fc2ブログ
冷えたー
2021年07月31日 (土) | 編集 |
夕方、食事の用意をしようっていうときに、
食材を採りに庭に出るだなんて、とっても贅沢。
今、盛りなのはシシトウとかピーマンとか。
ミニトマトも食べきれないほど採れている。

ふと見上げると、雲がこんな模様になっていた。
20210731230707e3b.jpg

以前にも似たようなことを書いたことがある。
あの雲がある場所でどんなことが起こっているのか、
水蒸気が風とか気圧で吹き寄せられているのかなーとか、
考えるのが面白くてたまらん。
ちゃんと知識があればもっと楽しいんでしょうねえ。

今朝の岩手山は、濃い緑がくっきり。
肉眼で見ると、もっと緑色である。
20210731230819c66.jpg

照ったり降ったりと、くるくるお天気が変わった。
夕方以降はサワサワと冷たい風が吹き、
真夏というのに、寒冷蕁麻疹が出ちゃった。

雨の心配のない日に、梅を干したいんだけどね。
チリチリとした暑さと引き換えになるのだが、
暑くて汗をかくのは歓迎ですから。

 *---*---*---*---*---*---*---*

【フーガの技法チャレンジ】

これが最後の難所かな。
ゴリゴリの4声、あちこちにタイがあって、
キープ&リリースに注意なのである。
20210731230607463.jpg

なんとか通せるようになった今が、一番楽しいときかも。

*---*---*---*---*---*---*---*---*---*

 ブログ村に参加しています。
同じジャンルの気になる記事をチェックしてみてね。

 にほんブログ村 クラシックブログ 独学ピアノへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 60代女性日記へ  にほんブログ村 ハンドメイドブログ ひとり手芸部へ
 
 
関連記事
テーマ:日々の暮らし
ジャンル:ライフ
涼しく感じられるかな
2021年07月30日 (金) | 編集 |
久しぶりに(1か月ぐらい?)、布マスクを作った。
20210730215751f1a.jpg

というのも、この暑さ。
汗だくになって、1日に3枚も4枚も取り替える。
けど、マスクをつけない選択肢はないわけでね。
なら、裏地部分をクール素材にしたらどんなもんか、と
試しに100均で買ってきたわけ。

けどなー、なにも柄物を買ってこなくてもなー
無地でよかったんちゃうかなー
作るときに裏の白い方を出すとかなー
20210730215835d83.jpg

説明を見たら、「濡らして絞ると冷感」とあった。
てことは、汗をかいて湿ったら、冷たく感じるってこと?
さて、つけ心地がどうだったかは、明日。

*---*---*---*---*---*---*---*---*---*

 ブログ村に参加しています。
同じジャンルの気になる記事をチェックしてみてね。

 にほんブログ村 クラシックブログ 独学ピアノへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 60代女性日記へ  にほんブログ村 ハンドメイドブログ ひとり手芸部へ
 
 
関連記事
テーマ:ソーイング
ジャンル:趣味・実用
インプットを求めて
2021年07月29日 (木) | 編集 |
なんと幸せそうに寝る子でしょう。
20210729215651600.jpg

これ以上伸びませんというくらい、
びろ~んと伸びて寝ておられたのは、麦っち。
20210729215614abc.jpg

ネコ部屋と化した洗面所には、
ランドリーラック転用のキャットタワーと、
上下運動ができるような棚を2段、組み合わせている。
その、下の段に寝そべっていたのだった。
ちなみに、ぺけちんは上の段が好き。
ぽんちゃんはもう、高いところに上れなくて、
床または段ボール箱がお気に入り。

 *---*---*---*---*---*---*---*

インプットなくしてアウトプットなし。
最もお手軽なインプットを求めて、書店へ。
(スマホとかパソコンも手軽だが、傾向が偏る)

購入したのは、J.S.バッハの人となり、作品、
時代背景などなど研究し解説した本、ほか。

もちろん、カフェでの手帳タイムも目的のひとつである。
2021072921571798a.jpg

考えておきたいこと、なんでだろーと思っていることなど、
フリーページ2ページ分、ざくざく書き出した。

早いところでは8月末から9月にかけて、
2022年の手帳がぼちぼち並び始める。
中には9月始まりだの10月始まりだのいう手帳もあって、
どんだけ「これに決めていますから」といっても、
やはり売り場をつらつら眺めるのは楽しいものなのだ。

ジブン手帳を4年使ってみて、
備わったコンテンツの要不要がはっきり定まったため、
より条件に合う手帳を探し直す、というミッションが今年はある。
やけに役割を分化させてしまったHBxWA5も、
システムを組み直そうと思っているところ。
下半期は、手帳会議にじっくり時間をかける予定である。

 *---*---*---*---*---*---*---*

投げ友に「お試し~」といただいた、パックの緑茶。
20210729215527722.jpg

サーモスの保温ポットにお水と氷を入れ、
お茶パックを2つ浮かべておくと、ほどなくして
つべた~~い緑茶のでっきあっがり♪

お茶の美味しさもさることながら、
保存袋に入っていても、ほのかに香りが立つ。
枕元に置いておいたのだったが、
このおかげで寝付きがよかった、、、かもよ~~
全部飲みきらんとこうかな(買おうね、お茶パック)

 *---*---*---*---*---*---*---*

【フーガの技法チャレンジ】

BWV1080/1 は、3ページあって、
2ページの終わりから3ページ目にかけては、
両手がどうしても塞がっているため、
譜めくりは非常にやりにくいことになっている。

そこで、3ページ目だけをコピーして貼りつけ、
譜めくりしなくて済むように・・・したつもりだったのに、
コピーが下手くそで(たぶん読み取りの時に動かしちゃった)
2段ばかりボケボケになってしまった。

今からコピーやり直しますわー
(新しい機械であろうと、使うヒトがこれじゃあねー)

*---*---*---*---*---*---*---*---*---*

 ブログ村に参加しています。
同じジャンルの気になる記事をチェックしてみてね。

 にほんブログ村 クラシックブログ 独学ピアノへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 60代女性日記へ  にほんブログ村 ハンドメイドブログ ひとり手芸部へ
 
 
関連記事
テーマ:日々の暮らし
ジャンル:ライフ
やっぱりね、そうだよね
2021年07月28日 (水) | 編集 |
【フーガの技法チャレンジ】

「フーガの技法」は、途轍もなく、途方もなく、とんでもない曲だ。
っということが、わかりましたよ、ええ、ひしひしとね。

どんな曲なのか、聴いたことすらないのに、
なんでまた楽譜ポチしちゃったんだかね、あのときの私。
その後、聴いてみたけどね、オルガンの演奏で。
グールドも弾いているらしいが、怖くてまだ聴けていない。
聴くべき・・・でしょうね、やっぱり。

4日かかって最後の音にたどり着いた。
202107282145400f2.jpg

終結に向かって、音域が大きく開くので、
左右の手をうまくやりくりし、計画的に使わないと。

4日間かけて収穫だったのは、
「ここ!」という難所をマーキングできたこと。
楽譜を見ながら、そこそこ弾ける部分と、
緻密に読み込み、分析しないと弾けない部分。
どこをどう、重点的に練習するのか、
方針を考える上で、大事なステップだ。

難しいのは、なんといっても「テーマの出だし」である。
テーマを奏でる声部以外の3声が動いている中で、
テーマを浮き立たせることが厳しいのなんの。
自分の耳にすら聞こえてこないようでは、ねえ。

*---*---*---*---*---*---*---*---*---*

 ブログ村に参加しています。
同じジャンルの気になる記事をチェックしてみてね。

 にほんブログ村 クラシックブログ 独学ピアノへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 60代女性日記へ  にほんブログ村 ハンドメイドブログ ひとり手芸部へ
 
 
関連記事
テーマ:ピアノ
ジャンル:音楽
それ、降る前に
2021年07月27日 (火) | 編集 |
イチゴがランナーを伸ばし始めた。
202107272225173bf.jpg

今年こそ、イチゴの株を全部入れ替えるぞと、
固く固~く決心しているところである。
最終的に苗にするのは、孫ランナーなので、
とりあえず子ランナーは土の上に固定。
20210727222431389.jpg

孫ランナーが出たら、それをポットに誘引し、
新苗を作るというわけさ。

今年はよく畑に出ているなあ、と
自分で自分を褒めまくっている。
まあ、楽しいから、なんだけどね。

土手につながる一画をカボチャエリアにしたら、
それは見事なグラウンドカバー。
葉っぱを持ち上げると、おう、あったあった。
テニスボールより少し小さいくらい。
20210727222219b15.jpg

オクラは、株が少々貧弱なのだが、
それでも6株もあると、順に花が咲く。
コンスタントに収穫もでき、いい感じ。
20210727222113aa9.jpg

そして!
今年はなんでも1週間は早いと感じる通り、
8月を待たずして、ミョウガが採れ出した。
2021072722231701d.jpg

今日は10個ほど。
これから、どんどん大きいのが出てくる。
202107272219372b1.jpg

今年はトンボも多いねえ。
代わりに、少ないのがテントウムシダマシ(嬉)
202107272223509b0.jpg

ブラックベリーにはオトシブミがいっぱいいる。
20210727222028703.jpg

ほんの少し草取りをしたり、トマトの整枝をしたり、
今日の分の収穫をしたりしながら、汗をかいた1時間半。
午後からは雨が降ってきて、ほどよいお湿りになったかな。
風が強いようだけれど、台風の被害がないといいなあ。

 *---*---*---*---*---*---*---*

【フーガの技法チャレンジ】

よく動くのは右手だけれど、器用なのは左手。
その差もほとんどなく、バッハを弾くには困らない。
問題は、頭というか、脳なわけよ。
考えないと弾けない、なんでもそうだが、特にバッハは。

なので、考える助けになる書き込みはどんどんする。
フリクション色鉛筆を3色使い分けて、一目でわかるように。

左右どっちで取るかを決めたら、青でマーク。
楽譜の指示は右手だが、流れ優先で、私は左手で弾く。
20210727221903d11.jpg

同様に、流れ優先で、右手で弾く。
202107272218364af.jpg

もちろん、横にきれいに流そうと思ったら、
同音での指替えなど、あらゆる「手を尽くす」必要がある。
脳がわかってくれたら、あとは指に馴染むまで弾き込むだけ。

さしあたり、今はひととおり譜読みの段階なので、
拘りすぎずに少しずつ前へ前へと読み込んでいる。
今日はちょっと進んで、47小節まで。
これで半分ぐらいかな。

*---*---*---*---*---*---*---*---*---*

 ブログ村に参加しています。
同じジャンルの気になる記事をチェックしてみてね。

 にほんブログ村 クラシックブログ 独学ピアノへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 60代女性日記へ  にほんブログ村 ハンドメイドブログ ひとり手芸部へ
 
 
関連記事
テーマ:家庭菜園
ジャンル:趣味・実用
台風来てるってよ
2021年07月26日 (月) | 編集 |
そうか、台風か。
いろいろ、納得した。
どうりで、な~~んもしたくない病を発症するわけだ。
気象病、というやつですな。

こんなとき、「どこのお店の」「何を食べたい」
ということがはっきり思い浮かぶと、行動は速い。

急いでアサガオの写真を撮る。
昨年の蔓がそのまんま・・・(^^ゞ
20210726222326dd1.jpg

ようやく、西洋アサガオが次々に咲き出した。
ヘブンリーブルーもあるけれど、フライングソーサーとか、
あれこれミックスで種を購入したのだった。

25分かけて車でビュ~ン!
夏野菜のスープは、是非、真似したい!
20210726222412037.jpg

トマト、ズッキーニ、ナス、ピーマン、タマネギ。
オクラも輪切りで浮かべてみる?
セロリなんか入れてみたりする?
ニンジンも細~く切って散らしてみる?
さすがにゴーヤーは合わないか。

いつもは「多いな」と感じるオムライスも、
スタンダードサイズを最後まで美味しくいただけた。
さらに今日は、夕食の準備をサボるつもりだったため、
お好み焼きのテイクアウトも!

食後は脳内デトックスの手帳会議。
議題は、この秋から、と企んでいることについて、
思うところをダラダラと書き出すこと。
言葉としてアウトプットすることで、
どうしたいのか、方向が見えてくる。
また、そりゃ無理なんじゃないかい? ってことも、
文字にしたものを目で見ることで「ですよねー」となる。

 *---*---*---*---*---*---*---*

【フーガの技法チャレンジ】2日目

購入した楽譜は、解釈版というか、
フィンガリングの研究がなされたもの。
けれど、全くそのまま弾くのではなく、
自分に合った指使いにカスタマイズすることは必要。

特に、中の音(内声)を右手で取るか左手で取るか、
これは、どの音を際立たせたいかということにも関わる、
めっちゃ大事な要素なので、丁寧に検討したい。
届くから、という理由だけでは決められなくて、
より美しく流れを作れるのは? と考える必要もあるのだ。

左か右かを決めたら、今度は受け渡しの練習もしなくちゃだし。
202107262224382be.jpg

昨日の内声テーマは「なるほどそうだったか」とわかり、
バラしたり組み合わせたりして、なんとか攻略。
ゆっくりなら「あわわ・・・」とならない程度にはなった。
そこで、6小節ほど先に進むことができたのだが・・・
そこでもまた、テーマが埋もれそうになっている。
わけはわかったが、望む音はなかなか出せぬのじゃ。

*---*---*---*---*---*---*---*---*---*

 ブログ村に参加しています。
同じジャンルの気になる記事をチェックしてみてね。

 にほんブログ村 クラシックブログ 独学ピアノへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 60代女性日記へ  にほんブログ村 ハンドメイドブログ ひとり手芸部へ
 
 
関連記事
テーマ:ピアノ
ジャンル:音楽
暇なわけでは、決して
2021年07月26日 (月) | 編集 |
やーっと、赤紫蘇を投入。
20210725232525e74.jpg

来週後半ぐらいから、お天気をみて干しましょう。
今年は本格的に暑い夏が見込めるので、
ふんわりとした、よい梅干しができるのでは、と期待している。

第二世代が育ち始めた。
20210725232550d25.jpg

この時期、卵から幼虫までの全世代がみられる。
202107252326047a3.jpg

ブルーベリーの下にスマホを差し込み、空に向けて撮ってみた。
20210725232653909.jpg

根木マリサさんの今月最後のライブ配信があり、
12月までの「研究室」申し込みやら、
プレミアム会員ナンバーのゲットやら、
嬉しい忙しさにワタワタしたり、ワクワクしたり。

ステイホームでも、やることは山ほどある。
気になっていたデスクまわりも少々整えたし、
自分のために思うように時間を使えるって最高!

 *---*---*---*---*---*---*---*

なぜか暗譜が戻らず、ページがヨレてきた「舟歌」
20210725231037f59.jpg

覚えるつもりで弾かないと、暗譜はできませんわねえ・・・

【フーガの技法チャレンジ】
2021072523112983a.jpg

内声にテーマが現れた!
けれども、サラサラと動く音が主張するので、
なかなかテーマが際立たなくて、
音符はそう多くないのに激ムズ!

納得できるまでは先に進まないほうがよさそ・・・

*---*---*---*---*---*---*---*---*---*

 ブログ村に参加しています。
同じジャンルの気になる記事をチェックしてみてね。

 にほんブログ村 クラシックブログ 独学ピアノへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 60代女性日記へ  にほんブログ村 ハンドメイドブログ ひとり手芸部へ
 
 
関連記事
テーマ:ピアノ
ジャンル:音楽
弾けるかな、『フーガの技法』
2021年07月24日 (土) | 編集 |
衝動ポチ、で購入した楽譜が届いた。
オリンピック遅延もなく、予定通り。
20210724230223a80.jpg

J.S.バッハの最高傑作群に入る、『フーガの技法』
あるテーマをどんどん発展させ、展開して、曲にしてゆく。
こういう方法も可能、こんな風にもできる、など
さまざまな、というより、あらゆる手法を用いており、
なんと、未完の大作なのである。
(ダブルバーで終わっている曲がある)

第1曲は、この曲集を貫く4つの音の並びをテーマとする。
2021072423020119e.jpg

まず、これが弾けないと話にならないかな。
ひととおり譜読みはしてみた。
4声のフーガで、難しさは平均律ぐらいな感じ。
細分化して分析すれば、なんとかなるだろうか。
パルティータ6番の終曲にも似た、神がかり的な雰囲気もある。

ゴルトベルクのような、譜読みは易しいけど弾くのは・・・と違い、
1音1音と、その関係を緻密に読み込まないと、音にはできなさそう。

周期的に「譜読み」をしたくなる時期が訪れる。
ゴルトベルク変奏曲、ラ・カンパネラ、舟歌を楽しみながら、
エンピツなめなめ、マジメ~に譜読みをする夏になるな。
(高い楽譜を買っちゃったし、弾かない選択肢はありませぬ)

*---*---*---*---*---*---*---*---*---*

 ブログ村に参加しています。
同じジャンルの気になる記事をチェックしてみてね。

 にほんブログ村 クラシックブログ 独学ピアノへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 60代女性日記へ  にほんブログ村 ハンドメイドブログ ひとり手芸部へ
 
 
関連記事
テーマ:ピアノ
ジャンル:音楽
おばけ○○
2021年07月23日 (金) | 編集 |
いつのころからか、畑で育ちすぎた野菜に対して
「おばけキュウリ」「おばけズッキーニ」など、
おばけ、という接頭語をつけて呼ぶのが我が家の習わしになっていた。
それが最も、育ちすぎ野菜を言い表すに相応しいと思っていたから。
二女が、関東では通用しないとショックを受けたことがあるとかで、
これは私の造語であり、ウチだけの超ローカル語だったのか、と
以来、おばけ○○に代わる言葉を探し続けていた。
(見つかりませんでしたとも!)

が、なななんと!
某自然栽培系Youtuberさんの、キュウリが曲がる問題の解説動画で、
「おばけキュウリ」と言っているのを聞いたのである。
なーんだ、全国区じゃないの。
(ウチとその農家さんだけかもしれない??)

おばけオクラ♪
20210723220426735.jpg

15センチあった。
オクラは目が離せないのである。
(それにしてもザッソーなー)

 *---*---*---*---*---*---*---*

本日の文章教室。
入れ替わりながらも、メンバーみんなと顔を合わせられて、
シアワセ~なひとときであった。

そんな今日のキーワード。
どこに焦点を当てたらよいものか迷ったけれど、決めた!

「人生は選択の連続」

選択をするセンスとか、その責任をとることとか、
考えさせられる場面が多かったですね。
私自身もそうだし、話題にのぼった多くの人もそうだし、
そのときそのとき、何を最優先にしたいのか、
そのことを最優先とするのなら、どういう選択をすべきなのか。
結局は自分の意志とか弱さとか、
そういうものとのせめぎ合いになるのかな。

剣を突きつけられるみたいに、「さあ、どうなの?」 
目の前にドォン! と大きい宿題が渡される、そんな感じ。

うらやましいでしょ♪

*---*---*---*---*---*---*---*---*---*

 ブログ村に参加しています。
同じジャンルの気になる記事をチェックしてみてね。

 にほんブログ村 クラシックブログ 独学ピアノへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 60代女性日記へ  にほんブログ村 ハンドメイドブログ ひとり手芸部へ
 
 
関連記事
テーマ:ひとりごと
ジャンル:ライフ
暑さの隙を狙って
2021年07月22日 (木) | 編集 |
おばーさんが かぶの たねを まきました。
あまい あまい かぶになれ
大きな 大きな かぶになれ

土を起こして畝を作り、タネを落としたら、
土を薄くかぶせてパンパン押さえてできあがり。
あとはお日様と雨と土の力に任せる。
20210722214945b5e.jpg

せっかく外に出たので、収穫やら整枝やら。
20210722215110d62.jpg

ブルーベリーは、これくらいの大きさが最盛期。
20210722215133ea6.jpg

このあと、一回り小さな実のなる木がピークを迎える。
違う品種を植えてあり、順に熟してゆくのである。

ヒメヒオウギズイセンは、強烈なオーラを放つ。
20210722215036c0f.jpg

わずか1時間ほどで大汗かいてギブアップ。
ぬる~いシャワーを浴びて心と身体をリセットし、
気がかりをひとつ、潰しにかかる。

保温トートを作り直した。
前回作ったのよりわずかに大きい。
密閉容器を2段に入れたかったのだ。
20210722215207282.jpg

お高い保温生地をネットで購入したので、
縫い心地を確かめたいと思ったのだった。
20210722215243f80.jpg

並べてみると、保温シートの高級感が全然違う。
20210722215324f20.jpg

こうした、実用系のバッグは「使ってナンボ」だから、
はい、どんどん、はい、じゃんじゃん、と使い倒しますよ。
前に作ったのも、チャチな保温シートが破れるまでは使う!

*---*---*---*---*---*---*---*---*---*

 ブログ村に参加しています。
同じジャンルの気になる記事をチェックしてみてね。

 にほんブログ村 クラシックブログ 独学ピアノへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 60代女性日記へ  にほんブログ村 ハンドメイドブログ ひとり手芸部へ
 
 
関連記事
テーマ:ソーイング
ジャンル:趣味・実用
おおきなかぶ
2021年07月21日 (水) | 編集 |
ガチャでゲットしたケーブルマスコットござる。
202107212215428bc.jpg

よりによって、非力なほうを引いてしまったが、
おじいさん、おばあさん、まご、いぬは単体で、
かぶがついているのは、このセットだけだった。
てことは、「引きがよかった」と言えなくもない。
いずれにしても、おじいさん、おばあさん、まご、いぬ。
是非とも揃えたくなった(困ったもんですなー)

ところで、このセットの中にパパとママがいないのは、
いったいどうしたことなのか、これまで考えたことがなかった。
パパママは外に働きに行っているのでしょうか。

おじいさんが かぶの たねを まきました。
あまい とてつもなく おおきな かぶが できました。
(おぼろげな記憶による)

小学校1年生の国語の教科書にも載っているお話だが、
「途轍」などという、難解な単語が出てくるわけよ。
「とてつもない」ってどんなことだろうね、と話し合うだけで、
45分の授業が成り立ちそうだ(たぶん私ならやります)
今どき、調べればわかることではあるけれど、
その言葉がどういう意味で、どういう場面で使われるのか、
そうしたことを考えるのは、国語の授業ならでは。
きっと楽しいし、考える力や、話し合う力がつきそう。

あとねえ、「あまい」ことが、なぜ収穫前にわかるのか。
大きくない、ほかのかぶが甘かったんだろうか。
これは授業で取り上げないと思うけれど(食いつかなさそう)
現役時代から気になって気になってしかたがないことだった。

「え、そんなこと」っていうことに、やけに引っかかるのは、
ごく幼いころからだったと思う。
他からみて「変!」ていう拘りがあることで、
担任からも「素直じゃない」とみんなの前でいわれ、
いじめてもよい理由になっていたのだった(くっそぉ~~)
(中学校に入って、いじめっ子との立場は逆転したけどね)

拘りがあるっていうだけで、横並びにならないのは
責められるほどのことではないと、いまなら言えるんだが、
小学生の私は「内にこもって気持ちを出さない」ひとだったので、
義務的に学校に行って、帰ってから思う存分自分を楽しんでいた。

一人でも楽しめるっていう素地は、そのころ鍛えられましたねえ。
おかげさま、と言ってもいいかも、だな~~

*---*---*---*---*---*---*---*---*---*

 ブログ村に参加しています。
同じジャンルの気になる記事をチェックしてみてね。

 にほんブログ村 クラシックブログ 独学ピアノへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 60代女性日記へ  にほんブログ村 ハンドメイドブログ ひとり手芸部へ
 
 
関連記事
テーマ:ひとりごと
ジャンル:ライフ
気の早いお話
2021年07月20日 (火) | 編集 |
今年は春も早かったし、梅雨明けも早かったし、
セミたちが鳴くのも、例年より早い。
この分だと、秋も早くて初雪も早くて、
年が明けるのも早いんじゃないかと思うほどだ。

お盆明けには始動する、手帳商戦。
ここ数年、手帳選びには時間がかからなくなっている。
むしろ、これ、と決めた手帳を「どう使うか」のほうに、
思いを巡らし、悩む時間を楽しんでいる。

が、考えるのも悩むのも、度が過ぎると負担だ。
使いながら、「こうだったらいいなあ」と思うことを
少しずつ蓄積してきていることもあるし、
昨年秋から使い始めたHBxWA5にも馴染んできたし、
5年日記は順調に続いているし、
基本的な路線は今のままでよいのかもしれないのだが・・・

1日の終わりに設けている手帳タイムでは、
5冊の手帳を使い分け、代わる代わる出してはしまっている。
半年を過ぎて、これもやや負担に感じるようになってきた。

「アレとコレは1冊に集約できるんじゃないか」みたいな、
1日をざらっと見渡すフォーマットがいいかも、みたいな、
その上で、主なトピックを5年日記に記す、みたいな。

いまひとつ使いこなせていない、ジブン手帳。
20210720220725762.jpg

どこに何を書くのか、用途がある程度決められたフォーマット。
私はあまり縛られずに自由に使ってはいるけれども、
それにしたって、使わないページが多すぎる。
また、バーチカルは書くスペースがあまりないため、
結局、記録系は別の手帳やノートを使うことになる。

ピアノの記録は、HBxWA5の日付なし週間ブロックタイプ。
20210720220742e18.jpg

これなんか、スケジュールや行動記録と一緒でもよさそう。
ハンドメイド記録とか、ボウリングの記録とか、
毎日ではない記録の積み重ねは、
システム手帳が得意とするところだ。
なんでもかんでも、HBxWA5のバインダーじゃなくていい。
2か月ほど前からは、A5システム手帳を復活させ、
用途をひとつに絞って使うことにもした。

こうするぞ、と決めてスタートしたこともあり、
使いながら、運用を変えたこともあった。
自分の気持ちにぴったりくるのは、
頑固一徹、初志貫徹ではなく、臨機応変、試行錯誤だ。
たぶん、死ぬまでそうでしょうね。

この3~4か月のうちに、自分の使いやすいフォーマットを
さらに追求し、そんな手帳があるものか、探したいね。
今年は久しぶりに、手帳選びに時間をかける年になるかな。

という、気の早~~いお話。
でも、1か月がやけに早く感じる昨今、
あながち「早い」とも言えないんではないでしょうかね。

*---*---*---*---*---*---*---*---*---*

 ブログ村に参加しています。
同じジャンルの気になる記事をチェックしてみてね。

 にほんブログ村 クラシックブログ 独学ピアノへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 60代女性日記へ  にほんブログ村 ハンドメイドブログ ひとり手芸部へ
 
 
関連記事
テーマ:日々の暮らし
ジャンル:ライフ
猛暑日3日目
2021年07月19日 (月) | 編集 |
ついに、アブラゼミも鳴いた。
例年、2~3度しか聞かないミンミンゼミも、
この暑さだと、たくさん声を聞かせてくれるかもね。
一層、暑苦しくなっちゃうけどね、夏だしね。

午前、夏山の様相。
20210719225757448.jpg

午後、見るからに、夏山。
このとき、盛岡は35.8度だった。
20210719225808ca0.jpg

仕事が終わってからが、ちょっと忙しかった。
真っ先に、眼鏡を直しに行かなくちゃならなくて。
うっかり踏みかけたんだよね、体重をかける前に気づいた。
わずかな歪みでも、焦点が合わないのでボヤける。
この状態ではシゴトどころか運転にも差し支えるので、
とにかく早く直したかった。
ついでにクリーニングもしていただき、すっきり。

頼んでいた梅が入荷したとの知らせも受けていた。
ただし、中粒の完熟梅はもう手に入らず、
超特大の豊後梅ってことで。
八百屋さんに受け取りにいって驚愕!
オレンジ色も鮮やかな、見事な完熟っぷりだった。
これは時間を置かずにすぐ漬けなくては!
てことで、帰宅するなり水につけてあく抜き。

その間に、ブルーベリーやらトマトやら(やっと赤くなった)
それそれそれっと収穫しまくり、プランターにドボドボと水をやり、
わずか30分ほどで汗だくになった。

休まずすぐに梅の下漬けに取りかかる。
今回は14%の塩、焼酎を用意し、
竹串でヘタを取っては水気を拭き、
焼酎の中を転がしてから塩をまぶし、
これまた焼酎で消毒した樽に並べてゆく。

この仕事を始めたら、写真なんぞ撮る暇はない。
一気にガーーーッと進めてしまいたい。

土用干しの前に、畑をぐるぐる歩いて紫蘇を集めなくては。
今年は、梅も紫蘇も、品不足だとか。
ウチはそこらに赤紫蘇が生えているので困らないけれど、
例の件があったために、梅は全て外注である。
小梅が1㎏、南高梅が4㎏、豊後梅が4㎏。
タイミングよく、完熟梅が手に入れば、あと2~3㎏漬けられるかな。
なんだかんだ、諭吉がお一人、梅干しになる勘定である。
ま、趣味ですからね。
ボウリングのボールよりは安い。シューズよりも安い。
そう思えば、うんうん。

*---*---*---*---*---*---*---*---*---*

 ブログ村に参加しています。
同じジャンルの気になる記事をチェックしてみてね。

 にほんブログ村 クラシックブログ 独学ピアノへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 60代女性日記へ  にほんブログ村 ハンドメイドブログ ひとり手芸部へ
 
 
関連記事
テーマ:日々の暮らし
ジャンル:ライフ
こんな日もあり
2021年07月18日 (日) | 編集 |
エアコンの効いた部屋にずっとこもって、
ひたすら体力の消耗を抑えて過ごしていた。
なんにもしていないのに、やけに眠い。
ほとんどYoutube廃人と化していたなあ。

夕方にはツクツクボウシの声が聞こえ、
いや、ちょっと、早いんでねぇの? と思って
昨年の手帳をひっくり返してみたら、

 7月10日 ヒグラシ
 7月19日 エゾゼミ
 7月21日 ツクツクボウシ
 8月 1日 アブラゼミ
 8月 7日 カバキコマチグモ(噛まれた)
 8月10日 コオロギ

等、ちょいちょい記録があって、
そう早いわけでもないことがわかった。

そうか、まもなくアブラゼミか・・・
油照り、という言葉が浮かぶね。
そよ、とも風がなく、むっしむしと暑い、
クーラーのなかったあの時代の夏休みの日。
蚊取り線香の匂い、どこかで上がる花火の音。

すっかり忘れていた景色や匂いや音や肌触りを、
ああそういえば、と思い出させてくれるものの中に
ツクツクボウシも含まれる。
「おかえり」、かな。

 *---*---*---*---*---*---*---*

いつものように、ゴルトベルクを練習したあと、
では今日も、ラ・カンパネラを、と楽譜を繰ったところ、
その前の曲とか後ろの曲とか、いろいろ目に入っちゃって、
あれやこれやと弾き散らかした。

使用している楽譜が、これなもんで。
2021071821333282a.jpg

真ん中あたりに、リストの「ラ・カンパネラ」
202107182134046c4.jpg

その数曲後ろに、ラヴェルの「水の戯れ」
2021071821343700a.jpg

こんな超ムズな曲、この本に入っていなかったら
弾いてみようかという気にすらならなかったはずだ。
ほかに、ドビュッシーの「月の光」だの、シューマンの「飛翔」だのと、
有名どころがずら~りと並んでいる。
さすがに、ショパンのいくつかの曲は、
この曲集ではなく、パデレフスキとかエキエルで弾いているけれど、
ちょっと名曲を触ってみようかな、というときに
こうした寄せ集め的な曲集は面白く使える。

中には、なんでそれが上級編なのさ? という曲もあるが、
難易度の受け止めは人それぞれだからなあ。
むしろ、「水の戯れ」なんか、超絶SS難度で、
幻想即興曲と並べるのはどうなんだろうと思いますけどね。

 *---*---*---*---*---*---*---*

今日、初めてZoomを利用する機会があった。
ジャズピアニスト根木マリサさんが主催する、
Youtubeライブの初期メンバーたちによる、
「研究室」という人数限定の有料配信のこと。
LINEでのクループチャットも併用し、活発に活動している。

Zoomなんて、一生使うことはないと思っていたが、
彼女に誘われると「そ、それじゃ・・・」となるのが不思議だ。
もちろん、こちらの顔出し音出しはナシで、
タブレットで視聴し、スマホでチャット参加というカタチだった。
そういうこともアリってことを含め、詳しい参加の仕方を
グループの中で教え合う雰囲気があり、
ほんとうに助かったというか、お導きありがとうというか。

*---*---*---*---*---*---*---*---*---*

 ブログ村に参加しています。
同じジャンルの気になる記事をチェックしてみてね。

 にほんブログ村 クラシックブログ 独学ピアノへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 60代女性日記へ  にほんブログ村 ハンドメイドブログ ひとり手芸部へ
 
 
関連記事
テーマ:ピアノ
ジャンル:音楽
トゲ!
2021年07月17日 (土) | 編集 |
ピアノの練習を終え、自室に戻って
さて、爪でも切るかと(風呂上がりはNGですんで)
靴下を脱ぎ捨て、よいしょと足を抱える。
左足の第1指・・・なんだ? この黒いのは!
ああ、触るとちょっと痛いなあ。
トゲが刺さってましたね、いつの間にか。
ちゃちゃっと抜いちゃいましょう。

と思ったら、すっかり埋まっていて、引っかかるところがない。
爪切りの先でほじくってみたり、毛抜きで突っついてみたり(痛)、
シリンジでぎゅーっと吸い出せるかと試したり。
結局、針の先を消毒して周辺をえぐって(痛)、
30分かかって、ようやく掘り出した!
もちろん、しっかりと消毒しておいたが、
できれば刺さったときにすぐ気づきたかったなあ。
だんだん、そういう小さな違和感に鈍感になってくるね。

 *---*---*---*---*---*---*---*

ヒメヒオウギズイセン(いい加減、覚えましたとも!)、
ずいぶん咲き進んできましたな~~~
202107172205168a5.jpg

ギンギンの夏の日差しが似合うこと!

夏土用を前に、追い上げる!
20210717220603e9d.jpg

今年は諸事情により、梅は全て購入品。
すでに漬けた、特上の南高梅に続き、こちらもLLサイズの南高梅。
ほか、地物の豊後梅を4㎏、馴染みの八百屋さんに注文してある。
ずーーーっと晴天&暑い日が続くそうなので、
今年は空を見上げて土用干しのチャンスをうかがう、なんてこと、
しなくても済みそうなので助かりますホント。

浴室にいる、蛾さん。
2021071722062720b.jpg

見るたび違う場所にいるんだが、もう相当に飢えているはず。
水分、しかないですもんね、ここ。
網で確保して、外に出してやったらいいかね。

*---*---*---*---*---*---*---*---*---*

 ブログ村に参加しています。
同じジャンルの気になる記事をチェックしてみてね。

 にほんブログ村 クラシックブログ 独学ピアノへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 60代女性日記へ  にほんブログ村 ハンドメイドブログ ひとり手芸部へ
 
 
関連記事
テーマ:日々の暮らし
ジャンル:ライフ
させじ之助、現る
2021年07月16日 (金) | 編集 |
これまで特に支障なく、さくっと弾けていたフレーズに
ある日突然、「そうはさせじ之助」が取り憑くってこと、
ピアノを楽しむひとにとっては「あるある」なんじゃないだろうか。
(てか、そうあって欲しい~私だけじゃないよね~)

突然、あらら? となると、通常モードを戻すのに、
その日の練習時間をがっつり費やしてしまう。
それは、リストの「ラ・カンパネラ」でも、ショパンの「舟歌」でも、
毎日弾いているのに、バッハの「ゴルトベルク変奏曲」でも。

今日、舟歌に「させじ之助」が現れましてね。
どちらかといえば、わかりやすいフレーズなのだが。
20210716220740a97.jpg

後半に訪れる、オクターブフレーズは、
「中身アリ」なところが困難レベルを上げている。
中身がない、オクターブの2音だけなら・・・とも思うけれど、
美しくもなんともないからね、そうしたら。

手に馴染ませる練習方法を、いろいろ、試すしかない。
汗と涙の根性物語ではクリアできないっすよ。
考えて、考えて、脳で勝負だ!

 *---*---*---*---*---*---*---*

ギンギンに暑い日だったけれど、
汗をかくことを目的に、1時間限定で畑仕事。
トマトの整枝をしたり、株元のザッソーを抜いたり、
ブルーベリーを収穫したり、など。

明日も暑いらしくて36度、明後日は37度の予報。
こりゃ、家にこもっているのが安全だな。
(土用前なので、梅はまだ干しません)

終わってしまったキヌサヤとスナップエンドウを片付けようとしたら、
ホソヘリカメムシの一家が集まっていた。
20210716220614708.jpg

うっかり揺らしてしまい、散っていったけれど、5匹。
毎年来る方たちに、今年も会えたのが嬉しいね。

7月も後半になると、ハグルマトモエが来るに違いない。
3日程前からは、浴室にヤガの仲間がずっといる。
どこから入ったのか謎だが、まあ、どっからでも入れるね、ウチは。

レギュラーメンバーに会えるのもいいけれど、
今年初めて名前を知る虫がいてもいいな。
誰か、来ないかな(歓迎)

たった1時間でも、びっちりと着込んでマスクもして、
首にはタオル、ゴーグルに帽子、手袋は二重と完全防備。
それはそれは汗をかきまして、目的はおおいに達成できた。

カッキンカッキンに凍らせたブルーベリー、最高!
20210716220821c84.jpg

手で直接食べていたら、指先が紫色に染まった。
いいねえ。

 *---*---*---*---*---*---*---*

再生サンスベその2、上を向いてどんどん伸びてきた。
202107162207175f3.jpg

元になっていたコブみたいなのが邪魔かな~と思って切ったら、
あ・・・・ミドリですね(~_~;)(~_~;)(~_~;)
2021071622065912d.jpg

若干の罪の意識を帳消しにできないかと、
空いたスペースに寝かせてみた。
202107162206363c1.jpg

こっから何か(いや、サンスベリアでしょうね)出てきたらすごいね。

*---*---*---*---*---*---*---*---*---*

 ブログ村に参加しています。
同じジャンルの気になる記事をチェックしてみてね。

 にほんブログ村 クラシックブログ 独学ピアノへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 60代女性日記へ  にほんブログ村 ハンドメイドブログ ひとり手芸部へ
 
 
関連記事
テーマ:ピアノ
ジャンル:音楽
気持ちよい汗をかく
2021年07月15日 (木) | 編集 |
今、ウチで咲いている花は、このヒメヒオウギズイセンのほか、
アサガオと野菜の花たちがメインとなっている。
ほか、ドクダミとかノイバラとかね。
ヤブガラシにも花が見えてきたし、
そろそろスズメバチなんかも来ちゃうのかな。

そよそよと風が吹いて揺れるので、
手を添えてみた(邪魔?)
2021071522435009a.jpg

なに作ろうかな~と、布を広げたり畳んだりしていたら、
「午後からマスターズフェスタに出るけど、どう?」
と、リーグ仲間からお誘いを受けた。

マスターズフェスタというのは、日中のリーグ戦メンバーの
合同大会みたいなものである。
たいてい木曜日なので、オシゴトが入り、出られなかった。
たまたま今日はオシゴトなくてね。
昨日投げたばかりだなーと思いつつも、
「ねえねえ、出ようよ~」と言われればね。
草取りの汗もいいけれど、ボウリングの汗はまた格別だし。

くじ引きをして組み合わせが決まるため、
1ボックスのメンバーは、上手も下手も一緒くたである。
いつもは女子ばかりでヘラヘラ言いながら投げていることもあり、
本格的なひとたちばかりで、どうも落ち着かない。
投球テンポもやけに速く感じたけれども、
汗をかこうと参加したので、目的は達せられた。

スコアはさんざんだったが、飛び賞ってやつに該当した。
カルピスの詰め合わせ貰ったわ~久しぶりだわ~
半分は、誘ってくれた方に差し上げた。
20210715223347578.jpg

ボウリングって、筋肉痛はほとんど起こらない。
全身運動なので、疲れるし汗をかくけれども、
どこか特定の筋肉を鍛えるっていう感じにはならない。

その代わりというか、汗の量ははんぱない。
序盤から、目に入っちゃってたいへんなくらいの汗だく。
脂肪燃焼にはたぶん効果がある。たぶん。きっと。
いつもは週イチなので、燃焼するのと蓄えるのが、トントン(^^ゞ

中性脂肪値が格段に高く、脂質異常症と言われているので、
運動する機会を増やすべきなんだと思うのだが、
その時間を必ず空けとくっていうのは、なかなか難しい。
ぼーっとする時間は確保しておきたいし。是非。

*---*---*---*---*---*---*---*---*---*

 ブログ村に参加しています。
同じジャンルの気になる記事をチェックしてみてね。

 にほんブログ村 クラシックブログ 独学ピアノへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 60代女性日記へ  にほんブログ村 ハンドメイドブログ ひとり手芸部へ
 
 
関連記事
テーマ:ボウリング
ジャンル:スポーツ
赤い赤い、赤い
2021年07月14日 (水) | 編集 |
出勤前、真っ赤な花が一輪。
202107142148402f6.jpg

ここから順に、先へ先へと咲き進む。
目を引く彩りと、面白い形。
満開が楽しみだ~

 *---*---*---*---*---*---*---*

ゴルトベルク変奏曲は、1年間弾き続けた結果、
「弾かないと落ち着かない体質」が生み出されたようで。
結局、毎日の練習始めには弾きたくなるのだった。

ならば、どういう練習をしてゆくかを考えよう。
ってことで、今日からは「続けて弾く」ための、
曲と曲の繋ぎや、緩急のつけかたなど、
いかに自然にバトンタッチするかを考えることに。

練習メニューも、欲張らないほうがよさそうで、
あれもこれもどれも弾きたい日があってもよく、
バッハとあと1曲に集中する日があってもよく、
そうやって全体を底上げできたらなー、と思う。

ちなみに今日は、ショパンの舟歌に集中。
(せっかく譜読みミスを見つけたし)
ええ曲や~~~

*---*---*---*---*---*---*---*---*---*

 ブログ村に参加しています。
同じジャンルの気になる記事をチェックしてみてね。

 にほんブログ村 クラシックブログ 独学ピアノへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 60代女性日記へ  にほんブログ村 ハンドメイドブログ ひとり手芸部へ
 
 
関連記事
テーマ:♪ 季節のお花 ♪
ジャンル:趣味・実用
また見つけちゃった
2021年07月13日 (火) | 編集 |
ショパン「舟歌」は、#が6つで譜読みしにくい曲。
だからって、またもや読み間違いを見つけるなんて。
202107132200528c3.jpg

セブンスで降りてくるってことを見直せたのは、
ポリーニの演奏を何度も聴いて確認したから。
(ルービンシュタインではわからなかった)
(ポリーニは、ほら、正確ですから)

どんなに丁寧に譜読みしたつもりでも、
「つもり」である以上、なんぞ間違いがあることは
心しておくべき、だね。

勘違い、思い違い、心得違い、思い込み。
自分が「あらら」と思うだけならまあよいが、
周囲を振り回したり、困らせたりはしたくないなあ。
逆に、誰かの思い込みで自分が困ったとしても、
必要以上に攻めたり愚痴ったりしないように、と思う。

ゴルトベルク変奏曲は、2年目の「仮元旦」を迎えた。
これからは、必ず毎日弾くってことはなくなるかもしれないが、
一生の友とすることは確定なので、
日常的に鼻歌のように弾いていけたらいいなあ。

 *---*---*---*---*---*---*---*

盛岡でもすんごい大粒の雨が降った。
ウチの玄関前は斜面になっているため、
毎年台風シーズンには川のようになり、
上の畑から、ビニールだの枯れ枝だのが流れ下る。

室内から眺めるだけだったので、
自分が濡れ鼠になるってことはなかったけれど、
駐車スペースから私道、市道に出る通路には
轍のままに、2筋の水たまりができてしまっていた。

とはいえ、ウチは舗装していなくて、砂利とザッソー。
ほどなくして水は吸い込まれてしまうのだけれど。
排水溝が溢れたっていうニュースで盛岡市が映っていたが、
あれは街なかのお話ですからね~~

 *---*---*---*---*---*---*---*

今朝はオオタニサーンを観るために、タブレットにかじりついた。
同県人として、としか言えませんが、誇らしい!

*---*---*---*---*---*---*---*---*---*

 ブログ村に参加しています。
同じジャンルの気になる記事をチェックしてみてね。

 にほんブログ村 クラシックブログ 独学ピアノへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 60代女性日記へ  にほんブログ村 ハンドメイドブログ ひとり手芸部へ
 
 
関連記事
テーマ:ピアノ
ジャンル:音楽
姫檜扇水仙
2021年07月12日 (月) | 編集 |
「夏に咲く赤い花」で検索してあちこち巡っていたら、
たいへんに似た植物を見つけた。
クロコスミア(属名)、モントブレチア(旧属名)、
ヒメヒオウギズイセン(和名)、
たぶん、それでビンゴだと思う、こちらの花(まだ蕾ですが)
20210712223330a04.jpg

関連ワードに「毒」だの「毒性」だのとあって、ビビっているところ。
あまり増やしすぎない方がよいのだろうか。

播いた覚えのない、野生化したアサガオ。
202107122233566f7.jpg

この絞り模様のアサガオは、3~4年前に買って植えて以来、
非常に旺盛に小さなタネを作り、落とし、芽を出し、花を咲かせる。
花はごく小さく、直径8センチほど。

 *---*---*---*---*---*---*---*

今日で、まる1年になる、ゴルトベルク変奏曲の練習。
昨年7月13日に始めたので、そこを仮の元旦とすると、
今日が仮の大晦日ってことになるわけだ。
365日、1日も休まず、この曲を弾いてきた。
それだけの時間をかけて、どれだけ積み上がったのか、
あるいは積み上がった気がしているだけなのか。

演奏動画にしても、いっくらなんでもなーっていうのは
撮り直しをして差し替えたいのだが、
今またピアノの状態が思わしくなく、
すんごくよく使う音が、めまいを起こすほど狂っている。
が、梅雨時で、調律のタイミングが難しいところなのだ。

とりあえず、1年続けたことだけ、自分を褒めてもいいよね。

Nintendo Switch、買うてもよろしかな?
(新モデルが出るので、旧モデルは買いやすくなったはず)
なにしろ「隠れ肥満」なものですから、
なんぞ運動をしなくてはならず、
かといって外に出るのは「痒くなる」からダメで、
ボウリングをあと1日増やすのも難しい。
となると、フィットネス系のソフトを購入し、
部屋の中で大冒険をするのがよいのではないだろうか。
魔物を倒しに行ったりなどしないで。

*---*---*---*---*---*---*---*---*---*

 ブログ村に参加しています。
同じジャンルの気になる記事をチェックしてみてね。

 にほんブログ村 クラシックブログ 独学ピアノへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 60代女性日記へ  にほんブログ村 ハンドメイドブログ ひとり手芸部へ
 
 
関連記事
テーマ:♪ 季節のお花 ♪
ジャンル:趣味・実用
7月は保温トート
2021年07月11日 (日) | 編集 |
雨模様だし、今日は一日、布遊び。
そのへんちょろちょろ片付けていて見つけたモノで、
急遽、こちらを作ってみた。
20210711215316d16.jpg

見つけたのは2年ほど前に買ってあった(と思われる)、
手芸用の保温保冷シートである。
100均のアルミシートでいいんじゃね? と思って、
そう、2年前に試作したのだったなあ。
しかし、縫うそばからピリピリと破れてしまい、
やっぱ手芸用に売られている「お高い」ものじゃないと、
ちゃんとしたモノにはならぬのじゃなと、買い求めた。
が、一旦折れた心はなかなか。
そのまんま、ホコリをかぶっていたのだった。

よかったね、日の目を見て。
20210711215220b04.jpg

普通に裏布として縫ってゆくわけなんだが、
手芸用と銘打っているくせに、
表にひっくり返すにあたり、ビリビリと破れてしまった。
開き口を閉じるついでに縫い止めはしたものの、
使ってゆくうちに破れてくる可能性は高い。

もっとお高い、布仕様の保温シートじゃないとダメ?
盛岡でも買えるものなんだろうか。
ネットといっても、そんなに大量には要りませんからねえ。

こういう、安っぽい(100均出身)ギンガムテープを使ったのにも、
それなりの、やむにやまれぬ(ってほどか?)理由がある。
202107112150387f7.jpg

ひとつには、ネームタグをつける場所問題。
ファスナーを閉めたときに折り込まれてしまうため、
サイドの縫い目には挟みにくかった。

もひとつには、持ち手問題。
ファスナー開きにしているため、持ち手の干渉がないように、
バッグ口から少し下がったところにつけたかった。

できあがってしみじみと見てみると、
差し色的に、強めな色を使ってもよかったかもね。
可愛い柄のチロリアンテープはいっぱいあったし。

大きさは、コンビニお弁当がすぽんと入るくらい。
お買い物で冷凍食品を買ったときにも使えるし、
ボウリングの仲間たちとのランチにみんなで食べる漬け物を
保存容器のまま入れて持って行けるし。

すこし早いけれども、これを7月のトートバッグとしましょう。

ついでといいますか。
薄手裏なしでコンビニサイズのエコバッグ。
20210711214908bc4.jpg

2、3日前に試作したときは、布幅×40センチの端布を
ぜーんぶ使ってあまりを出さないように工夫した。
・・・のだったが、幅がありすぎて(^^ゞ、収まりが悪く、
結局マチの部分を留めておくスナップをつけた。
その上、くるくるまるめて留めるゴムをつけ忘れ、
持ち手にヘアゴムを通して結ぶという、なんともインスタントな。

そうした反省は、できるだけ早めに改善して作り直すべきと思った。
(これは文章にも言えることでして・・・以下略)

売るくらいある布を、売ることも実際に考えてはいるが、
こうしてどんどん「使えるもの」にしてゆくのも楽しい。
気軽なプレゼントにもできていいよねえ。

*---*---*---*---*---*---*---*---*---*

 ブログ村に参加しています。
同じジャンルの気になる記事をチェックしてみてね。

 にほんブログ村 クラシックブログ 独学ピアノへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 60代女性日記へ  にほんブログ村 ハンドメイドブログ ひとり手芸部へ
 
 
関連記事
テーマ:ソーイング
ジャンル:趣味・実用
楽しいと思えること
2021年07月10日 (土) | 編集 |
毎日こんなに楽しいと感じることばかりで、
ほんとうに恵まれた生活をしているなあと思う。
知的好奇心がピリピリと刺激されることは、
私にとって「楽しい!」と思える条件みたい。

金銭的にはギリだし、隠れ肥満を宣告されてはいるが、
精神的にこうして豊かでいられるのは、
決して自分のチカラだけではない、と
今日もまた、しみじみと身に染みた。

そして、そういう贅沢な空間の写真を撮ってこなかった自分に、
あほーあほーあほー
と、最大のエコーをかけて罵ってやりたい気分だよもうっ!

ままま、とにかく。
宮沢賢治読書会「クラムボン」(於:南昌荘)の初日だった。
朗唱伴奏と、その後のフリートーク、
さらに、プロのベーシストによる、音楽ミニ講座。

窓を開け放った、広々とした板の間。
自然に聞こえてくる草木のザワザワや雨の音、
ときおり聞こえてくる鳥の声をも伴奏の一部にしてしまう、
プロの巧みの技。
読み手は一人なのに、ベースの伴奏が入ったことで、
まるで蛙どもも自分たちも同じサイズ感でそこにいて、
彼らが目の前で演じているかのように聞こえてくる。
伴奏が決して「添えもの」や「影の存在」ではなく、
朗読者と対等に、雄弁に語っているように感じた。

どうよ。
これを、ごく少ない人数で堪能できるなんて、
他にこんなの、ある? ないよ!

今日の朗唱伴奏は、テンポ感もよかった。
蛙どもの表情や気持ちを想像するのを、
じっくりと待ってもらえた。
最後、蛙たちが死んでしまうのがいたたまれないと、
自分でそう思っていたことが実は違うこともわかった。
私は、カン蛙がベン蛙とブン蛙に2対1で虐められることに
なんともいえない既視感があって辛かったのだ。
(私はいじめられっ子でしたもんで)

しかし、カン蛙にも、悪意を抱かせる原因はあった。
きっと私にも、「やなやつ」と思わせる何かがあったんでしょうね。
先生ですら「素直じゃないから」って言ってたくらいだし。

などなどなど、いっぱい考える「間」があって、
私の気持ちのテンポにぴったりの、いい朗読だったなあ。

ウチにあるのは、「蛙のゴム靴」、これは手直ししたものだという。
20210710221846e5c.jpg

初稿は「蛙の消滅」で、蛙どもが墓穴を掘って死んでしまうお話。
「ゴム靴」のほうは、ハッピーエンドになってはいるが、
ゴム靴を見せびらかすとか、見た目だけで結婚相手を選ぶとか、
なかなかえげつない虐めシーンはそのままである。
逆に、改心しちゃうのが不自然に思えるほど(個人の感想です)

次回のお話は「毒蛾」
ドクガに触ってしまって10日間というもの、
痒みと腫れに悩まされた身としては、
しっかり予習もしておかなくてはと思っている。

 *---*---*---*---*---*---*---*

再生サンスベリアは順調に伸びている。
20210710221814c5a.jpg

その2も、上を向くぞと決めた模様。
20210710221834a9d.jpg

「水の戯れ」の、最後のシャラ~ン、にたどり着いた。
202107102217270ec.jpg

なにしろ譜読みをしたというだけで、
「そうか、そうなっていたのか、はいはいわかった」
で、終わりかなーという気がしている。
1周目だし。
一応、もう少し練習もどきは続けるが、
ショパンの舟歌とか(フォーレはどうした?)、
解凍したら意外に暗譜できていた、ラ・カンパネラとか、
3周目のショパン幻想曲とか、
時間のかかる曲をいっぱい譜面台に載せているもので。
あと、自分にしてはちゃんと練習しているゴルトベルクが、
まもなくまる1年になるのが感慨深い。
今は、たまーに全曲通すことにしつつも、
2~3曲を丁寧に見直しているところ。

こんだけメニューが豊富で2時間って、ないわー
3時間は欲しいわー

*---*---*---*---*---*---*---*---*---*

 ブログ村に参加しています。
同じジャンルの気になる記事をチェックしてみてね。

 にほんブログ村 クラシックブログ 独学ピアノへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 60代女性日記へ  にほんブログ村 ハンドメイドブログ ひとり手芸部へ
 
 
関連記事
テーマ:日々の暮らし
ジャンル:ライフ
結局は「どう生きるか」に行き着く
2021年07月09日 (金) | 編集 |
何かを教わろうとするとき、その技術的な面にしか目を向けず、
周辺を見ようとしないでいると、本当は大事なことだったよね、
ってことを見逃したりする、なんてことがあるもので。

添削指導の合間に交わされる「よもやま話」は
話し合ううちに本質を突く内容にまで深まることが多い。

今日も、そうだった。
自分ができることで逞しく生きるとか、自分を信じるとか、
齢60、もうはっきり好き嫌い言っていいんじゃね? とか。

パソコンみたいに、AとタイプしたらAの文字が打てました、
ってなふうには、人のすることは簡単にゆかない。

心になんぞ引っかかりがあるのなら、
そのトゲやささくれに、ちゃんと目を向けて、
抜くことはできないにしても、「ほぅ、これか」と
その存在が自分に何してくれちゃってるのか、
こんちくしょーめ、と一旦口にしてみてもよいのではないか。

などなど、文章の内容にも少しリンクしそうな、
「どう生きるか問題」が、たいてい話題になるという、
白熱教室なのである。

南昌荘へは、明日も行くことになっている。
20210709220715b43.jpg

小規模の朗唱伴奏イベント。
明日の演目は「蛙の消滅」、CDで何度も聴いた。
読みの浅い私は、蛙たちが杭の穴に落ちて死んでしまうのが、
想像するに忍びなくて苦手だなあと思っていた。
しかし、生々流転、自然の摂理。
大きな宇宙からしてみたら、蛙の命は一瞬の光だ。
それは人に置き換えても言えること。
表面だけから、「キビシー」とか言ってたよなあ、と
今はもうちょっと視点を高くして聴けると思う。
CDとは違う、ナマの演奏と朗読が楽しみ。

 *---*---*---*---*---*---*---*

サバイバーのモンステラは、きれいに葉を広げた。
20210709220643347.jpg

鉢より大きい葉っぱ・・・
絶対、バランス悪いよね・・・
10号鉢とかいうんじゃないと、早晩、倒れちゃうね。
根が動き出さないうちに、ちゃちゃっと植え替えようっと。

*---*---*---*---*---*---*---*---*---*

 ブログ村に参加しています。
同じジャンルの気になる記事をチェックしてみてね。

 にほんブログ村 クラシックブログ 独学ピアノへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 60代女性日記へ  にほんブログ村 ハンドメイドブログ ひとり手芸部へ
 
 
関連記事
テーマ:日々の暮らし
ジャンル:ライフ
手仕事時間は考え事時間
2021年07月08日 (木) | 編集 |
このところ、裁って重ねておいた布をどんどんカタチにしている。
今日も今日とて、縫いまくり。
慣れた作業で、つーらつーらと考え事をするには最適。
草取りもそうだけれど、無心のようで、無心ではないのだ。

最後に、マスクのパターンを少し変えて、
肌の露出がもうちょっと少なくならないか、試してみた。
20210708215107acc.jpg

シルエットはよりキレイになったかも、だけど、
全体の大きさが変わらないので、露出云々には変化なし。
肌を出したくないのなら、黙ってLサイズをつけなされ、ってこと。

 *---*---*---*---*---*---*---*

今年もたくさん咲きそうな、「・・・・・」
生協の共同購入で求めた球根だった。
が、名前がずーーっとわからないまま。
202107082151258e5.jpg

最初の年、葉っぱだけべろべろ伸びて、花が咲かなかった。
次の年から、少しずつ花茎が伸びるようになり、
それに伴って、球根も増えているんでしょうね、
土を占有する面積もどんどん増える。

真っ赤な、南国ちっくな花が次々咲きますですよ。
たぶん、切り花に合うんだと思うけれど、
私は毎年そのまま咲かせっぱなしにしている。
秋には実がなるけれど、タネができているか確かめてない。

 *---*---*---*---*---*---*---*

幻想曲と同じ曲集に載っているからついでに、という理由で、
舟歌を思い出しながら弾いている。
ルービンシュタンの演奏をなんとなく聴いていたら、
なーんか、慣れた音じゃないなあ、と。
どうしても気になるので、楽譜を当たってみたところ、
譜読みを間違えていたのだった。
20210708215143417.jpg

げっげげのげ~~
これ、人前でも弾いたよなあ(それも複数回)
誰もなんにも言わなかったよねえ。
(気の毒に思って言えなかった、とか?)

相当に意識しないと、間違えていたときの音に
どうしても指が乗っかってしまう。
一旦、ノロ練をしないといけないかもしれない。
そもそも、解凍したとはいえ弾けていないんだから、
部分練、ノロ練は必須だなあ。

以前に脳が融けるほど練習した部分は、
手が勝手に動いて弾けちゃった気になっているが、
全体を通してみると、「えーっと」が8割である。

幻想曲も大曲なのに、舟歌も・・・
なんぼ時間があっても足りないじゃ!

*---*---*---*---*---*---*---*---*---*

 ブログ村に参加しています。
同じジャンルの気になる記事をチェックしてみてね。

 にほんブログ村 クラシックブログ 独学ピアノへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 60代女性日記へ  にほんブログ村 ハンドメイドブログ ひとり手芸部へ
 
 
関連記事
テーマ:ソーイング
ジャンル:趣味・実用
定位置に
2021年07月07日 (水) | 編集 |
無事に安住の場を得た、サバイバーのモンステラ。
2021070721463045c.jpg

根がずいぶん複雑に絡んで伸びていたため、
その根を傷めないようにと、用土をあまり押し固めなかった。
葉の数が増えてきたら、ちょっと押さえたらいいかな。

毎日必ず目にする場所、ピアノの上を当面の置き場にした。
大きく育って支柱が必要になってきたときは、
倒れちゃ危ないから、別の場所を探しますけど。

 *---*---*---*---*---*---*---*

宮沢賢治朗唱伴奏CD、連続で聴き入った。
20210707215240fdd.jpg

これはよだかが見た夢なのか、実は現実なのか・・・という場面、
特に根拠がなくて、漠然と思っただけなのだが、
「臨死体験」っていう言葉が頭から離れなくなった。

経験したから書けることってのがあると思うし、
経験しなくても想像できることっだってあろうけれども、
死にゆくものの気持ちって、想像だけで書けるのかな。

臨死体験があったかどうかは別としても、
賢治先生の時代、死は今より身近だったのではないか。
そう思えば、死に直面するものの思いを、
はるかに具体的に想像できたことだろうなあ。

*---*---*---*---*---*---*---*---*---*

 ブログ村に参加しています。
同じジャンルの気になる記事をチェックしてみてね。

 にほんブログ村 クラシックブログ 独学ピアノへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 60代女性日記へ  にほんブログ村 ハンドメイドブログ ひとり手芸部へ
 
 
関連記事
テーマ:日々の暮らし
ジャンル:ライフ
植物の逞しさ!
2021年07月06日 (火) | 編集 |
固く巻かれた葉がほろほろと緩んでくる。
202107062154141a0.jpg

この数時間後、下の方からさらに開いてきた。
今日、新しい鉢を買ってきたので、
明日にでも植え替えて差し上げますよ。
もう、次の葉の兆しも見えている。
生きると決めたら迷いがないね。

サクラランもまもなく2番手が咲きそう。
(ピント問題・・・)
20210706215623da1.jpg

3番手も準備中。
(ピント・・・)
2021070621542666d.jpg

4番手は、逆光で上手く撮れなかった。
毎年何度か咲いてくれているが、
ここまで立て続けってのは初めてである。
完全に、ウチの(放置)環境に順応したね。

 *---*---*---*---*---*---*---*

夕方、今回もまた直接お届けいただいた。
大事に、ていねいに拝聴いたします。
202107062156471a9.jpg

「よだかの星」は、40年も前の現役時代、
子どもたちと一緒に「書き取り」の教材として使った。
原稿用紙の使い方に従って書くことと、
1日5分から10分、ていねいに字を書くこと。

なつかし。。。

*---*---*---*---*---*---*---*---*---*

 ブログ村に参加しています。
同じジャンルの気になる記事をチェックしてみてね。

 にほんブログ村 クラシックブログ 独学ピアノへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 60代女性日記へ  にほんブログ村 ハンドメイドブログ ひとり手芸部へ
 
 
関連記事
テーマ:日々の暮らし
ジャンル:ライフ
化膿性なんとか
2021年07月05日 (月) | 編集 |
1週間が経過しても治らないどころか、
赤紫に腫れてしまっている、爪の横。
(写真あるけど、載せるのやめましたー)

(代わりに、先日購入できたマンハッタナーズの生地)
20210705222816210.jpg

(何を作るか決めずに買ってしまった)
(たぶん、来年の手帳のカバーと周辺グッズになるであろう)


息を吹きかけただけでも痛くて、
ピアノを弾くときはテーピングを施している。
それでまあ、なんとか弾けるんだけれど、
テープを剥がすときが、想像通りの痛みで。

シゴト帰りに皮膚科に直行。
(主治医が同級生の、例の病院)

「化膿性爪囲炎」、ひょう疽、とも呼ばれる。
このまま進むと膿を持ってしまい、
切開して膿を出さなくちゃなくなるそうな。
悪化すると、爪の下まで化膿することもあるとか。
なかなかに怖い症状である。
爪の横が・・・という段階での受診は、いい判断だった。

処方されたのは、飲み薬だった。
塗らないのね・・・と、少し意外な気もしたが、
化膿 ⇒ 抗生物質、そりゃあそうだ。

ひとまずこれで、治る方向に舵を切った。
めでたしめでたし、の一歩前!

*---*---*---*---*---*---*---*---*---*

 ブログ村に参加しています。
同じジャンルの気になる記事をチェックしてみてね。

 にほんブログ村 クラシックブログ 独学ピアノへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 60代女性日記へ  にほんブログ村 ハンドメイドブログ ひとり手芸部へ
 
 
関連記事
テーマ:日々の暮らし
ジャンル:ライフ
やりたいこと全部やった
2021年07月04日 (日) | 編集 |
シシトウも膨らんできたなあ。
20210704222353409.jpg

お隣が激辛トウガラシなので、
シシトウといえど、辛い可能性がある。

「まっすぐなのが甘くて」
「曲がってるのは辛い」
ってのは、よく聞く話だけれども。

息を吹き返し、花が咲き出したキヌサヤ。
2021070422243314f.jpg

下の方は黄色くなっちゃったんだが。
取れ高はイマイチかもしれないが、
2~3本だろうと、刻んで味噌汁に放すなど、
使い道はそれなりにあるんだよね。

気がつけば、通路部分など4時間も草取りしていた。
暑くない、雨も降らない、風が吹く、という
外仕事には最適な日だった。
夜になって雨が降り出し、今日やっといてよかったなー、と。

 *---*---*---*---*---*---*---*

朝活では、着なくなったシャツを解体することに。
広く布が取れる部分、後ろ身頃を利用しようと思った。
20210704222056675.jpg

ヘアターバン、その1。
以前にも作ったことがある。サイズはテキトー。
20210704222148bd2.jpg

ヘアターバン、その2。
「その1」の長さでちょうどよかったので、
今度は真ん中を絞ってリボンぽくしてみようと思った。
20210704222228381.jpg

けど、リボンに見せるんなら、リボン幅をもっと広く、
真ん中で絞るパーツをもっと細くしないとねえ。

ヘアターバン、その3。
なんてことなく、シンプル・・・に見えるけれど、
20210704222256eb4.jpg

幅を広げて使うことができる。
20210704222319612.jpg

髪を切ったときに迷ったのが、前髪を作るかどうか。
「切るのはいつでもできるしね」
っていうのを合い言葉に、そのまま残したのだった。

めっちゃくちゃ邪魔。
何をするにも、邪魔。
でも、縛るほどの長さはない。

そこで、作ろうと思った、ヘアターバン。
便利ですよぉ~~
これからの季節、めちゃ活躍してくれるんじゃないだろうか。
色味とか柄とか変えて、何本も作りたくなった。

 *---*---*---*---*---*---*---*

ラヴェルの「水の戯れ」
今日は(なんと)1小節すら進まない、(なんとなんと)2拍だけ。
2021070422250811e.jpg

バラして崩してよく見ると、左手の動きは F#7 なんだなあ。
そこに、テンションだらけで経過音だらけの右手の動き。

わけがわかると、ゆっくりなら弾けることが多いのだが、
この曲は・・・「なるほど」から、音になるまでが遠い遠い。

*---*---*---*---*---*---*---*---*---*

 ブログ村に参加しています。
同じジャンルの気になる記事をチェックしてみてね。

 にほんブログ村 クラシックブログ 独学ピアノへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 60代女性日記へ  にほんブログ村 ハンドメイドブログ ひとり手芸部へ
 
 
関連記事
テーマ:日々の暮らし
ジャンル:ライフ
手直し
2021年07月03日 (土) | 編集 |
6月トートのキーケース部分を直した。
実際の作業は、昨日の朝活。
2021070322445550c.jpg

車のキーは、こんな盛大なことになっている。
20210703224536efc.jpg

タコ足なもんで、バッグの中にただ入れておくと、
あっちこっち引っかかって、さらっと取り出せない。
今までは、マチつきの内ポケットを仕込んで、
そこに入れっぱなしにしてあった。

6月トートでは、車のキーの膨らみが邪魔にならないように、
移動できるようにしたのだったが・・・
20210627222304675.jpg

買い物用ミニトートを持って車から降りることを考えると、
いちいち車のキーを「取り出して、入れ直す」のは面倒。
なので、ケースごと取り外せるように直したというわけ。

めんどくさいなあと思うことが、工夫を産むのですなあ。

 *---*---*---*---*---*---*---*

米っちが亡くなって以来、心を閉ざしていた麦っち。
可愛い妹、泡姫までいなくなったことで、
逆の「何か」が働いたようだ。
最近、足下でスリスリしてくるようになった。

寝るのも、無防備になった。
2021070322344450f.jpg

ネコ成分がずいぶん薄まってしまった。
かといって新たな子を迎えることもできず、
(ようやく積み上げた鉄の結束が・・・)
仕方なく、YouTubeなどでネコ動画を漁っておる。

 *---*---*---*---*---*---*---*

ぐいぐい伸びる、モンさまの葉っぱ。
20210703223548f66.jpg

茎が太くて、根が充実しているせいなのか、
やけにでっかい葉っぱですわねえ。
2枚目を待たずに植え替えるべき、という気がしてならない。

サクラランが、先日と同じところにまた蕾を持った。
これは明るいときに写真をば。

*---*---*---*---*---*---*---*---*---*

 ブログ村に参加しています。
同じジャンルの気になる記事をチェックしてみてね。

 にほんブログ村 クラシックブログ 独学ピアノへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 60代女性日記へ  にほんブログ村 ハンドメイドブログ ひとり手芸部へ
 
 
関連記事
テーマ:ソーイング
ジャンル:趣味・実用
畑が増えた!
2021年07月02日 (金) | 編集 |
今日は、いろんなことを「丁寧に」やろうと決めていた。
作ったばかりの6月トートを部分的に手直ししたり、
裁ち出してそのままだったインナーマスクを仕上げたり。

昼前、1時間限定のつもりで外仕事へ。

収穫の終わったイチゴエリアを整えていたら、
まるでビロードをまとったような可愛い虫がいた。
202107022304521f4.jpg

調べたら、ビロードコガネ、らしい。
そのまんま過ぎて吹いたわーwww

バッタの赤ちゃん、お庭へようこそ!
20210702230242c89.jpg

今日のアケビ子どの。
こうして伸びたときは、4センチぐらいありそう。
202107022302215bf.jpg

お昼で(たぶん)帰ろうとしていたJ兄に声をかけられた。
「どっか刈り払って欲しいとこ、ある?」

あるっちゃ、ある。
たとえば、ミョウガ前広場とか。
勝手にそう名付けた場所は、
ウチのブルーベリーエリアとJ兄のミョウガエリアの間。
草ボウボウで、たまにワラビが出る。
ここに何か植えられたらなーと思っていた。
草ボウボウのままでも、部分的に土を露出させ、
カボチャとかスイカとか、這わせてもいいし。

そんな話をすると、おう、それじゃ今からやるか! と。

絶賛、刈り払い中。
ツツガムシの一件以来、完全防備するようになった。
20210702230432253.jpg

ずいぶん広く刈ってもらった。
20210702230351b6e.jpg

欲が出ますわね。
「ダイコンとか植えてみようかな」

すると、
「じゃ、耕運機もかけとこう」
「石灰、ある?」

石灰をドバドバ散らしたところをガリガリと耕す。
縦横斜め、3回、ミニ耕運機をかけたあと、
露出したヤブガラシの根を拾い集めていると、
ホオジロ様がこんなに近くにやってきた。
2021070223031758e.jpg

どうやら番らしく、もう1羽が土手に来ている。
ミョウガエリアの奥に巣があるのかな。
そこはメジロもウグイスもモズも来るところなんだが、
今年はホオジロが陣取りに勝ったんでしょうか。

こうして、いきなり畑が増えてバンザイである。
あれこれやってもらった手前、収穫のあかつきには
なんぞお裾分けをすべきだと思うので、
これからマジメに草取りなどして、
お盆明けにはダイコンの種まきをする所存。

ウチで採れたダイコンでタクアンを漬けるの、夢だった!
聖護院カブも植えられるかな~(千枚漬け~~)

なんか食べるものあるかな、というJ兄に、
豆ご飯と梅干しのおにぎりとバナナなどを差し入れ。
そうですよね、お昼ご飯を食べに帰ろうとしていたところを、
うっかり2時間も引き留めてしまったのだった。

「頼りになるのはダンナよりスマホ」
という、樋口可南子さんのあのセリフが思い浮かぶ。
「頼りになるのはダンナよりJ兄」

畑仕事だの庭仕事だのといったことは、
そもそも好きじゃないとやってられないものだろう。
たまーに、ごくごくたまーに、そこらへんを刈り払うこともあるが、
楽しみにしていたオダマキを刈られたり、
土手のミョウガを全部刈ってしまったりと、
余計なこともしてくれるのが困ったもの。

J兄も、友人にもらったトリカブトを刈ったことがあるけどね。
昨年は二人してて、梅の木を半分以上切ったけどね!

取り返しのつかない事態にならないように、
少なくともオットには畑には手を出させないようにしよっと。

ジューンベリーを見せると言われ、J兄のブルーベリーエリアへ。
ウチのとは種類が違うものが多いようだ。
小粒ながら、たわわに実っている。
2021070223012300b.jpg

ミノムシがいーーっぱいいた。
202107022302020a2.jpg

ジューンベリーは、脇に小さい株が出ており、
これを貰うことに約束を取りつけた。
大きめの鉢にぎっちり土を詰めて固定して、
根をしっかりと活着させてから、地植えするんだと。
そういう知識も何もなくて、
グサッと土に刺せばいいと思っていたものですから(^^ゞ

 *---*---*---*---*---*---*---*

わけわかんない状態すら楽しんでみようかと、
ラヴェルの「水の戯れ」をマジ譜読み(マジ練にあらず)することに。
これまで、いろいろな曲でそうしてきたように、
今年はひととおり譜読み、みたいにして、少しずつ。
一気にそこそこ弾けるようにはならない(断言)。

右手だけ、左手だけ、と丁寧に(今日の目標♪)譜読みしてみると、
昨日思ったほどに「どうもこうも」って感じでもない。
もちろん、これから途轍もないハードルはあるのだろうが、
1音1音、丁寧に読んで音にして手に馴染ませて・・・
何分かかろうと、ざっくり通すまでを第1段階として
今シーズンの目標といたしましょう。

*---*---*---*---*---*---*---*---*---*

 ブログ村に参加しています。
同じジャンルの気になる記事をチェックしてみてね。

 にほんブログ村 クラシックブログ 独学ピアノへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 60代女性日記へ  にほんブログ村 ハンドメイドブログ ひとり手芸部へ
 
 
関連記事
テーマ:家庭菜園
ジャンル:趣味・実用
7月なんだなあ
2021年07月01日 (木) | 編集 |
昨年3月ぐらいからの日々が、
常に「早送り」な気がしてならない。
年を取ったから、という以上に早いよね(ね? ね?)
そっか、7月なのか・・・7月だよね・・・と、
家中のカレンダーをビリビリさせながら
自分に言い聞かせた、昨日今日。

 *---*---*---*---*---*---*---*

一匹いたら、他にも絶対にいるはず・・・
そう思って、葉の裏に潜り込んで見上げてみたり、
角度を変えてはのぞき込んだりしてみたが、
私の目(なにせ節穴)では見つけられなかったな。
20210701222923c5b.jpg

せめてこの子を見守ろう。

 *---*---*---*---*---*---*---*

ささくれを引っこ抜いたら痛かった。
それから3日、腫れてきちゃった。
20210701222906470.jpg

軽く触れただけでもズッキ~ン! と痛い。
ピアノを弾くのに支障があるったらない(ある! んです)
テンポのある曲を弾くことは是非とも避けたい。

そんな今日、7月からのゴルトベルクは
「改めて、見直す」をテーマに練習する計画。
なので、がっつりと楽譜にかじりつき、
キープやリリースができているかをチェック。
3声4声は各声部の横の流れをさらに意識したい。

ガツガツ弾けないなら、なんぞ譜読みを、と。
しかしなあ、これはなあ、ちょっとなあ。
20210701222834ddd.jpg

左右それぞれ分けて譜読みしても、
疑問符が部屋中に充満する。
疑問符の塊に襲われる・・・

不協和音もここまでくると・・・
202107012228172a5.jpg

ラヴェルだから、と思っても、
コードネームに分析しにくい音の重なりと、
次が予測できない和音の流れ。

これからも譜読みを続けるとしたら、
相当に細かく練習番号をつけて、
1~2小節ずつ丁寧に見てゆく必要がある。

あくまでも、続けるとしたら、だ。
1秒1音でモチベーションがどうなるか、
我ながら、見ものですな。

ラ・カンパネラの方が、ずっとわかりやすい。
難しさはもちろんアレだけれど。

*---*---*---*---*---*---*---*---*---*

 ブログ村に参加しています。
同じジャンルの気になる記事をチェックしてみてね。

 にほんブログ村 クラシックブログ 独学ピアノへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 60代女性日記へ  にほんブログ村 ハンドメイドブログ ひとり手芸部へ
 
 
関連記事
テーマ:ピアノ
ジャンル:音楽