続・かふぇ婆ウォッチング

盛岡在住ババァの日常たれ流し。 2011年10月、ピアノのマジ練を再開しました。

Archive [2014年11月 ] 記事一覧

薔薇イチ族

このところ、ピアノサークルの一部メンバーの間でやんやの大騒ぎというか、話題になっているのが、『ショパン バラード1番 Op.23』 花音通称「薔薇イチ」です。そして、この薔薇イチに関心を寄せ、あわよくば弾いてみたいと思っている連中を「薔薇イチ族」と、いつの間にか呼ぶようになっています。ちゃーんと習ったことのある方が1名、今まさに習い始めようとする方が1名、その他大勢は「いいな~~、カッコいいな~~、弾...

ボーネン会

せめて、あと2日待てなかったのか、と思うんだよ。11月ってのはさ、まだ「年末」とも言い難い。なぜ今日なのかと聞いてみたところ、「12月になると、会場を取りにくくなるから」という、実に消極的な答えが返ってきた。情けないね。だからといって、私は幹事とか、やらないけどね。今日の会場は、年1回は使う、某ホテルの和風レストラン。お料理、初期状態。このあともナンダカンダ出てきて、満腹よ~~老人が多いため、酔っ...

続・全力疾走日

年に2回、作品集発行後のお楽しみは、合評会。それぞれの作品について、それぞれに意見を述べ合う会です。話題は、ものの考え方、生き方にまで話がおよび、勝手なこと言い放題・言われ放題、時に、自分てこうだったか、と気づくこともあって、一瞬たりとも気の抜けない、充実しまくりの数時間。もちろんワタクシも、過分なお言葉をメニメニたくさん頂戴し、額に汗かきまくりでござんした。今日をもって、ご卒業のメンバーもいらっ...

全力疾走日

午前午後通しのピアノサークル練習会、そしてレッスン。タスクとしては2件なので、せわしいわけじゃないのですが夕食も終わって、さてピアノ弾くかとなったら、(例によって)腹ゴロが始まりまして。もうね、これははっきり、バロメーターです。腹ゴロは第一段階なので、今日の疲れは「寝たら回復」の、軽いもの。これにプラス、じんましんで中度、ただし今、じんましんの治療薬を飲み続けていて、抑え込んでいる状態ですので、薬...

弾けないこともない

テーピングのまま、恐る恐る弾いてみました。痛みを感じるポイントを確認しましたところ、右手は[4-5]で取る和音、[1-2-3-5][1-2-4-5]の和音、左手はオクターブのときの5、それ以外にもアレ? と思うところはありますが、骨ってのは関節を通じて繋がっているわけなので、どの指で弾いても、振動が伝わって痛むこともあるわけだ。 *--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*一旦、中断を決めたスケルツォ。。。その、パデレフスキ版の楽...

まずはテーピング

自己流だし、簡単なものですけれども、テーピングすると、グラグラしなくなるので、かなりラクです。が、横からの力には、やはり痛みが発生します。痛かった動作をもういちど繰り返しても、また痛いとも限らないのが、なんとも不思議で。今日は、午前中から夕方までみっちりオシゴト。座ったっきりではありますが、身体への負担はほとんどなく、気分的にはゆったり・・・することができました。夜はバンドの練習。これはちょっとね...

ヘバデンこわいよ

指の関節の痛みは、いよいよ本格的です。激痛ではなく、「ふと痛い」んですね。とくに、和音を弾くときの痛みは、はっきりとズキンときます。フォルテで和音をガンガン系の曲は、当分弾きたくない。これはもしかしたら、ヘバーデン結節の始まりなんだろうか。原因も諸説、治療法はなく、対症療法のみ、痛みはそのうち治まり、うまく予防すれば変形も最小限にできる。などなど、情報はいろいろ仕入れておきました。医療機関で診断さ...

決めたのはよいケレド

挑戦するのは、ショパンのノクターンOp.37-2、譜読みから一歩進んで、ていねいに解きほぐしながら練習・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・の、つもりなんですが、最初のフレーズですでに挫折の二文字が視界をよぎります。ハチロクのこの曲は、ノクターンというよりはバルカローレの趣を感じます。くるくると移りゆく和音で紡ぎだす、大きなうねりのフレーズ。挟み込まれるのが、静かな揺らぎのフレーズ。メロディーをい...

痛ぇ(´д`) でも決めた

ここ数か月、ボウリングのときだけ痛かった右手4の指の第二関節。テーピングして投げれば問題なかったし、そのうち痛みもなくなってくるのでしたが、このところ、毎日「ふと」痛いのです。ふと、とはどういうときかというと、3の指を使った和音を弾いて、その振動が伝わったとき。また、うんと手を広げて負荷がかかった状態で弾いたとき。そして、なんにもしていないときまでも(こ~~ま~~る~~~~)ついでと言っちゃあなん...

できましたぁぁ!

盛岡市の保存建造物「南昌荘」は、晩秋の彩り。いえ、もう初冬というほうがふさわしいほどに、鮮やかだったはずの赤はくすみが入り込んでいます。振り向けば、黄色。文章教室の春秋吉例、作品集ができあがりました。第12号「月」1年間に12の月があることを思うと、12号のテーマが話し合いの末、「月」となったのは、どうも偶然のようには思えないのです。あとから「そうだよね」とこじつけたんですけどね。今年の夏から秋に...

右サイドメニュー

Calendar

10 | 2014/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Recent Entries


Play The Piano


Recommend







Booklog


Request Form

ブロとも申請は[こちら]から

Search


Access Ranking

[サブジャンル] * ピアノ *
8位
上位を見に行く>>