがブチッと切れるところもあるし。

 *--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

夕方発熱は、程度の差はあるものの、ほとんど毎日です。
用事はできるだけ「1日1件」にしており、
疲れ過ぎないように気をつけているんだけど。

もう少し何かを減らすとしたら、なんだろう。
経済的な問題があるので、オシゴトは減らせないしなあ。


やり直しピアノ日記一覧 / 50代女性日記一覧 / ブログ分析サイト
  にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ    にほんブログ村 その他日記ブログ その他50代女性日記へ    
 
 

関連記事
テーマ:ピアノ
ジャンル:音楽
さらに今日も
2014年10月13日 (月) | 編集 |
吹奏楽の助っ人に、ピアノで参加。
吹奏楽にピアノ。
ん~~~、でもね、意外にあるんですよ、そういうの。

今日はスタインウェイ♪
サークルで何度か借りたことのあるDホールです。
fc2_2014-10-13_22-42-22-669.jpg

こういう音を出したいと思った、その通りの音を出してくれる楽器。
ピアノ曲じゃない、バッキングで弾くのが惜しい惜しい。


リハ室はYAMAHAのC7でした。
fc2_2014-10-13_22-43-12-684.jpg

まったく、贅沢なホールです。
ここ、普通に借りたらいくらなんだろう。
 (今、調べました)
なるほど。
ピアノ込みで、5~6人で借りたら「いい感じ」かも。


私は自分の出番が終わったらさっさと帰ってきましたが、
懐かしい顔ぶれに会えて楽しかったです。
《息子》とも久しぶりに話したしな。
相変わらずだったな。よしよし。

演奏の善し悪しは、上手下手で決まらないということを、
今日もまた、「そうなんだ」と実感してきました。
訥々として、ま、はっきり言えばヘタなんだけど、
なんか、ぬくぬくしい柔らかさに満ちているんですな。
今ちょっと人数少な目(だから私なんかが呼ばれる)ですが、
是非、盛り返していっていただきたいです。


今日のステージで、この秋の「出番」は終わりです。
次に決まっているのは、12月23日、クリスマス関連のイベント。
ピアノ(キーボード)でBGMをやります。
一昨年、昨年に続いて3回目。
楽しみにしているのだと聞いて、ちと気持ちが引き締まっております。
昨年作った楽譜ファイルをひっぱり出さなくちゃ。
ってか、それで練習せねば。

 *--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

モーツァルトのソナタ、1楽章は暗譜したぜ!
2箇所ばかり、えーっと、と言いながらですが、
なんとか楽譜なしで最後まで弾き通せるぞ。

それを記念して(というのもナンですが)
リストをマジ譜読みして、コードネームを書き込みました。
こちらは、ちびちびとしか練習しないと思う。
自分の得意分野じゃないから・・・
じゃ、得意分野はなんなのかというと、
コレ、と言い難いんですけどね~~

 *--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

盛岡も雨がざんざん降っています。
明日の朝から昼にかけて、最接近か?
昼からオシゴトなんだけど。。。
(台風だからって休みにはならないよなー、ガッコーと違って)

一日中、台風関連のニュースをやっていて、
ピアノを弾きながらも、ワンセグでニュース画面を見ていました。
思うんだけどさー、台風が関東を抜けたら、
ニュースとしては、時間のかけ方が半分以下、いや2割・・・
でしょうね~~~、きっと。

どーせそーでしょうよ、と卑屈になる東北人だ、私は。

   よく考えたら、台風ってどんどんスピードアップするから、
   関東から東北を抜けるのは「あっという間」なんですね。
   だからニュースになる時間も短いわけなんだな。



やり直しピアノ日記一覧 / 50代女性日記一覧 / ブログ分析サイト
  にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ    にほんブログ村 その他日記ブログ その他50代女性日記へ    
 
 
関連記事
テーマ:ライブ
ジャンル:音楽
今日も本番
2014年10月12日 (日) | 編集 |
先週に引き続き、今週もバンドのイベントでした。
今日のは国際的。
以前はYMCAとかなんとかいう冠がついていましたが、
今は岩手県内のフィリピン人が中心となり、
サークルオブフレンズという、わかりやすい団体名で
毎年、チャリティーコンサートを催しています。
そこに、日本代表アーティストとして参加しているわけ。

ON9ue.jpg

こちらの公民館ホールに備え付けられたピアノは、
古いんですが、とても状態のよい、YAMAHAのフルコン。
fc2_2014-10-12_23-18-33-496.jpg
すんごく弾きやすいピアノでした。
いつか、サークルで借りられたらいいなあ。


インドネシア代表、アユさんの踊り。
身に着けるバティックも、楽しみのひとつです。
今年は初めて、歌いながらのダンスでした。
 fc2_2014-10-12_23-17-36-658.jpg


エジプト代表は、ベリーダンス。
ほとんどが日本人ですが、一人だけホンモノが。
それはもう、一目見ただけでわかります。
腕をどんなに振ろうと、腰を回そうと、軸がブレないから。
 fc2_2014-10-12_23-13-37-789.jpg


バンドの演奏では、南米のマリネーラが披露されました。
男女の恋の駆け引きを表現した、ちょっとコミカルなダンスです。

最初から最後まで、観客としていられたらよかったんだけれど、
出演者ってのは控室にいる時間がけっこう長くてですね、
観ることができたのはこれだけでして、ちと残念。

ワンワールドフェスタが11月にあるので、
そこでも何かおもしろい出し物が見られるかな。
オシゴトやなんかと重なっていなかったら行ってみようっと。

明日の午後にも本番があります。
これは私、一度も練習に参加していなくて、
楽譜だけホイと渡されたという、まさにぶっつけ本番です。
知らない曲もあるし・・・(「風になる」って有名?)
でも、スタインウェイを使わせてくれるそうなので、
そっち方面で楽しんでこようと思います(へっへ~♪)


やり直しピアノ日記一覧 / 50代女性日記一覧 / ブログ分析サイト
  にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ    にほんブログ村 その他日記ブログ その他50代女性日記へ    
 
 
関連記事
テーマ:ライブ
ジャンル:音楽
コレ無理くない?
2014年10月11日 (土) | 編集 |
モーツァルト、必死に音を拾っております。
第1楽章は、だいぶソレっぽい感じが出て、
つっかえながらも、なんとか通るようになってきました。

2楽章はゆっくりゆったりなんですが、
左右交互に32分音符のうねりのようなフレーズがあり、
これでレガートとピアニシモの練習ができるんじゃないかと。

そして3楽章ですが・・・これがなかなかの曲者じゃ。
全体に弾きにくいのは徐々になんとかするとして、
これ、無理。
fc2_2014-10-11_21-06-18-754.jpg

左手、9度は普通に届くんですが、
直前までのスラーのメロディーを
1-3-2 と弾くとして、
5-3 で7度は届かないってば。

それじゃあってんで、メロディーを
1-2-1-2 と弾くとしたら?
ラストの9度を 5-2 では弾けませんわ。

H音だけを右手で取るとか、なんだかんだ試しましたが
どうもパッとしないので、
勢いに任せて普通にメロディーを弾いちゃって、
2分音符のA音は途中で消えていただこうと思うんですが、
こういうときですよ、誰にも師事していない弱みを感じるのは。

調を変えて、もっかい出てきます。
以下同文。
fc2_2014-10-11_21-07-09-918.jpg

もしかして、左のメロディーを
1-2-1-1 って弾かせようとしている?
テンポがあがってきたら破綻のコースだな。

などなど、分厚い壁に阻まれている感じです。
その上、壁の上はハンプティダンプティが座っていて
ヘラヘラとこちらをあざ笑っている、みたいな。

ま、負けるもんか・・・`(´・ω・`)´


やり直しピアノ日記一覧 / 50代女性日記一覧 / ブログ分析サイト
  にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ    にほんブログ村 その他日記ブログ その他50代女性日記へ    
 
 
関連記事
テーマ:ピアノ
ジャンル:音楽
まともなワタシ
2014年10月10日 (金) | 編集 |
実に多くのひとびとが、
「自分はまともなんだろうか」と、
一度ぐらいは思ったことがあるかもしれない。
「自分はまともじゃないかもしれない」という思いと、
「自分はまともだよね、そうだよね」という思いが、
おそらく、一人の中で押し合い引き合いしている。

世の中のひとをを《まとも》《まともじゃない》の
2種類に無理に分けるとしたら
私は《まとも》に入ると思う。
たぶん、多くの人がそうだ。

けど、《まとも》の基準は曖昧で見えにくく
(いやもう、ほとんど不可能ではないだろか)
《常識》とか《モラル》とか《道徳》なんかと同列で、
下手をするとハラスメントを招きかねない微妙なオハナシ。

・・・っというようなことを考えるきっかけとなる話題がありまして。
今日の文章教室も面白かったね~~
毎度、何かしら新しい気づきが見つかったり、
そーだったのかと、ポンと膝を打つような話が聞ける。
こんな場所、他にはないんじゃない?

私が、ピアノを教えることにあまり積極的じゃない理由も
な~んとな~~くわかったような気がする。
この件については、もう少し考える必要があるから、
今の段階であれこれ書くのはやめとこう。

本日の講座で使われたテキスト(みなさんの原稿)と私のメモ。
わざとピントを外しています(ふふふ)
fc2_2014-10-10_21-26-33-498.jpg

まともそうに見える人ほど、仮面をかぶっているよね。
実は、ね。
でも、みんな、ね。

 *--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

そうそう、昨日の3Mコンサートの記事が
やけにあっさりとしていたのはですね、
デジカメもスマホも、バッテリーがなくなっちゃったからです。

特にスマホは、朝っぱらからLINEを再登録だのなんだの、
ちと面倒なことになってしまって、
スタンプを一括ダウンロードしたらバッテリー食うのね、あれ。

そんなんで、撮りたい写真が撮れないし、
リアルタイムであれこれ述べることもできず、
がっかりだったんでした・・・


やり直しピアノ日記一覧 / 50代女性日記一覧 / ブログ分析サイト
  にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ    にほんブログ村 その他日記ブログ その他50代女性日記へ    
 
 
関連記事
テーマ:スキルアップ
ジャンル:学校・教育
3Mコンサート
2014年10月09日 (木) | 編集 |
いわてピアノサークル「花音」
  第1回 ミニミニマイクロ(だから3M)コンサート in 秋田。

最高の晴天の中、西へ向かって1時間半のドライブでした。
山々の紅葉が始まっていて、青い空もきれいで、
お喋りは楽しいし、もう言うことなし。

道中はいろいろありましたが、割愛して、、、(~_~;)


会場はこういうとこ。
 DSCF3384[1]_convert_20141009211513

ホールはこんな感じ。
 fc2_2014-10-09_21-12-04-457.jpg

メンバーは、ホストのゆめもり子さま、フクママさま、白チェブさま、
ダークチェリータルトさま、めいもこさま、Iちゃん、そして私の7人。

コンサート、と名前をつけたのは、誰からともなく、
「たまにはお喋りナシで、聴こうよ」という提案があったから。
だから、喋らない、拍手をする、人によってはドレス着る、
っていうほかは、いつもの練習会と同じです。
中には、発表会やらを控えたメンバーもおられましたが、
私なんかまったくフリーで気楽なので、
あっちで止まり、こっちで転び、聞いたこともないような音を出し・・・
という、いつもの通りの演奏でありました。

ドンパルホールのスタインウェイは、ペダルのレスポンスがよすぎるというか、
自分ちのつもりで足を載せといたら、ペダルが効いていてびっくり。
ごわんぐわんと響くモーツァルトになっちまいました。
途中で気づいて、ペダルから足を外したけれど。。。

録音もしまして、1回だけ聴きました。
何度も聴かないとダメなんだよね。
1回だと、どこを間違えたとか外したとか、
そういうレベルの聴き方しかできないから。
「その上で」、なにができたかできなかったか、聴かなくちゃ。
なので、ガマンして、あと何回か聴いてみることにします。
これからもモーツァルトを弾くわけですし。

ちなみに、1回聴いた印象は
「弾いた手応えの割に音がキツく出た」
こんな音でモーツァルト弾いちゃったんか~~っていう感じ。
ピアニシモのコントロールは、かなり意識して練習しないといけないので、
日々の練習のなかでルーティンとして枠を設けようと思います。

みなさんがどうだったとか、全体にどうだったとか、
あんまり書かないでおいたほうがいいかな。
 (私のようなキッツい音を出す方はいませんでした・・・)
他のメンバーのブログを楽しみにしとこうっと。

今日で、モーツァルトのKV570は一旦区切りにします。
残念だったのは、今日という日にピークを持ってこられなかったこと。
もうね、頭の中がパルティータとKV576だから。

発表会には縁のない私ですが、
今日のくらいの気楽なのはどんどんやってったらいいと思います。
第1回ってことは2回3回と続いてゆくことを想定しているわけで、
3人寄れば文殊の知恵、3人集まって姦しく、
もっといるんだからアイディアが湧いて湧いて仕方ない。
折々に、楽しい企画を立てたいですなあ。


やり直しピアノ日記一覧 / 50代女性日記一覧 / ブログ分析サイト
  にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ    にほんブログ村 その他日記ブログ その他50代女性日記へ    
 
 
関連記事
テーマ:ピアノ
ジャンル:音楽
始まって、終わった
2014年10月08日 (水) | 編集 |
7月8月9月と、連続スーパームーンを見逃した私、
今月今夜のこの月こそは、見逃してなるものかと
気合を入れて、待ち構えておりました。

その上、皆既月食ですもんね。

満月は、ヒトん家の屋根から出て、別の家の屋根の上を渡って、
庭方向で南中するパターンですから、
カメラやスマホを向けるのはちょっと・・・
(前は隣の家が空き家だったので、遠慮なく撮れたけど)

別にいいんだ、写真なんかなくても。
欠け始めて細くなり、皆既のオレンジ。
そしてまた太り始めて全部現れる。
要所要所を押さえ、
この目で、しかと見届けましたから。

 *--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

明日の秋田遠足に向けて、
こーゆーのをつくりました。

 

そういや、私、コサージュって持っていなかったな~と思って。
昔は持ってたよ、ドレスなんかも。
でも、あまりにも使わないので捨てました。
今日作ったのは、手芸キットの小ぶりなヤツです。
ドレスに合わせるには地味。
でも、私が着けると、周囲がギョっとする。
「婆ァ、熱あんのか?」 って。

ドレス着るわけじゃないからいいんです。
バンドでいつも着る黒パンツにチュニック。
ちょっとだけ「キラキラ」のついたニットを羽織ります。

もっと大事な準備としては、満タン給油しました。
ダークチェリータルトお嬢様にお乗りいただきますのでね、
「ぎゃ、ガス欠だ、ヤベぇ」とワタワタしないように。

もっともっと大事な準備は、練習なんですけど、
それは、まあ、ほら、もう、パルティータで頭がいっぱいだから。

 *--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

手芸キット、こういうのもあって、作りましたんですが、
使い道が・・・ねーぞ!



とっといたら娘が使ってくれるかな。。。

 *--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

まもなく、カウンターが《33333》です。
申告いただけたら嬉しいなあ。
何かいいことがあるかもしれないです。
 (主に、私にとって)


やり直しピアノ日記一覧 / 50代女性日記一覧 / ブログ分析サイト
  にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ    にほんブログ村 その他日記ブログ その他50代女性日記へ    
 
 
関連記事
テーマ:日々の出来事
ジャンル:ブログ
♪~バッハ パルティータ第1番プレリュード(譜読み)
2014年10月07日 (火) | 編集 |
以前に弾いた、フランス組曲第4番あたりも、
弾いていて「癒し」を感じる曲でした。
が~~~!
パルティータ1番は、もっと! です。

今回、どの曲もス・テ・キ♪ ってことで、
1曲集中ではなく、まず全部譜読みをしちゃおうと、
今日までにひととおり譜読み&コード分析をしました。
どれもこれもヨタヨタで、まだ満足に通すことすらできていませんが、
弾いても弾いても新たに嬉しくなります。

 え~っと、と言いながら。   Partita-1-プレリュード(譜読み)

 *--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

こんな調子なので、3Mコンサートを明後日に控えて、
その演奏曲であるところのモーツァルトは、
「一発」の練習、すなわち、軽い指慣らしのあと1回しか弾いていません。

そもそも目指すのは、間違いのない端正な演奏、ではなく
会場のスタインウェイを十分に鳴らし切ることと、
いかに透明感のある音色を出すかということです。

ってことは、今さらやれることはない、ということ。
指のコントロールを失わないようにするためにも、
バッハを弾くことは、準備として「必要十分」と思われます。

一人の持ち時間が約10分であるところ、
モーツァルトピアノソナタの1・3楽章を通して弾くと、7分30秒。
つまり、「ありゃ」となって、区切りのよいところから弾き直しても、
充分に間に合うんじゃないの? という時間なわけだ。
これは大きな安心要素だよ、うん。


やり直しピアノ日記一覧 / 50代女性日記一覧 / ブログ分析サイト
  にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ    にほんブログ村 その他日記ブログ その他50代女性日記へ    
 
 
関連記事
テーマ:ピアノ
ジャンル:音楽
このヒトたちは?
2014年10月06日 (月) | 編集 |
最狂娘、何か新しいことを始めるようです。
歌って踊るのか? リーディングって?
よくわかりませんが、CDが出たあかつきには、どうぞよろしく。。。

それにしても、みなさん怖い顔しちゃって。
笑わないコンセプトなのね・・・
 (画像クリックでオフィシャルサイトにジャンプします)
lfo.jpg

 *--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

バッハ、パルティータ第1番は、見事にどの曲も「見開き完結」です。
これ、かなり嬉すぃ。
今日は一気に、サラバンドとメヌエットのコード分析をしました。
コードネームが書いてあるだけで、一気に「お友だち感覚」になれます!


やり直しピアノ日記一覧 / 50代女性日記一覧 / ブログ分析サイト
  にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ    にほんブログ村 その他日記ブログ その他50代女性日記へ    
 
 
関連記事
テーマ:ブログ
ジャンル:ブログ
神に近づくでござるよ(メルビンかっ)
2014年10月05日 (日) | 編集 |
う~~ぬぬぬ、、やはりバッハさまはすげぇ。

私の今の実力で、パルティータを弾こうなんつーのは
おそらく無謀な挑戦であろうことは承知なのだけれど、
プレリュード、アルマンド、そしてクーラントと譜読みを進め、
改めて、その難しさと奥深さと神々しさに
背筋が伸びるような気持ちです。
中途半端なことはできないぞ、という感じ。

どうにも、コードネームのつけようがない音の並びがあって、
やむなく、最も近いと思われるコードを書き込みます。

ウンウン言いながらコード分析をしたり、
ゆ~~~っくり音を拾っていたり、
そういう「攻略中」が楽しいです、バッハは。

もちろん、ある程度弾けるようになって、
モチーフの繋がりとか構成とか、
そんなことを考えながら弾くのも楽しいですけど。

そして、しばらく時間が空いて、忘れかけたころに、
楽譜と首っ引きしながら弾くのもまた、楽しいんだよねえ。

食べてゆくために、ジャンジャン作曲していた、
売れっ子の「流行作曲家」だったんでしょ。
かなり量産していたのですよね。
そのわりに、駄作だコレ、っていうの、聞かないですよね。
それって、やっぱりすごいことですね。


やり直しピアノ日記一覧 / 50代女性日記一覧 / ブログ分析サイト
  にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ    にほんブログ村 その他日記ブログ その他50代女性日記へ    
 
 
関連記事
テーマ:ピアノ
ジャンル:音楽
私を見守るヒト
2014年10月04日 (土) | 編集 |
10月吉例、しらたき工房で開催される「しらたき祭」に
爺ィバンドで参加してまいりました。
今年、開園40周年だそうです。

晴れ女の私のおかげで、ほどよい晴天。
ほれ、団栗もいい感じに実って、落ちるのを待つばかりです。
DSCF3381[1]_convert_20141004231709


本番直前に、会場にハタハタと飛来する影が。
そのシルエットと大きさから、これは! と思って
「どこいった? どこ?」
すると、ほれ、そこにと指差す先にいたのは、
立派な、たぶんクスサン・・・かな、時期的に。

これは是非、手載せ写真をと思って手を差し出すと、
ふっと指に載ってくれた・・・んだけど、
そこで私が動いちゃったせいなのか、
「やーだよ♪」とばかりに舞い上がってしまいました。
で、留まった先は、ステージ真上のテント。
DSCF3374[1]_convert_20141004233004


この子がいる、と思っただけで、私のテンションは上がりまくり。
チラチラと視線を上に送りつつ、演奏しました。
ずーーーーっと、最後まで見守っていてくれたんだよ。
DSCF3376[1]_convert_20141004233223


戦利品です。
ボールペンは、40周年記念で配られていたもの。
白木のトレイは、気に入って毎年買っています。
キーホルダーとコースターは、くじ引きでいただきました。
紐通しの木のおもちゃと、サトイモも購入。
ナシは知人の紹介で見に(聴きに?)きた方からのいただきもの。
「暖かグッズ」セットはバザーで200円でした。
DSCF3383[1]_convert_20141004231549


肝心の(こっちが主たる目的だもんね)演奏は、
大きな事故もなく、楽しめました。
急きょ、「Let It Go」をやることになった時だけ、
ちょーーっと焦りましたけれど(練習不足だで)


また来週、別の団体に「お呼ばれ」して演奏します。
こちらは、とてもインターナショナルなイベントなので、
また楽しい1日になることと思います。


やり直しピアノ日記一覧 / 50代女性日記一覧 / ブログ分析サイト
  にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ    にほんブログ村 その他日記ブログ その他50代女性日記へ    
 
 
関連記事
テーマ:ライブ
ジャンル:音楽
♪~モーツァルト ソナタKV570 第2楽章
2014年10月03日 (金) | 編集 |
バッハのパルティータは初挑戦。
有名なのは2番かな、でもちと敷居が高い気がしました。
1番の敷居が低いわけでは、決してありませんが、
譜めくりがないのと(そこか!)、調として好きなB♭なので。
B♭のスケールはめっちゃ弾きにくいですけどね。

プレリュードは、何か所か込み入ったところがありますが、
攻略はそれほど困難ではないとみた。
アルマンドがくるくるとコードを変えて進行するので
ちと分析してみようと思ったら、思いのほか難しかったです。
これだけで30分以上かかってしまいました。

8分音符ごとにコードが変わる部分があったりすると、
弾くのはどんなに難しいんじゃ~と思えるかもしれませんが、
実際にはコードネームがあるために、どんだけラクになることか。
fc2_2014-10-03_22-51-24-504.jpg

とはいえ、指がもつれそうになる曲であることは確か。
じっくりと指に馴染ませようと思います。

 *--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

秋田遠征まで1週間を切りましたが、
今からできることはそう多くない。
っていうより、もう一つ二つしかないです。
暗譜を確実にして、途中から弾き出せるようにすること、
1音1音をクリアに磨き上げること、ぐらいかね。

マイクロミニコンでは2楽章を弾きませんので、
ほとんど練習できていなくて、完全に楽譜睨み付け演奏ではありますが
せっかくだから録音してみました。
そりゃないだろう、というミスがあります。やれやれ。

  モーツァルト ピアノソナタ KV570 第2楽章


やり直しピアノ日記一覧 / 50代女性日記一覧 / ブログ分析サイト
  にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ    にほんブログ村 その他日記ブログ その他50代女性日記へ    
 
 
関連記事
テーマ:ピアノ
ジャンル:音楽
家庭訪問(フクママ様宅編)
2014年10月02日 (木) | 編集 |
ピアノサークル仲間のお宅を訪問してまいりました。
バタバタと入れ代わり立ち代わり、総勢6名。
急な都合で来られない方が合って残念でした。

テーブルの上はすぐにお菓子でいっぱいになりました。
来週、秋田に遠征するメンバーが、プログラムを囲んで
あーでもないこーでもないとケチをつけたり校正したり、
何を着るか、着替えはどうする、などなど話し合ったり、
ひとさまの楽譜を取り出してはちゃらっと弾いてみたり、
例によって、にぎやかな時間を過ごしました。


メインは、なんといっても、フクちゃんです!
ウェスティ女子。
fc2_2014-10-02_23-08-56-196.jpg


吠えないんだよ、お利口さん。
最初のうちはキンチョーからか、落ち着かない様子でしたが、
慣れてくると・・・
ベッドに入ってフクママ様の演奏を聴きながら、とろり~ん。
fc2_2014-10-02_23-09-34-689.jpg


お宅の前に植えられていたパセリに、キアゲハ子ちゃんがいました。
寄ってたかってナデナデしたりツンツンしたり・・・
臭角を出す一歩手前まで(虐待っぽい)触りまくって、
最近イモラー活動が盛んなめいもこ様がお持ち帰り。
fc2_2014-10-02_23-10-26-805.jpg

 *--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

まったく余談ではありますが、
「散らかってるのよ~」とおっしゃる方の家はすっきり片付いていて、
「やっと片付けたのよ~」という人の家は片付いていない(例:ウチ)

これまで何人かのメンバー宅を訪問いたしましたが、
明らかにウチが最強のゴチャゴチャです。
ちぇっ・・・
でも今以上にはならないので(するつもりがないから)
やっぱり、ウチに来るときは、可能な限りキタナい格好でどうぞ。


やり直しピアノ日記一覧 / 50代女性日記一覧 / ブログ分析サイト
  にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ    にほんブログ村 その他日記ブログ その他50代女性日記へ    
 
 
関連記事
テーマ:ピアノ
ジャンル:音楽