続・かふぇ婆ウォッチング

盛岡在住ババァの日常たれ流し。 2011年10月、ピアノのマジ練を再開しました。

Archive [2015年05月 ] 記事一覧

ザッソに負けんな

こないだ芽が出たと思ったら、もう本葉。タナマメ2号も追いついた。3号はまだ土を持ち上げたばかり。玄関前の鉢植えは、まだ音沙汰がない。日当たり具合によるものと思われます。 平さやインゲンにも、ネットが必要だなあ。しかしまあ、よくもきれいに揃って出てきたものだ。そして、ひとっつも、トリの食害に遭っていない。こんなこと、初めてかも。右奥にはエダマメを伏せて保護しております。 イチゴエリアの中央にあるブル...

パピヨ~ン

ひととおり、譜読みしてみました。かわいらしい曲です。Op.2、ってことは、アベッグ変奏曲Op.1 と同じころ。若いロベルトが、その才能を世に問うたのですな。 序章のようなフレーズに続く12曲。好きあれば嫌いもある。好きなとこ。コード進行に惚れました。 キライなとこ。このリズムと、音が飛ぶの、やだー 苦手なとこ。だって4声だし。 しかし、1曲1曲はそれぞれ短く、全曲を通しても、15分内外と思われる。アベッグ...

頭痛だったんですが

治りやんした。午前中、なんとかして気持ちをアゲようと、カジさん連れて畑をぐるっと回ってみたり、甘~~いプリン(でっかいプッチン)を食べてみたり、チクチク縫い縫いしてみたり、したんですが、もやら~~っとした痛みは治まらなかった。最後の手段、クスリに手を出しましたところ、痛みはなくなり、「もやら~」だけが残りましてん。しかし、それもレッスンが始まって音に集中しているうちに治まりました。もしかしたら、ク...

嬉しい傾向、嬉しい変化

野村胡堂あらえびす記念館ホールでの練習会。例によって、ぐるぐると順に弾くだけなんですが、このごろ、ちょっとした変化がみられるのです。それは、それぞれ自分の番のとき、ちゃんと「練習している」っていうこと。ちゃらっと1回通して、はー弾いた弾いた、じゃなく、そのあと何度か部分練習をする。あるいは、通す前に、ちょっと片手の確認をしとく。そういうメンバーが増えてきました。今日のメンバーさんはみんなそうだった...

笑っちゃうほど進まない

ヤブガラシを抜きまくり、キヌサヤたちにネットを張ってやり、テントウムシダマシを捕獲し、枝を広げたブラックベリーをコンパクトに縛った。・・・のに、写真を1枚も撮れなかった。がっくり。たぶん、ヤブガラシを深追いしたときだと思うが、何かの虫の毒毛に触ったらしい。ポチポチポチ、と3点、小さく膨らんでいる。触らない限りは痛くもかゆくもないが、一応、全身ざざ~っとシャワーで流した。あと、これも一応、病院からもら...

少しだけ、ソーイング

母と園芸店に行く約束をしていたのですが、「眩暈がして…」と、キャンセルの電話が。姪2号の出産から、なんだか家の中がバタバタ。正真正銘の年寄りには、キツいと感じられるのでしょうね。そういえば私も、シゴトだピアノだと忙しいふりをして、まだお祝いに行ってなかったわ~~今週末ぐらいには行けるかな。午前の予定がなくなって、ぼんやりと庭をめぐる。遅まきながら、エダマメを伏せました。タネを蒔くことなんだけれど、...

背中をポンポンと

ショパンの曲に「易しい」というカテゴリーはないと思うんですが、それにしたって、難しすぎますわ。右手の和音進行をスラーにしろ、とか。 左手のこの音飛びはオクターブ×2けど、右手にちゃんとメロディーがあって、左にばっか気を取られるわけにはいかん、とか。 「今日はこの部分を」と決めて、深々と練習するんですが、今のところ、「昨日より今日はちったぁ弾ける」という、明日への期待をふくらませる状態にはなっていま...

畑もピアノも進行形

小さな畑の小さなものたちは、だいたい元気です。だいたい、とはまた微妙な表現ですが、このところの暖かさで、テントウムシダマシがわんさと発生し、ナス科の葉っぱがすでにボロボロになってきておる。出られるときはできるだけ外に出て、炭酸水入りのペットボトルに捕獲しているんですが。(水より早くオダブツに、つまり苦しめる時間を短縮)イチゴは敷き藁が必要な時期。植えっぱなしで、たまに雑草を取ってやる程度、あんまり...

大型マイクロバスって?

1週間ぶりのオシゴトでした。待ち時間を利用して、本を読んでおりますと、「大型マイクロバスを会場に」という表現にひっかかった。どうにも気になってしかたないんですが、でも、他にも静かに本を読んでいる人もいるし、なにやら書き物をしている人もいるしで、声を上げて「なんでしょうね」とも聞きにくい雰囲気。大型、といった時点で、マイクロってことはないでしょ。マイクロバスに大型小型があるのか?で、検索してみました...

親友以上の繋がり?

人間関係、などという、普通の熟語なんかでは言葉足らずになりそう。そんな、「ちょっと普通じゃない」繋がり方だと思う。南昌荘の文章教室の面々である。文章を添削していただく過程において、友だちではおそらく踏み込まないほどの、その人の内面までをも、探り出してしまうことがある。が、それを知ったからといって、何が変わるわけでもない。ワタシはワタシ、アナタはアナタ、昨日は昨日、明日は明日。断れない人間関係や、上...

右サイドメニュー

Calendar

04 | 2015/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

Recent Entries


Play The Piano


Recommend







Booklog


Request Form

ブロとも申請は[こちら]から

Search


Access Ranking

[サブジャンル] * ピアノ *
8位
上位を見に行く>>