盛岡在住ババァの日常たれ流し。 2011年10月、ピアノのマジ練を再開しました。
このところ、っていうかもう数か月、
ボウリングがスコア方面で芳しくない。
投げること騒ぐこと食べることは楽しく、
水曜日は心待ちにしている1日である。
んがっ、いかんせん、スコアが。

これは私に限ったことではなく、
主に午前中のリーグでは
揃いも揃って、冴えないという。

つまりこれは、オイルコンディションのせいである。
このボウリング場つまんねーっ! て、
常連がバタバタと他に流れてしまう前に、
オイルを戻したほうがいいと思うよ、マジで。

私としては、一旦初心に立ち返り、
身体の向きとかバランスとか、腕の振りとか、
自分にできることをやってみるけどね。

 *--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

ピアノも然り。
モーツァルトを弾いていると、
「あ、ここヤバい」ってところに気がつく。
でも、なんとなく、つるんと通り過ぎてしまって、
あとで確認しようにも、どこだったかわかんなくなる。
そのとき止まればいいのに。

「ここヤバ」は、たいていスケール周辺である。
指が「滑る・もつれる・転ぶ」という3拍子。
 (そもそもですね、
  「ここヤバ」に気づくことが大前提ではある)
 (気づかないものは直せません)
 (で、なんか違うなーなんだろなー、となる)
 (まいっかー、となるヾ(ーー )ォィ)
 (やっぱ、初心て大事よねー)

ときに、指の力がカックンと抜ける感じもあり、
ヘバーデン由来の鈍い痛みもあり、
これは、耳だけではなく、目でも、
自分がどのように音を出しているか、
不自然な動きをしていないか、
確認しなくてはならないと思った。

そこで、鏡。
20170927213203245.jpg

自分の手が意外にゴツゴツしていることを知り、
へー、そうなんだー、と思ったでござるよ。

以前、ピアノの向きが違っていた時は、
左側に鏡を置く場所があった。
鏡を見ながら弾くには、
楽譜にかじりついていたのでは無理で、
よそ見するくらいの余裕がなくてはならない。
もちろん、曲の最初っから最後まで
鏡をガン見ってこともなく、
要所要所ではあるのだが、それにしても。
いろいろ、プラスになると信じたい。

おっきい鏡に変更。
20170927213509360.jpg

カエルたちがいつも見守っている。

 *--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

いつもの場所に、いつもの子たちがいることを確認し、
新たに住人になろうとする子も発見し、
ますます、来年はアサガオだらけにしようと誓った。
ホウセンカもいっぱい、ヤブガラシだって抜くもんか。
アケビもどんどん増えていて嬉しい。
20170927212854954.jpg

 *--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

ブログ村に参加しています。
同じジャンルの気になる記事をチェックしてみてね。

 にほんブログ村 クラシックブログ やり直しピアノへ  にほんブログ村 クラシックブログ 独学ピアノへ  にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 盛岡情報へ
 
 
関連記事

FC2blog テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

【2017/09/27 22:44】 | ピアノ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック